« December 2010 | Main | February 2011 »

Thursday, January 27, 2011

ハビエル・バルデムとペネロペ・クルス

twitter昨日のツイート:
http://twitter.com/#!/reneyama/status/30059124523794432
ハビエル・バルデム(41; このたびオスカーにノミネート)とペネロペ・クルス(36)夫婦に第一子誕生。ロサンゼルスで。当初2月中旬マドリードでの出産予定だったがLAに変更。子供は二重国籍を。http://bit.ly/fjTdsm twitter


おめでとうございますbirthday

ところでこの二人は夫婦でいったいどれくらいの作品に出ているのかとふと思い、調べてみた。日本のアマゾンでもかなりの作品が買えるようになっています。

Javier Bardemハビエル・バルデム
Penélope Cruzペネロペ・クルス

アマゾンのウィジェット↓で彼ら二人の作品をランダム表示します:


以下、一覧。制作年降順。penのついた作品はもうこのブログで取り上げています。

ハビエル 2012 Potsdamer Platz
ハビエル 2012 The Galapagos Affair
ハビエル 2012 Cogan's Trade
ハビエル 2012 Untitled Terrence Malick Project

ペネロペ 2011 Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides / パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

ペネロペ 2010 Sex and the City 2 / セックス・アンド・ザ・シティ2
ハビエル 2010 Eat Pray Love / 食べて、祈って、恋をして
ハビエル 2010 Biutiful / ビューティフル

ペネロペ 2009 Nine
ペネロペ 2009 G-Force / スパイアニマル Gフォース
ペネロペ 2009 Los abrazos rotos / 抱擁のかけら pen
ペネロペ 2009 La concejala antropófaga

ペネロペ 2008 Elegy / エレジー
shine共演 2008 Vicky Cristina Barcelona / それでも恋するバルセロナ

ペネロペ 2007 The Good Night / 恋愛上手になるために
ペネロペ 2007 Manolete
ハビエル 2007 Love in the Time of Cholera / コレラの時代の愛
ハビエル 2007 No Country for Old Men / ノーカントリー

ペネロペ 2006 Volver / ボルベール 帰郷 pen
ペネロペ 2006 Bandidas / バンディダス 
ハビエル 2006 Goya's Ghosts 宮廷画家ゴヤは見た

ペネロペ 2005 Chromophobia
ペネロペ 2005 Sahara / サハラ 死の砂漠を脱出せよ

ハビエル 2004 Mar adentro / 海を飛ぶ夢 pen
ペネロペ 2004 Noel / NOEL ノエル
ペネロペ 2004 Head in the Clouds / トリコロールに燃えて
ペネロペ 2004 Non ti muovere / 赤いアモーレ
ハビエル 2004 Collateral / コラテラル

ペネロペ 2003 Gothika / ゴシカ
ペネロペ 2003 Fanfan la tulipe / 花咲ける騎士道
ペネロペ 2003 Masked and Anonymous / ボブ・ディランの頭のなか

ペネロペ 2002 Waking Up in Reno
ハビエル 2002 Los lunes al sol / 月曜日にひなたぼっこ pen
ハビエル 2002 The Dancer Upstairs / ダンス オブ テロリスト

ペネロペ 2001 Vanilla Sky / バニラ・スカイ
shine共演 2001 Sin noticias de Dios / ウェルカム!ヘヴン
ペネロペ 2001 Captain Corelli's Mandolin / コレリ大尉のマンドリン
ペネロペ 2001 Blow / ブロウ

ペネロペ 2000 All the Pretty Horses / すべての美しい馬
ペネロペ 2000 Woman on Top / ウーマン・オン・トップ
ハビエル 2000 Before Night Falls / 夜になるまえに

ペネロペ 1999 Volavérunt / 裸のマハ
ペネロペ 1999 Todo sobre mi madre / オール・アバウト・マイ・マザー
ハビエル 1999 Segunda piel
ハビエル 1999 Los lobos de Washington
ハビエル 1999 Entre las piernas / スカートの奥で pen

ペネロペ 1998 The Hi-Lo Country
ペネロペ 1998 La niña de tus ojos / 美しき虜
ペネロペ 1998 Talk of Angels
ペネロペ 1998 The Man with Rain in His Shoes
ペネロペ 1998 Don Juan
ハビエル 1998 Torrente, el brazo tonto de la ley pen

ペネロペ 1997 Abre los ojos / オープン・ユア・アイズ pen
shine共演 1997 Carne trémula / ライブ・フレッシュ pen (danger二人とも出演しているが顔を合わせるシーンはなかったのではないかな)
ペネロペ 1997 Et hjørne af paradis
ハビエル 1997 Perdita Durango / ペルディータ
ハビエル 1997 Airbag
ハビエル 1997 Nova ficció

shine共演 1996 El amor perjudica seriamente la salud / ペネロペ・クルスの 抱きしめたい!
shine共演 1996 Más que amor, frenesí
ペネロペ 1996 La Celestina / ペネロペ・クルス/情熱の処女(おとめ) ~スペインの宝石~ pen
ペネロペ 1996 Brujas / 17歳 pen
ハビエル 1996 Éxtasis
ハビエル 1996 Mambrú

ペネロペ 1995 El efecto mariposa
ペネロペ 1995 Entre rojas / 捕らわれた唇
ハビエル 1995 Boca a boca / 電話でアモーレ
ハビエル 1995 La madre

ペネロペ 1994 Todo es mentira
ペネロペ 1994 Alegre ma non troppo
ハビエル 1994 Días contados / 時間切れの愛
ハビエル 1994 El detective y la muerte
ハビエル 1994 La teta i la lluna / おっぱいとお月さま pen
ハビエル 1994 Pronòstic reservat

ペネロペ 1993 La ribelle
ペネロペ 1993 El laberinto griego
ペネロペ 1993 Per amore, solo per amore
ハビエル 1993 Huevos de oro / ゴールデン・ボールズ
ハビエル 1993 Huidos
ハビエル 1993 El amante bilingüe

ペネロペ 1992 Framed
ペネロペ 1992 Belle epoque / ベル・エポック pen
shine共演 1992 Jamón, jamón / ハモン・ハモン pen
ハビエル 1992 Amo tu cama rica

ハビエル 1991 Tacones lejanos / ハイヒール

ハビエル 1990 Las edades de Lulú / ルルの時代

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 22, 2011

Porque hay cosas que nunca se olvidan [スペイン映画]

Porque hay cosas que nunca se olvidanEl cortometraje más premiado de la historia... es español. europapress.es 史上最も多く賞を獲った短編映画はスペイン映画『Porque hay cosas que nunca se olvidan』という記事が今朝あったので観てみた。


村の狭い通りでサッカーに興ずる子供たちの物語。

Porque hay cosas que nunca se olvidan 公式
Porque hay cosas que nunca se olvidan@IMDb
英題: Because There Are Things We Never Forget


受賞歴のページを見るとなるほどたいへんな数の賞を獲っており、ギネス登録されたらしい。昨日はその功績の記念。


制作国はスペインだが、監督のLucas M. Figueroaルカス・フィゲロアはアルゼンチン生れ、映画舞台はイタリア、出演者はイタリア人という作品。Fabio Cannavaro ファビオ・カンナヴァーロとAmadeo Carboni アメデオ・カルボーニがゲスト出演している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 15, 2011

Os Famosos e os Duendes da Morte / 名前のない少年、脚のない少女 [ブラジル映画]

Os Famosos e os Duendes da Morte2010年のブラジル映画祭の作品紹介文:
ブラジル南部の小さな町に母親と二人で暮らす16歳の少年。彼の夢はボブ・ディランのコンサートへ行くこと。学校にも家庭にも居場所を見つけられない少年は、現実から逃避するようにミスター・タンブリンマンというハンドルネームで日夜インターネットに耽溺している。ある日、彼はネット上で奇妙な動画と写真を見つける。そのどちらにも同じ神秘的な女性が写っていた…。end

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

序盤、「これはもしや私があまり好きにならない“オサレ”系か」と身構えたが、次に気づいた頃には画面を凝視しているわ、涙が頬を伝っているわで、だいぶ熱心に観ていた。しかし私はリリカルな作品をリリカルな文章で薦めるのが苦手なので、こういうときは「気に入ったよ」くらいしか言えないんだ、情けないことですが。

でも昨年のブラジル映画祭でも上映されたらしいから、既にきっとそういった情感豊かなサイトは多くあるだろうと思う。そして来月からは全国で順次公開となるようだから、あと数週間もすればもっとまっとうにこの作品を褒めて薦めてくれるサイトやブログが一気に増えると思う。

私からはあまり書くことが無い。
セリフも少なめだし。
というかそもそもポルトガル語は私はほとんどお手上げなのだし。

でもね、お薦めします。近日公開のようです。是非


私がこれまでに観てきたブラジル映画とはタッチが違う。私がこれまでに頭の中で醸造してきてしまったブラジル像・ブラジル人像から離れた情景を見せてもらえて、単純に嬉しいと思った。


pen あと大事なことはすこしコメント欄で)

ロケ地はRio Grande do Sul州のこの辺りか


Visualizar Os famosos e os duendes da morte em um mapa maior

| | Comments (9) | TrackBack (0)

concesiva / 譲歩の表現

スペイン映画『Tres días / アルマゲドン・パニック』で「Os va a caer encima vayais a donde vayais. 君らがどこに行こうが(どうせ隕石は)落っこちてくるんだ」というセリフがあったので、‘vayais a donde vayaisみたいな造りの表現’についてわたくし用の例文メモ。


bookMetodo de Espanol para Extranjeros (Nivel Superior)』には記載なし。ザッとみたところ、無い。あったらごめん。


bookCurso de Perfeccionamiento』の、El Subjuntivo 《Concesivas》より、
例) Cueste lo que cueste, lo conseguiré.
例) Vayas donde vayas, te encontraré.


bookGramatica Comunicativa del espanol (1)』の、El presente y el imperfecto de subjuntivo 《USOS》より、
例) Me llames cuando me llames, estaré esperándote.
例) En aquella época, estaba tan enamorado que, me llamara cuando me llamara, siempre estaba dispuesto a verla.

例) Pedro, hiciera lo que hiciera, era el favorito de su madre.
例) Por mí, hables con quien hables, el lunes te vas de aquí.

例) Hiciera lo que hiciera, yo no cambiaría mi punto de vista.


book中級スペイン文法』、P474 《表現4-譲歩》
……略…… (何ページも説明があり) G. 特殊な文構造によって
3) 反復表現から:

例) Diga lo que diga él, no puedo creerle.
例) Sea lo que sea, voy a aceptarlo.
例) Haga el tiempo que haga, ya no se puede cambiar nuestro itinerario.
例) Lo conseguiré, pese a quien pese.
例) Vaya donde vaya, tiene que llevar encima las cargas de primogénito de familia.
例) Procura adquirirlo sea como sea.

(※文語の古い形式⇒) Venga lo que viniere, le sostendré hasta el último momento.

例) Se prometieron fidelidad hasta la muerte, sucediese lo que sucediese.

例) Díganlo quienes lo digan, lo desmiento rotundamente.

例) Sus exigencias, sean cuales fueren, no deben ser aceptadas.
例) Carlos no podía quejarse, fuese cual fuese la clase del trabajo.

例) No abras la puerta, sea quien sea. (= No abras la puerta, quienquiera que sea)
例) Fuese donde fuese, me mandaba tarjeta de Navidad. (= Dondequiera que fuese, ...)

例) Que vaya que no (vaya), allá usted.
例) Bien lo haga yo, bien lo haga usted, será lo mismo.

例) (Que) Quieras que no quieras, lo hará.
例) Que llore que no, no hagamos caso del niño.
例) Mañana, llegue o no el telegrama, partiré para Madrid.


bookEl Subjuntivo

P.47、ルール19より
例) No saldré venga quien venga.
例) Pienses lo que pienses, yo te aprecio mucho.
例) Estudie como estudie, terminará la carrera
例) Llegaré, sea cuando sea.

P71、ルール32より
例) Estés cerca o estés lejos, me molestas (= "aunque estés lejos, ...")
例) Estés donde estés, me molestas (= "no importa dónde estés, ..."; "aunque estés lejos ...")

P77、ルール36より
例) Que quieras que no quieras, el catedrático siempre tiene la razón.
例) Usemos indicativo o (usemos) subjuntivo, no pasa nada.
例) Ya nos acompañes ya te quedes en casa, nosotros pensamos ir al campo.
例) La echó de casa, bien fuera por la vía legal bien (fuera) por la fuerza.
例) Lo crea usted o no (lo crea), lo que le digno es verdad.
例) El niño se tomará los medicamentos, le guste o no (le guste).
例) Que vayas o que no vayas, piensa cobrarte la entrada.
例) Esta suciedad no sale ni que le des con jabón ni que le des con lejía.
例) No está contenta contigo, ni que le cantes ni que le bailes.

danger 以下、≂ の記号は「だいたい同じような意味」っていう意味)

例) Hiciera lo que hiciera, nunca estabas contenta (≂ "no importa lo que yo hiciera ..."; "aunque yo hiciera cosas maravillosas ..."). 
例) Quiero ese coche sea como sea (≂ "no importa cómo sea", "aunque sea robando ...").
例) Venga quien venga, yo no pienso levantarme de este sillón (≂ "no importa quién venga ...", "aunque venga el duque de Alba ...").
例) Comiera como comiera, su madre siempre le reñía (≂ "no importa cómo ...", "aunque comiera bien ...")-
例) Estés donde estés, te maldigo (≂ "no importa dónde estés ...", "aunque estés lejos ....").
例) Hayas fumado cuando hayas fumado, siempre nos has molestado (≂ "no importa cuándo hayas fumado ...", "aunque hayas fumado hace mucho o poco tiempo ...").
例) Adoptes al que adoptes, ninguno te lo agradecerá (≂ "no importa al que adoptes ...", "aunque adoptes a uno bueno ...").

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, January 13, 2011

Tocar el cielo [アルゼンチン映画]

tocar el cieloおはなし
ブエノスアイレスとマドリード。大西洋を挟んだ二つの街のクリスマスの夜空に風船が高く上っていく。ブエノスアイレスでは女たらしのサンティアゴとインペリオお婆ちゃんが、マドリードではペドロとグロリアが、それぞれの願いを書き込んだ短冊をつけて風船を空へ放つ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

まず最初に言っておかないと:
今現在IMDbの『Tocar el cielo』のページにあるポスターは違う作品の写真です。

make a wish『Tocar el cielo』の英題の一つに『Make a Wish』というものがあり、そのタイトルのVシネマの写真(右図)が間違って掲載されているわけです。あんまり品のない画でしょう? このVシネ作品には『Lesbian Psycho』というタイトルもあり、さあ、ホラー映画なんでしょうかね。とにかく、『Tocar el cielo』とはまったく別の作品です ⇒ Make a Wish@IMDbMake A Wish@amazon


私が観たのはアルゼンチン映画の『Tocar el cielo』。


danger わりとサラっと観たので注意点がいくつかありますdanger


Elsa y Fred / エルサ& フレド』のマルコス・カルネバーレ監督がエルサを演じたチナ・ソリージャを起用して撮った作品。そのほか『Azuloscurocasinegro / 漆黒のような深い青』のラウル・アレバロ、アナ・ワヘネル、『Reinas』のベティアナ・ブルムといったキャストを見れば、それはそれは心温まるコメディだろうと思えるわけです。その面々でつまらない作品ができあがるわけがないって。

そして実際に観てみたらたしかに愛が描かれているコメディだし、クスッとかニヤリと笑えるし、好きは好きなのだけどちょっと私には期待外れだったかな。期待がべらぼうに大きすぎたんだと思う。

チナ・ソリージャの可愛らしく憎たらしいお婆さん像や、グロリアを演じたベティアナ・ブルムの熱演は素晴らしかったけれども、偏屈で愛情の示し方がわからず息子とも老母ともまったくうまくいっていないというペドロのキャラクター設定など、いろいろな人物の設定が説得力を欠いていたように思う。

彼らの言動も現実味があるとは言い難く、どうもね、好意的に見られなかった。


私は二十歳過ぎた頃から涙腺がぶっ壊れていて、たいがいの‘おはなし’で泣けてしまう。30過ぎてからは日常のニュースで涙ぐんでるから涙が追いつかない。人が殺されたと聞いて泣き、自殺報道で泣き、タイガーマスクのランドセルで泣き、倒れた大銀杏が再生していますと聞けば泣き。

そんな具合で、映画なんて観たらどうせ泣く私だからこそ、‘泣ける作品’というコトバに対しては懐疑的で冷笑的なのだと思う。‘泣ける作品’って何なのか、映画というものは観客が泣くに至りさえすれば佳いとでもいうのか?というツッコミの分を映画の感興から差っ引くべきだって、日頃自分に言い聞かせている。

登場人物が誰か死ねば、そりゃ泣くさ。泣くだろうよ。でも死というものは一般につらい出来事であるから私は人として泣いているのであって、映画の観客として泣いているわけじゃぁない。人物が死んで私が泣いたからってその作品が佳いかどうかは、私は知らない。


登場人物が死ねばいいってものじゃないし、観客が泣けばいいってものでもない。そういう引き算をしていったら、思ったほどお釣りが残らない作品だったというわけだ。私が期待をしすぎた。


(語句メモなどはコメント欄で)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, January 11, 2011

Premios Goya 2011: candidatos / 第25回ゴヤ賞ノミネート

2011年ゴヤ賞(=スペインのアカデミー賞といわれている映画賞)のノミネート一覧。

⇒ 発表・授賞式は2011年2月13日(日本時間14日早朝)(Premios Goya 2011: palmareses / 第25回ゴヤ賞発表: Cabina

Página Oficial de los Premios Goya 2011


(以下、加筆・修正あり。特に今日明日は情報が錯綜するので)
(公式サイトは「たぶん」)
(公式サイトはかなりの確率で音が出るので注意)
(来年おなじことができるかどうかは私にもわからない)


crown 栄誉賞(Goya de Honor) Mario Camus


clip 作品賞(Mejor película)
premios goyaBalada triste de trompeta@IMDb

合計で15部門にノミネート

2011年10月9日 観ました

premios goyaPa negre@IMDb

合計で14部門にノミネート

2011年5月4日 観ました

premios goyaTambién la lluvia@IMDb
También la lluvia 公式

合計で13部門にノミネート

premios goya Buried@IMDb
Buried 公式
リミット 公式

合計で10部門にノミネート


clip 監督賞(Mejor dirección)
・Rodrigo Cortés 『Buried』
・Agustí Villaronga 『Pa Negre
・Iciar Bollaín 『También la lluvia』
・Álex de la Iglesia 『Balada triste de trompeta』


clip 新人監督賞(Mejor dirección novel)
premios goya
・Juana Macías 『Planes para mañana』 

Planes para mañana@IMDb
Planes para mañana 公式

latin beat film festival 2010
・Emilio Aragón 『Pájaros de Papel』
Pájaros de papel 公式
Pájaros de papel@IMDb

こないだのラテンビート映画祭でも上映されましたね。
それから日本での公開も予定されています

premios goya
・Jonás Trueba 『Todas las canciones hablan de mí』 

Todas las canciones hablan de mí@IMDb
Todas las canciones hablan de mí 公式

premios goya
・ David Pinillos 『Bon appétit』

Bon appétit@IMDb
Bon appétit 公式

日本では『恋するリストランテ』という邦題で、ぽすれんやDMMなどのレンタルのみ。“リストランテ”はお腹いっぱい。( ´З`)=3 ゲップ 


clip 主演女優賞(Mejor actriz)
・Nora Navas 『Pa Negre

premios goya
・Emma Suárez 『La mosquitera』

La mosquitera@IMDb
La mosquitera (制作会社のサイト)

premios goya
・Belén Rueda 『Los ojos de Julia』

2011年5月21日 観ました

premios goya ・Elena Anaya 『Habitación en Roma』

Habitación en Roma@IMDb
Habitación en Roma 公式

『Habitacion en Roma』は合計で4部門ノミネート


clip 主演男優賞(Mejor actor)
・Antonio de la Torre 『Balada triste de trompeta』
・Ryan Reynolds 『Buried』
・Luis Tosar 『También la lluvia』

premios goya・Javier Bardem 『Biutiful』

Biutiful@IMDb
Biutiful 公式
Biutiful 公式

『Biutiful』は合計で8部門にノミネート


clip 助演女優賞(Mejor actriz de reparto)
・Ana Wagener 『Biutiful』
・Terele Pávez 『Balada triste de trompeta』
・Laia Marull 『Pa negre

premios goya
・Pilar López de Ayala 『Lope)』

Lope@IMDb
Lope 公式

合計で『Lope』は7部門にノミネート


clip 助演男優賞(Mejor actor de reparto)
・Karra Elejalde 『También la lluvia』 
・Sergi Lopes 『Pa Negre
・Eduard Fernández 『Biutiful』 (今年‘も’彼は出演作が多すぎだ←褒め言葉)

premios goya・Alex Angulo 『El gran Vázquez』

これはこないだのサンセバスティアン映画祭で観ているのだけど、旅の疲れから終盤でうたた寝してしまうという痛恨のエラーを。

2011年6月16日 観ました


clip 新人女優賞(Mejor actriz revelación)
・Aura Garrido 『Planes para mañana』
・Carolina Bang 『Balada triste de trompeta』
・Marina Comas 『Pa Negre
・Natasha Yarovenko 『Habitacion en Roma』

clip 新人男優賞(Mejor actor revelación)
・Juan Carlos Aduviri 『También la lluvia』
・Francesc Colomer 『Pa Negre
・Oriol Vila 『Todas las canciones hablan de mí』

premios goya・Manuel Camacho 『Entrelobos』

Entrelobos@IMDb
Etrelobos 公式


clip 脚本賞(Mejor guión original)
・『Balada Triste de Trompeta』
・『Buried』
・『Biutiful』 
・『También la lluvia』


clip 脚色賞(Mejor guión adaptado)
・『Habitación en Roma』
・『Pa Negre

premios goya・『Tres metros sobre el cielo』

Tres metros sobre el cielo@IMDb
Tres metros sobre el cielo 公式

・イタリア映画『Tre metri sopra il cielo』のリメイク。

Premios goys・『Elisa K』

2010年9月21日 観ました


clip ヒスパニック映画賞 Mejor película hispanoamericana
(↑以前は“スペイン語外国映画賞(Mejor película extranjera de habla hispana)”という名称だった部門?)

premios goya
Contracorriente@IMDb
Contracorriente 公式

premios goya
・『El hombre de al lado』

2011年3月1日 観ました

premios goya
El infierno@IMDb
El infierno 公式

premios goya
La vida de los peces@IMDb
La vida de los peces 公式


clip アニメーション賞(Mejor película de animación)
Premios goya
Chico y Rita@IMDb
Chico y Rita 公式

Premios goya
・El tesoro del Rey Midas
El tesoro del Rey Midas 公式

Premios goyaLa tropa de trapo en el país donde siempre brilla el sol@IMDb
La tropa de trapo en el país donde siempre brilla el sol 公式

Premios goya
La aventuras de Don Quijote@IMDb
・公式サイト見つけてない


clip ドキュメンタリー賞(Mejor película documental)
Premios goya
・『Ciudadano Negrín』

Premios goyaHow Much Does Your Building Weigh, Mr Foster?@IMDb
How Much Does Your Building Weigh, Mr Foster? 公式

Premios goya・『María y Yo』

María y yo@IMDb

いっしょに見た旧友Kちゃんが大泣きしてた。
2011年2月10日 観ました

Premios goya
・Bicicleta, cullera, poma / Bicicleta, cuchara, manzana 

2010年9月19日 観ました

他の部門については、たとえばLista de nominados a los Premios Goya - ABC.esの記事などが参考になると思います。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Saturday, January 08, 2011

Muertos de risa / どつかれてアンダルシア(仮) [スペイン映画]

muertos de risaどつかれてアンダルシア(仮)@Wikipediaからあらすじ

hairsalon 1970年代初め、アンダルシア地方の場末の酒場で知り合ったやせ男のブルーノと、でぶ男のニノ。旅芸人一座に参加した初舞台で、ブルーノが緊張の余り一言もしゃべれないニノに喰らわせた平手打ちが大受けし、この『どつき漫才』で二人はスターダムにのし上がり、スペインの国民的人気者に。しかし、二人は互いに相手の才能への嫉妬と憎悪に駆り立てられ、関係は険悪化の一途を辿り、珍無類の謀略劇が続発する…。hairsalon

danger Wikipediaでは二人の名が逆になっていたのをここ↑では書き直しておいた。


muertos de risa 10年前に旧サイトを作っていた頃から気にしていたけど観る時間を作れなかった作品。

面白いね。"おもしろうてやがて悲しき"。破滅的に疾走していく滑稽な主人公たちの悲喜劇が胸を打つようにアレックス・デ・ラ・イグレシア監督作品はできている。彼の作品なのでもうちょっと血みどろのつぶし合いを予想していたけど、その点は少し控えめだったかな。

ともあれ、この監督の作品は私はやっぱり好きだ。
って、彼の作品を観るたびに同じことを書いている気がする。(私の課題は『ペルディータ【字幕版】 [VHS]』だ。スペインで劇場で観て出てきた時には機嫌が凄く悪くなっていた。あれを再び観て少しは好きになっているかどうか、いずれ確かめてみないといけない)

こないだのサンセバスティアン映画祭ではアレックス・デ・ラ・イグレシアの姿も近くで見て嬉しかった。あれはたしか、サンティアゴ・セグーラ主演作品『El Gran Vázquez』の上映後の出待ちのときだ。

監督の最新作『Balada triste de trompeta』を楽しみにしています。


(つづきはコメント欄で)


Muertos de risa@IMDb
・英題: Dying of Laughter
どつかれてアンダルシア(仮)@goo
どつかれてアンダルシア(仮)@映画生活

監督: Álex de la Iglesia アレックス・デ・ラ・イグレシア
脚本: Jorge Guerricaechevarría ホルヘ・ゲリカエチェバリア  Álex de la Iglesia


出演:
Santiago Segura サンティアゴ・セグーラ ... Nino ニーノ: デブ; 不細工; 足が臭い方
El Gran Wyoming エル・グラン・ワイオミング ... Bruno ブルーノ: 長身; ルックスがマシと思われている方; 息が臭い方

Álex Angulo アレックス・アングロ ... Julián フリアン: マネージャー
Carla Hidalgo カルラ・イダルゴ ... Laura ラウラ:
Eduardo Gómez エドゥアルド・ゴメス ... El Pobre Tino: 新しい相棒ティノ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Tuesday, January 04, 2011

Tres días / アルマゲドン・パニック [スペイン映画]

tres diasこの邦題と、これがスペイン映画であるという情報はネットで目にしていたけども、このような邦題やジャケット写真で紹介されるようなスペイン映画作品が私の記憶には無かったので、きっとスペイン資本もちょっとだけ入ったどこかの国のC級作品かなにかだろう、それが“スペイン映画”と表示されているのだろうと考えていた。

今日アマゾンの『アルマゲドン・パニック [DVD]』の商品ページでビクトル・クラビホという名を見て、「おい、“Tres días”だったのかよ!」と驚いた。

tres dias驚いたあとは呆れ、呆れたあとは憤った。

“Tres días”とわかってあらためてアマゾンを眺めると、酷いな、これは。「内容(「キネマ旬報社」データベースより)」っていうところの紹介文、これはいったいどこに責任があるんだよ?販売元か?誰が書いたんだ?西暦2060年っていうのはどっから出てきてんの???(これについてはコメント欄参照

上の日本版ジャケ写なんて、苦笑いしか出てこない。眉間に深い皺だ。「大嘘をついてるわけでもない」からタチが悪い。

“Tres días”はディザスタームービーの仮面をかぶっているけど、サスペンス・スリラー味の濃い、哲学的な問いかけをぶつけてくる作品だよ。


私はこの作品を大大大好きになったわけではない。心の奥の奥までズキンと響いたわけではないからムリヤリ絶賛しようとも思っていない。だけども、スペイン語の映画がこういう風にインチキな紹介をされているのは気分が悪い。

このDVDを手に取った人の予想を裏切るであろうことは想像できる。その人にも詐欺的な失礼を働いているわけだし、作品に対しては冒涜的に失礼でしょうが。本気でこの作品を良いと思って、この作品に或いは日本の観客に良かれと思って日本に持ってくるのだったら、そのような紹介の仕方ってもんがあるだろうよ。

こういう売り方からは作品への敬意も愛も感じられない。


おはなし
巨大隕石が72時間後に地球に衝突するという発表があり、絶望と混乱が瞬く間に世界中に拡がった。ラグーナというアンダルシアの寂れた町の住民もこのニュースを知って恐慌を来す。ラグーナは昔“ソロ”という連続幼児殺人犯の逮捕劇があった町である。

主人公アレは32歳。人生は挫折の連続で、いっしょに暮らす母親とも日頃から口論が絶えない。アレは日々つまらぬ雑用をして端金を得ている。彼は最期の72時間をひたすら大酒を喰らい音楽を聴いて過ごすことに決めた。しかし母親のロサはアレの兄トマスの子どもたちを守ろうと決死の覚悟である。甥姪を可愛がることなどアレは苦手だが、仕方なく母親に付き添って兄の家に向かう。

何時間経った頃か、家の前に車が停まり見慣れぬ男が降り立つ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


Tres días@IMDb
直訳: 三日
英題: Before the Fall

Tres días 公式
アルマゲドン・パニック@ぽすれん

監督: F. Javier Gutiérrez フランシスコ・ハビエル・グティエレス
脚本: F. Javier Gutiérrez   Juan Velarde フアン・ベラルデ


出演:
Víctor Clavijo ビクトル・クラビホ ... Ale アレ
Mariana Cordero マリアナ・コルデロ ... Rosa ロサ: 母親

Daniel Casadellà ダニエル・カサデラ ... Emilio エミリオ: 兄のところの長男
Ana de las Cuevas アナ・デ・ラス・クエバス ... Raquel ラケル: 長女(公式サイトでは12歳とあるが、作品中の会話ではたしか15歳; あるいは背伸びして嘘の年齢を答えたのかもしれないが)
Elvira de Armiñán エルビラ・デ・アルミニャン ... Clara クララ: 次女
Juan Galván フアン・ガルバン ... Nico ニコ: 末っ子

Eduard Fernández エドゥアルド・フェルナンデス ... Lucio ルシオ: 訪問者

Vicente Romero ビセンテ・ロメロ ... Marcial マルシアル: アレの友人

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Sunday, January 02, 2011

Spanish Movie / 最終爆笑計画 [スペイン映画]

Spanish Movieなんだか、パロディー映画には『最なんたらほにゃらら計画』という邦題をつける決まりでもあるのか、類似のタイトルの作品は山ほどあるのだけど、『最終爆笑計画』は原題にも“Spanish Movie”とあるとおりスペイン映画をいくつも組み合わせたパロディー映画。最近10年ぐらいの作品ばかりなのは仕方ないでしょう、若い層に向けた作品なのだろうから。

Spanish Movieスペイン映画を多く観てきた人にはそれなりに楽しい作品だけど、それは本歌取りに気づくのが楽しいのであって作品自体が諧謔に富んでいるかどうかはまた別の問題。

というわけで、いつもならここでストーリー紹介文を書くのにたいへん苦労するところだけど、今回はそんなことをしなくていいだろう。楽だ。


Spanish Movie@IMDb
最終爆笑計画@ぽすれん

監督: Javier Ruiz Caldera ハビエル・ルイス・カルデラ
脚本: Paco Cabezas パコ・カベサス  Eneko Lizarraga エネコ・リサラーガ


danger ここからコメント欄まで使ってキャストを紹介していくけれどもネタバレの可能性あり danger


shadowAlexandra Jiménez ... Ramira ラミラ
まず着ている服が『Volver / ボルベール 帰郷』のペネロペ・クルスの劣化コピー。ラミラという名前もペネロペの演じた“ライムンダ”に似てる。また、終盤にはラミラが服を脱ぎ捨てていった結果、『Abre los Ojos / オープン・ユア・アイズ』でやはりペネロペが演じた“ソフィア”の服装に替わる。


shadowSílvia Abril ... Laura ラウラ
役回りとしては『アザーズ』でニコール・キッドマンが演じた“グレース”と『El orfanato / 永遠のこどもたち』でベレン・ルエダが演じた“ラウラ”。エンディングのNG集は日本盤にもあるのだろうか? そのNG集を見ていて笑えるのは、この女優がこんな生真面目な顔つきでいながらかなり“ゲスい”ことをやらかしている点。


shadowCarlos Areces ... Pedro San Antón ペドロ
Mar Adentro / 海を飛ぶ夢』でハビエル・バルデムが演じた“ラモン”。『ノーカントリー』でハビエル・バルデムが演じていたおかっぱもこの人だったかな。

あと、作品の中で『Los Lunes al Sol / 月曜日にひなたぼっこ』をパロった『Los Lunes Alcohol 月曜日はアルコール』という作品が公開されるとかでCMが流れるのだけど、その中のバルで飲んだくれている野郎の一人もこの人が演じている。


shadowLaia Alda ... Ofendia オフェンディア
El Laberinto del Fauno / Pan's Labyrinth / パンズ・ラビリンス』の美少女“オフェリア”をパロった登場人物だが、“オフェンディア”という名前はオフェンシヴ(不快)な少女と言いたいのだろうか。ほかに『パンズ~』からは妖精もパンも出演。


shadowÓscar Lara ... Simeón シメオン
『永遠のこどもたち』で行方不明になった子は“シモン”だがこの子は“シメオン”。母親“ラウラ”は“シメオン”を一生懸命探しているようだが、いつまでもいつまでも息子の名前を間違い続ける。


(つづきはコメント欄)


つべラミラとペドロの初対面の時にかかるロマンティックな歌: Rocio Jurado - Como una ola

つべ ディエゴが戦地から帰ってきたといってピアノで二人でいちゃいちゃしながら歌い出す歌: La 5ta Estación - Me Muero
http://www.youtube.com/watch?v=6JMwqP72XIM
(つまりこのシーンは『アラトリステ』と『永遠のこどもたち』を合わせたパロディ)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Saturday, January 01, 2011

Novio a la vista [スペイン映画]

novio a la vista昔知人にスペインから買ってきてもらったベルランガ作品BOXのうちの一つ。1954年の作品。

おはなし
エンリケはもうすぐ16歳。学年末の地理のテストでオーストリア=ハンガリー帝国について答えることができず落第してしまった。せっかく海辺の街にバカンスに出かけてもホテルに缶詰の猛勉強を命じられる。

エンリケが思いを寄せるのは、同い年のロリ。二人は仲良しで、スパイごっこだ秘密の地図だとまだまだ子供の遊びに夢中。

ロリの母親は避暑地で出会った名門ビリャヌエバ家出身でエンジニアのフェデリコに年頃になったロリを嫁がせようと考え、どうにか二人を接近させようとする。エンリケは気が気でない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


最初にDVDを回したときは「はて……どう観たもんか……」と目をパチパチしながらの鑑賞で、オチでは「あれ?そう来る?そっち?」と尚更パチクリし、「うぅぅぅむ」と実際に声に出して呻いたのだけど、やっぱり最初に「1918年」と示されるからにはその年になにかヒントがあると考えればいいの……か?


1918年と言えば第一次大戦が終わった年。オーストリアの休戦は11月。(オーストリア=ハンガリー帝国の解体は翌1919年のサンジェルマン条約によるのか。まあ、あれだな、こまけぇこたぁいいんだよ)

エンリケやロリたちが海辺でバカンスを過ごしているのはその年の夏ということになる。


さてここで「オーストリア=ハンガリー帝国」についてちょっと調べようとしてすぐにヒットしてしまった記事がこちら:
book Berlanga, el último emperador austrohúngaro ベルランガ、オーストリア=ハンガリー帝国の“ラストエンペラー”

pencil 歴史の教科書にはオーストリア=ハンガリー帝国とは1867年に成立し第一次大戦終了によって消滅した中欧の国家であると書いてあるだろうが、ベルランガ作品のファンにとってはその帝国の消滅は2010年の11月のとある土曜日に、バレンシア出身のこの映画監督の死によってもたらされたことになる。

ベルランガは作品の中でこの帝国の名を出すことが多かった。いつも文脈おかまいなしに言及があるのだが、我々観客は彼の作品が公開されるたびにいったいどこでオーストリア=ハンガリー帝国という名が出てくるか待ち構えたものである。……略……

ベルランガマニアにとって“ラストエンペラー”はルイスその人に他ならない。そしてペペ・イスベルトはおそらく最も多くの回数「オーストリア=ハンガリー帝国」という国の名を口にした人であろう。……略……hairsalon


(この記事読んだだけで涙がにじんでくるが、それはさておき) 
言われてみて思い出した、『Bienvenido Mister Marshall / ようこそ、マーシャルさん』でもこの帝国に言及があった、そういえば。


……で、だから、『Novio a la vista』はどう観ればいいのか…… (方向の決まらぬままいったん本文を投稿)


Novio a la vista@IMDb
英題: Boyfriend in Sight

監督: Luis García Berlanga ルイス・ガルシア・ベルランガ
原作・脚本: Edgar Neville エドガー・ネビル
脚本: José Luis Colina ホセ・ルイス・コリーナ  Juan Antonio Bardem フアン・アントニオ・バルデム  Luis García Berlanga ルイス・ガルシア・ベルランガ

出演:
Josette Arno ... Loli ロリ
Jorge Vico ... Enrique García Hurtado エンリケ
Julia Caba Alba ... Madre de Loli(ロリのお母さん)
Irene Caba Alba ... Tía de Loli(ロリの伯母さん)
José María Rodero ... Federico Villanueva(フェデリコ・ビリャヌエバ; 名家の出のエンジニア)

| | Comments (14) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »