Friday, January 30, 2009

posesivo 所有詞

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1223506079/385
》385 :何語で名無しますか? :2009/01/29(木) 21:24:13
》初学者です。たいへん程度が低く恥ずかしいのですが
》Esta es su casa de ella.という文章について疑問があります。

》この文章は英語にするとThis is her house of herのようになると思うのですが、
》「彼女の」という要素が重複しているように感じられます。
》Esta es su casa.
》もしくは、
》Esta es la casa de ella.
》ではいけないのでしょうか?
》回答していただけると幸いです。よろしくお願いします。


↓↓↓↓このあと、なんだかんだコメントがあって↓↓↓↓


http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1223506079/398
》398 :何語で名無しますか? :2009/01/30(金) 13:29:12
》瓜谷良平「改訂 スペイン語の入門」39頁より

》su,suyoは所有者が第三人称の場合に使用しますが,
》前後関係や状況のなかで所有者が言及されていないと,誰のかわかりません.
》例えば「Srta. Katoが来てsu libroを置いて行った」と言えばsuは「彼女の」とわかります.
》意味がはっきりしないときは≪de+所有者(名詞・代名詞)≫の形式を使います.
》1 Esta casa es suya. この家は彼女のです.
》2 Esta casa es de ella. この家は彼女のです.
》3 Esta es su casa de ella. これは彼女の家です.


385~398までのコメントの流れはこう
posesivo


しかし『中級スペイン文法』にはそうは書いていない。以下書き写したもの:
penP192 第10章 所有詞
C. 3人称の所有詞に関する注意

《de + 所有者》と所有詞を同時には使えない.
× Aquí está su ropa interior de Pedro. ここにペドロの下着がある.
○ Aquí está la ropa interior de Pedro.

usted・ustedesは,敬語的な人称代名詞として使われるときは,両方使うことができる.
例) Su madre de usted me ha llamado. あなたのお母さんが私をお呼びになった.end

posesivo


clock日付変わって2009.01.31 加筆
上の『中級スペイン文法』の「ペドロの下着」の例文と説明がちょっとよくわからないんだけど、

      《de + 所有者》と所有詞を同時には使えない.

この‘+所有者’ってのは、「ペドロ」みたいな固有名詞のときのことだけを言っているの? それとも「ella」とか「él」みたいな主格人称代名詞の場合をも含んでいいわけ? つまり、下記のような「○」「×」が成立するのかってことを私は知りたく思っているわけ。

× Aquí está su ropa interior de ella. ここに彼女の下着がある.
○ Aquí está la ropa interior de ella.

↑↑こういうことなのかってことを聞きたいわけ↑↑

↑↑私はこうだと思って来たから、それが「ペドロ」限定じゃなくて「ella」「él」でも成り立つんだよね、成り立つんだよとハッキリ誰かに言ってもらいたいわけ↑↑


clock2009.01.31 加筆
》399から先のやりとりはこう
posesivo03

その中で 》402 はちょっと困りものだ、たしかに。 》405 が「外人のHPもヒットしちゃうから、誤用の可能性あり」と書いているけど、私が 》402 を邪魔だと感じるのはそういう理由でもない。

》402 はググり方がよくないと思うよ。両端を "    " で括らないとこういう検索数は示してもあまり意味がない。だって、"    " でとじるとここまで整理されるんだぞ:

1."Es su * de Ud."
2."su * de Ud"
3."su * de él"
4."su * de ella"
5."su * de Juan"


こういうのは、「今回のお題とはぜんぜん関係ないけどたまたま何かの“文の一部”がひっかかってしまっている」という事例を検索結果から取り除くのがたいへんなんだよな。

ザッとみた感じ、1.や2.は上述の『中級スペイン文法』の注記にある、「usted・ustedesは,敬語的な人称代名詞として使われるときは,両方使うことができる.」っていうケースではないかね。

3.と4.は余分な検索結果が多すぎて困る。でも目を凝らすといくつかあるみたいだな、「su novio de ella」とか「su yerno de él」とか。

5.はホントちがうと思う。5.の検索結果は邪魔が多すぎてほとんど使いものにならないんじゃない?


で、結局、瓜谷本にある「Esta es su casa de ella. これは彼女の家です.」はなんなんだろう?  

わけわかんないな。誰か誰かに確かめてくれませんか。 またセルバンテス掲示板に聞くのがいいかもだけど、今週末は私は久しぶりに映画ブログに没頭したいんだ。久しぶりに体調がいいので。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Saturday, September 29, 2007

futuro de mandato

スペイン語の未来形に「命令」の用法があるかという件

1) 白水社 『中級スペイン文法』
(⇒ スキャン1

2) Edinumen社 『Metodo De Espanol Para Extranjeros (nivel intermedio)
(⇒ スキャン2

3) Edinumen社 『Metodo de Espanol Para Extranjeros (nivel superior)』
(⇒ スキャン3

4) SGEL社 『Curso de Perfeccionamiento』
(⇒ スキャン4

5) Eelsa社 『Gramatica Comunicativa del espanol』
(⇒ スキャン5

6) Santillana社 『Sintaxis del Espanol』
(⇒ スキャン6

| | Comments (1) | TrackBack (2)

Friday, May 04, 2007

artículo determinado/indeterminado 定冠詞・不定冠詞

定冠詞

  単数形(singular) 複数形(plural)
男性形(masculino) el libro, el chico los libros, los chicos
女性形(femenino) la revista, la chica las revistas, las chicas

不定冠詞

  単数形(singular) 複数形(plural)
男性形(masculino) un libro unos libros
女性形(femenino) una revista unas revistas


定冠詞と不定冠詞を比べてみる

定冠詞 不定冠詞
・英語の the に相当
・名詞の性・数に従って変化

・英語の a / an に相当
・名詞の性と数に従って変化

・「その,例の」
・すでにわかっている人や事物を表す名詞に前置
・アクセントを持たないので強く発音しないこと
・「1つの,1人の,ある」
・複数形 unos, unas は「いくつかの,何人かの」
・「el」が前置詞「de」「a」の後に来るときは、くっつけちゃう

例) a + el → al
de + el → del
 
・アクセントのある「a-」「ha-」で始まる女性単数名詞には「la」じゃなくて「el」を使う ・アクセントのある「a-」「ha-」で始まる女性単数名詞には「una」じゃなくて「un」を使う


Point_icon02_1
まず、定冠詞からみていこう。

・アクセントのある「a-」「ha-」で始まる女性単数名詞には「la」じゃなくて「el」を使う。※複数形には「las」だよ。

ここメンドーなとこ。φ(ロ-ロ^) メモメモ

「女性名詞で / 単数で / a- か ha- で始まっていて / そこにアクセントがある名詞」。これにつける定冠詞は「la」じゃなくて「el」。

単数形 複数形
el las
el agua las aguas
el hambre las hambres
el águila las águilas
el ama de casa las amas de casa
el aula las aulas
el alma las almas
el hacha las hachas
el ancla las anclas

↑「定冠詞 + 単数名詞」のあとに形容詞をつけたすなら「el」のままだけど、形容詞を定冠詞と名詞の間に置くならふつうに「la」でいいです。もーややこしーなー。

el + 名[女] + 形[女] la + 形[女] + 名[女]
el agua limpia
el agua escasa
el agua tibia
la limpia agua
la escasa agua
la tibia agua
el hambre insaciable
el hambre cruel
el hambre espantosa
la insaciable hambre
la cruel hambre
la espantosa hambre
el águila blanca
el águila enorme
la negra águila
la enorme águila
la monstruosa águila
el ama de casa perfecta
el ama de casa ideal
el ama de casa aburrida
la perfecta ama de casa
la típica ama de casa
la desesperada ama de casa
……略…… la majestuosa aula
la destartalada aula
la nueva aula


Omake_icon02_1
例外: アクセントのある「a-」「ha-」で始まる女性単数名詞だからって言ったって、全部が全部「el」つければいいってものじゃない。六点の例外を説明します。

1) アルファベットの名称には「la」
2) 女性の固有名詞
3) 略号
4) 地名
5) 男女同形の名詞
6) わりと新しい女性名詞


1) アルファベットの名称には「la」

  ×
a el a la a
h el hache la hache
α el alfa la alfa

2) 女性の固有名詞には「la」

例) Es la Ana que conocemos. (我々の知っているアナです)

3) 略号には「la」

例) la APA (= Asociación de Padres de Alumnos)(核となっている「asociación」という語がそもそも「la
asociación」だからね)

4) 地名の場合はまた細かい決まりがあるらしい。

大陸の名 el el África
el Asia
都市名や国名 (たいてい)la la Ámsterdam
la Austria

La Haya
(ハーグはLaもついて一つの都市名ね)


5) で、まためんどくさいんだけど、これも考えてみて
↓↓↓↓
ácrata: [形] 無政府主義(者)の,反権力主義(者)の / [名][男女同形] 無政府主義者,反権力主義者; アナーキスト

これ、男女同形の名詞でしょ。

たとえば今ここにシド(男)とナンシー(女)という反権力主義者カップルがいたとしたら、シド君は「el ácrata」になるよね。男だもんね。さて、ナンシーちゃんは?女のナンシーはどうすればいいの? 「ácrata」って単語はアクセントのある「a-」で始まってるから、えーっとえーっと、冠詞は「la」じゃなくって「el」をつければいいのかい……?

………つけないんだね、これが。

だって、シドも「el ácrata」で、ナンシーも「el ácrata」って言っちゃったら、ナンシーが女だってことがわかんなくなっちゃうじゃん。ナンシーを女であるとわからせるためには、「la ácrata」と言うほかないじゃない。これが例外5)なのです。

同様に: árabe: [形] アラブ(人)の,アラビア(人)の / [名][男女同形] アラブ人,アラビア人


6) これはどうだろうか
↓↓↓↓
árbitro, árbitra: 審判,アンパイヤ,レフェリー 

これは5)みたいな[男女同形]の名詞じゃないよね。[男]はarbitroで[女]はárbitraだよね。で、男のレフェリーは迷わず「el árbitro」でOKと。

さて、女のレフェリーは? 「árbitra」って単語はアクセントのある「a-」で始まってるから、えーっとえーっと、冠詞は「la」じゃなく「el」をつけるのかい……?三井ゆりは「el árbitra」なのかい?

………違うんだねぇ、これが。これは「la árbitra」でいいんだってさ。

Q: どうしてどうして? どういう理屈?
A: ――新語だから。

だってさ。そんなアッサリした理由かい。人々は、「árbitra 女性レフェリー」みたいな比較的新しい言葉の場合は‘定冠詞 la ⇒ el のきまり’をとっぱらって、「la árbitra」って言っちゃうものだって。


ところで不定冠詞は? 不定冠詞のことすっかり放置してたよ。えーっとね、定冠詞のときとおんなじ感じだから、あんな感じでよろしく。

・アクセントのある「a-」「ha-」で始まる女性単数名詞には「una」じゃなくて「un」を使う。※複数形には「unas」になるというわけだな。

ここメンドーなとこ。φ(ロ-ロ^) メモメモ

「女性名詞で / 単数で / a- か ha- で始まっていて / そこにアクセントがある名詞」。これにつける不定冠詞は「una」じゃなくて「un」。

単数形 複数形
un unas
un agua unas aguas
un hambre unas hambres
un águila unas águilas
un ama de casa unas amas de casa
un aula unas aulas
un alma unas almas
un hacha unas hachas
un ancla unas anclas

↑「不定冠詞 + 単数名詞」のあとに形容詞をつけたすなら「un」のままだけど、形容詞を不定冠詞と名詞の間に置くならふつうに「una」でいいです。もーややこしーなー。

un + 名[女] + 形[女] una + 形[女] + 名[女] un + 名[女] + 形[男]
un aguila majestuosa una majestuosa águila un águila majestuoso
un hacha afilada una afilada hacha un hacha afilado
これらは正しい言い方 ↑↑↑
これダメ


【文法用語】
átono, na: 強勢のない,アクセントのない
tónico, ca: 強勢のある,アクセントのある
contracción: 縮約


※定冠詞・不定冠詞についてこういう事柄を知りたくて調べていたわけじゃなかったんだがな。別のこと書きたかったのに。どうしてこんなたいへんな文を書くはめに陥ったんだろうか。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Wednesday, May 02, 2007

La explosión y derrumbe / ビル爆発(パレンシア)

日本語: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000030-mai-int
<ビル崩壊>スペインのマンションで爆発、6人死亡

スペイン語: La explosión y derrumbe del edificio de Palencia deja ya siete víctimas mortales

1) víctima: 犠牲者
下の囲みをちょっと見て欲しい。ギリシャ語起源の語で、「-ma」で終わっている語ってパッと見は女性名詞かと思いきや、おっと危ない、これって男性名詞なんだよなー、って引っ掛け問題かよ!、の語句リスト。

el clima(気候), el fantasma(幽霊), el problema(問題), el dilema(ジレンマ), el idioma(言語), el síntoma(兆候), el diploma(証書), el lema(モットー), el sistema(システム), el dogma(教義), el telegrama(電報), el drama(ドラマ), el poema(詩), el tema(テーマ), el enigma(謎), el prisma(プリズム), el teorema(定理), それとel planeta(惑星)も

víctimaはこれらの仲間………じゃ・あ・り・ま・せ・ん・か・ら・ね。ここにこそ引っ掛からないでねと言いたいのです。víctimaは女性名詞です。la víctima / las víctimasです。

犠牲者が男の人であっても、víctimaにかかっていく冠詞や形容詞などは女性形で一致させないといけない。

アカデミアの示す例文は、「La víctima, un jubilado, resultó aprisionada contra la pared del inmueble (犠牲者は年金生活の男性で、壁に挟まれて身動きがとれなくなった)」というもの。かわいそうなおじいさんのことを話しているにもかかわらず「La víctima」だし、「resultó aprisionada」です。「aprisionado」じゃないんだ。ということは、「el víctima」とか「los víctimas」などと言えないんだね。

もう一つ例文を見つけた
(○) La víctima, un hombre joven, fue trasladada al hospital más cercano.
(×) La víctima, un hombre joven, fue trasladado al hospital más cercano.

※このような、男性名詞または女性名詞しかなく、それで両性を表す名詞のことを「sustantivo epiceno(通性の名詞)」という

2) víctimas mortales
「víctima」はDRAEにはこうある
3. f. Persona que padece daño por culpa ajena o por causa fortuita.
4. f. Persona que muere por culpa ajena o por accidente fortuito.

ってことはつまり負傷者と死者とをひっくるめたのが犠牲者なのであるから、「herido(負傷者)」に対比的なものとして「víctima」を持ってくるのは正しい用法ではありませんってさ。例えば「幸いなことにheridos(負傷者)もvíctimasも出さずに済みました」なんて言い方は正しくないのだって。

ある事故におけるmuertos(死者)もheridos(負傷者)もどちらもvíctimas(犠牲者)なのだ、と。だから、「herido(負傷者)」に対置するのは「muerto(死者)」か、または「víctima mortal」であるべき。ってさ。(゚Д゚)ホホゥ!

herido ⇔ víctima この対比は正しくない
herido ⇔ muerto これならOK
herido ⇔ víctima mortal これもOK

【語句メモ】
las tareas de rescate: 救助活動
de nombre: …という名の
pasadas las 1.30 horas: …が過ぎて
a un ritmo "muy lento": 非常に遅いペースで
desescombro: → desescombrar: (場所)から瓦礫を取り除く

de unos 30 años de antigüedad: 築約30年
además de: …に加えて
prosiguen: → proseguir: 続く,継続する
un joven de nacionalidad rumana: ルーマニア国籍の若者
una señora de avanzada edad: 高齢の女性

un edificio contiguo: 隣接の建物
el noviciado: 修練院
congregación: 信心会,信徒団
con el fin de + 不定詞 [ + que + 接続法]: …するために
debido a: …のために,…によって

añicos: [複] (物が壊れたときの)破片
ralentiza: → ralentizar: → ralentí: スローモーション
a lo largo de: …の間中,…の間ずっと
se desató: → desatarse: 噴出する,爆発する
sofocar: 消す,消火する

tardar en: …するのに手間取る
dada la gravedad de la situación: 事態の重大性に鑑みて
dado, da: 《後に来る名詞に性数一致》 …があるので,…を考慮に入れれば
cerca de: (数量が)ほぼ…
colindante: 境を接した,隣接した

El 112: 緊急時総合連絡センター(警察・消防・緊急医療とリンクしているため、緊急事態の際にはまず112に電話をかける)
decretó: → decretar: 布告する
en señal de: …の証として,…の印に
por decisión unánime: 満場一致の決議によって
pesar: 悲しみ,心痛
en su nombre / en nombre de: …の代理で; …の名において

【めんどくさそうな文を分解する】
Los equipos de rescate continúan las labores de desescombro y búsqueda de al menos dos víctimas más, un joven de nacionalidad rumana llamado Eduard, de 24 años, y una señora de avanzada edad, cuyo nombre sería Petra, según ha comentado a los periodistas en la misma zona del siniestro el alcalde de la capital palentina, Heliodoro Gallego.
↓↓↓
El alcalde ha comentado a los periodistas.
Los equipos de rescate continúan la búsqueda de una señora.
Su nombre sería Petra.

Uno de los bomberos que participa en las tareas de rescate ha explicado que el desescombro hay que efectuarlo "muy despacio", de forma manual, con el fin de localizar los cuerpos de las víctimas casi intactos.
↓↓↓
Un bombero participa en las tareas.
El bombero ha explicado que ...
Hay que efectuar el desescombro muy despacio

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 25, 2007

pronombres personales nominativos 主格人称代名詞

主語として用いられる人称代名詞。
(1人称、2人称、3人称)×(単数、複数)=ぜんぶで6分類。

  単数 singular 複数 plural
1人称
primera persona
私 yo 私たち nosotros/as
2人称
segunda persona
君 tú 君たち vosotros/as
3人称
tercera persona
あなた usted
彼 él
彼女 ella
あなたがた ustedes
彼ら ellos
彼女ら ellas

※usted→Ud.またはVd.と書くこともある
※ustedes→Uds.またはVds.と書くこともある

(1) túとustedの使い分け

tú / vosotros,as usted / ustedes
親しい相手に
家族・恋人・友人など
子供どうし
大人から子供に向かって
雇い主が使用人に向かって
心理的な距離を感じる相手に
礼儀正しく接するべき相手に
あまり親しくない人どうし

(2) 複数形について
男性だけ: nosotros, vosotros, ellos
女性だけ: nosotras, vosotras, ellas
⇒ 男女が混ざっているときは「男」: nosotros, vosotros, ellos

(3) vosotros/asについて
■スペイン
親しい相手(複数)に対して: vosotors/as
そうでない相手に対して: ustedes

■中南米
そういう区別はなく、ustedesだけを使う……のだそうですが、私は中南米のスペイン語についてはあまりよくわかってないので、このblogでは扱えません・扱いません。


Point_icon02_1
初対面の相手にはustedで話しかけると覚えておいた方が、まぁ、お行儀はよいと思うよ。ustedを使うべきシチュエーションでtúを用いると無作法だと思われてしまうかも。たとえば私はバス切符売り場とか銀行とかタクシーの運転手さんにはustedで話す。

「年配だからusted」っていうんでもないんだよね。話し手が聞き手に対して仲間意識があると、年の差があってもtúを選ぶことが大いにある。愛がある、あるいは遠慮が無い、どちらかの場合に「tú」になるんだね。

まぁ、なんだそのぉ、「空気読め」ということなのです。

Omake_icon02_1
tutear(= hablar de tú)とは、「túで話す」。
知り合ってすぐはustedで話しかけるのが無難ですが、しだいに打ち解けて、いわゆる‘タメ口’でしゃべりたくなってくるでしょう。その時はどちらともなく、「Vamos a tutear. / Vamos a hablar de tú.(túで話そうよ)」などと切り出して話し方を切り替えたりする。

とにかく、「空気読め」なのです。

Read_icon02
túとustedの違いについての過去の記事
映画『Atraco a las tres』の中で
映画『El viaje a ninguna parte』の中で
映画『Belle Epoque』のコメント欄で

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, April 15, 2007

gentilicio 02

このあいだ地名形容詞をいくつか拾いましたから、国籍形容詞もやっておこう。

オーストリア Austria austriaco, austriaca
ベルギー Bélgica belga
キプロス Chipre chipriota, grecochipriota, turcochipriota, anglochipriota
チェコ República Checa checo, checa
デンマ-ク Dinamarca danés, danesa
エストニア Estonia estonio, estonia
ドイツ Alemania alemán, alemana
ギリシャ Grecia griego, griega
フィンランド Finlandia finlandés, finlandesa / finés, finesa
フランス Francia francés, francesa
ブルガリア Bulgaria búlgaro, búlgara
ハンガリー Hungría húngaro, húngara
アイルランド Irlanda irlandés, irlandesa
イタリア Italia italiano, italiana
ラトビア Letonia letón, letona
リトアニア Lituania lituano, lituana
ルーマニア Rumania rumano, rumana
ルクセンブルク Luxemburgo luxemburgués, luxemburguesa
マルタ Malta maltés, maltesa
ポーランド Polonia polaco, polaca / polonés, polonesa
ポルトガル Portugal portugués, portuguesa
スロバキア Eslovaquia eslovaco, eslovaca
スロベニア Eslovenia esloveno, eslovena
スペイン España español, española
スウェーデン Suecia sueco, sueca
オランダ Países Bajos neerlandés, neerlandesa
英国 Reino Unido británico, británica
Inglaterra inglés, inglesa
アルゼンチン Argentina argentino, argentina
アンティグア・バーブーダ Antigua y Barbuda antiguano, antiguana
ウルグアイ Urguay urguayo, uruguaya
エクアドル Ecuador ecuatoriano, ecuatoriana
エルサルバドル El Salvador salvadoreño, salvadoreña
ガイアナ Guyana guyanés, sa
キューバ Cuba cubano, cubana
グアテマラ Guatemala guatemalteco, guatemalteca
グレナダ Granada granadino, granadina
コスタリカ Costa Rica costarriqueño, costarriqueña / costarricense
コロンビア Colombia colombiano, colombiana
ジャマイカ Jamaica jamaicano, jamaicana / jamaiquino, jamaiquina
スリナム Surinam surinamés, surinamesa / surinamita
セントビンセントおよびグレナディーン諸島 San Vicente y las Granadinas sanvicentino, sanvicentina
セントクリストファー・ネーヴィス San Cristóbal y Nieves sancristobaleño, sancristobaleña
セントルシア Santa Lucía santaluciano, santaluciana
チリ Chile chileno, chilena.
ドミニカ国 Dominica dominiqués, dominiquesa
ドミニカ共和国 República Dominicana dominicano, dominicana
トリニダード・トバゴ Trinidad y Tobago trinitense
ニカラグア Nicaragua nicaragüense
ハイチ Haití haitiano, haitiana
パナマ Panamá panameño, panameña
バハマ Bahamas bahamés, bahamesa / bahameño, bahameña
パラグアイ Paraguay paraguayo, paraguaya
バルバドス Barbados barbadense
ブラジル Brasil brasileño, brasileña
ベネズエラ Venezuela venezolano, venezolana
ベリーズ Belice beliceño, beliceña
ペルー Perú peruano, peruana
ボリビア Bolivia boliviano, boliviana
ホンジュラス Honduras hondureño, hondureña
メキシコ México mexicano, mexicana
日本 Japón japonés, japonesa
ブータン Bután butanés, butanesa
米国 Estados Unidos de América estadounidense
カナダ Canadá canadiense
トンガ Tonga tongano, tongana
クウェート Kuwait kuwaití
ブルキナファソ Burkina Faso burkinés, burkinesa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, April 10, 2007

gentilicio

こないだ、ミスター・ワールドに選ばれたのがマラゲーニョのフアン・ガルシア・ポスティーゴだと書きました。

地名 Málaga ⇒ 形容詞・名詞 malagueño, ña ([形]マラガの; [名]マラガの住民[出身者])

この一覧を作ってみますか。地図を見ながら、そこそこ大きな字の町名を探していこうか。テキトーに選んでみる。「……ぇんせ」で終わっている語は男女同形ですね。まったく予想外のもたくさんあるね。

Albacete : albaceteño, ña
Alcalá de Henares : alcalaíno, na / complutense
Algeciras : algecireño, ña
Alicante : alicantino, na
Almería : almeriense
Andalucía : andaluz, za
Aragón : aragonés, sa
Aranjuez : arancetano, na
Asturias : asturiano, na
Ávila : abulense
Avilés : avilesino, na
Badajoz : pacense / badajocense / badajoceño, ña
Benalmádena : benalmadense
Benidorm : benidormense
Bilbao : bilbaíno, na
Burgos : burgalés, sa
Cáceres : cacereño, ña
Cádiz : gaditano, na
Cantabria : cántabro, ra
Cartagena : cartagenero, ra
Castilla-La Mancha : castellano-manchego, ga
Castilla y León : castellano-leonés, sa
Cataluña : catalán, na
Ceuta : ceutí(※男女同形)
Córdoba : cordobés, sa
Cuenca : conquense
Elche : ilicitano, na
Extremadura : Extremeño, ña
Figueras : figuerense
Galicia : gallego, ga
Gerona : gironés, sa / gerundense
Getafe : getafense
Gibraltar : gibraltareño, ña
Gijón : gijonés, sa
Granada : granadino, na
Guadalajara : arriacense / caracense / guadalajareño, na
Guipúzcoa : guipuzcoano, na
Huelva : onubense
Huesca : oscense
Ibiza : ibicenco, ca
Islas Baleares : balear(※男女同形) / baleárico, ca
Islas Canarias : canario, a
Jaén : aurgitano, na / giennense / jaenés, sa / jiennense / jaenero, ra
Jerez de la Frontera : jerezano, na
La Coruña : coruñés, sa
La Rioja : riojano, na
León : leonés, sa
Logroño : logroñés, sa
Madrid : madrileño, ña / matritense / (gato, ta)
Mallorca : mallorquín, na
Marbella : marbellero, ra / marbellense / marbellí
Melilla : melillense
Mérida : emeritense
Murcia : murciano, na
Navarra : navarro, rra
Numancia : numantino, na
Oviedo : ovetense
País Vasco : vasco, ca
Pamplona : pamplonés, sa / pamplonica(※男女同形)
Rota : roteño, ña
Sabadell : sabadellense
Salamanca : salmantino, na
  (※チリのサラマンカはsalamanquino, naらしい)
San Sebastián : donostiarra(※男女同形) / easonense
Santander : santanderino, na / santanderiense
  (※コロンビアのサンタンデルの場合はsantandereano, naらしい)
Santiago de Compostela : compostelano, na
Segovia : segoviano, na
Sevilla : sevillano, na
Tarifa : tarifeño, ña
Tarragona : tarraconense
Toledo : toledano, na
Úbeda : ubetense
Valdepeñas : valdepeñero, ra
Valencia : valenciano, na
Valladolid : pucelano, na / vallisoletano, na
Vigo : vigués, sa / olívico, ca
Villarreal : villarrealense
Zaragoza : zaraozano, na

「topónimo(地名)」で調べるとリストを見つけられたりします。
topónimo (地名)とか)
(※「topónimo」という単語は「topos (lugar) + nomos (nombre)」らしい)


また、スペインのWikipediaで地名を調べると面白いよ。

例えば「Jaén」を調べてみよう。そして旗とか盾が図示されている概要の欄を見るのね。そこに、「Gentilicio」という項目があるでしょう。それがこれですよ。gentilicioとは、国籍形容詞[名詞]、地名形容詞[名詞]のことです。

となると、gentilicioのリストなども見つかりますね。

追記1:
Stanleyのレベル5には、Oviedoの地名形容詞を尋ねる問いがあったと思う。

追記2:
このような記事を以前どこかで読んだのを思い出してみたら、インタースペインブログでした (⇒ ちょっと勉強:あなたの友だちはどこの人?)。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

その他のカテゴリー

a la ligera ざっと見 | apuntes 昔のノートより | ARG アルゼンチン映画 | base スペイン語基礎 | BOL ボリビア映画 | BRA ブラジル映画 | CHL チリ映画 | cine イベロアメリカ映画(スペイン語映画・ポルトガル語映画) | cine 日本盤 | cine 映画INDEX | cine 映画祭/映画賞 | cine 海外盤 | cine 見たいものリスト | cine 雑記 | cineasta 映画人 | COL コロンビア映画 | comilona スペイン料理 | CUB キューバ映画 | CVC foros セルバンテス掲示板 | ECU エクアドル映画 | ESP スペイン映画 | España スペイン | español DELE | español スペイン語 | FRA フランス映画 | frases 成句 | futbol サッカー | GBR イギリス映画 | GTM グアテマラ映画 | ITA イタリア映画 | JPN 日本映画 | Latin Beat Film Festival | libros 西語学習参考書・辞書など | MEX メキシコ映画 | PER ペルー映画 | perífrasis 迂言 | Premios Goya ゴヤ賞 | Primer Viaje 卒業旅行 | PRT ポルトガル映画 | recreo 息抜き | redacción 作文 | URY ウルグアイ映画 | USA アメリカ映画 | viaje 2010 (旅行) | vocabulario 語彙 | ★discapacidad 障害 | ★ETA | ★franquismo フランコ政権下 | ★guerra civil スペイン内戦中 | ★LGBT | ★régimen militar 中南米軍政(前後) | ★transición 移行期 | スポーツ | セルバンテス東京 | ニュース | パソコン・インターネット | プロフィール | 学問・資格 | 心と体 | 恋愛 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 旧サイトから転載 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽