« O signo da cidade / 星の導き [ブラジル映画] | Main | Se Eu Fosse Você 1. 2. / 逆転夫婦!? 1. 2. [ブラジル映画] »

Sunday, October 04, 2009

Las doce sillas / 12の椅子 [キューバ映画]

12 sillasキューバ映画祭

映画祭公式サイトから、あらすじ:
旧ソ連の作家の同名小説が原作。革命政府に私財を渡さないため、ダイニングセットの12の椅子のひとつに宝石のコレクションを隠した義母。彼女が亡くなってから、イポリトは元使用人オスカルとともに、その椅子を探そうとする。邸宅を国に没収され、高齢者の保護施設と化した今、イポリトに残された道は、資金をつくって海外にでることだった。だが、時はすでに遅く、……(中略)……

この作品に関しては、革命以前から映画化を考えていた監督。2007年にアメリカでDVD化されたキューバ名作コレクションの1本。enddanger人名表記ちょっと変えた)

すごく面白かった。ちょっとだけ『Placido』を思い出したりもしたけど、白黒であることと東奔西走している(させられている)ところが似ていただけでメッセージは違うかな? いや、あるいはメッセージまで似通っていたかも? それについては考える時間をもっととらないといけない。私にはまだわからない。

『12の椅子』は本当に面白かった。他に何て書いたらいいだろう。そうだ、凄みがあったよ。冷やっとぞくっとした。

(おいおいコメント欄にちょびっと書き足そうと思っています。今日は時間的にも体力的にももう無理だ……。イベロアメリカ映画関連のフェスティバル、いっぱいあって嬉しいのだけど、もっとばらけてくれればいいのに…coldsweats01。体が……体がもちません…)


Las doce sillas@IMDb
英題: The Twelve Chairs

監督・脚本: Tomás Gutiérrez Alea トマス・グティエレス・アレア
原作: Ilya Ilf、Yevgeni Petrov
共同脚本: Ugo Ulive ウゴ・ウリベ

出演:
Enrique Santiesteban エンリケ・サンティエステバン ... Hipólito Garrigó イポリト・ガリゴー
Reynaldo Miravalles レイナルド・ミラバジェス ... Oscar オスカル
René Sánchez レネ・サンチェス ... El Cura 神父
Pilín Vallejo ピリン・バジェホ ... Gertrudis ヘルトゥルディス(ガートルード)嬢


この原作の映画化は他にもいくつかあるみたい:
12 stulyev (1971)@IMDb
The Twelve Chairs (1970)@IMDb
12 stulyev (1977)@IMDb(テレビシリーズ)

|

« O signo da cidade / 星の導き [ブラジル映画] | Main | Se Eu Fosse Você 1. 2. / 逆転夫婦!? 1. 2. [ブラジル映画] »

Comments

・ガートルードさんだったかな、タロット占いをしてあげて、「1959年1月に運命が変わってしまったようね」と言う。すると相手が呆れたように「しかしそれはみんなそうでしょうが」と言う。

(他のメモはまた後で)

Posted by: Reine | Sunday, October 04, 2009 at 14:20

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/46390265

Listed below are links to weblogs that reference Las doce sillas / 12の椅子 [キューバ映画]:

« O signo da cidade / 星の導き [ブラジル映画] | Main | Se Eu Fosse Você 1. 2. / 逆転夫婦!? 1. 2. [ブラジル映画] »