« Calle Mayor / 大通り [スペイン映画] | Main | キューバの恋人 / Kyuba no koibito / La novia de Cuba / Cuba No Koibito [日本映画] »

Saturday, August 27, 2011

Torrente 4 Lethal Crisis / トレンテ4 [スペイン映画]

Torrente 4Latin Beat Film Festival 2011 / 第8回ラテンビート映画祭 / ラテンビートフィルムフェスティバル2011 / スペイン・ラテンアメリカ映画祭: Cabinaで上映される作品。

「ラテンビート映画祭 Latin Beat Film Festival| ラテンビート映画祭2011、上映作品12本発表!」より おはなし

マドリッド警察のはみ出し者トレンテは、ドジで怠け者で大酒飲み、おまけに不恰好な中年刑事。彼の周りでは、なぜかいつも珍事件が続発し、トレンテは否応なしにトラブルに巻き込まれていく…。……略……1998年に製作された1作目が大ヒットを記録し、以後シリーズ化された。……略……監督兼主演のサンティアゴ・セグーラ(『どつかれてアンダルシア』のニノ役)は、スペインでは国民的コメディアンとして知られている。 hairsalon

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


アピールポイントを最初に挙げておこうか:
・おっぱい星人もお尻星人も、どちらも楽しみにしていていいんじゃないかい。
・マドリードのサッカー選手などの友情出演多数


さて。
José Luis Torrente Galvánがトレンテの本名。この男は次のように形容されている:

・Un ser repugnante, machista, racista, homófobo, fascista y repulsivo. ("Torrente 4", taquillazo de la mediocridad | Suite101.net
・un policía fascista, machista, descebrado… el típico antiheroe español. (¿El cine español está en crisis? | Blog de kaiserland77.com
・uno de los personajes más políticamente incorrectos que se han visto en la pantalla: fascista, machista, racista, corrupto, alcohólico y ajeno a sutilezas, el policía José Luis Torrente (Sanfic 7 » Torrente 4 – Crisis letal


と、こういう男なので、まあ、私も眉を顰めたこと顰めたこと。下品で汚くて悪臭が漂ってくるようで、反吐が出るわ! 記憶から消し去ってもらいたいシーンもある。あたし、鑑賞後、三食くらいは食が進まなかったくらいよ。それから、上記のとおりこのおっさん políticamente incorrecto だから。ひどいセリフの連発です。それでもついニヤニヤしてしまうので居心地が悪いったらない。

だけど、だからってPC、PCっつって目くじら立てられても困っちゃうわけで。ポリティカルコレクトネスを厳守すべしという人が万が一いるならば、まあ、その人にはお薦めしない作品です。


私はトレンテの第一作はわりと「つまらない」風に片づけたけど、第4作のこれだってお話は「愚にもつかぬ」というやつだと思っています。ただ、ことばは本当に面白い。途中で語句メモをとるのを投げたほど、トレンテのことばは“豊か”です。この汚くて臭そうなおっさんの野卑で俗悪なregistroを観察し、彼と仲間のポリティカル・インコレクトネスの連打を味わう分には実に面白い作品。



ところで、先日たくさんリツイートされていたツイート(twitter http://twitter.com/#!/djaoi/status/99036186101821440)は男女の下ネタの違いを簡潔に述べたものでとても面白く読んだ。

これとは別に昔から私は、男がおそらく“下ネタ”という範疇で語っているであろう事柄には排泄物を取り扱ったものも多々あるが、女の言うところの“下ネタ”というジャンルからは排泄物は除かれている、と思っているんだよ。だからあたしたちが下ネタで頬を紅潮させて盛り上がってるところへズカズカ入ってきて排泄物だのガスの話をしないでほしい。それ、私たちにはなんにもおもしろいこと無いから。


……そんなこんなで、トレンテは男の下ネタ。

|

« Calle Mayor / 大通り [スペイン映画] | Main | キューバの恋人 / Kyuba no koibito / La novia de Cuba / Cuba No Koibito [日本映画] »

Comments

Crisis letal (2011) - IMDb
TORRENTE 4 | Lethal Crisis


監督・脚本・主演: Santiago Segura サンティアゴ・セグーラ ... Torrente トレンテ(ホセ・ルイス・トレンテ・ガルバン)

出演
※Enrique VillénやJavier Gutiérrezなど、前作にも出演していた役者は多い

Kiko Rivera キコ・リベラ ... Julito Rin Rin “リン・リン”: 今回の相棒

Enrique Villén エンリケ・ビリェン ... Ramírez ラミレス: トレンテに“仕事”を依頼してきた

Tony Leblanc ... Tío Gregorio グレゴリオおじ: トレンテのおじ。刑務所暮らしは長い。
Yon González ヨン・ゴンサレス ... Peralta ペラルタ: 刑務所でグレゴリオを親父と慕っている若者
Joselito ... El Colibrí コリブリ: グレゴリオおじの刑務所仲間
El Langui ... Portero equipo presos: 刑務所サッカーのキーパー

David Venancio Muro ... Sr. Castaño 刑務所のカスターニョ所長
Kiko Matamoros ... Otxoa オチョア: 刑務所内で幅を利かせる男; いつも男娼のような囚人を連れている
Isidro Montalvo ... Secuaz Otxoa: オチョアにくっついて歩いているヘソ出しルックの囚人

David Fernández ... Padre Tobías トビアス神父: 刑務所内の聖歌隊を指導している
Risto Mejide ... Director coro rival: よその聖歌隊を指導している; エスコラピアス会の学校時代からなにかとトビアス神父を目の敵にしてきたらしい

Cañita Brava ... Antoñito アントニート: トレンテ行きつけの飲み屋の親爺だったかな。まあ、“友人”というか。
Xavier Deltell ... Torrelavega: これも“友人”の一人。
José María Rubio ... Manolito Barragán マノリート: これも; 刑務所の面会のシーンなど。
Belén Esteban ベレン・エステバン ... Casera トレンテのアパートの大家
Fernando Esteso ... Cuadrado クアドラード: トレンテの知人; 食料の配給に並んでいる

Francisco González ... Rocamora ロマン・ロカモラ: 大富豪
Maria Lapiedra ... Melanie Rocamora ロカモラ家の娘; 結婚式を挙げる
Javier Gutiérrez ハビエル・グティエレス ... Solís ソリス: ロカモラ家の結婚式場での警備


Sílvia Abril シルビア・アブリル ... Encarni エンカルニ: 週末の昼間に一家で外食中の人妻; 夫があまり夜を満足させてくれない
Dolores González ... Suegra: その母親; 娘婿を「粗チン野郎」「お前みたいなもんはどうせミミズ程度だろう」と罵る
Andreu Buenafuente アンドレウ・ブエナフエンテ ... Dominguero: 「俺のは“大蛇”と異名をとった」と主張する

※ブエナフエンテとアブリルは実生活でもカップル。


Carmen de Mairena ... Vieja de las bolsas: 路上生活のトランスヴェスタイト
El Gran Wyoming エル・グラン・ワイオミング ... Jefe de la policía: 警察

Ana Obregón アナ・オブレゴン ... Viuda en cementerio: 墓地でトレンテに出くわしてしまう、花束をもった未亡人

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


トレンテシリーズにはカメオ出演が多くて、本作にもサッカー選手や、歌手のDavid Bisbalなどが出演しています
⇒・Kun、Cesc、Higuaín、Ramos、Arbeloa、Albiol: en Torrente 4 - MARCA.com 
(※前作El protector (2005) - Full cast and crewにはIker Casillas、Guti、Iván Helgueraなど ⇒ El protector (2005) - Full cast and crew

2年前のラテンビートのEl truco del manco / クアホ、逆手のトリック [スペイン映画]の主演、エル・ランギも。この彼のセリフの一つに、「だから、俺を一人にするなっつってんだよ!」というのがあるけど、「へっ」って声出して笑っちゃったわ。

アナ・オブレゴンなんて、昔はいっつも低俗な芸能ゴシップ番組・雑誌で取り上げられていたもんだよ。今もなのでしょうか?


それからトレンテのアパートの家賃を取り立てに来る不細工な女の人はベレン・エステバン。昨年久々にスペインに帰ってみたけど、滞在中ずーーーーーっと、テレビつけるたんびにグロテスクなルックスのこの女を見たわ。

「なんなんだ、品の無い顔したこの女は」とファミリーや友人に尋ねてもみな苦々しげに顔を背けてまともに答えてくれなかった。なにをしている人物かと聞いても、「Nothing.」というんだ。

ヘスリン(デ・ウブリケ)と関係があり、子どもがあるらしい。

芸NO界を漂っているということ“だけ”が芸NO界に存在する理由となっているような、そういう輩だと思って見ていたけど、どうなのか。

昔ネットで見かけたけど、日本のプロ野球の外野選手と、今は議員先生におさまっちゃってる女性スポーツ選手との交際が報じられている頃に、その選手が守備についていると外野席から「お前のカノジョ、ぶっさいくやのー!」と野次が飛んだとか飛ばないとか。

機会があったら私はヘスリンに対して闘牛場の客席から同じことを叫んでいたかもしれないわ。


でも、このトレンテ4におけるベレン・エステバンはなんだかいい。がっでむ。あの女にこんな好い印象を抱く日が来るなんて。

Me tienen hasta el mismísimo coño.」なんていう、野郎でもヒきそうな下品なセリフをぴったり吐ける女性タレントとして、ベレン・エステバンはいい仕事したと思います。

Posted by: Reine | Saturday, August 27, 2011 at 23:12

語句メモ:

1) トレンテの最初のセリフ
Mi hermana toca el violín y mi padre la viola. La "viola".

Mi hermana toca el violín y mi padre la viola.
「妹はバイオリンを弾いて、親父はビオラだ。」

ここでは繰り返される動詞(tocar)が省略されている。

ここでviolaをviolar(レイプする)という他動詞だととると、「Mi padre が la を violar します」という文になる。「妹はバイオリンを弾いて、親父が妹を犯すんだ。」となる。だからおもしろそうに“La viola.”と繰り返してニタニタ笑ってるわけ。そういう薄気味悪い男なわけ。


2) 「クラシック音楽はお好きでない?」と聞かれて「クラシックっつったら、『Paquito el Chocolatero』だよ」。
⇒・Paquito el Chocolatero - Wikipedia, la enciclopedia libre
⇒・Paquito el chocolatero - YouTube


3) ・Como lo vuelva a ver por la boda, os pongo a los dos de patitas en la calle, ¿comprendido?
⇒・《como + 接続法》の文。 ※終盤のシーンでもこの構文は出てくる
⇒・perífrasis VOLVER A + 不定詞の文


4) ・Si es que la gente se deja lo mejor. Luego dicen que hay crisis ...
→この“(y) luego dicen que …”の表現はよく見かけるけど、その意味を辞書的にコレ!と示してある書物・サイトってなにかあるだろうか?無いんじゃないかと思うんだけど、どうかな。(←情報求む) 

でも頻繁に見かける言い回しです。これを「luego=後で」などと捉えちゃうとうまくいかない。これはいろいろ見た感じ、私は「~なんてよく言うよ」と訳すのが妥当だと思っています。たいていはそう読んでおけば前後の文とつながる。

このシーンだと、「みんな美味しいところを残してやがる。それで不況だなんてよく言うぜ/それで不況だとか言ってんだから全く…」という感じじゃないか。まあ、そんな風に解釈しておけばいいと思う。


5) ・Pito, pito, gorgorito, este culo muy bonito.
Pito, pito, gorgorito, dónde vas tú tan bonito.をもじったもの。なんだろ、「天の神様の言うとおり、あべべのべのべの…」みたいなフレーズなのかな。
→・wikipediaだけど Fórmulas de echar a suertes - Wikipedia, la enciclopedia libre
→・こんなテレビCMもあるよ Anuncio Spot Multiópticas Mó: Pito Pito Gorgorito - YouTube 


6) ・(トレンテの部屋に棲みついているエクアドル人のことを)「あの連中は俺の部屋をcoño de la Bernardaかなんかだと思っていやがる」というシーン
→・coño de la Bernarda:
→・El coño de la Bernarda - WordReference Forums
→・tuBabel.com - definición de "el coño de la bernarda" en España es "se dice cuando hay gran desorden; revuelo o desorganización"

→・これは私が思っているニュアンスとちょっと違う→ El coño de la Bernarda | Expresiones


・despojo:
8. m. pl. Sobras o residuos. Despojos de la mesa, de la comida.
11. m. pl. restos mortales.

・vista gorda:
→・hacer alguien la vista gorda: 1. fr. coloq. Fingir con disimulo que no ha visto algo.

・racha: 2. f. En cualquier actividad, período breve de fortuna o desgracia.


・colar: Pasar una persona o una cosa por un sitio o entrar en alguna parte sin ser esperada, sin ser notada, con disimulo, aprovechando un descuido, por una entrada o paso estrecho o difícil, etc. También, tratándose de cosas no materiales; por ejemplo, la suerte, buena o mala. Particularmente, pasar en algún sitio en que hay cola sin hacerla, o anticiparse a los que están delante en ella.

・gentuza: 1. f. despect. gentualla.
→・gentualla: 1. f. despect. La gente más despreciable de la plebe. 

SalaMalecum? - Yahoo! Respuestas

・somanta: 1. f. coloq. Tunda, zurra

・cochambre: 1. amb. coloq. Suciedad, cosa puerca, grasienta y de mal olor.

・sudaca: 1. adj. despect. coloq. Esp. suramericano.

・pelársela: loc. masturbarse el hombre.
・cascársela: 同上

・estar canino:
Tener una gran necesidad de algo.
loc. col. Sentir un deseo vehementísimo.

・yugular: 1. f. Anat. vena yugular.
→・vena yugular: 1. f. Anat. Cada una de las dos que hay a uno y otro lado del cuello, distinguidas con los nombres de interna o cefálica y externa o subcutánea.

・elemento, ta: persona peligrosa o que inspira desconfianza.

・tener buen cuajo [mucho cuajo]: 1. frs. coloqs. Ser muy pacienzudo o pesado.

・madero: 5. m. despect. vulg. Esp. Miembro del cuerpo de Policía.

・pasma.1. f. despect. vulg. Cuerpo policial.

・liarla: 1. fr. Organizar, armar un lío o ponerse en una situación comprometida.
例) ¡La liamos!

・como Pedro por su casa.
1. loc. adv. coloq. Con entera libertad o llaneza, sin miramiento alguno. Se usa cuando alguien entra o se mete de este modo en alguna parte, sin título ni razón para ello.
Expresión que se aplica al que va o se mueve por alguna parte con ※desenvoltura. Tiene, a veces, sentido peyorativo, significando "con desenvoltura excesiva o impertinente".

・peliculón.1. m. coloq. Película cinematográfica muy buena.


・mierda
1. f. Excremento humano.
3. f. coloq. Grasa, suciedad o porquería que se pega a la ropa o a otra cosa.
※この二つの語義で言葉遊びをするシーンがある


・alevín: 2. m. Joven principiante que se inicia en una disciplina o profesión.

・tikismikis: (投稿型辞書サイトから)
Una persona muy maniatica,persona con manias que pueden ser muy absurdas.
例) Oye no seas tikismiki y comete ese cocido!

・mejor dotado de esta prisión
→・dotadoについてはこちらで説明済⇒ risa: Cabina 

・correr la voz:
1. fr. Divulgarse algo que se ignoraba.
2. fr. Divulgar o difundir alguna noticia.


・hostia: 
1. f. Hoja redonda y delgada de pan ácimo, que se consagra en la misa y con la que se comulga.
3. f. vulg. malson. Golpe, trastazo, bofetada.
※この二つの語義をひっかけた言葉遊びのシーンがある


・el galgo Lucas
→・la galga de Lucas:
1. expr. coloq. U. para dar a entender que alguien falta cuando es más necesario; con que se da a entender que alguno falta en la ocasión forzosa.

→・この辺に何か説明があるかどうか CVC. Foros. Buscando a Lucas desesperadamente 


・aguas mayores.1. f. pl. Excremento humano

・ser de gatillo fácil: ←すぐに発砲しちゃう警察官などのことかな
→・つい最近もこんな記事があった Cuestionan en Argentina nuevo caso de 'gatillo fácil' - Tiempos Del Mundo - TDM.com

・sanguijuela: 2. f. coloq. Persona que va poco a poco sacando a alguien el dinero, alhajas y otras cosas.

・calderilla: 1. f. Conjunto de monedas de escaso valor

・pasar de castaño oscuro algo.1. fr. coloq. Ser demasiado enojoso o grave.

・cana: 1. f. vulg. Arg., Bol., Chile, Col., Perú y Ur. cárcel (ǁ de presos).

・patán: 2. m. coloq. Hombre zafio y tosco. U. t. c. adj

・jugársela, o jugárselas a alguien.1. fr. Comportarse con él mal o de modo desleal.


・撮影場所いくつか:
→・Fotos rodaje torrente 4 - D'Angelo Alicante - Sala de fiestas en Alicante Sexo en Alicante Club alterne Alicante

→・¡Bienvenidos al Centro Comercial Plenilunio! - Página Principal


・トレンテがpeliculónだというのは
→・Evasión o victoria (1981) - FilmAffinity ⇒ 『勝利への脱出』


このように、トレンテの語彙は面白いです。
ただ、昔っからよく言ってることだけど、このようなregistroの語彙をいくら知っていようが、それはあなたのスペイン語力を示してくれるものではないのでね。特に若い学習者の中にはこの幻想に囚われる人もいるけど、それは見当違いというものだ。

夜遊びやベッドで学んだことばは、夜遊びやベッドでしか使えないよ。日本語で例を挙げれば、そうだな、「ふにゃちん」なんて、いったい社会生活のどこで口にするの? 《口にする》っつったってそういう意味じゃなくて。

Posted by: Reine | Saturday, August 27, 2011 at 23:35

シリーズ第1作(『Torrente, el brazo tonto de la ley [スペイン映画]: Cabina』)でも描かれていたとおり、トレンテはEl Faryの熱狂的ファンだから、El Faryの墓前でスペイン社会の“いま”を嘆き哀しみ、声を上げて泣く。その嘆きの内容が面白い。もうね、ほんとうに políticamente incorrectoで気まずくもなり冷や冷やもし。だけどもついつい笑ってしまう。

トレンテがEl Faryに涙ながらに訴える事の一つに、昨年スペインがサッカーワールドカップで優勝したけれどもそのチームの選手の多くがバルサの選手だったという件がある。

私はあのスペイン優勝の直後にカタランの友人とチャットして、まず「おめでとう!」と伝えたのだけど、彼の「ありがとう」に継ぐことばが何だったかというと、「見たかい、バルサの選手がどれだけいたよ?」だった。

この亀裂(これを亀裂と言ってしまっていいのかわからないけど)は深刻だなと思ったわ。

Posted by: Reine | Saturday, August 27, 2011 at 23:42

(これからすごくくだらないことをだらだら書きます)

こないだスペインに久々に戻った。

“ファミリー”の三女(28歳)としゃべるうち、「昔あんたが熱を上げていたあそこのジムの男はあたしには別にguapoではない」「うちに間借りしていた日本人学生を私たちはguapoだと思っていたけどReineは『違う、そうじゃない』と言ったわね」などという話題になり、「結局のところReineの目から見てguapoとはいったいどんな男なんだ」と質問された。「ここではっきりさせようじゃないか」と。

ちょうどこんな記事(大人の男の魅力全開!「GQ JAPAN」カバーで今まで見たことがないクールな表情披露! - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ)が出たところだったので、「きれいな顔してるだろ。この子なんかは日本人女子の思う日本のguapoだと思うんだが」と私は向井理を見せた。

逆に、「スペイン人女子の目から見てのguapoなスペイン人男子ってたとえば誰よ」と聞いたら、三女は即答で「Cayetano Riveraでググってみ」と言いました。「断言するけど、Cayetano Riveraをguapoではないと言うスペイン人女子なんかいません。いません!ありえません!」と興奮気味である。

これがCayetano Riveraだ:
"Cayetano Rivera" - Buscar con Google

「ふーむ」と、わかったようなわからないようなリアクションをとる私。

すると三女が、「じゃあ、Francisco Rivera Ordóñezでググってみて」と言う。

これがFrancisco Rivera Ordóñezだ:
"Francisco Rivera Ordóñez" - Buscar con Google


「これ、Cayetanoのお兄ちゃん。ちょっと違うタイプだけど、こっちだってguapoでしょ」。「Hugo Silvaに似てるな」と私が言うと、三女も「そうよ。そうだ、Hugo Silvaだってguapoよね」と。

CayetanoとFrancisco Rivera Ordóñez兄弟をguapoではないと否定することはたいへんに難しいと言うのである。それでも私は「スペイン女子がこの兄弟をguapoだと思うというのはわかったけど、日本人女子がこの手の顔をguapoだと言うかどうかは、ちょっとよくわからないんだ」と、まだまだゴチャゴチャ言っていた。

すると三女が「flairすっげぇいいこと思いついたヽ(゚∀゚)ノ」みたいな顔をして、「あんた、これだけ言ってもまだわからないんだったらね、Kiko Riveraでググってみなさいよ!」と言う。

これがKiko Riveraだ。本作の“リン・リン”だ:
"kiko rivera" - Buscar con Google


画像検索結果を見て私が「こ…れは……」と絶句していたら三女が、「わかったでしょ。さっきの兄弟みたいのをguapoって言うのよ」と言った。私もここで「よーくわかった」と大きく頷いた。


三女が言うんだ、このKiko Riveraという、言わば可哀想なルックスの男はさっきの美男兄弟の異母弟だと。「そんなわけあるかい」と私は言ったが、本当にそうなのだ。

この三人の男子の父親はパキリという愛称の、80年代の有名な闘牛士(フランシスコ・リベーラ)。1984年に闘牛中に負傷して命を落とした。

あの美男兄弟の母親はカルメン・オルドニェス(カルミナ・オルドニェス)。この美男兄弟は亡父と同じ闘牛士となって、こうしてスペイン女子を魅了してやまないわけだ。

そして、異母弟Kiko Rivera。偉大なる父の愛称パキリから、パキリンとよばれている。お母さんは有名すぎる歌手、Isabel Pantoja

それでパキリン本人は何をしているかと言えば……どうなんだろう……やっぱり芸NO界を浮遊している芸NO人って感じ? 

だと思っていたんだが、本作の“リンリン”役はわりとハマっていたと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


三女がけ~~っこう愉しそうにパキリンのことを説明してくれるので、「人の顔のことで笑ったりするのはイクナイと思います」と私も満面の笑みで注意した。


ちなみに、三女の婚約者(32歳)に言わせると、「スペインの男子の10人中10人がイイ女だと言うであろうスペイン人女性は、今だったらエルサ・パターキーだ。まちがいない」とのこと。

"elsa pataky" - Buscar con Google

「あとは……アナ・デ・アルマスかな…」と言うので、「アナ・デ・アルマスなら去年(2009年)『Mentiras y gordas / セックスとパーティーと嘘 [スペイン映画]』でラテンビート映画祭に来た時にパーティーでいっしょに写真撮ったよ」と言ったらひどく興奮して、ただちに男友達に電話して報告するぐらい羨ましがっていた。

Posted by: Reine | Sunday, August 28, 2011 at 00:17

Posted by: Reine | Friday, September 02, 2011 at 13:09

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/52579330

Listed below are links to weblogs that reference Torrente 4 Lethal Crisis / トレンテ4 [スペイン映画]:

« Calle Mayor / 大通り [スペイン映画] | Main | キューバの恋人 / Kyuba no koibito / La novia de Cuba / Cuba No Koibito [日本映画] »