Saturday, August 05, 2006

adelgazar

(友人にメールを書いていて「この辺のキーワードはblogにメモっとくか」と思った次第)

adelgazar: 痩せる ⇔ engordar: 太る
これらは辞書には「Usado también como pronominal」とあるけど………どうなのかな、やっぱり圧倒的に自動詞として使うんじゃないかな。私は「He adelgazado.」だね。「Me he adelgazado.」とは言わないや。少なくとも私のいた町の友人はたいてい(あるいはほとんど全員)が自動詞で使ってたように思う。

ちなみにCervantesのforo(掲示板)でも話が出ていた

それから、ググってみてもやはり大差があるというのもメモしとこうかね。

[engordar]
・"me he engordado" 225件
・"he engordado"から"me he engordado"を除外 28,300件

・"me he adelgazado" 91件
・"he adelgazado"から"me he adelgazado"を除外 18,400件

注: これまでに何度も書きましたが、こういったgoogle検索のヒット数はあくまでも目安くらいに受け止めとくのがいいです。いろんな人間が書き散らしているネット上の件数にすぎないので絶対ではないんだということは頭に入れとかないと。(ただ、本件のように圧倒的ならさすがにな)


「私は最近ダイエットに励んでいます」「今あたしダイエットしててー」と日本語で言うとき、我々は「食べる量を減らしている・制限している,よく考えられた食餌を摂るプログラムに従っている」を思い浮かべるものなんだろうか?

それとも「体重を減らすべく、食事を減らすことはもとより様々な運動にも努めている」をひっくるめて想像しているんだろうか?

私は後者だと感じてきたな。ダイエットブログと名のつくblogだって、みんな食事のメニューやカロリーをメモってるだけじゃないよね? エクササイズの内容とその量なんかをもメモっているよね。つまり日本語の「ダイエット」という語は「体重を落とすための奮闘のすべて」なのね。

うん。そういう話もあるようだ:
wkipediaより「痩身」wikipediaより「ダイエット」


スペイン語ではどうなのか?

dieta:
1. f. Régimen que se manda observar a los enfermos o convalecientes en el comer y beber, y, por ext., esta comida y bebida.
2. f. coloq. Privación completa de comer

régimen:
4. m. Conjunto de normas referentes al tipo, cantidad, etc., de los alimentos, que debe observar una persona, generalmente por motivos de salud.

やっぱり、「(治療・健康・痩身のための)食餌療法;食餌療法用の規定食;節食」または「絶食」であって、「体重を落とす(ためにいろんなことに取り組む生活を送る)こと」を含んではいないのであるな。

これらの語は前置詞 a と共にね。「a régimen (= on a diet)」。よく使う動詞は estar や ponerse。「nos hemos puesto a dieta (= we are on a diet)」


さて、友人に私の買った体重計をスペイン語で説明する段になって用語がメンドクサイことに気づいた。

・デジタル体重計: báscula digital 

これなんかは日常的な語が二つなのでまだよしとしても、この先はヤヤコシカッタ。


「体組成計」をスペイン語で何と言うのか。そこに辿り着くまでの長旅。回り道バージョン。

1) 「体組成 body」で検索すれば英語が見つかるはず

2) どうやら「body composition」でいいらしい

3) 「"body composition" composición」で検索すれば西語が見つかるはず

4) どうやら「composición corporal」でいいらしい

5) 「"de composición corporal"」で検索すれば、「~計」の部分がヒットするはず

6) 「analizador de composición corporal」でソレらしき商品が表示されてるので、これで良いんじゃないか? というところに落ち着く。

見当をつけるのに慣れてくればどこかの過程をすっ飛ばすことも可能でしょう。こういう分野に限らず、たいていの語句は誰でもがこの回り道を辿れば西訳できると思う。ただし、英語からスペイン語に直訳すれば済むという単語ばかりでもないので、それは要注意だろうな。


さて、「analizador de composición corporal」までわかったら、そういう商品の説明文中などを追って行けば‘答え’がわかりやすいかも。どれがどれに当たるんだろうかと探ってみる企画。で、どんどん脱線していく企画

・Análisis de Impedancia Bioeléctrica: Bioelectrical Impedance Analysis (BIA,BIA法),生体インピーダンス法
・peso: 体重
・tasa metabólica basal: 基礎代謝
・masa grasa: 脂肪量
・masa magra: 除脂肪量 ←コレちょっと自信なし
・masa libre de grasa: 除脂肪量 ←コッチかもしれない
・estimación de la masa muscular: 推定筋肉量
・agua total corporal: 体水分量
・índice de masa corporal: BMI (body mass index)
・porcentaje de grasa corporal,% de grasa (corporal): 体脂肪率
・grasa visceral: 内臓脂肪
・músculo esqueletal: 骨格筋 ←コレ直訳してみただけ。自信なし
・edad metabólica: 体年齢 
・Ecuaciones de Harris y Benedict: ハリス・ベネディクト方程式
・ejercicios aeróbicos o cardiovasculares:有酸素運動
・ejercicios anaeróbicos: 無酸素運動
・ejercicios resistentes: レジスタンスエクササイズ,レジスタンス運動


ついでに
そもそもどうして今回の「ダイエット」に励もうと思ったかといえば、こないだのサッカーワールドカップである。選手の腹筋が目に入り、自分のお腹を見た時に、「あ。ヤベ」と思い、試合を観ながら腹筋運動をするようになったのでした。

なので、さっそく私は‘自分大好き脱ぐの大好き’と思しきCristiano Ronaldoの腹筋画像を集めて一つにまとめました。

Yaseru01b_2

それを印刷して、いつも開ける机の引出の中に入れておくことにしました。イヤでも「腹筋運動しよう」という気になるために。ダブダブした自分への‘戒め’として。例えばオヤツを食べたくなった時なんかに抑制するために。


そうやって3週間くらいが経った時、私、なんかやっぱり違うような気がして、おちごと先のK嬢に呟いてみたんです。

「あたし、Cristiano Ronaldoの写真を‘戒め’とするのって、なんか違うような気がしてきたのよね。他に誰かいn……」


すかさずK嬢が、「そーーですよーー。間違ってますよー、あれはー!」って。そして続けて言うには、

「だって人種違うじゃないですか」って。


………人種の前に、もっと違う点があるんだが。


加筆。
そんなわけで、ここ数週間というもの、時間があれば歩くようにしてる。こないだもふと思いついて、急に歩いてみた。始点・水道橋駅、終点・紀尾井町スペインバル、所要時間50分弱。


powered by 地図Z

思いついたときにすぐ経路を考えて歩けるように、最近は地図を持ち歩いてる。こないだ地図なしで無茶なルートを歩いて行き倒れになりそうだった反省から。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Saturday, September 10, 2005

por poco me muero

por poco + 現在形 = もう少しで~するところだった

過去のことを話してても「por poco」に「+ 現在形」で表わします。「casi」も同様。

ホントにそう使われてるんだろうか、過去のことを話してる中にあっても、「por poco」の後は現在形を持って来るんだろうか。ということで調べてみる。こういう時に「por poco」だけで検索してみても気が遠くなるばかりでダメですわ、たくさんすぎて。じゃなくて、「por poco me」って「me」でも入れて検索してみるとか「y por poco me」「y casi me」というように重文の後ろ半分を探すつもりにしてみるなどすると、手ごろな例文が見えてくると思う。

(※ ただ……。
ネット検索ってのは便利でもあるけど危険でもあるからちょっとね…。↑の例でもそうだったけども、自分の出したい答えが出てくれるための検索の仕方をしちゃうこともあるので、自分に騙されるなという戒めや、インターネット上に何か書こうとするような世代が用いるコトバヅカイが正しいものであるかどうかっていう吟味は忘れてはならないわけで。以下略)


で、なんだ。何をメモしようとしてたのかというと、「por poco me muero(もうちょいで死ぬところ)」だった話を書き留めようとしたのでした。昨夜わたしは死ぬかと思った。

泡立てネットで泡をモコモコつくって顔を洗うじゃん? その泡が顔全体を覆ってる状態で、なんだか私は息を吸ってしまったらしいんだよな。かなり思い切り。だから、モコモコの泡が一気に大量にノドの奥に入った。塊でスポンと。

何が起きたか一瞬わからなかったよ。
呼吸が停まるは、ノドは焼けるようだは、泡もこもこで洗顔中なので目が開けられないは……。目はつぶったまんまだったが、あの時の私は「目を白黒させて」いたと思う。

数秒ののちには「シャワーのお湯を出せ、出すのだ」と思いついたんだけど、シャーーーーッと出したところでそのお湯をどうするのか、と。口蓋内は洗い落としたけども、ノドの奥まで落ち込んだ泡はどうにもならないでしょう。……次の1秒後には「そうか、深くウガイをすれば…」と思いつき、必死にウガイ。そうすると洗顔料の匂いが鼻へ抜けてきて実に妙な感覚。

お風呂を出てからもしばらくは「おぇぇぇぇ」「えっへん」「ごっほん」と咳払いのようなのを繰り返した。9時間経った今でも食道なのかなんなのか、そういう位置が焼けるようであるし、声はガラガラだし(←いつも嗄れてるけども、いつもより3割増し嗄れてる)、口蓋垂近辺もかなりヒリヒリ(腫れてる感覚)ですよ、嚥下に差し障る感じ。

本当に苦しかった。痛かったです。恐ろしかったです。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

その他のカテゴリー

a la ligera ざっと見 | apuntes 昔のノートより | ARG アルゼンチン映画 | base スペイン語基礎 | BOL ボリビア映画 | BRA ブラジル映画 | CHL チリ映画 | cine イベロアメリカ映画(スペイン語映画・ポルトガル語映画) | cine 日本盤 | cine 映画INDEX | cine 映画祭/映画賞 | cine 海外盤 | cine 見たいものリスト | cine 雑記 | cineasta 映画人 | COL コロンビア映画 | comilona スペイン料理 | CUB キューバ映画 | CVC foros セルバンテス掲示板 | ECU エクアドル映画 | ESP スペイン映画 | España スペイン | español DELE | español スペイン語 | FRA フランス映画 | frases 成句 | futbol サッカー | GBR イギリス映画 | GTM グアテマラ映画 | ITA イタリア映画 | JPN 日本映画 | Latin Beat Film Festival | libros 西語学習参考書・辞書など | MEX メキシコ映画 | PER ペルー映画 | perífrasis 迂言 | Premios Goya ゴヤ賞 | Primer Viaje 卒業旅行 | PRT ポルトガル映画 | recreo 息抜き | redacción 作文 | URY ウルグアイ映画 | USA アメリカ映画 | viaje 2010 (旅行) | vocabulario 語彙 | ★discapacidad 障害 | ★ETA | ★franquismo フランコ政権下 | ★guerra civil スペイン内戦中 | ★LGBT | ★régimen militar 中南米軍政(前後) | ★transición 移行期 | スポーツ | セルバンテス東京 | ニュース | パソコン・インターネット | プロフィール | 学問・資格 | 心と体 | 恋愛 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 旧サイトから転載 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽