« August 2012 | Main | December 2012 »

Saturday, September 29, 2012

Xingu / シングー [ブラジル映画]

LBFF 2012 Latin Beat Film Festival 2012 / 第9回ラテンビート映画祭 / ラテンビートフィルムフェスティバル2012 / スペイン・ラテンアメリカ映画祭で上映。

映画祭の作品紹介ページ(Xingu / シングー)よりストーリー
hairsalon1940年代、ブラジル内陸部マトグロッソ州の開発隊に参加したヴィラス・ボアス三兄弟は、アマゾン川支流のシングー川流域で暮らす先住民族インディオと遭遇し、友情を育くむ。キリスト教や森林開発、疫病といった外圧から、彼らの生活を守るため、3兄弟は行動を起こすことを決意する。

先住民族保護に生涯をささげたヴィラス・ボアス三兄弟の苦難の日々を描いた感動作。……略……hairsalon

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

佳かったです。
いつものように私は何も知らずに観ましたが、話はわかりやすい。復習がしたくなる作品。

途中、展開が早くて説明的だなとか逆にちょっとテンポがゆっくりかなと感じるところもありましたが、前者については伝記ものならしかたないね。バルト9では10/4(木)の21:00からまた上映されるのでどうぞ。


次男(めがね) Claudio Villas Boas: 1916~1998
三男 Leonardo Villas Boas: 1918~1961
長男 Orlando Villas Boas: 1914~2002

次男クラウジオが26歳の時(ということは1942年か)に物語は始まります。ホンカドール・シングー開発隊(Expedição Roncador-Xingu)のことを新聞で知った次男が三男とともに、開発隊に応募する人の列に並ぶのです。自分の名前を書くこともできないといった無学の人を装った二人は無事に(?)採用され、サンパウロで会社勤めをしていた長兄のオルランドも呼び寄せるのでした。

Morre o sertanista brasileiro Orlando Villas-Boas - Que Dia é Hoje? - Oi Educaによればオルランドは多国籍企業に勤めていたようだが、これでサクッとホワイトカラーの職を捨てて弟二人に合流しちゃうのがおもしろい)


bookブラジル学を学ぶ人のために』と『現代ブラジル事典』にその頃の社会の動きについて書いてあります。二つの本の該当箇所の筆者が同じなのでだいたいおなじことが書いてありますが、前者から引用してみます:

hairsalon 第Ⅰ部 開発と社会  第一章 開発と環境保護への取り組み  
1 開発と森林破壊  アマゾンへの開発の訪れ
……略……マタ・アトランティカの開発に比べるとアマゾン(正確にはアマゾン河流域アマゾニア)の開発は新しく、せいぜいがこの1世紀のことである。その鬱蒼とした森林が人を寄せ付けず、また植民者にとって経済的利益がなかったからである。アマゾンには多様な自然が存在しているが、……略……つまり農耕には不適な土地がほとんどを占めている。先住民であるインディオはこうした森で焼畑を営んでいたが、それは人類学者B・J・メガーズによって自然の植生の模倣といわれたものであり、貧弱なアマゾンの優れた利用法であった。

19世紀末になってアマゾンの深い眠りは突然醒まされることになった。ゴムブームの到来である。アマゾンを原産とする天然ゴムが自動車のタイヤ、軍事用に大量に需要された。……略……

……略……アマゾンに再び開発が訪れるのは1940年以降のことである。この年ブラジル大統領として初めてアマゾンを訪れたジェトゥリオ・ヴァルガスは文明の名でアマゾン征服を宣言した。アマゾン開発は中央集権的な政治を目指すヴァルガス政権にとって国家統合の手段の一つであった。53年にはアマゾン経済開発庁(SPVEA)を設立し、「法定アマゾン」という地域区分を定めた。しかしヴァルガスの時代はアマゾン開発の前奏にすぎなかった。現実に開発が進むのは64年の軍事クーデター以降であった。……略……hairsalon


たしか映画で描かれたのは1942年からこのぐらいまでだったと思う。(「1971年にノーベル平和賞候補になった」などはおはなしの中では描かれておらず、テロップでの説明)


book ひきつづき同書:
3 貧困と環境破壊 開発の犠牲者
開発は、先住民であるインディオを危機に追いやった。インディオ人口は植民以来過重な労働、混血、残虐行為によって減少してきたが、森林破壊がそれに拍車をかけた。……略……開発はインディオの文化とアイデンティティを失わせている。政府は1973年にインディオ法を制定しインディオの文化の保護を図った。88年憲法は伝統的にインディオが住む土地について不可侵を定めた。政府は、インディオ法と96年の政令第1775号によって、インディオ居住区の確定を進めた。

……略……しかし、現実に居住区として制度化されたものは数が少ない。加えて開発の浸透は、インディオを森の奥へと追いやり、あるいは文明の受け入れと固有の土地の放棄を促すことによって、確定すべき土地を事実上狭めている。さらに確定した土地についても牧畜業者、砂金採集人(ガリンペイロ)が不法に侵入しつつある。hairsalon


(コメント欄につづく)

amazon.co.jpを「シングー」で検索してヒットするのは←こちらの本。

『アマゾン、シングーへ続く森の道』白石絢子著 地球の裏側から問い返される - エンタメ - 47NEWS(よんななニュース)

アマゾン、シングーへ続く森の道 一般書籍 ほんの木「自然なくらし」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, September 23, 2012

EVA / エヴァ [スペイン映画]

EVAdanger わりとサラっと観たので注意点がいくつかありますdanger

Latin Beat Film Festival 2012 / 第9回ラテンビート映画祭 / ラテンビートフィルムフェスティバル2012 / スペイン・ラテンアメリカ映画祭で上映される。


映画祭の作品紹介ページ(『EVA < エヴァ >』)よりストーリー
hairsalon舞台は近未来の2041年。エンジニアのアレックスは、雪に閉ざされたサンタイレーネのロボット研究所に10年ぶりに戻り、少年のロボットの製作にとりかかる。

一方、かつての恋人ラナは、兄ダビッドと結婚。一人娘エヴァを授かっていた。エヴァの個性にひかれたアレックスは、彼女をモデルにロボットを作りたいと願うが…。hairsalon

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


オープニングCGの出来栄えが評判となった作品です。

この作品については今年初めのゴヤ賞の記事でも少し書きました:
Premios Goya 2012: candidatos / 第26回ゴヤ賞ノミネート : Cabina
Premios Goya 2012: palmareses / 第26回ゴヤ賞発表: Cabina


2012年10月27日(土)シアターN渋谷梅田ガーデンシネマにて公開

(つづきはコメント欄で)


EVAをエヴァと書くのは私はどうしたって抵抗があるが、まあ勝手にすればという気分です。舞台はどこでもありうるのだし。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sunday, September 09, 2012

No habrá paz para los malvados / 悪人に平穏なし [スペイン映画]

No habra paz para los malvados Latin Beat Film Festival 2012 / 第9回ラテンビート映画祭 / ラテンビートフィルムフェスティバル2012 / スペイン・ラテンアメリカ映画祭で上映される。

この作品は、私、断言するけど、一回観ただけで話の流れ・登場人物の関係を把握できる(日本)人はいないね。エンリケ・ウルビス監督の過去の作品、『La caja 507 / 貸し金庫507 [スペイン映画]』でも同じようなことをボヤいたけど、これはもっともっと難しかった。大仕事だったよ。


だからとにかくそれを追います。

鑑賞前にこの記事で予習してもらえれば幸い。……と言いたいところだが、本来作品を観ながら理解した方がいい事柄まで私がここで淡々と説明してしまうので、鑑賞前に読んでしまうのはあまりお薦めできないという、私のブログの抱える永遠の矛盾。

鑑賞前に流れ・人間関係を知ってしまうか、鑑賞後にワケがわからなかった点を確認しに来るか、それは自分で決めてください。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


映画祭の作品紹介ページ(『No habrá paz para los malvados / 悪人に平穏なし』)よりストーリー: 
hairsalon マドリッドの中年捜査官サントス・トリニダは、泥酔して立ち寄った酒場で、怪しげな男たちと遭遇し、事件を起こしてしまう。サントスは、事件の発覚を恐れて、現場から逃走した目撃者の足取りを追い始めるが、まもなく、目撃者の背後に不穏な動きをする犯罪組織があることを突き止める。……略…… 2004年にマドリッドで起きた爆弾テロ事件をベースにした作品で ……略…… hairsalon


danger もう一度警告しますが、108分のうち80分くらいまでを説明してしまうよ danger

danger ↓↓↓ ほんとにかなり書くよ ↓↓↓ danger

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


diamond サントス・トリニダによる殺戮の現場となるのはClub Leidy'sという売春宿。


(1) 売春宿にて
shadow サントス・トリニダ: 第一線を外れ失踪者捜索班で人探しに当たっている。アル中気味。

shadow イングリッド: 売春宿のママ; コロンビア人(帰化)

shadow 若い男: 売春宿の用心棒

shadow ドン・ペドロ・バルガス: 売春宿のオーナー; コロンビア人


サントスはこの3人を射殺。しかし、二階にいた若者にだけは逃げられる。サントスはこの若者(→)を探し回ることとなる。

shadow 美形の若者: 売春宿でサントスに殺されず、唯一逃れた若いイケメン; 店の防犯ビデオに写っていた; (danger 終盤まで名前は出てこないので「イケメン君」で通します)


eye サントスは死体を探り身元などを調べる。用心棒の財布からホテルのカードキー、店主のポケットからパスポートや携帯などを取り出す。用心棒の使っていた名前が“ウーゴ・アングラーダ”だとわかる。


shadow キューバ人労働者: 売春宿から出てきたサントスとすれ違った; のちにチャコンたちに目撃証言をする(→(7))


サントスは現場から持ち去った物品を燃やして処理しちゃう。自分の撃った薬莢も拾い集めてきたので捨てる。用心棒が持ってたホテルのカードキーなどは残しておいた。

サントスはホテルに電話して「“ウーゴ・アングラーダ”の部屋につないでくれ。部屋番号を教えてくれ」と言う。(danger 実際、電話でこんなこと教えてもらえるとは思えないけどな)


(2) 売春宿殺害事件の捜査
shadow チャコン判事: 殺害事件の捜査を指揮する

shadow レイバ: その部下; サントスとは同期採用


(3) 警察署内
shadow ロドルフォ: 失踪者捜索班でのサントスの相棒; サントスに仕事をすっぽかされて頭に来たりしている

eye サントスは売春宿で射殺したペドロ・バルガスらのパスポートなどを警察のデータベースと照合している。バルガスが「2003年からスペインに居住; 2004年にはコカイン密輸に関与」していた記録など。また、バルガスの携帯の発着信履歴から、下記の男が浮かび上がる

NHPPLMshadow アウグスト・ロラ: コロンビアのバランキージャ出身; 前科欄には「2004年 麻薬売買, ペドロ・バルガスの関与」, 「2005年 税務犯罪」, 「マチューカという店で喧嘩」とある。


(4) ホテル
サントスは仕事をほっぽり出して、死んだ用心棒“ウーゴ・アングラーダ”が滞在していたホテルへ。部屋番号は教えてもらったし、カードキーを持っているので楽々と侵入。車のキーを見つけたので地下駐車場に下りていく


(5) 地下駐車場
用心棒“ウーゴ・アングラーダ”の車(Audi)発見。車中でGarmin社のカーナビ発見。カーナビの表示履歴に「トリブレテ通り 21番地」という番地があったので、サントスはその番地まで行ってみる。


(6) その番地を訪ねる。その建物に入ってみたが見当がつかないのでとりあえず出て、その辺のベンチでしばし独りで過ごしている

eye ちなみにグーグルのストビューはこれ(Calle de Tribulete, 21)。映画の画面と比べると、たしかにここだね。

それから、この時にサントスの隣に腰掛けているお爺さんは、Don Simonかどこかのやっすいやっすいワインをパックから直に飲んでいる(という、“貧困地域っぽさ”の演出か)。

(7) チャコンの事務室
チャコンとレイバは売春宿殺害事件発生直後に“容疑者(danger それはサントスなわけだが)”とすれちがった労働者(→ (1))から目撃証言を得る。

そしてチャコンの秘書アナが、殺害された売春宿オーナーのペドロ・バルガスについて書類を揃えてきた。「2003年からスペインに居住; 2004年にはコカイン密輸に関与」。「もう一つの死体(=用心棒)については未だ身元不明。指紋照合をインターポールに依頼中」。

danger 用心棒が“ウーゴ・アングラーダ”という名であることが未だわからないのは、サントスがいろいろ隠滅しちゃったから…)


(8) クラブ~セリアの家
サントスは手がかりを持っていそうなラチー(ド)という情報屋を探して、クラブのトイレで若い男に「ラチーを知っているか」と尋ねたりしている。(danger 逃げた男がモロッコ人かと見て、そこに近そうな人物としてラチー(ド)をまず当たることにしたのだろう) 

shadow Celia セリア: ゴーゴーダンサー; ラチーの元カノ;
サントスはラチーの居所を聞き出そうとするが「知らない」らしい; サントスはラチーの写真などをぱらぱらと見る; 「ラチーはまだコロンビア人の連中と組んで“ビジネス”してるのか」

shadow ラチー(ド):
ゲーノー活動もしているらしいが早い話が前科者のちんぴら; 警察の情報屋; (danger この男が登場するのはもっと後のシーンである)


(9) 売春宿の事務室
チャコンやレイバは売春宿の金庫を開ける。30万ユーロもの場違いな大金。

そして、この日ようやくチャコンたちは用心棒の人定ができた。“ウーゴ・アングラーダ”の他にも多数の偽名を使い分けており、ヨーロッパの複数の国から指名手配をされている人物である、と。


(10) アウグスト・ロラから聴取
チャコンは、アウグスト・ロラ(→ (3))から事情を聴く。殺害されたペドロ・バルガスと過去に様々な犯罪捜査で名前のあがった男である。周到なことに、弁護士を同行している。

アウグスト・ロラが言うには、「食料品の輸出入とかホテル業を展開している; “マチューカ”というナイトクラブは経営しているがあれは断じて売春宿ではない」。

2004年の麻薬密輸がらみの捜査でペドロ・バルガスとアウグスト・ロラの名が挙がったが、弁護士曰く、「あの件は棄却されました」。


(11) 用心棒が滞在していたホテル
danger 殺害後にサントスが痕跡を消してしまったから、レイバやチャコンがここまで辿り着くのに時間がかかった)

ローマ⇔マドリードの飛行機のチケットの半券が見つかったのでレイバは乗客名簿の照会をする。

駐車場で車も見つかるがGPSが無い(danger だってそれもサントスが…)。駐車場の防犯カメラを調べることにする。

そして、Brigada Central de Estupefacientes 麻薬取締局のセルダン刑事にアポをとる。


(12) チャコンはセルダンを訪ねる
チャコンは麻薬取締局のセルダン刑事を訪ね、殺害された用心棒“ウーゴ・アングラーダ”またの名を“アンドレス・ダビッド・ウルタード”について尋ねる。セルダン曰く、「コロンビアマフィアの殺し屋で、FARC(反政府武装組織)の元メンバーだ」。

チャコンはまた、ペドロ・バルガスとアウグスト・ロラが04年に関与した疑いのある麻薬事件の捜査がなぜ頓挫したのかを質問する。

セルダン曰く、最近はバルガス達のようなコロンビアマフィアはマグリブ(=モロッコ、アルジェリア、チュニジアなど)のハシシを取り扱うよう方針転換をしているようだ。コロンビアマフィアの捜査はすでに麻薬取締局の手を離れ中央情報局に移っている。急進的イスラム主義者の活動と関係していると考えたのだろう、と。


(13) ナイトクラブ、マチューカ
アウグスト・ロラの経営するナイトクラブである。サントスがやってきた。(danger サントスはこの店の名を(3)の時に知っている)  

そこでずっと探してきた情報屋のラチーをやっと見かける。

ちょうどその時、マチューカの事務室ではレイバがアウグスト・ロラと“会話”をしている。アウグスト・ロラは相変わらずの弁護士同伴。なかなか尻尾を出さない抜かりない男。

danger (11)の飛行機のチケットの半券の話がここで繋がる) 


ここで従業員がアウグスト・ロラを呼びに来た。

shadow フラビオ: マチューカの従業員; (danger この人はぶっちゃけチョイ役なのだけど、この人の顔をこのシーンで覚えておかないと直後のシーンで「???」ってことになっちゃう)


サントスは店内ではしゃぐラチーを見張っている。ラチーが店を出て行くのを追いかけるが、タイミングの悪いことにレイバに会ってしまい、話の相手をする間に見失った。「ちっきしょう……」と地団駄を踏んだが、そこで駐車場にいる一人の男に目を留める。

flair これがさっきの従業員、フラビオである。車が一台寄ってきてフラビオを拾って走り去る。サントスはあとを追って深夜の飲食店に入るわけです。


(14) 深夜の飲食店
すると殺害現場からただ一人逃がしてしまったあの「イケメン君」が店に来たではありませんか。

その後サントスは「イケメン君」の車を追って、とあるマンションまで来た。

「イケメン君」の部屋を「男」が訪れた。

翌朝、「イケメン君」と「男」が出て行く。サントスは後をつける。2人はバスターミナルで到着する白人男性を待っていた。

そしてショッピングセンターでサントスは三人を見失った。


(15) メリダ捜査官
shadow メリダ刑事: 中央情報局の捜査官(danger Unidad Central de Inteligencia Exteriorとのことだけど実在する機関の名称かどうかは知らない)

eye チャコン判事は、なぜ麻薬事件などを中央情報局が追うのかを質問する。メリダ捜査官は、「コロンビアマフィアとモロッコの急進的聖戦主義組織とが関係を深めていると、我々の情報屋が言うもので」「我々がマークしているのは、組織のリーダーの“セウティ”という男です」「しかしセウティはバルセロナに移動した後の足取りがわからなくなっています」。

チャコンはセウティとやらいう男の書類を送ってくれるようメリダに依頼。情報屋とも会いたいと告げるが、メリダは「それは……いろいろと難しい話なので、うちの部長と直接交渉してみてください」。


(16) 「イケメン君」のマンションに侵入してみるサントス
室内の引き出しを開けたりして物色している。


(17) shadow 中央情報局のオンティベロス部長
チャコンはメリダ捜査官から言われたとおり、その上司であるオンティベロスと密かに会う。と、ここへやって来たのが、ラチーである。情報局のタレコミ屋とはラチーだったのだ。

ラチーはアウグスト・ロラのことも知っているし、またセウティとも知り合い。「セウティはこわいやつですよ。宗教にいかれちまいました」。

「セウティとアウグスト・ロラを引き合わせたのはあなたなんですね?」「そうっすよ。ロラは新しいことを始めたがってたから紹介してやりました」

オンティベロスはチャコンに、「そちらが捜査している売春宿殺人事件はコロンビアマフィアの殺し屋のしわざでしょう。セウティは関係ないし、ましてや聖戦主義者ウンヌンはまるで関係ないでしょう。セウティはあなた方が追うべき人物とは思えませんな」という。


(18) とある夫婦のお宅を訪ねるサントス
実はこれは「イケメン君」の住むマンション一室の大家さん夫婦。さきほど(16)で「イケメン君」の部屋に侵入した時、サントスは引き出しを探っていたでしょ? あれで大家さんのことが判ったからこちらに来てみたのでしょう。

大家さん夫婦の娘さんが結婚した時にあのマンションをあげたのだそうだ。しかし娘さん夫婦は今はあそこに住んでいない。ロンドンにいるそうだ。サントスは娘さんとその夫の写真を手に取る。

(14)で見かけて、そして見失ったあの「男」が写っているではないか。

この夫という人物はアラブ人ではなくて、セウタ生れで、国籍はスペイン、ラバピエス地区の文化センターでアラビア語の講師をしていたというので、サントスはそのセンターの場所を聞く。


(19) レイバたちの捜査本部
殺害された用心棒のホテルの防犯カメラ映像(→ (11))を見るうち、レイバはそこに写る一人の男(danger これがサントスなんだけど)に目を留めた。

そして、売春宿の事務室の金庫などから採取された指紋の照合結果が届いた。若い男のものであった。これが「イケメン君」である。


(20) イスラムの文化センター。
さっき(18)で聞いたセンターまで来てみたサントスは、壁の写真に気づく。セリアの家にあったラチーの写真とおんなじ一枚である。(→ (8))

だからセリアに厳しく迫り、今度こそラチーの電話番号を聞き出した。


(21) 「イケメン君」のマンション。
レイバらは(19)で指紋があがった「イケメン君」の部屋を家宅捜索。「イケメン君」は真面目な学生。数人の若者とハウスシェア暮らしらしい。

チャコンのもとへオンティベロスがセウティの書類を届けに来た。一枚の写真に、セウティがスペイン人妻といっしょに写っている。

「この男の奥さんはマドリードの出身なんですね!? なぜそれをもっと早く言ってくださらなかったんですか!」と、オンティベロスに対して怒気まじりに問いかけるチャコンである。


(22) サントスは遂にラチーを見つける
サントスはついにラチーをつかまえた。セウティの居場所を聞き出そうとする。「知らないわけないよな。お前、一緒に写ってるじゃないか」。

「昔のことっすよ。サッカーやって、みんなで食事したりやつの家に行ったりしてただけで」とラチーが言うので、じゃあその家とやらに案内しろという流れになるわけです。


(23) 大家さんの奥さんふたたび
チャコンたちが事情を聞いています。さっき(21)の資料を見て、セウティの妻がマドリっ子だとわかったから、その親を呼び出したというわけね。

セウティのことをいろいろ尋ねていたら奥さんが「……でも、もうこないだの刑事さんにおなじことをお話ししましたよ…?」と言うので、チャコンとレイバは「???」となる。「刑事さんとは、いったいどこの誰のことでしょうか?」。


(24) セウティの家とやらを探して
(22)でラチーがセウティの家がどうのこうのと言ったので、サントスはラチーを連れてその家を探す。ラチーの記憶を頼りに、郊外にあるその家に辿り着いた。


(25) チャコンの事務室
レイバとチャコンの会話。


(26) トリブレテ通り 21番地
サントスは(5)(6)のトリブレテ通り 21番地まで再び来てみました。得意の不法侵入。建物内は雑然としている。

とりあえず近くのバルで飲んでいたら21番地から男たちがものを運び出していて、その中にセウティの姿をついに視認したのである。

サントスは彼らの車を追う。やがて一行は夜のアトーチャ駅に着いた。


………と、ざっとこんな感じです。ここまで来れば、残りの30分は何も見失わずに観られると思う。これでだいじょうぶ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | December 2012 »