« Os Famosos e os Duendes da Morte / 名前のない少年、脚のない少女 [ブラジル映画] | Main | ハビエル・バルデムとペネロペ・クルス »

Saturday, January 22, 2011

Porque hay cosas que nunca se olvidan [スペイン映画]

Porque hay cosas que nunca se olvidanEl cortometraje más premiado de la historia... es español. europapress.es 史上最も多く賞を獲った短編映画はスペイン映画『Porque hay cosas que nunca se olvidan』という記事が今朝あったので観てみた。


村の狭い通りでサッカーに興ずる子供たちの物語。

Porque hay cosas que nunca se olvidan 公式
Porque hay cosas que nunca se olvidan@IMDb
英題: Because There Are Things We Never Forget


受賞歴のページを見るとなるほどたいへんな数の賞を獲っており、ギネス登録されたらしい。昨日はその功績の記念。


制作国はスペインだが、監督のLucas M. Figueroaルカス・フィゲロアはアルゼンチン生れ、映画舞台はイタリア、出演者はイタリア人という作品。Fabio Cannavaro ファビオ・カンナヴァーロとAmadeo Carboni アメデオ・カルボーニがゲスト出演している。

|

« Os Famosos e os Duendes da Morte / 名前のない少年、脚のない少女 [ブラジル映画] | Main | ハビエル・バルデムとペネロペ・クルス »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/50652723

Listed below are links to weblogs that reference Porque hay cosas que nunca se olvidan [スペイン映画]:

« Os Famosos e os Duendes da Morte / 名前のない少年、脚のない少女 [ブラジル映画] | Main | ハビエル・バルデムとペネロペ・クルス »