« Rompecabezas / 幸せパズル [アルゼンチン映画] | Main | Los ojos de Julia / ロスト・アイズ [スペイン映画] »

Tuesday, May 17, 2011

O homem que copiava / コピーオペレーター [ブラジル映画]

 ブラジル映画祭2006上映作品

公式サイトより あらすじ紹介
アンドレは、文房具店で働く“コピーオペレーター”。彼は向かいに住む女の子に夢中で、彼女を振り向かせるためにはどうしても38レアルが必要だ。友人の協力を得て様々な計画を立てる彼。万事うまくいくかに見えたのだが、次々と問題が現れ始める。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


のんびりと始まる作品。最初の、えーっと何分くらいだったかな、20分かそれ以上の間はほとんど主人公アンドレのモノローグで展開する。いつまでこの紙芝居スタイルが続くのかとちょっと戸惑った。

しかしもうその頃にはアンドレという青年のやや間抜けで気弱な性格が十分に見えているので、なんだかこいつを見守ってあげないといかんのじゃないかという気持ちになってしまっているのである。

間抜けな主人公が陥りがちなのは、ちょっとでもうまくいくと調子に乗ってしまうということ、そしてやがて相当に痛い目に遭うというパターンである。のび太のように。のび太にはそれでもドラえもんがついていたからいいが、アンドレについているのはカルドーゾという、猿知恵が少しは働くようだがあまり頼りになりそうにない、せいぜいが磯野カツオ程度の相棒なのだから、我々としてはまだまだ目が離せない。


ブラジル映画ではストーリーが軽妙に進んでいても最後の最後に急にどんよりさせられた記憶が無いではないので、この作品だって油断はならねえぞと用心しながら鑑賞を続けるのであった。

そしてちょっと強引にいろいろ片付けちゃぁいなかったかと苦笑しながら見終わった時には……かなりの人が巻き戻したと思う。巻き戻したでしょ? (巻き戻すって言うか…) 


O Homem Que Copiava (2003) - IMDb
直訳: コピーした男


監督・脚本: Jorge Furtado ジョルジ・フルタード

出演:
Lázaro Ramos ラザロ・ハモス ... André アンドレ: 文具店のコピー係
Leandra Leal ... Sílvia シルヴィア: アンドレが惚れてしまっている女の子
Luana Piovani ... Marinês マリネーズ: アンドレとおなじ文具店に勤める美女。「イイ女なんだけど、残念なのは自分がイイ女だってわかっちゃってるところ」。
Pedro Cardoso ... Cardoso カルドーゾ: “骨董を商っている”らしい
Carlos Cunha ... Antunes: シルヴィアの父
Júlio Andrade ... Feitosa: なにやら犯罪に手を染めているらしい知人

|

« Rompecabezas / 幸せパズル [アルゼンチン映画] | Main | Los ojos de Julia / ロスト・アイズ [スペイン映画] »

Comments

ルーズベルト大統領通りに住んでいて、窓からはGondoleiroが見えるという位置がアンドレの家のあるところだと思うんだけど。

・自分の部屋から橋が見えるといっているのはこの橋だよね? ⇒ Panoramio - Photo of Ponte - BR-116 - Guaíba / Porto Alegre, RS, Brasil.


・jogar fora: jogar - Dicionário Português-Inglês WordReference.com

・otário: sm pop 2 Indivíduo ingênuo, tolo, que facilmente se deixa enganar.

・guria
sf 1 Feminino de guri.
2 Menina pequena.
3 Mocinha.

・veneziana: sf (fem de veneziano) 1 Janela de fasquias de madeira sobrepostas que, fechada, permite a penetração do ar num compartimento, sem entrar o sol.


・コピー係の仕事は単調で「この作業をするのに人間はいったいどれだけのニューロンを使うだけで済んじゃうんだろう」などと愚痴るアンドレだが、コピーをしている書籍の文字列は、その意味することもよくわからないなりに目に入る。最近そのように“読んだ”のは『シェイクスピアのソネット』であった。


・burrice: 愚かさ; 愚行; 不機嫌


・Georges Perecの『La Vie Mode D'Emploi』
Life: A User's Manual

・empacotador
→・empacotar: vtd 1 Reunir em pacote; embrulhar, acondicionar, embalar, enfardar.

・bichice: sf (bicho+ice) pop Atitudes próprias de bicha, acepção 13.
→・bicha: 13 ch Pederasta passivo.

・negocinho:
→・negócio: 6 pop Coisa, objeto.

Dicionário inFormal: Significado de dar bandeira

・calcinha: パンティーとかスキャンティーの類だね?

・choco: 6 Que perdeu a efervescência:
例) Cerveja choca.

・grana: 2 gír Dinheiro.

(中盤はけ~っこう語句メモはサボった)

けっこう中盤は語句メモは飛ばしちゃって

・aliás: 2 Ou por outra (em seguida a uma palavra ou frase escrita ou proferida por equívoco, seguindo-se-lhe a emenda):
例) Dia 22 de março, aliás, de abril.

・ferrado: 八方ふさがりの

・escroto:
Bras. Chul. Pessoa de má fama, mau caráter, sem moral.
Adj. Mal-afamado; sem moral; sem caráter. / Feio; sem atrativos; de mau gosto; desmoralizado.

・舞台は『Famosos e os Duendes da Morte, Os / 名前のない少年、脚のない少女』と同じポルト・アレグレ。

・ここから抜け出したいという思いの強さが描かれている、実はたぶん社会派な映画なのだけど(ほんと!?)、湿っぽくない。カラッとしている。

Posted by: Reine | Tuesday, May 17, 2011 at 20:43

ちょっと残念?だったというか、「まあ、コメディ映画ならばそんなものなのかもな」と思ったのは、貧乏だ貧乏だ、サラリオ・ミニモ(最低賃金)の2倍はとりあえずもらっているけど、それはナイキなんかの靴の一足分だとこぼしているアンドレが意外と衣装持ちだったこと。

コピー係の単調すぎる生活というのを表現するため、明けても暮れても同じ作業をする彼の姿を映し出したのだけど、そのシーンが彼のワードローブが意外に豊富じゃんというのを示すことになってしまっていたんだな。私が数えただけでも7着はある。全体を通したらもっとだと思う。

スペインのマドリードの労働者階級のティーンエージャーを描いた『Barrio』なんかじゃ、主人公の少年たちは1着2着でずっと過ごすんだよ。服なんかにお金かけられない社会階層だから。

Posted by: Reine | Tuesday, May 17, 2011 at 20:55

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/51697317

Listed below are links to weblogs that reference O homem que copiava / コピーオペレーター [ブラジル映画]:

« Rompecabezas / 幸せパズル [アルゼンチン映画] | Main | Los ojos de Julia / ロスト・アイズ [スペイン映画] »