« Harakiri / Seppuku / 切腹 [日本映画] | Main | Novio a la vista [スペイン映画] »

Wednesday, December 29, 2010

La residencia / 象牙色のアイドル [スペイン映画]

residencia¿Quién puede matar a un niño? / ザ・チャイルド - フー・キャン・キル・ア・チャイルド』のナルシソ・イバニェス・セラドール監督の、映画作品としてはたぶん一つ前の作品。

友人とセビーリャ市内観光中にfnacに立ち寄った時に見かけたので買ってきた。


おはなし
深い森の奥に大きな邸がある。

その館は15歳から21歳までの女子を集めた寄宿学校であった。校長のフルノーは不道徳な娘を矯正するという方針のもと厳格な管理体制を敷いていた。生徒はそれぞれ複雑な事情を抱えてここに送られてきており、そんな娘たちの思春期特有のフラストレーションが渦巻く寮内はいつも張り詰めていた。

テレサという18歳の娘が新しくやってきた。テレサは入校当日から誰かに見つめられているような気配を感じた。やがて寄宿生が一人、また一人と消えていく。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


んんん………「えろい」……かな。まず何か一言コメントするならば。

おはなしは現代の我々にとっては退屈か退屈じゃないかって言ったら退屈だと思う。怖いかというとそんなに怖くもないし。

「伏線をもっと回収して」とか「オチが早くから読める上に弱い」とか「もっと怖くできたはず」とかいろいろ注文も出ると思う。

でも、40年前のスペインでこのエロチシズム、サディズム、レズビアニズムを世に出したのが凄いことなんだと思う。裸だとか乳首だとかの直截的なシーンは無いくせに、実にいやらしい作品。


1968年のメキシコ作品『Hasta el viento tiene miedo』も厳格な女校長が君臨する女子寄宿学校が舞台なのだけど、“怖いホラー”と“嫌なホラー”と分けるとしたら、『Hasta el ~』は怖くて、『象牙色~』は嫌。

同じような点からスタートしても二作品の視線は違う方向を見ていて、ずいぶん離れたところにそれぞれゴールしたという感じ。


La residencia@IMDb
英題: The House That Screamed

監督: Narciso Ibáñez Serrador ナルシッソ・イバニェス・セラドール

脚本: Narciso Ibáñez Serrador(Luis Peñafiel ルイス・ペニャフィエルの筆名で)
原作: Juan Tébar フアン・テバル

出演:
Lilli Palmer ... Sra. Fourneau フルノー校長
Cristina Galbó ... Teresa テレサ

John Moulder-Brown ジョン・モルダー・ブラウン ... Luis ルイス: 校長の一人息子
Mary Maude ... Irene イレーネ: 校長から信頼されている女生徒

Tomás Blanco ... Pedro Baldie テレサの母の友人; テレサを学校に連れてきた男

Maribel Martín ... Isabelle イサベル: 15歳の女生徒; ルイスと親しい
Pauline Challoner ... Catalina カタリーナ: 反抗的な女生徒

Conchita Paredes ... Susana: テレサといっしょにベッドメイキングをする女生徒

Víctor Israel ... Brechard: 用務員の男(だったかな)
Clovis Dave ... Enrique エンリケ: 村から時々薪を運んでくる若者

象牙色のアイドル@goo

|

« Harakiri / Seppuku / 切腹 [日本映画] | Main | Novio a la vista [スペイン映画] »

Comments

フルノー校長は息子のルイスを過保護に育てていて、この学校の生徒たちと接触することをかたく禁じてきたようである。

「この学校に送り込まれてくる娘たちにはロクなのがいないのよ。うちはそういうのを矯正する学校なの。ここの子たちは盗みをはたらいたか、体を売っていたか、どっちかなのですよ」と。

¿No te has dado cuenta de que ninguna de estas chicas es buena? ここにはまともな娘など居ないってことがお前はわからないのですか」と息子に言い放つ女校長。

ここを文法的に説明すると……えーっと…もう15年も前に習った遠い記憶だけど……「主節の動詞が否定疑問文ならば、従属節の動詞は直説法」、っていうルールだよ。上の文でいうとdarse cuenta deが否定疑問だから従属節のserが直説法になってるんだよ。

そういうルールを習った記憶がある。

Posted by: Reine | Saturday, January 01, 2011 at 12:48

book Sintaxis del Español - Nivel de perfeccionamiento - のTEMAⅢ《Sustantivas》に書いてあるのはだいたいこんな説明:

《構文》
動詞one + que + 動詞two


動詞oneにくる動詞:
Verbo de Entendimiento: creer, pensar, comprender, entender, reconocer, opinar, considerar, juzgar, suponer, imaginar(se), figurarse, observar, comprobar, saber, deducir, recordar, acordar se (se), olvidar, averiguar, descubrir, adivinar, soñar, intuir ...

Verbo de Sentido: ver, oír, notar, observar, comprobar, darse cuenta, descubrir, sentir ...

Verbo de Lengua: contar, afirmar, narrar, escribir, comunicar, referir, confesar, murmurar, explicar, manifestar, contestar, revelar, jurar, sostener, indicar, responder, comentar, declarar, exponer, relatar, señalar, leer, mencionar, decir ...


動詞oneにくるフレーズ:
es evidente, es cierto, es indudable, es indiscutible, es manifiesto, es patente, es obvio, es verdad, es seguro, es/está claro, está visto, está demostrado, dar a entender, dar la impresión [sensación] de, dar(se) la coincidencia [la circunstancia, el hecho] de, darse cuenta de, caer en cuenta de, hacerse la ilusión [la idea] de, dejar entrever [ver, notar,...], ser consciente de, estar convencido de, estar seguro (de), me [le,...] consta, que conste, se ve, se conoce, resulta [resultó,...], pasa [pasaba,...], sucede [había sucedido,...], para mí que (no) ....


それで、上で挙げた動詞・動詞句・フレーズに関して、


《基本的なルール》

1-a) 動詞oneが肯定なら、動詞twoは直説法
例) Creo que ha llegado esta mañana.
例) Está claro que ha sido él.

1-b) 動詞oneが否定なら、動詞twoは接続法(か直説法)
例) No creo que haya llegado todavía.
例) No está claro que haya sido él.

《応用編》
1-a)についての例外:
例) Creo que hubiera sido mejor el otro hotel.
例) Creo que quizás sea mejor quedarnos aquí.

1-b)について
1-b-1) 動詞oneが否定命令なら、動詞twoは直説法
例) No creas que estoy tonto.

1-b-2) 動詞oneが否定疑問なら、動詞twoは直説法
例) ¿No crees que así estoy muchísimo más guapa?
例) ¿No está claro que ha sido él?

1-b-3) 動詞oneが否定文だけど動詞twoで直説法が用いられる、っていうこともあるけれど、接続法のほうが普通です
例) No sabía que estuvieras/estabas en el cine.

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

といった説明。

Posted by: Reine | Saturday, January 01, 2011 at 13:55

bookEl subjuntivo - valores y usos』の《oraciones sustantivas》の項ではまずverbos de percepciónを幾つか挙げている。

Verbos de percepción física son, lógicamente, ver, oír, percibir, notar, mirar, es decir, aquellos en los que se significa que algo entra por los sentidos.

Entre los de percepción mental se incluyen los que indican conocimiento (saber, recordar, averiguar, darse cuenta de, prever ...), concepción de realidades más o menos ficticias o supuestas (soñar, imaginar, suponer ...), afirmaciones atenuadas, es decir, presentación de hechos no como realidades absolutas, sino como verdades que lo son en opinión del sujeto (creer, opinar, pensar, parecer, sospechar ...), y en general toda actividad mental no volitiva.


(これからこれらの動詞についてのルールを説明していきますよと、章の始めで宣言している格好。そして何ページにもわたっていろんなことを説明していく)

(で、何ページか読まされてからやっと「動詞oneが疑問文だったら」について説明がある。またそこから2ページくらい長々と説明があって何十個も例文があって)

(そこでようやく「動詞oneが否定疑問文だったら」についての説明が来る)

Cuando la interrogativa va en forma negativa, es raro su empleo para preguntar por la subordinada (動詞two), en consecuencia, el indicativo es lo normal. La pregunta, como era de esperar, va centrada en el 動詞one, y muchas veces es una simple petición de confirmación de lo que nosotros pensamos.

例)¿No le dijiste que la estábamos esperando?
--- Sí, sí se lo dije.

例) ¿No crees que el examen es difícil?
(≂ el examen es difícil, ¿no crees?)

例)¿Pero no decían que la solución era cerrar la fábrica?
(≂ la solución era cerrar la fábrica, ¿no decían eso?)

La esporádica presencia del subjuntivo en estas oraciones parece responder a una extrañeza ante la opinión de nuestro interlocutor: no estamos de acuerdo con ella y queremos confirmar que realmente hemos entendido bien:

例) ¿(Que) no crees que es examen sea difícil?


danger 注: ≂ という記号はこの本の巻頭の説明では、Equivalente (pero no necesariamente idéntico) en significado.の意味)

Posted by: Reine | Saturday, January 01, 2011 at 14:26

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/50431542

Listed below are links to weblogs that reference La residencia / 象牙色のアイドル [スペイン映画]:

» Aquella casa en las afueras [スペイン映画] [Cabina]
([E:danger] わりとサラっと観たので注意点がいくつかあります。[E:danger])(監督名も作品タイトルも聞いたことの無い作品をネットで見かけたのでどんなものかと覗いてみた、といった鑑賞) おはなし マドリード郊外の林を車で抜けて、ニエベスは荒れ果てた屋敷の前に立った。「わたしは町外れのあの家に戻ってきた。あの出来事から5年も経ったなんて。あの家はあばら屋となっている。がらんとした空き家。戻ってこなければと何度も思ったもののなかなか勇気が出なかったの。今日またあの庭を、窓を、そして扉... [Read More]

Tracked on Sunday, May 01, 2011 at 09:58

« Harakiri / Seppuku / 切腹 [日本映画] | Main | Novio a la vista [スペイン映画] »