« Feliz Navidad 2009 | Main | Feliz Año Nuevo 2010 »

Tuesday, December 29, 2009

Rudo y Cursi / ルドandクルシ [メキシコ映画]

rudo cursi 映画『ルドandクルシ』公式サイトよりストーリー紹介:
diamondそれなりに幸せ!diamond メキシコの片田舎のバナナ園で、喧嘩しながらも楽しく働く兄弟の生活はまさにそんなものだった。兄のベトは妻子もいてバナナ園の作業長も務めているが、ギャンブル好きの乱暴なゴールキーパー。その性格と荒っぽいプレースタイルによって‘ルド’(=タフな乱暴者)と呼ばれている。弟のタトは優秀なストライカーだが、本当は歌手になりたいと夢見ている。

日々、草サッカーに明け暮れる二人の前に、ある日偶然、サッカー・スカウトの‘バトゥータ’が現れた。ところがPK対決で兄に勝ったタトだけが選ばれ、メキシコシティに赴くことに。……略……hairsalon


さらっと一度観たときの印象は『Y tu mamá también / 天国の口、終りの楽園。』と似ていたな。『天国の口~』の脚本を書いたカルロス・クアロンが本作では監督を務めている。

『天国の口~』は、「どうせ、ただの男アイドルの筆下ろし物語なんだろ」と高を括っていたのに実際に観てみたらけーーーっこうシリアスに社会を描出していて面白かった。『ルドandクルシ』も同じ印象で見終えました。

男ペネロペ’=ガエル・ガルシア・ベルナルやディエゴ・ルナが可愛いとか萌えるとかいうだけの作品ではけっしてなく、陽気な煙幕を張っておいて深刻な社会事情にさらっと触れている。

danger ‘男ペネロペ’っていうのは私の友人がガエルを形容した一語。


犬のシャンプーをしながらとかいう「~ながら」の時にBGVとしてDVDを回しておくというスタイルで5回まわし、プラス、一回はふつうに観てみましたが、観るたんびに、ラストは彼らが愛しくてしょうがなくなるわけです。‘ラストは’ね。

じゃぁラストに至るまでは?っていうと、毎回毎回いらいらいらいらしたわ。何に?って、田舎っ兵衛にね。誰も彼も田舎っ兵衛なんだわ。

でも「いなかっぺ」っていうのは出身地をどうこういうものではないと思うわ。ひとが「いなかっぺ」であるかどうかには出身地なんか関係ない。「かっぺ性」というものは精神の、性根の問題である、と。ひとは田舎っぺとして生まれるのではない、田舎っぺになるのだ、と。

いや、あるいは逆かもしれないな。つまり、ひとは皆いなかっぺとして生まれて来るが、いなかっぺ根性のままの者がいなかっぺなのだ、と。

何を言ってんだか、自分でもよくわからない。


(つづきはコメント欄で正月にでも)

主人公タトは歌手としての成功を夢見ているのだが、もう、なんと言ったらよいか………ヒドすぎてあたしは目が覚めてしまった、この『Quiero que me quieras』。このヒドさは素晴らしいよ、ガエル・ガルシア・ベルナル。BGVとしてDVDを回しっぱなしにしていて画面はろくに見ていないという方法で再生していた時、あまりのヒドさに、思わず二度見したわ。

゚ ゚   ( д )   
な゛ん゛じゃごり゛ゃぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛っですわ。
「『I want you to want me』に何てことしてくれるんだ!」ですわ。


スポーツ選手とかが歌なんかに手ぇ出すとこうなっちゃうのかね。スペインの闘牛士ヘスリンの歌とかってこういう立ち位置だったのかしら。「Jesulin cancion」でググったら一発で「Las 100 canciones mas odiosas de la historia歴史上もっとも忌むべき曲百選)」とかいうブログがヒットするくらいだし。

しかし、ガエル・ガルシア・ベルナル演ずるタトの歌う『Quiero que me quieras』を見たあとでは、口パクとは言えヘスリンの方がよっぽどマシだわい。ガエルさん、凄いよ、偉いよ、あの「歌の才能の無さ」演技は。


お口直しにやっぱりここはひとつ王子様、ロビン様を。
⇒ Cheap Trick  【I WANT YOU TO WANT ME】【SURRENDER】

外タレで様つけていいのは、ぶっちゃけロビン様だけなのだよ。


なんかわからないけど、泣けてしょうがなかったわ、私、これ。

わかんない。昭和の香りかなあ。ノスタルジー。武道館がBUDOKANとして燦めいて聳えていた時代への追懐の情とやらいうものなんだろうか。私がもう人生折り返したように自覚しているからか。

で、なんの話だったか。そうそう、Rudo y cursi。
『ルドandクルシ』の話は、コメント欄で加筆していきます。

|

« Feliz Navidad 2009 | Main | Feliz Año Nuevo 2010 »

Comments

Reineさん、Feliz Anyo Nuevo!
年明け早々笑わせてもらいました。30過ぎてもボンクラ男子が似合うガエルくん。『ルドandクルシ』の日本公開が俄然楽しみになりました。
しかし、名作「At Budokan」も形無しですなぁ。英語ロック~ポップスをスペイン語にすると、何であんなにダサいんでしょうね。ちなみにQUEEN「We Are the Champions」は「♪ソ~モス、カンペオ~ネス 」、ABBA「Gimme! Gimme! Gimme! 」は「♪ダメ!ダメ!ダメ!」だった。「王様」っていうミュージシャンいたけど、その「直訳ロック」にしか聞こえないんだけど(笑)。スペイン語圏の人は違和感無いんでしょうかね。
ということで、Reineさん独自のスペイン語映画評、今年も楽しみにしております。

Posted by: 構成員F | Thursday, January 07, 2010 at 11:52

Fさん、昨年もお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。またスペイン語映画仲間でなにか食べに行きましょう。(去年はいつも立ち話で長話していたような気もしますね)

昨年後半からなかなかブログを書けず、観たら観っぱなしになってしまっている作品が何作品あるか思い出せなくなってきました。なんとか急いで追いつきたいものです。

ところで和訳ロックで鳥肌立つほどかっこいいのを紹介しますgoodSmoke on the water』です

Posted by: Reine | Thursday, January 07, 2010 at 21:19

Rudo y Cursi@IMDb
(直訳: 粗暴と気障)(←まあ、でも、いろいろ解釈できるんじゃない?)
(英題: Rough and Vulgar)

ルドandクルシ 日本公式

ルドandクルシ@象のロケット
ルドandクルシ@CinemaCafe
ルドandクルシ@ウーマンエキサイト
ルドandクルシ@goo
ルドandクルシ@映画生活

監督・脚本: Carlos Cuarón カルロス・クアロン

出演:
Gael García Bernal ガエル・ガルシア・ベルナル ... Tato タト: かっこつけの方
Diego Luna ディエゴ・ルナ ... Beto ベト: 荒くれの方

Dolores Heredia ドローレス・ヘレディア ... Elvira エルビラ: 母親。タトやベトの他にもなんかいっぱい父親の違う子供を産んでいるような……

Joaquín Cosio ... Arnulfo アルヌルフォ: いま現在のエルビラの‘夫’

Adriana Paz アドリアーナ・パス ... Toña トーニャ: ベトの妻,ワンダーライフというマルチ商法のディストリビューターとして頑張っている

Tania Esmeralda Aguilar ... Nadia ナディア: タトとベトの妹。父親は違うと思う。

Guillermo Francella ギリェルモ・フランセリャ ... Batuta バトゥータ: サッカーエージェント

Jessica Mas ... Maya マヤ: テレビ番組でアシスタントだかMCだかをやっているタレント,ゲーノー人。たぶん芸NO人。おっぱい要員か尻要員。ナンシー関が、なんて書いてたんだったかなあ……、「こいつが芸能人である理由はといえば芸能界を渡っていることのみ」みたいな、なんだったかな、まあ、とにかくこのマヤって女もその口だと思う。

Salvador Zerboni ... Jorge W: ギャンブルの世界の人。だと思う。

Alfredo Alfonso ... Don Casimiro カシミロさん: 故郷の村のあるいみ有力者

Alexander Da Silva ... Gringa Roldan ロルダン: サッカー選手

Posted by: Reine | Thursday, January 07, 2010 at 21:33

語句メモ
・pisca2: 1. f. Méx. En las labores del campo, recolección o cosecha, sobre todo de granos, como los del café, el maíz o el algodón.

・「おまえは本当に歌が上手い tú cantas retebonito.」
→・retebonito:
→・rete-
→・re-: 4. pref. Indica 'oposición' o 'resistencia'.
例) Rechazar. Repugnar.
Significa 'negación' o 'inversión del significado simple'.
例) Reprobar.
Con adjetivos o adverbios, puede reforzarse el valor de intensificación añadiendo a re- las sílabas -te o -quete.
例) Retebueno. Requetebién.


・Acabarás cantando en la calle.
→・acabar + 現在分詞: とうとう[最後に,ついに]…する.
bookCurso de Perfeccionamiento』、第25章 Las perífrasis Ⅱ Perífrasis terminativas(1) より、acabar por + 不定詞 / acabar + 現在分詞:

Ambas expresan la culminación de un proceso más o menos largo. Son equivalentes de ‘llegar a’, cuando expresan un proceso negativo o dificultades.
例) Acabarás por comprender / Acabarás comprendiendo mis razones para actuar así.
例) Después de molestarme mucho acabó por dejarme en paz.

La negación no puede ir delante de acabar, sino delante del infinitivo y a veces delante del gerundio:
例) Acabé no saber a quién pedir ayuda.
例) Acabarás no relacionándote con nadie.

・híjole: 1. interj. coloq. El Salv., Hond. y Méx. U. para expresar asombro o sorpresa ante algo inesperado.

・gomería: 1. f. Arg., Bol., Par. y Ur. Lugar de venta o reparación de neumáticos.

バトゥータさんはおそらくアルゼンチン人だからこの語をふつうに使うけどベトたちには馴染みのない語である、というようなシーンがある。

・arquero: 2. m. portero (= jugador que defiende la portería)

バトゥータが「あのarqueroは何て言う奴?」と村の若者にたずね若者が「porteroですか?」と応えるというシーンがある。

・portero, ra: 5. m. y f. Jugador que en algunos deportes defiende la portería de su bando.

・chance: 1. amb. Oportunidad o posibilidad de conseguir algo. No tiene chance para ese cargo

・tarado, da: 2. adj. Tonto, bobo, alocado. U. t. c. s. (異父弟のタトのことでむかついて腸煮えくり返っていて「あの野郎」「あのサレ馬鹿が」と罵ってはいるものの、嫁までがいっしょになってタトのことを「あのバカがいなくなったらせいせいするじゃない」などと言うのに対しては「そういう言い方すんなよ!」と怒り出すベト。やっぱりそこはどうしても‘おにいちゃん’)

・órale: 1. interj. coloq. Méx. U. para exhortar.

・chivas: 3. f. pl. Méx. enseres.

・Quihúbole / Quihubo: ⇒ Jergas de habla hispana: quihubo

・matiné: 1. f. Fiesta, reunión, espectáculo, que tiene lugar en las primeras horas de la tarde.

・agarrar la onda: 《ラ米》《話》 わかる,時流に乗る

・lana: 6. f. coloq. dinero (= moneda corriente).

Posted by: Reine | Thursday, January 07, 2010 at 22:54

期待度120%の映画情報ありがとうございます。
・・・ところで「失われた肌」について書いていただく予定はありますでしょうか?
表現力の疎さから、観た後のモヤモヤを消化できず困っています。ネットでこの映画に関するレビューを書いているブログを探しまくってもしっくりくるのがなかったんです。
忙しいとは思いますが、やはりreineさんしかいない。
私の心を通訳してくれるのはいつもココです。
ちなみに私は理解したくもないのに、理解・想像・共感出来てしまう箇所が多くて、むしろ気分が悪くなりました。自分のひた隠しにしている超女的な部分を他人から非難されたというか、
なんか日記を勝手に読まれてるような感じでした。(あ~やはり表現力がない。意味わかんないですよね。)
でも決して嫌いではない映画です。
しかしなぜ絡む女達が皆あーなのだろう。好みの問題かもしれませんが。

最後にRudo y Cursiがイケメン映画として王様のブランチなどでつまんない紹介をされない事を祈りつつ、reineさんのブログが本年も変わらず更新されることを期待しています。

Posted by: devota | Friday, January 08, 2010 at 11:44

devotaさん、今年もよろしくお願いします。
『失われた肌』は公開当時に友人と行こう行こうと言っていたのですが、そんな頃から次第に多忙になり未見のまま今日に至ります。ただ、知人からスペイン語版を借りられるのでなんとか観てみたいと思います。………これらの10何作が済んだらとなってしまうのですが。

>自分のひた隠しにしている超女的な部分を他人から非難された

これは興味深いですね。作品については一切知らないのですが、devotaさんのコメントを読んで、たぶん私も同じような居心地の悪さを感じるのではないかと感じました。なんとなくね。

>Rudo y Cursiがイケメン映画として王様のブランチなどでつまんない紹介をされない事を祈りつつ

げらげらhappy01 いや、そういう風に紹介されちゃうかもしれませんね。体育座りをするガエルくんのちっちゃいちっちゃい姿はある意味可愛かったですから。

でもねえ、やっぱり、『Rudo y Cursi』はイケメン映画という印象は……どうなのかな……無理があるというか……。男性陣の目にはどう映るかわからないけど、女の目にはとにかく「I don't understand how men can be so stupid.」でしたよ。

(※ 『デクスター』の中で主人公の妹が呆れ顔で苦々しげに言うセリフ)
(※ 昨夏『デクスター』をけっこう見た

Posted by: Reine | Friday, January 08, 2010 at 21:57

danger けっこうストーリーについて書いちゃうと思う)

↓↓↓

(と言っても、たっぷり時間がとれず箇条書き程度にしか書けないのだけど)

↓↓↓

pen cursiとは:
《話》《軽蔑》上品ぶった,気取った.
[男女] 上品ぶった人,気取った人.

[形]《話》上品ぶった,洗練を気取った,きざな; 悪趣味な,嫌味な.
[男女]《話》気取り屋,きざな人.


さて、昔、「ださい」ってスペイン語で何だろうと考えて cutre かなと思って今に至る。cutre。「ださい」の概念に(一番)近いと思う。

で、何が言いたいかというと、この『Rudo y Cursi』は『Rudo y Cursi』というよりは『Boludo y Cutre』とか、『Pelotudo y Cutre』とか、もうめんどくさいからいっそ『Cutre y Cutre』でいいよと思いましたということ。

だせーんだよ! 特にガエル演ずるタトの方が!

出身地とかそういうのは関係ないんだよ。

サッカーの素質を見出され都会に出て、最初の頃、ちゃらちゃらしたパーティー会場にジャージで行ってしまって入り口で止められて中に入れてもらえなかった時代があったね、タト。あの頃の君は、まだダサくなかったんだ。

その後、サッカーで名をあげるにつれて髪の毛の色をいじくってみたり、Dolce & Gabbanaって自分でその名をちゃんと言えないような‘メーカー’の服を着てみたり、股間だけで生きてるような性処理担当のやっすいやっすいタレントに食われてみたり、挙げ句、国の代表に選ばれてもオンナを優先させちゃうとか……

そのさまがだせーんだよ。

日本のサッカー選手にもいろいろと類似の(酷似の)エピソードの持ち主がいるんじゃないのか。だせーな、ほんとに。今年のワールドカップまでに鬱陶しい髪を切れ、髪を

Posted by: Reine | Friday, January 08, 2010 at 23:31

cutre (だっせー)かどうかに服装がジャージである点などは関係ないんだよ。ベトなんか服装には気を配ってない。それはそれでいい。

(ちなみに、タトなんかはセレブ気取りでいい具合に舞い上がっちゃってるもんだから、そんなベトのことを陰で「兄貴は田舎っぺだからね」と形容してやがる。田舎っぺはお前だよ)

ベトはじゃあ、「朴訥な人柄」とやらで好印象かというと、ぜんっぜん。タトが調子に乗っている様は片腹痛かったが、ベトの場合はその愚鈍に苛立った。

この人に足りないものは少しの知性と大量の理性。理性がないから胡乱な連中に付け入られる。ludopatía(ギャンブル中毒)なんてものは“ダサイ”の極みだよ。だせーんだよ。

Posted by: Reine | Friday, January 08, 2010 at 23:48

と、主役の二人をはじめとして登場人物(たとえばベトの嫁とか)にイライラしっぱなしの本作でしたが、楽しかったんだよ。バトゥータさんの語りでおはなしが進行するせいもあってか、常田富士男が語りを担当している寓話ものを見ているようでした。「身から出た錆」という言葉がずっとバックグラウンドで流れている。

面白かったよ。『血と砂』みたい。ほんとかよ

細かいことは色々ほかにもあるのだけど、一応、今はそれらはボツにしました。まとめるための時間がとれないので。自分用にメモっておくと:

・この兄弟のしゃべっている方言はどこのものか
IMDb: de qué estado eran? / which state were they from?

Wikipedia: El rodaje comenzó en el pueblo de Cihuatlán, Jalisco. Hasta allá viajaron Gael y Diego para tomar el acento del lugar, pero en realidad la película fue filmada en una comunidad rural del estado de Oaxaca.

・落胆したという人たちの意見はどんなものか(未読)
IMDb: DECEPCIONANTE

・あと、なにかベースにしているものがあるのかとか。

・あ、あと、バトゥータがブス専すぎる。女をとっかえひっかえしているが―――というかオンナたちがマヤと同様に札束の臭いを嗅ぎつけてバトゥータに‘尽くして’いるために引きも切らずとなっているのだと思うが―――、どれもこれも「………。」って感じなの。


ちなみに関連ニュースのようなもの:
メキシコで首なし12死体発見
警官3人の首を切り落とす 治安悪化する一方のメキシコ  麻薬組織の犯行か

Posted by: Reine | Saturday, January 09, 2010 at 00:45

観ましたよー。
Reineさんのコメを細かく読まないようにしておいたので、ガエルがダサイ映画くらいの情報量で観たんですけど、いやいやださかったです。
私の中でガエルはダサイ役をやらせたら右にでるのはゴールデンボールズのハビエルくらしかいない、男です。
テレビを横になってみる時とかリラックスしてるとつい手が股間にいっちゃう所は演技か地かしりませんが、
かっぺを表す演技のひとつとして、わかってんなーと感心しました。
それとサッカーは詳しくないのですがメッシっぽいと思いました。

あっという間に観終わって、笑える部分の多い「だからダメなんだよ」人生劇という感じが好きです。
主役の二人は撮影楽しかったでしょうね。
ディエゴの演じたダメ男っぷりもかなりレベルが高かったです。案外女房大事にしてたりする所とか。

あとReineさんも着目していたバトゥータの女たち。
あれってあーゆー世界のいい女たちですよね。まましーた。匂ってきました。

この作品をみてメキシコの人たちは自分たちを揶揄してると怒るのか、それとも教訓として戒めるのか。

ただ笑ってみたんでしょーね。多くの人は。

Posted by: devota | Tuesday, September 21, 2010 at 13:18

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/47143409

Listed below are links to weblogs that reference Rudo y Cursi / ルドandクルシ [メキシコ映画]:

» ルドandクルシ [象のロケット]
メキシコのバナナ園で働く兄弟が偶然訪れたサッカー・スカウトの目に止まり、あまり若くはないがプロになった。 兄のベトは激しいプレイで“ルド”と呼ばれ、人気も出たがギャンブル癖が悪化していく。 弟のタトは“クルシ(ダサいうぬぼれ屋)”と呼ばれ、サッカーより歌手を夢見ていた。 2人の人生は順風満帆に見えたのだが…。 サッカー人生コメディ。... [Read More]

Tracked on Friday, January 08, 2010 at 06:06

« Feliz Navidad 2009 | Main | Feliz Año Nuevo 2010 »