« January 2010 | Main | March 2010 »

Monday, February 15, 2010

Premios Goya 2010: palmareses / 第24回ゴヤ賞発表

2010年ゴヤ賞(=スペインのアカデミー賞といわれている映画賞)の発表。crownが受賞作・受賞者。 

ノミネートについては1月に書きました。ジャケット写真はあちらに載せてあります)

(公式サイトは「たぶん」)
(公式サイトはかなりの確率で音が出るので注意)
(数字はわたし用メモなので気にしないでください)
(来年おなじことができるかどうかは私にもわからない)


clip 栄誉賞(Goya de Honor)
crown Antonio Mercero


clip 作品賞(Mejor película)  
・ÁGORA
ÁGORA@IMDb
ÁGORA 公式

crownCelda 211 (2009)@IMDb2009年12月8日 観ました

El Baile de la Victoria | Una película de Fernando Trueba
El baile de la victoria (2009)@IMDb
4.4/23  Drama

El secreto de sus ojos (2009)@IMDb2009年12月9日 観ました


clip 監督賞(Mejor dirección)
・Alejandro Amenábar 『Ágora』
・Fernando Trueba 『El baile de la victoria』
・Juan José Campanella 『El secreto de sus ojos』
crown Daniel Monzón 『Celda 211』


clip 新人監督賞(Mejor dirección novel)
crown Mar Coll 『Tres días con la familia』
TRES DÍAS CON LA FAMILIA@IMDb
TRES DÍAS CON LA FAMILIA 公式

・Álvaro Pastor, Antonio Naharro 『Yo, también』
Yo, también@IMDb2011年5月4日 観ました

・David Planell 『La Vergüenza』
LA VERGÜENZA@IMDb
LA VERGÜENZA 公式

・Borja Cobeaga 『Pagafantas』
PAGAFANTAS@IMDb
PAGAFANTAS 公式


clip 主演女優賞(Mejor actriz)
crown Lola Dueñas 『Yo, también

・Raquel Weitsz 『Ágora』

・Penélope Cruz 『Los abrazos rotos』 ⇒ 2010年1月10日 観ました

・Maribel Verdú 『Tetro』
TETRO@IMDb


clip 主演男優賞(Mejor actor)
crown Luis Tosar 『Celda 211』
・Ricardo Darín 『El secreto de sus ojos』

・Antonio de la Torre 『Gordos』
Gordos 公式
Gordos (2009) @IMDb
7.3/93  Comedy
2009年12月8日 観ましたが書けていません

・Jordi Mollá 『El Cónsul de Sodoma』
El Cónsul de Sodoma@IMDb
El Cónsul de Sodoma 公式


clip 助演女優賞(Mejor actriz de reparto)
・Pilar Castro 『Gordos』
・Verónica Sánchez 『Gordos』
crown Marta Etura 『Celda 211』
・Vicky Peña 『El cónsul de Sodoma』


clip 助演男優賞(Mejor actor de reparto)
crown Raúl Arévalo 『Gordos』
・Carlos Bardem 『Celda 211』
・Ricardo Darín 『El baile de la Victoria』
・Antonio Resines 『Celda 211』


clip 新人女優賞(Mejor actriz revelación)
・Leticia Herrero 『Gordos』
・Nausicaa Bonín 『Tres días con la familia』
crown Soledad Villamil 『El secreto de sus ojos』

・Blanca Romero 『After』
After@IMDb
After 公式


clip 新人男優賞(Mejor actor revelación)
crown Alberto Ammann 『Celda 211』
・Fernando Albizu 『Gordos』
・Pablo Pineda 『Yo, también
・Gorka Otxoa 『Pagafantas』


clip 脚本賞(Mejor guión original)
・Alberto Rodríguez, Rafael Cobos 『After』
crown Mateo Gil, Alejandro Amenábar 『Ágora』
・Daniel Sánchez Arévalo 『Gordos』
・Pedro Almodóvar 『Los abrazos rotos』


clip 脚色賞(Mejor guión adaptado)
crown Celda 211
・El baile de la victoria
・El cónsul de Sodoma
・El secreto de su ojos


clip スペイン語外国映画賞(Mejor película extranjera de habla hispana)
crown El secreto de su ojos

・Dawson isla
Dawson Isla 10@IMDb

・Gigante
2010年3月19日 観ました

・La teta asustada
2009年11月21日 観ました


clip アニメーション賞(Mejor película de animación)
・『Animal Channel』 

・『Cher ami』
Cher Ami... ¡y yo!@IMDb
Cher ami | The movie 公式

crown 『Planet 51』
Planet 51@IMDb
Planet 51 公式

・『Pérez, el ratoncito de tus sueños 2』
El ratón Pérez 2@IMDb
Pérez 2 • El Ratoncito de tus sueños 公式


clip ドキュメンタリー賞(Mejor película documental)
・Cómicos
Cómicos@IMDb

crown Garbo, el hombre que salvó el mundo
Garbo: El espía@IMDb
GARBO. EL ESPÍA. EL HOMBRE QUE SALVÓ EL MUNDO 公式

・La mirada de Ouka Leele
La mirada de Ouka Leele@IMDb

・Últimos testigos: Fraga Iribarne y Carrillo

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Sunday, February 14, 2010

Sin Nombre / 闇の列車、光の旅 [メキシコ映画]

sin nombre公式サイト(邦題『闇の列車、光の旅』)からストーリー紹介:
ホンジュラスに住む少女サイラ。よりよい未来を求め父とアメリカを目指すことにした彼女は、移民たちがひしめきあう列車の屋根の上で、カスペルというメキシコ人少年と運命の出会いを果たす。彼は、強盗目的で列車に乗り込んだギャングの一員だが……略…………hairsalon

サンダンス映画祭 監督賞・撮影監督賞 受賞作品

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


紹介文に「カスペルはギャングの一員」とありますが、それがつまりこないだちょっと書いたマラ・サルバトルーチャです。あれはこの作品を観るにあたってちょっと助けになると思う。

ただ『Sin nombre / 闇の列車、光の旅』という映画はマラ・サルバトルーチャの構成員の生き方ばっかりではなくて、中米の人々が北米への不法入国を目指す様をも同時に説明しています。

『闇の列車、光の旅』は今年の初夏に全国順次公開です。面白いです。是非。


とても佳い作品であるのはたしかだけれども、私の好き嫌いを言うなら、苦手といえば苦手ジャンルですということ。私は苛酷な現代事情を描き出すといった作品はなるべく観ないようにしているので。観たくないんだよ、私は映画の中では人々は浮かれてて欲しい。

それから私は不法移民という事象に対しては非情とも言えるスタンスを保つことにしているので、このようなテーマの映画を観て悲しいなどと感じることを日頃から自身に許していないというのもまた「苦手」とした理由の一つではあります。


人が絶望したり死んだりする絵図は見ていればそれは悲しいものでしょう。私だってこの映画の何箇所で泣いたかしれない。

それでも、「かなしい……」「かわいそう……」というその感想は、たとえば我が国の不法滞在者にまつわる社会問題とは切り離して考えなければならないでしょ。この映画で映し出される移民がかわいそうに思えるということと、現実に我が国に在る不法外国人がかわいそうなのかどうかというのは全く別モノであるということ。そこのところはハッキリと自分の中で分けておきたい。そういうのはうっかり混ぜちゃダメなの。「混ぜるな危険!」なの。

……って、こんなこと言ってる私がむしろ誰よりも混ぜてるのかもしれんがね。



より大きな地図で Sin Nombre 闇の列車、光の旅 を表示

(つづきはコメント欄で。私はあまり書けないけどたぶんアリ・ババ39さんたちが書いてくださる)

| | Comments (25) | TrackBack (2)

Sunday, February 07, 2010

Maras, una amenaza regional (ディスカバリーチャンネル)

2009年のサンダンスで監督賞を受賞したキャリー・フクナガ監督の『Sin Nombre』が『闇の列車,光の旅』という邦題で初夏に公開されます。

それを観る前に少しだけマラ・サルバトルーチャなどについて予習をしておこうと思いyoutubeをうろうろしていたらディスカバリー・チャンネルの『Discovery Channel - Maras, una amenaza regional 』というドキュメンタリー番組を見かけたので、ここ2週間くらいかけてちびちびと見てみました。


pen マラ・サルバトルーチャの「マラ mara」について
book DRAEの定義: f. El Salv., Guat., Hond. y Méx. Pandilla de muchachos.

book Mara (pandilla)@Wikipedia: ……略…… las pandillas juveniles en Centroamérica, México, Estados Unidos y últimamente también en España.


amazon内でいくつか検索してみた商品(sorry、吟味はしていません)


数年前テレビでなにか少年犯罪関連の海外ドキュメンタリーを見ながら2chの実況板を開いていたのだけど、「怖ぇぇぇぇ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」とかいう書き込みに対して「これよりもっと怖いのがMS13。あいつらマジでヤバい」といったレスがついていた。その時にMS13についてちょっと調べ、彼らなりのイニシエーションの動画もyoutubeで見たのだけど、そういう断片的な姿だけでももう十分に気が滅入った。

今回このドキュメンタリーでまたもや深く憂鬱。どうにもならんよ、もう……と言った気持ちで頭が重く、ため息をつくばかりであった。

しかし絶望してばかりいてもしょうがないからね。何かできることはあるかもしれない。彼らギャングの人殺し連中は刑務所に収容されても更生の道を説かれるわけでもなく、ただ強靱なギャング精神をそこで身に着けより一層凶悪なギャングとなって娑婆に戻ってくるだけであると。だったらギャングの更生を支援しているNGOが資金不足のようだから、そこに支援をするとかね。そういうことなら、よその国からでもできるのかもしれないやね。


しかしね、―――また「しかし」だが―――「犯罪者の更生を主な目的とした収容施設を作ることを火付盗賊改方長官である長谷川宣以が松平定信に提案し、人足寄場が設置された」のは1789年なんだぞ。200年経った今あれらの国々の為政者はなんなの?ってことは思うよ。


つけたし 
一昨年ご近所のお宅がメキシコの16歳のお金持ち女子高生のホームステイを受け入れたのだけど、スペイン語の方が通じるみたいだからReineさんおねがいってことでたびたびskypeで通訳を頼まれ、その子とも親しくなった。

あるとき雑談の流れでその女子高生が何か若者の犯罪者集団の話を始めたので「MS13とかってこと?」と聞いたら「MS13じゃなくてほにゃらら」と。

その“ほにゃらら”を忘れちゃったのでこないだ質問したら「私があのとき言ったのはlos zetasだよ」とのレスが来た。

Los Zetas@Wikipedia

| | Comments (12) | TrackBack (1)

« January 2010 | Main | March 2010 »