Friday, September 16, 2011

キューバの恋人 / Kyuba no koibito / La novia de Cuba / Cuba No Koibito [日本映画]

第8回ラテンビート映画祭のオープニング作品、『キューバの恋人』を観てきた。下記のcinematopicsにあるとおり製作当時でも自主上映で、Marysolさんのブログによればキューバでも長らく公開されず(⇒ 紹介「アキラの恋人」プロジェクト|MARYSOL のキューバ映画修行)、アマゾンじゃ2万円なんていう値がつけられている、そういう作品なので、今回を見逃したらきちんと映画館で観られる機会なんてもう無いかもしれない。

今日(16日)の上映(10:45~)にはもう間に合わないと思いますが、ラテンビート映画祭はこのあと京都~横浜と移動するので、この機会に是非。


キューバの恋人 - 映画作品紹介 
1969年/日本/101分
配給:黒木プロダクション
製作:キューバ国立映画芸術協会作品

ハバナにやってきた日本青年アキラが、現地でタバコ工場の女工マルシアと会う。彼女は民兵でもあった。キューバの革命精神に奉ずる彼女と、彼女に愛を説くアキラのあいだの齪賠。そしてアキラが彼女に追いすがるうち、キューバという幻の革命の聖地の、貧困と明るさの実相がドキュメントされる(キューバの記録映像も盛り込まれる)。採取された現地音楽と松村禎三の音楽の調和も見事。同作は自主上映により公開された。end


Kyuba no koibito (1969) - IMDbには「Language: Japanese」とあるけど、これは間違いだな。津川さんのセリフも込みでほぼ全編スペイン語だったと思う。


あらすじ キューバの恋人 - goo 映画
一九六八年の夏。キューバで漁業指導員をしているアキラは、ハバナの下町で混血娘マルシアに出会った。彼女は、煙草女工であり、銃を巧みに使いこなす筋金入りの女民兵でもあった。アキラは、故郷に旅発つマルシアの後を追って求愛の旅に出た。瀕発する反革命の陰謀に対する厳しい警戒態勢をとる灼熱のキューバの奥深くへと。無償で残業労働をする工場労働者たち。チェ・ゲバラ部隊の戦車兵たちは、広大な原野を開墾している。……略……

danger このgooの解説文、「……ん?」と思った。なんか、「二人は激しく求めあった」というできごとの順番が違うような……。私の記憶が間違ってるのかも。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


面白かった。
津川さんのトークも面白かった。


銃を持って「バンバーン」「バキューンバキューン」「ダダダダダダダダッ」って戦争ごっこ、革命ごっこ。アキラは当時の「日本; 日本人」。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Sunday, December 26, 2010

Harakiri / Seppuku / 切腹 [日本映画]

club日本映画をスペイン語で説明する場合に備えていろいろメモしておく)

Seppuku@IMDb (1962)
英題: Harakiri

こちらは苦しいシーンなので↓
つべ http://www.youtube.com/watch?v=kB8n-pPYrPw つべ


http://www.bazuca.com/pelicula-7325924-Harakiri-%28PAL-Edici%C3%B3n-Zona-2%29
Estamos en el Japón del siglo XVII, donde un largo período de paz ha sido duro para los samurais: cesantes y sin un señor que les proteja, mueren de hambre al ser demasiado orgullosos para el trabajo manual o la mendicidad.

Uno de ellos llega a las puertas de una casa feudal a pedir asistencia para cometer harakiri en las instalaciones. Sabedores de que algunos samurais usan tal treta para obtener trabajo o dinero, los señores de la casa planean obligarle a cometer el acto, sin saber que este curtido guerrero tiene en mente algo más que un simple suicidio ritual.

Espléndida obra maestra del cine japonés, esta cinta de Kobayashi (Kwaidan) es también uno de los grandes alegatos fílmicos en contra de las instituciones armadas y el concepto de honor en general. Para devotos del buen cine.


映画ファンの掲示板: Harakiri (1962) (danger 首をかしげたくなる箇所もあったり、日本人名のスペルミスもある。Clan Lyiってどこの国の誰のことだよとツッコミたくなるけれども、それは“井伊家”の“Ii”)

hairsalon “Hara Kiri” es la primera de dos películas de samurai, la otra es “Samurai Rebellion”, en las que Kobayashi lanza un ataque frontal al código del samurai.

hairsalon Kobayashi airea su crítica al código samurai, su hipocresía, el sinsentido y lo impotente del individuo frente al daimyo, que es dueño de su vida.

hairsalon Esta película está considerada una de las tres películas centrales de samurai, junto con “Shichinin no Samurai” y “Rebellion”, “Hara Kiri” es una obra maestra de visión obligatoria.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, December 12, 2010

Fugitivo del pasado / Kiga kaikyô / 飢餓海峡 [日本映画]

club日本映画をスペイン語で説明する場合に備えていろいろメモしておく)

Kiga kaikyô@IMDb (1965)
英題: A Fugitive from the Past

wikipediaの翻訳だと思う: http://www.worldlingo.com/ma/enwiki/es/Tomu_Uchida
una obra maestra épica comparada a menudo al colmo y al punto bajo de Kurosawa, esta examinación severa de la vida criminal en Japón de la posguerra está partido en tres secciones: el criminal en el funcionamiento, un interludio con una prostitute, y la confrontación final con policía. El granosos widescreen resultados de la cinematografía de la opción inusual de Uchida para tirar en 16m m y para hacer saltar hasta 35m m. “la obra maestra del director sin duda. ”

http://foro.elaleph.com/viewtopic.php?p=562174
Región de Hokkaido, 1947. Mientras un potente tifón amenaza con afectar la zona, tres delincuentes matan a un prestamista y a toda su familia, incendiando luego la casa. La investigación policial se iniciará en medio de una operación de rescate de las víctimas del desastre natural. Tomu Uchida abandonó momentáneamente el cine de samurais para embarcarse en este policial épico, uno de los filmes menos conocidos de un realizador a descubrir por Occidente.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

a la ligera ざっと見 | apuntes 昔のノートより | ARG アルゼンチン映画 | base スペイン語基礎 | BOL ボリビア映画 | BRA ブラジル映画 | CHL チリ映画 | cine イベロアメリカ映画(スペイン語映画・ポルトガル語映画) | cine 日本盤 | cine 映画INDEX | cine 映画祭/映画賞 | cine 海外盤 | cine 見たいものリスト | cine 雑記 | cineasta 映画人 | COL コロンビア映画 | comilona スペイン料理 | CUB キューバ映画 | CVC foros セルバンテス掲示板 | ECU エクアドル映画 | ESP スペイン映画 | España スペイン | español DELE | español スペイン語 | FRA フランス映画 | frases 成句 | futbol サッカー | GBR イギリス映画 | GTM グアテマラ映画 | ITA イタリア映画 | JPN 日本映画 | Latin Beat Film Festival | libros 西語学習参考書・辞書など | MEX メキシコ映画 | PER ペルー映画 | perífrasis 迂言 | Premios Goya ゴヤ賞 | Primer Viaje 卒業旅行 | PRT ポルトガル映画 | recreo 息抜き | redacción 作文 | URY ウルグアイ映画 | USA アメリカ映画 | viaje 2010 (旅行) | vocabulario 語彙 | ★discapacidad 障害 | ★ETA | ★franquismo フランコ政権下 | ★guerra civil スペイン内戦中 | ★LGBT | ★régimen militar 中南米軍政(前後) | ★transición 移行期 | スポーツ | セルバンテス東京 | ニュース | パソコン・インターネット | プロフィール | 学問・資格 | 心と体 | 恋愛 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 旧サイトから転載 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽