« Los abrazos rotos / 抱擁のかけら [スペイン映画] | Main | Sin Nombre / 闇の列車、光の旅 [メキシコ映画] »

Sunday, February 07, 2010

Maras, una amenaza regional (ディスカバリーチャンネル)

2009年のサンダンスで監督賞を受賞したキャリー・フクナガ監督の『Sin Nombre』が『闇の列車,光の旅』という邦題で初夏に公開されます。

それを観る前に少しだけマラ・サルバトルーチャなどについて予習をしておこうと思いyoutubeをうろうろしていたらディスカバリー・チャンネルの『Discovery Channel - Maras, una amenaza regional 』というドキュメンタリー番組を見かけたので、ここ2週間くらいかけてちびちびと見てみました。


pen マラ・サルバトルーチャの「マラ mara」について
book DRAEの定義: f. El Salv., Guat., Hond. y Méx. Pandilla de muchachos.

book Mara (pandilla)@Wikipedia: ……略…… las pandillas juveniles en Centroamérica, México, Estados Unidos y últimamente también en España.


amazon内でいくつか検索してみた商品(sorry、吟味はしていません)


数年前テレビでなにか少年犯罪関連の海外ドキュメンタリーを見ながら2chの実況板を開いていたのだけど、「怖ぇぇぇぇ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」とかいう書き込みに対して「これよりもっと怖いのがMS13。あいつらマジでヤバい」といったレスがついていた。その時にMS13についてちょっと調べ、彼らなりのイニシエーションの動画もyoutubeで見たのだけど、そういう断片的な姿だけでももう十分に気が滅入った。

今回このドキュメンタリーでまたもや深く憂鬱。どうにもならんよ、もう……と言った気持ちで頭が重く、ため息をつくばかりであった。

しかし絶望してばかりいてもしょうがないからね。何かできることはあるかもしれない。彼らギャングの人殺し連中は刑務所に収容されても更生の道を説かれるわけでもなく、ただ強靱なギャング精神をそこで身に着けより一層凶悪なギャングとなって娑婆に戻ってくるだけであると。だったらギャングの更生を支援しているNGOが資金不足のようだから、そこに支援をするとかね。そういうことなら、よその国からでもできるのかもしれないやね。


しかしね、―――また「しかし」だが―――「犯罪者の更生を主な目的とした収容施設を作ることを火付盗賊改方長官である長谷川宣以が松平定信に提案し、人足寄場が設置された」のは1789年なんだぞ。200年経った今あれらの国々の為政者はなんなの?ってことは思うよ。


つけたし 
一昨年ご近所のお宅がメキシコの16歳のお金持ち女子高生のホームステイを受け入れたのだけど、スペイン語の方が通じるみたいだからReineさんおねがいってことでたびたびskypeで通訳を頼まれ、その子とも親しくなった。

あるとき雑談の流れでその女子高生が何か若者の犯罪者集団の話を始めたので「MS13とかってこと?」と聞いたら「MS13じゃなくてほにゃらら」と。

その“ほにゃらら”を忘れちゃったのでこないだ質問したら「私があのとき言ったのはlos zetasだよ」とのレスが来た。

Los Zetas@Wikipedia

|

« Los abrazos rotos / 抱擁のかけら [スペイン映画] | Main | Sin Nombre / 闇の列車、光の旅 [メキシコ映画] »

Comments

《San Salvador, El Salvador》
・暴力的な若者
・彼らなりの認証コード、それがたとえばタトゥー
・街角の落書きが縄張りを示している
・14~25歳の若者でふつうは構成されている
・大半が男

・desintegracion familiar(家庭崩壊)という社会問題が根底にあると考えられる
・行き場のない若者にとってpandilla(徒党,グループ,一味)こそがelemento coercionador(結合要因)たりえる
・自分の属している集団だけが彼らにとってのすべて

・こうした若者の暴力集団はいくつもの国境を越えるほど広域なものとなった

・インタビューに答えているのはRodrigo Ávila(警察庁長官みたいな人; 当時)
(→・このドキュメンタリー番組よりも時間的には後になると思うんだが、Rodrigo Ávilaのインタビュー記事

・marasは麻薬密売したり恐喝したり。

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 10:33

・現在はMarasのメンバーは15万人とも言われている
アメリカ 5万
エル・サルバドル 3万
ホンジュラス 3万
グアテマラ 2万
ニカラグア 1万
メキシコ 1万 

・以下の二つの巨大組織のどちらかに属している
1) MS13(別称: マラ・サルバトルーチャ)
→・Mara Salvatrucha@Wikipedia

2) Mara 18(= 18区のギャング)
→・18th Street gang@Wikipedia
→・エイティーンス・ストリート・ギャング@Wikipedia

・で、この二つのギャング団は張り合っていて死闘を繰り広げてきた、と。

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 10:34

・M18の一員だったという女性、ミリアン。現在26歳。5年前にギャングから足を洗った
・11歳でクスリを始めた
・サン・サルバドールのカルバリオ(Calvario?)で幼年期を送った
・兄や母から肉体的・精神的な暴力・虐待を受けていたミリアンは、14歳になった時にMarasに入った
・入るための通過儀礼としてbrinco。13秒のあいだボッコボコにされるのを耐える、と。(M18の場合は13秒だったり18秒だったりもするみたい)

・イニシエーションの凄絶な18秒のリンチが済んで、集団に受け入れられるのだと実感した時に、顔中血だらけになりながらもミリアンは笑顔だった。「おまえなんで笑ってんだよ」と言われて「だって幸せだもん。私はいまあんたたちの妹になれたんだもんね」と返事した。それで私のニックネームは「la happy」に決まったの。

・「私にとってmaraは大家族。初めて家族愛といった感情に包まれた気がした。もう私は虐待されることはなかった。みなが私を理解してくれた。互いに嘘偽りのない世界だった」。

book ミリアンのストーリーはこちらの記事にもある
¿Por qué se integran a la Mara? Ex pandilleros explican los factores - Radio La Primerísima - La Gente - Noticias desde Managua, Nicaragua:


・brincoの凄まじい暴力に耐えてみせることで、marasというギャングに身を置くからには当然直面するであろういかなる暴力にも対しても心構えができているのだと示す。


・カルバリオ地区から2kmも離れていないところにイベリア地区がある。そこはMS13の分派のIberia Loco Salvatruchaの縄張り。

・ホセ・アンヘル・フエンテ・ペレス、23歳、MSのメンバー
・こどもの頃から父親からしつけという名の暴力を受けていた
・16歳で家を出て、ストリートのMS13のメンバーと付き合うようになり、やがてイベリア地区で最も凶悪と恐れられるほどのギャングに。

・「16人ぶん殴って(=バットで)、結局殺したのは15人かな。最初のミッションは敵対するグループのメンバーを殺すことだった」。「俺らはmaraのために生きて、maraのために死ぬわけ」。

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 10:36

現在では中米から北米の国々において社会全体への脅威となっているmarasは、60年代にロサンゼルスの18th Streetで生まれた。メキシコ系移民の子供やチカーノが構成員だった。それが急速に拡大し、中米での戦乱から逃れてきた若者たちをも吸収するようになった。

80年代初頭には中米から合衆国への移民は100万にものぼった。
エルサルバドル 50万
グアテマラ 30万
ホンジュラス 10万
ニカラグア 10万

エルサルバドルの軍隊からの脱走兵だったリカルドもその一人。やがて彼はLAに住み着く。

エルサルバドルからロスへ多数の移民が辿り着いたが当然その地に漂うムードは友好的なものではなく、したがって彼らはマージナルな存在となった。80年代半ばにはピコ・ユニオン地区などを中心に集まるようになった。それがマラ・サルバトルーチャの組織化の発端。そこからMS13へと発展。

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 10:41

M18(18ストリートギャング)はメキシコ人で構成されていたので、当初はLAのメキシコマフィアと抗争関係にあった。しかしやがてM18はマラ・サルバトルーチャを敵とするようになった。

合衆国においては彼らのようなギャングはより暴力的になった。警察当局や入管当局にとってはのっぴきならない事態に。90年代に入ると、これらのギャングを祖国に送還するようになった。自発的に帰る人も。

1988年以降、30万ものエルサルバドル人が国に還った。その40%はギャングであろうと考えられる。祖国に戻ってみると政体は駆け出しで警察などが機能しておらず、ギャングにしてみれば好き勝手をやれる格好の場であった。

だからこの二つの巨大勢力は90年代に中米においてそれぞれがどんどん勢力を増していった。そういった300もの小集団のうち、60%はマラ・サルバトルーチャ派である。

・ホセ・アンヘルの兄は2003年にM18のメンバーによって殺されている。そのことがホセ・アンヘルの人生を変えたのである。「M18の奴らを憎いと思った」「敵をぶっ殺した時にはみんなで祝ったもんだよ」。

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 10:42

90年代半ばに中米諸国が政治的変革の時代へ突入すると、ギャング集団はますます強大な勢力を獲ていった。警察ももはや手が出せなくなっていた。

武器も麻薬も簡単に手に入ってしまう状況

元ギャング
「俺は98年に合衆国から戻ってきたけど、その時にはギャングは本当に拡大していた。内戦も経験してきた若い連中に怖いものなどあるわけがなかった。どんな残虐なことでもできちゃう」


2003年10月フランシスコ・フローレス大統領が「Plan Mano Dura (= Operation Hard Hand) 厳格戦略」を発表。中米で最初の対ギャング法
・la primera ley antimara
→・たとえば2003年10月16日の新聞
→・http://noticias.cuarto-poder.com.mx/4p_apps/periodico/pag.php?MzExNDU%3D
pen En el 2003 Francisco Flores, presidente del El Salvador aplica el operativo "Mano dura", la primera ley antimara en Centroamérica. hairsalon

・ギャングの一員と疑われるような者は逮捕の直接の事由が無くてもガンガンしょっぴいていい

警察としては、第一にはストリートからギャングの若者を一掃すること、第二にそういう逮捕者の身元確認を目的としていた。

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 10:43

……ということで、これで番組の半分ぐらいのところだったかな。

この先は端折るけども

・でも結局どうなったかといえば、ギャングは表立った行動をしなくなったというだけのこと。タトゥーをしなくなったとか。警察がいる間だけおとなしくしてる。

・以前とは彼らの犯罪行為のタイプが変わったと。(上述のホセ・アンヘルも今やってるのはカツアゲだね、これは。それとかバス会社も乗り込んできたギャングに“impuesto”“renta”とかいう形でお金を強請り取られていると)

・ホンジュラスやグアテマラも似たような法案を

・その逮捕がまたけっこういい加減だから批判の声もある(ただのロック好きな少年なのにタトゥーをしているってだけで捕まっちゃうとか、聾唖者の手話をギャングのサインだと思って逮捕しちゃうとか)

・「あ、こいつmarasっぽい」っていう理由で何度だって逮捕されちゃうっていうのは“二重の危険の禁止”(っていうのか?)の原則に鑑みて憲法違反だという指摘もあり、2004年4月には最高裁判所が「対ギャング法案」を違憲とした。
book El Diario de Hoy - elsalvador.com la Corte Suprema de Justicia declarara ayer que la primera Ley Antimaras es inconstitucional.

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 11:21

・同年8月には新しい法律。サカ大統領が「A los delincuentes y malacates con mucha seguridad y determinación les digo que se les acabo la fiesta. ギャングども、パーティータイムは終わったぜ」と発表。いや「~ぜ」じゃないとは思うけども。
→・ El Bohemio - El Salvador: "Se les Acabó la Fiesta", dijo Saca a Pandilleros:

・前の法案が「Mano Dura」だったんだけど今度のは「Super Mano Dura」。超がつく。

・改革の目玉は軍隊との協力態勢の確立。

・これで16000人ものギャングが収監されたのだけど定員は7300人だったものだから………、もうこれではさぞや『カランジル』の様相を呈していただろうなと思ったらやっぱりそのようで、暴動とそれに次ぐ“虐殺”で21人の死者が出る事件など。
→・Motín deja 21 muertos en cárcel de El Salvador

・つまり、暴力はストリートから刑務所内へと場所を替えただけではなかったのか、と。当局は囚人たちをマラスの派閥ごとに振り分けることを余儀なくされた。

・で、そうなると刑務所内はギャングにとっては、新人のスカウトの場ともなり、事務所となってしまうわけである。
→そういえば『エル・マリアッチ』のときにそんなような情況についてちょっとだけコメントしたな。

・少年院もおなじような状況。
「ストリートにいる時よりここの方がよっぽど安心して暮らせる。“ファミリー”といっしょに暮らしてるんだし」。

・この少年たちは母親をとるか自分の属するギャングをとるかといったら間違いなくギャングを優先させる子たち。ギャングこそが家族なのである。


・やがて、収監されているギャングたちとギャングに属していない囚人とが衝突するようになり、31人の死者(+負傷者28人)を出す事件も発生
→・PDFファイル: HORROR DEL OTRO LADO DE LAS REJAS - Empezó como una pelea de presos y terminó en masacre

(そこに「se hicieron detonar gran cantidad de bombas de fabricación casera」とあるけど、手製の爆弾ってどういうものなんだろう。『Carandiru / カランジル』では手製の刃物だけだった……?よね? 『Celda 211 / 第211号監房』では手製の銃が使われてたな。)

・この時に死んだのが先述のミリアムの夫。M18のメンバーだったと。


(って言ってもね、ここで「わたしたち夫婦の未来が」どうしたこうしたっつって泣かれてもね、あなたたち夫婦もこれまでに他人とその愛する家族の未来を奪ってきたのではないのかよと、そういう言葉はぶつけたくなるよ)

(でもミリアムだってそれはわかっているのだ的なくだりもこのあと出てくる)

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 11:34

・M18やMS13に属する5万超ものメンバーがエルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラに収監されているけれども、こうした政府は更生プログラムに割く予算がない。

・「刑務所は何の為になるというのでしょう。ギャングのメンバーを善良な市民に変えるべきなのに、むしろより狂信的なギャングへと養成してしまう場なのです」(Rodrigo Avila)


・前出のミリアンは現在、Homies Unidosという、マラスのメンバーとなった若者たちの社会復帰を支援するNGOで働いている。(スタッフのところに名前があるのが彼女かな)

・エルサルバドルに10あるギャング更生支援のNGOの一つ。

・「警察当局はこういう活動を理解してくれず、ギャングのために働いているのだというとギャングの犯罪の手助けをしているのではと考えるようである。そんなわけないのに。若い子たちの社会復帰の手助けだというのに」(ミリアン)

・ミリアン(ら)はパン屋さんを切り盛りしている。「パンを作って過ごすのは即ち頭の中に何か to do があるということで、彼らにはすごくよいことだと思う」。

・「私自身も通ってきた道だから彼らの情況はよく理解できる。いまは私は更生のできた身だから彼らが社会生活に進んでいけるようできる限りの支援をしたい」。

(そのbreadパン屋さんって、『La vida loca』でも出てきたパン屋さんでしょうか。あそこにもミリアン映っていたような気がするけどどうだろ。ちょっと確認してない)


・たとえばPoligono Industrial Don Boscoという職能学校の設立など、聖職者によるアプローチもある。「彼ら若者の過去を聞き出そうとは思わない。彼らの未来を考えたいだけ」。

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 12:49

・これらのギャング達はだいたい8歳~12歳でグループに加わり20歳ほどで終える。終えるというのはつまりそれまでには殺されてしまうか、なにか学校に行き始めるか、もう“la vida loca 狂気の沙汰”にうんざりするから。

(→児童がいっぱしの殺し屋となる様といえば『Cidade de Deus / シティ・オブ・ゴッド』だね。)

・ギャングとしての暮らしは狂気が故にストレスフルなので年齢が上がってくるにつれて距離を置く者も出てくる。前出のホセ・アンヘルもその一人。

・「自分の人生と、女房や息子のことを考えるようになって…」(ホセ・アンヘル)

(いや、でも、だからよ。あんたがバットで殴り殺してきた15人にもそういう人生や妻子があったはずなんだ。あんた自身もそれはわかってると言うかもしれないけど、私達善良な市民としてはそこのところは幾らでもツッコミ続けたいところだぜ)


・ギャングだった若者が“丸くなる”のにありがちなのはevangelico(プロテスタント)となるパターンです。若者が教会の扉を叩く。

(→・『シティ・オブ・ゴッド』の序盤でもギャングがある時に急に目覚めて教会へと進んでいたような。アリカーチだったかな。

→・『カランジル』でもMilhem Cortaz演じる殺し屋のペイシェイラが刑務所内での布教活動に触れ心酔していく様が描かれていたね。まあ、ブラジルの宗教観はまた複雑なんじゃないかと思っているので、このへんは保留)


・ホセ・アンヘルは自分が傷つけてきた人々に謝罪したいと涙を流す。

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 13:24

・ミリアンは2002年にはもうギャング活動から足を洗ったが、それ以降もMS13と自分の属していたM18との抗争は続いているわけで、自身も幾度か生命の危機に瀕した。一度は車から降りてきた4人の男たちから腹部に2発銃弾を撃ち込まれた。

・「我が国で発生する暴力事件の8割はギャング絡みです。殺害事件の被害者の半分以上はギャングなのです」。


って言って番組は終りに向かうのだけど、6:59あたりから映る彼らの目を見ていると、長いトンネルの先に光りなど見えないのじゃないかっていう暗い気持ちに押しつぶされそうになるわ。


そして本当はこれに続いて、ドキュメンタリー映画『La vida loca』(2008)とその監督であるChristian Povedaについて書きたかったのだけど、なんかもう花粉症でつらすぎるのでひとまず終了。

どなたかクリスティアン・ポベダと『La vida loca』についてコメントくださいませんか wink 

Christian Povedaは2009年9月2日にギャングによって暗殺されました。頭部に発砲されたようです。殺された場所はエルサルバドルのTonacatepequeとのことですが、それは『Maras, una amenaza regional』の中でも少年院のある町として名前が出てたね。

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 13:46

book  2009.9.3
仏映画監督が銃撃で死亡 中米エルサルバドル

中米エルサルバドルの首都サンサルバドル郊外で2日、フランス人映画監督のクリスチャン・ポベダ氏が、車内で銃で撃たれて死亡しているのが見つかった。AP通信などが伝えた。

 同氏はエルサルバドル在住で、今年、「マラス」と呼ばれるエルサルバドルの犯罪集団メンバーの人生を描いたドキュメンタリー映画を発表、注目されており、ジャーナリスト出身のフネス大統領は徹底的な捜査を司法当局に命じた。(共同)

Posted by: Reine | Sunday, February 07, 2010 at 14:26

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/47499350

Listed below are links to weblogs that reference Maras, una amenaza regional (ディスカバリーチャンネル):

» Tropa de Elite 2 - O Inimigo Agora É Outro [ブラジル映画] [Cabina]
今日までにこのブログではちょうど250のイベロアメリカ映画作品を扱ってきたようだ。私はそのうち95%は「好き」か「すごく好き」になって鑑賞を終えていると思う。たいていは好きになりそうな作品を探し回って観ているんだから、当然といえば当然か。 そんな中でも「もう本当にすごく好き」という作品は幾つかに絞られる。2007年のブラジル作品、『Tropa de Elite [ブラジル映画]: Cabina』がその一つ。今回はその続編である。 おはなし “ナシメント大尉”とは、ジョゼ・パヂーリャが監督し200... [Read More]

Tracked on Saturday, July 02, 2011 at 13:22

« Los abrazos rotos / 抱擁のかけら [スペイン映画] | Main | Sin Nombre / 闇の列車、光の旅 [メキシコ映画] »