Sunday, June 26, 2005

Jamón Jamón / ハモン・ハモン (レストラン)

『ハモンハモン』@amazon
『Jamón, jamón』@IMDb
『ハモンハモン』@goo映画
『ハモンハモン』@みんなのレビュー

ビガス・ルナ監督だから、まぁ、当然っていうかなんていうか、やらしい映画だわね。この映画を授業で見せられた日には、あなた……。私がこの映画で覚えてるものといったら、

・にんにく
Osborneの黒い牛の看板(←映った……よね? )
・ペネロペのスカートの中に顔を突っ込んでるハビエル

それくらいなものです。そして、あとひとつ強烈に覚えてるのが……:

Abetchyと私(ともう一人の女友達)の間では、『ハモンハモン』という単語を耳にしたら必ず口走らなきゃいけないフレーズがあって、誰よりも早くそれを叫ばなきゃいけないというような競争意識すらあるんだが、それは「¡¡¡ エクスタ・シー、エクスタ・ノー !!!」です。映画の一シーン、ディスコ(クラブとはあえて言わない)でPenélope CruzとJavier Bardemが踊るときにかかってる曲です。「ecstasy(エクスタシー)の「シー」と、スペイン語の「Sí(=はい,Yes)」をかけてる……んだと思うんだが。

今調べたら、ほんとの曲名は、Chimo Bayoの『Así me gusta a mí』っていうみたい。「"chimo bayo" mp3」で探したらわりとすぐ。

いま約10年ぶりに聞いてみたら、意味がありそうな歌詞といえば「一度コレを知っちゃったらきっと気に入っちゃうよ、もう爆発寸前だ、最高だぜ」みたいな数行だけで、あとは歌詞らしいものはほとんど無いのね。「ちきたん ちきてぃたんたん たん け とぅんばん ばん け とぅんばん け てぺてぺ たんばんばん け とぅんばん け ぴん」を繰り返して、合間に「エクスタ・シー、エクスタ・ノー」が叫ばれるだけ。

まぁそんなわけで、我々は『ハモンハモン』って聞こえたらすかさず「¡¡¡エクスタ・シー、エクスタ・ノー!!!」と叫ぶのを常としています。


さて、今日はこの映画について書くのではないのです。この映画と同名のレストランに行ってきたとメモっておきたかっただけです。(※映画『ハモン・ハモン』の詳細は2008年2月25日の記事をどうぞ)

マッシュルームのセゴビア風
ハモンハモン ハモンハモン

スパニッシュ・オムレツ(つけあわせはラタトゥイユ?だろか?)
ハモンハモン

ヒコイワシのマリネ
ハモンハモン

いやぁ……どうかなぁ……。美味しかったっちゃぁ美味しかったけども……。どうなのかな。

オーナーが以前の店(※たしかここ)にいた頃の感じを想像して期待しすぎちゃってたんだろうかな。……リピートはしないなぁと思ったのでした。店近辺に住んでいる友人を連れて行くにはちょうどよいかなと思って下見気分で行ったんだけど、んーーー、別の店に行くことになりそうです。

まぁ、味音痴な私の言うことだからまともに聞いてくれなくていいのですがね。でも、味音痴である私は、たいていのものは「美味しい!」と心の底からコメントしますよ。あの夜はお腹空かせて行ったから尚のこと。「A buen hambre, no hay pan duro.(腹ペコの時は硬いパンなんて無い ⇒ 空きっ腹にまずい物なし)」であったはずなのですよ。

「いや、だって、あんたロクに頼んでないじゃん」ってツッコミたくなるかもしれないけど、だって無かったんだからしょうがない。menuに載ってるものがことごとく切れてたんだよ。エビもタコもなにも。サラダなんかはあったっつっても、スペインレストランに行ってるのにどこでも出るようなサラダをわざわざ注文しません。一人で行ったからpaellaも頼むに頼めず(←それはよその店でもだいたい諦める事柄)。あれら↑くらいしか頼もうと思えるものが無かったんだよ。

貧乏舌で好き嫌いもなくなんでもおいしくいただける幸せ者な私が肯定的感想を抱かずに帰宅するなんて、ほんと珍しいことよ。私自身が驚いているくらい。特に評判悪くも無さそうだしな。なんでだろか。

なんだろなぁ、場所が悪いんじゃないの? 所在地が悪いという意味じゃなくて店舗が悪いという意味。居抜き然としてるんだなぁ。とても居抜き。内装とかも、学園祭でやりそうな演出。TV番組で「お店改造計画」でもあれば申し込んだらいいんじゃないかと思った。内装を変えるだけできっとリピーターは増えると思ったなぁ。もうちょっと凝ってくれてる・整然としている店があったら、もっと都心から離れていたとしても、けっきょくファンシー好きでしかない私はおそらくそっちに行っちゃうだろうなぁ。

まぁ、でも、行ってみてください。美味しいは美味しいんだと思うから。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

その他のカテゴリー

a la ligera ざっと見 | apuntes 昔のノートより | ARG アルゼンチン映画 | base スペイン語基礎 | BOL ボリビア映画 | BRA ブラジル映画 | CHL チリ映画 | cine イベロアメリカ映画(スペイン語映画・ポルトガル語映画) | cine 日本盤 | cine 映画INDEX | cine 映画祭/映画賞 | cine 海外盤 | cine 見たいものリスト | cine 雑記 | cineasta 映画人 | COL コロンビア映画 | comilona スペイン料理 | CUB キューバ映画 | CVC foros セルバンテス掲示板 | ECU エクアドル映画 | ESP スペイン映画 | España スペイン | español DELE | español スペイン語 | FRA フランス映画 | frases 成句 | futbol サッカー | GBR イギリス映画 | GTM グアテマラ映画 | ITA イタリア映画 | JPN 日本映画 | Latin Beat Film Festival | libros 西語学習参考書・辞書など | MEX メキシコ映画 | PER ペルー映画 | perífrasis 迂言 | Premios Goya ゴヤ賞 | Primer Viaje 卒業旅行 | PRT ポルトガル映画 | recreo 息抜き | redacción 作文 | URY ウルグアイ映画 | USA アメリカ映画 | viaje 2010 (旅行) | vocabulario 語彙 | ★discapacidad 障害 | ★ETA | ★franquismo フランコ政権下 | ★guerra civil スペイン内戦中 | ★LGBT | ★régimen militar 中南米軍政(前後) | ★transición 移行期 | スポーツ | セルバンテス東京 | ニュース | パソコン・インターネット | プロフィール | 学問・資格 | 心と体 | 恋愛 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 旧サイトから転載 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽