« Porto / ポルト | Main | Salamanca - Madrid / サラマンカ、マドリード »

Wednesday, September 15, 2010

Capela da Nossa Senhora da Lapa (Vieira do Minho)

さて。岩に押しつぶされたようなかっこうの教会っていうのを見てみたいというのが今回の旅行の目的の一つであったのだけど………

これがねぇ……たいへんだった……。しょんぼりするほどたいへんだった。


友人の写真も込み


今回は久しぶりの中期滞在でスペインとポルトガルに3ヶ月いたのだけど、そのあいだ雨に降られたのは3日半くらいだった。この日がそれに当たっちゃったんだよね。真っ青な空の下のこの巨岩を見たかったんだけどね。残念でならない。

それから道がわからない!
友人は数日前にナビのデータを最新の情報にしてあったのだけど、ポルト⇒ブラガと来てからその先がうまいこと表示されなかったんだよね。次第に車中の雰囲気も悪くなっていくし。

やっと辿り着く。
村があるのだろうけど、まったくの無人だった。山羊とか牧羊犬がわらわら寄ってきた。私、このとき猛烈な尿意とたたかっていたのだけど、友人に「誰も居ないんだからその辺でしてこいよ、ここでしたってだいじょうぶなくらいだよ」と言われるぐらい、人っ子一人いなかった。


まあ、ほんとに、到着するのが難しかったんだ。
私は日本人ですから、こうして車であちこち連れていってもらっている以上、しょっちゅう「ありがとね」と口にしていたわけです。ただでさえ日本人なら「お。さんきぅ」くらいの軽い謝意なんて一日に何度だって口にするでしょ。しかし友人はそういうのは落ち着かないらしく、「いちいち俺に礼を言うな」とよく言っていました。

しかし、このノッサ・セニョーラ・ダ・ラパの礼拝堂を見たあとに「ほんとに…ありがとう」と私が言ったらば、このときばかりは大きく頷いてた。


私のわがままに引っ張り回される形でここまで行った彼ですが、この奇観そのものは気に入らなかったわけはなく「よかった」と言っていた。「でも!」と即座に付け加えてた、「俺は一度でいい」と。私が「こんどは晴れてるときに来たいね」とか呟いたからな。


Freguesia de Soutelo

Patrimonio Arqueológico e Arquitectónico de Vieira do Minhoのサイトなど参考に。(ブラガを出たあとは、まずは「Póvoa de Lanhoso」という町を目指し、その後はSoutelo、それからVieira do Minho…って小刻みに地名を追っていったらなんとか辿り着くと思う)


・ああ、参考までにこの友人の身長は189cm。岩の大きさの目安にしてください。


・ここを発っていったんまたポルトの方へ戻ったのだけど、道々、強烈な山火事の爪痕を広範囲で目にしたよ。何キロメートル(何十キロかもしれない)も走るあいだ、見渡す限り山肌の黒焦げが続いていたよ。

|

« Porto / ポルト | Main | Salamanca - Madrid / サラマンカ、マドリード »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Capela da Nossa Senhora da Lapa (Vieira do Minho):

« Porto / ポルト | Main | Salamanca - Madrid / サラマンカ、マドリード »