« Latin Beat Film Festival 2011 / 第8回ラテンビート映画祭 / ラテンビートフィルムフェスティバル2011 / スペイン・ラテンアメリカ映画祭 | Main | 『苺とチョコレート』(Fresa y Chocolate)について ~1~ »

Sunday, July 31, 2011

No-Do / ゴースト・オブ・チャイルド [スペイン映画]

no-do01 no-do02danger わりとサラっと観たので注意点がいくつかありますdanger

おはなし(amazonの商品ページから)
出産を終え子育てに専念したいと思い、郊外の邸宅に引っ越してきた元小児科医のフランチェスカ(アナ・トレント)と旦那のペドロ。
多少の修繕は必要だったが、この邸宅を2人は気に入りすぐに引っ越して来た。しかしその日から、フランチェスカの回りで不思議なことが起こり始める。誰もいない深夜の2階で物音がしたり、見知らぬ老女が家の周りに出没し、意味ありげなことを告げたり、遂には子供たちの亡霊までもが見えてしまう。周囲の人達には育児ノイローゼによる幻覚を見ているのだと思われていたが・・・・。

誰にも信じてもらえない彼女は、この家の秘密を探り始める。すると……略……hairsalon

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

danger 今日の時点では走り書きメモ程度です。少なくとももう1回は観ます。観る(再生する)だけの時間はとれても書く時間がとれないという作品がもう十作品は頭の中にたまっていて、そういう頭の中のカオスがストレスなので、いいかげんこんなメモ程度であってもいったんブログに移しておきたいのです。だから今はメモだけ。danger


・ヒロインのフランチェスカを演じるのは言わずとしれたアナ・トレント。

・夫ペドロを演じるのはフランシスコ・ボイラ。IMDbの記載上の話になるが、ボイラの名がこんなに上位に来ているのは滅多に無いんじゃないか、というのがまず思ったこと。

・フランシスコ・ボイラは『Taxi / タクシー: Cabina』の冒頭で主人公女子を振って去っていく彼氏だった人。そして『La Mala Educación / バッド・エデュケーション [スペイン映画]: Cabina』での彼を覚えている人は多いのではないかな。

・以前Mixiのスペイン映画コミュニティでフランシスコ・ボイラのことを知りたがっている人がいた。あの人がこの『ゴースト・オブ・チャイルド』を観てくれるといいのですが。この作品ではボイラがたくさんきちんと映っています。

・ホラー映画としての仕掛けは、たぶんフランチェスカ&ペドロ夫婦が屋敷に来た時にはもうわかる。

・『El orfanato / 永遠のこどもたち [スペイン映画][メキシコ映画]: Cabina』を連想しない人はいないんじゃないかと思うほど、私は連想した。それから、『La habitación del niño / スパニッシュ・ホラー・プロジェクト ベビー・ルーム [スペイン映画]: Cabina』。それと、屋敷などの雰囲気は『Aquella casa en las afueras [スペイン映画]: Cabina』に似ていなくもない。あとは、“仕掛け”はもう「あの作品だよね」というのがあるけど、それを言ったらイクナイから書かない。

・タイトルにもなっている‘no-do’は(スペインの)スペイン語学習者なら耳にしたことのある単語だと思う。この作品中でも何度か繰り返されるとおり、“Noticiarios y Documentales”という二語の頭文字をつないだ単語。

book DRAE
En las salas de cine de España entre 1943 y 1981, cortometraje documental que se exhibía antes de la proyección de las películas.

book Noticiario de exhibición obligatoria en las salas de cine españolas entre 1942 y 1976. という説明も他所で見かけた。

|

« Latin Beat Film Festival 2011 / 第8回ラテンビート映画祭 / ラテンビートフィルムフェスティバル2011 / スペイン・ラテンアメリカ映画祭 | Main | 『苺とチョコレート』(Fresa y Chocolate)について ~1~ »

Comments

Posted by: Reine | Sunday, July 31, 2011 at 11:33

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/52353065

Listed below are links to weblogs that reference No-Do / ゴースト・オブ・チャイルド [スペイン映画]:

» Calabuch [スペイン映画] [Cabina]
アメリカの科学者ハミルトン教授は核爆弾を開発してきたが、嫌気がさして突然に姿を消してしまった。世界各国の警察がハミルトン教授の捜索を開始した。 彼はスペイン、地中海沿岸ののどかな村カラブーチに辿り着いていた。身寄りもなく学もなく身分証明書の類も持たぬ流浪の老人ホルヘとしてハミルトン教授はこの村に現われたのである。留置場に入れられもしたが、そこはのどかなカラブーチ村のこと、出たり入ったりをして“暮らす”うちに教授は、もとい、ホルヘは村の住人との交流を深める。 この好々爺が村人それぞれに心を配り、彼... [Read More]

Tracked on Wednesday, February 08, 2012 at 23:15

« Latin Beat Film Festival 2011 / 第8回ラテンビート映画祭 / ラテンビートフィルムフェスティバル2011 / スペイン・ラテンアメリカ映画祭 | Main | 『苺とチョコレート』(Fresa y Chocolate)について ~1~ »