« Primos / マルティナの住む街 [スペイン映画] | Main | Calle Mayor / 大通り [スペイン映画] »

Saturday, August 13, 2011

La señorita de Trevélez

bomb 音量ちょっと注意↓↓

察するに、TVEが1983~84年にかけて“La Comedia”というドラマシリーズを放映したと。そのシリーズは20世紀(の前半など)の戯曲を毎回一つドラマ化していたと。そのうちの一話が、1984年1月24日に放映されたこの『La señorita de Trevélez (トレベレスのお嬢さん)』であったと。



"La comedia" La señorita de Trevélez (TV episode 1984) - IMDb
La señorita de Trevélez - Wikipediaですみませんが

おはなし
ティト・ギローヤ、マンチョン、トリハの三人組はcasino(=ビリヤードなどで遊んだりする会員制サロン)の遊び仲間で、いつも悪ふざけばかりしてつるんでいる。自分たちのグループに“Guasa Club(冗談倶楽部)”などと名前をつけて調子に乗っている。

パブロ・ピカベアもそんな仲間の一人。サロンの正面にあるトレベレス家の若く可愛らしいお手伝いさん、ソリータに気がある。しかしサロンの常連客、ヌメリアーノ・ガランもおなじくソリータを狙っているらしい。

“冗談倶楽部”の会員ではないヌメリアーノが恋敵となっていることが気にくわないピカベアは“倶楽部”の連中にこのことを訴え出た。“倶楽部”はヌメリアーノにソリータから手を引くようにと脅しをかけたがまったく気に掛けていない様子だったので、それではと、ヌメリアーノがもうこの街にも居られなくなるような悪戯を仕掛けた。

その悪戯とは、フロリータに―――トレベレス家の家長ゴンサロが何よりも大事にしている行かず後家の妹フロリータに―――ヌメリアーノの名を騙ったラブレターを出して愛の告白をしてしまうというものだった。

フロリータはすっかりその気で、ゴンサロもヌメリアーノを妹の婿となる男として祝福に来る始末。おろおろするヌメリアーノを尻目に、結婚式の段取りがどうのこうのと、話はどんどん進んでしまう。

ゴンサロはフロリータにちょっと軽口を叩いただけの男を病院送りにしたこともあるほどの妹思いの人物なので、今回のようなオオゴトになってしまった後ではヌメリアーノはどのような目に遭うか知れたものではない。“冗談倶楽部”の悪戯だと言い出すきっかけを逃したヌメリアーノは窮地に立たされる。

しかし“冗談倶楽部”の、とりわけティトの悪戯はエスカレートするばかり……。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


・作者はCarlos Arniches(カルロス・アルニチェス; 1866~1943)という劇作家。(⇒ Carlos Arniches - Página principal 20世紀初めのスペイン演劇界において傑出した存在)

劇場で上演されるばかりでなく、テレビドラマ版・映画版も数多くある。
⇒・"Lo tuyo es puro teatro" La señorita de Trevelez (TV episode 2000) - IMDb
⇒・"Estudio 1" La señorita de Trevélez (TV episode 1971) - IMDb
⇒・"Teatro de siempre" La señorita de Trevélez (TV episode 1969) - IMDb
⇒・IMDb - "Primera fila" La señorita de Trevélez (TV episode 1963)
penCalle Mayor / 大通り [スペイン映画]: Cabina
⇒・IMDb - La señorita de Trevélez (1936)

|

« Primos / マルティナの住む街 [スペイン映画] | Main | Calle Mayor / 大通り [スペイン映画] »

Comments

これを観たのは、『Calle Mayor / 大通り [スペイン映画]: Cabina』について書くためでした。

Posted by: Reine | Tuesday, August 16, 2011 at 10:28

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/52463858

Listed below are links to weblogs that reference La señorita de Trevélez:

» Calle Mayor / 大通り [スペイン映画] [Cabina]
[E:danger] この作品については割と細かく書いてしまうと思う[E:danger] おはなし どこにでもあるごくありふれた地方都市。カテドラル、川、広場を囲む柱廊、そして町一番の賑わいを見せるメインストリート。 35歳になって未婚のイサベルはさしずめ“敗者”である。18年前に修道女学校を出た後ずるずると時が経ち、独り身のまま来てしまった。もう未婚の女友達もほとんど居ない。 フアンはマドリード出身の銀行員。この町に赴任した当初は戸惑ったが、今ではcasino(=会員制娯楽クラブ)での遊び仲間... [Read More]

Tracked on Tuesday, August 16, 2011 at 00:32

« Primos / マルティナの住む街 [スペイン映画] | Main | Calle Mayor / 大通り [スペイン映画] »