« Los ojos de Julia / ロスト・アイズ [スペイン映画] | Main | La caja 507 / 貸し金庫507 [スペイン映画] »

Thursday, May 26, 2011

Duda con el tiempo verbal de esta frase

CVC. Foros. Duda con el tiempo verbal de esta frase

karaoke みなさんこんばんは。

私は日本人です。映画『Los ojos de Julia / ロスト・アイズ』のだいたい12分30秒~13分くらいに出てくるフレーズについて質問があります。

ヒロインの妹が亡くなります。警察は自殺だったと言うのですがヒロインはとても信じられません。妹が死ぬときに誰かが居合わせたはずだと主張するのです。

刑事は納得させようと、このように言います: "No hay ningún rastro de que ha habido alguien con su hermana."


ここで[ha habido]という直説法を用いているのはなぜですか。私ならたぶん[hubiera]と言うだろうと思うのです。

よろしくおねがいします。end

|

« Los ojos de Julia / ロスト・アイズ [スペイン映画] | Main | La caja 507 / 貸し金庫507 [スペイン映画] »

Comments

回答者1.
君の言うとおりです。これは、そうだね、接続法をとることはほとんど無い言い回し。“que hubiera”か“que haya habido”であるべきところ。


回答者2.
ここで“ha habido”と言うことで、刑事が妹の死の瞬間には誰もいなかったと確信しているんだってことになる。でも貴女と同じで私もここで直説法をもってくるのはありえないと思ってる。次のような接続法を持ってくるのがいいでしょう。


danger 回答者1.さんが、「あ、ついでに……」と、私の質問文中で一つ活用が間違ってると指摘してくれた。最初、“En la policía le explicaron que ...”とか書いていたのを結局やめて“La policía dice que ...”に変えたとき活用も変えておくのを忘れたもの。


文法書的な説明も読みたいなあ。どこかにちょうどいい説明が無いだろうか。私の持っている参考書のどこかに本件に関する説明が載っているでしょうか。御存知の方、御連絡ください。よろしくお願いします。wink

Posted by: Reine | Thursday, May 26, 2011 at 00:16

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/51769726

Listed below are links to weblogs that reference Duda con el tiempo verbal de esta frase:

« Los ojos de Julia / ロスト・アイズ [スペイン映画] | Main | La caja 507 / 貸し金庫507 [スペイン映画] »