« March 2009 | Main | May 2009 »

Friday, April 17, 2009

Eu Tu Eles / 私の小さな楽園 [ブラジル映画]

eu tu elesストーリー
身重のダルレーニは老母を残し村を出た。しかし相手の男はついに教会に現れず、ダルレーニは白いヴェールを剥ぎ取り投げ捨て、独り町へ向かった。三年後、同じ教会の前にバスが停まる。男の子を抱きかかえたダルレーニが降り立った。

故郷の村に戻ったダルレーニに、初老のオジアスが唐突に求婚する。ダルレーニがプロポーズを受け入れ夫婦としての生活が始まるが、二人はこの小さな家庭にやがて現れるさまざまな男たちと奇妙な関係を築いていく。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1~2か月前から5~6回BGVとして回しているんだけど、初めはけっこうキョトンとしたな。

ところで、携帯電話を買おうとする時って悩むよね。こっちの機種にあの機能がついていればいいのに、その機種は見た目なんか一番好きなんだけどあっちの機能がついていないのだけが欠点である……ってさ。

eu tu eles結婚相手を決めるのもそんなようなもんじゃん。…違うの?

この人と結婚するのっていいかもねなどと思う候補が幾人かいたとして、しかしいずれも一長一短だから悩むわけじゃん。…違うの?

結婚相手となる候補者についてスポーツのチームの戦力分析の図みたいなもの(たとえば右図のようなもの)を想像した時に、全項目が満点の人に出会えたから結婚しました♥……なんて人、あんまりいないと思うんだけど。(まぁ、「私はそうだよ!」と本人があくまでも言うのなら、それはそれでそっとしておくけど。)


とにかく携帯も結婚相手も「帯に短したすきに長し」だろ? そういう時に、「ああもう! 全員と結婚できたら簡単なのに! 一妻多夫制でがんがん行こうぜ!」って思うじゃん。ローテーション組んで三ヶ月毎くらいに彼らの家を転々としたいもんだね、っていうか、ひとつ屋根の下でみんなで暮らせば話早いね、って。

子供だってさ、いや別にこっちとしてはどの候補者の子供だって産むにやぶさかでないんだから、彼らで順番に私のことを妊娠させてくれてかまわないんだぜ、それで彼らが各自きちんと私との幸せを築いてくれるんならね、って思うじゃない。私も合点承知で、そして彼ら同士も了解し合っているのなら三方も四方も一両得で、もうそれでいいじゃん・それがいいじゃんって思うじゃん?


本作の原題は『Eu Tu Eles』。「私 あなた あのひとたち」。「私」と「あなた」と「あのひとたち」が合意の下に均衡を保って補い合って暮らせるのなら、さぞかし楽しいだろうね。私はね。夫たちはどうか知らないが。

『私の小さな楽園』は‘楽園’という邦題がつけられているだけあって、そういう羨ましい生活ができてしまった女性の物語なのだけど、ファンタジーではなくて実話だそうだからなおさら羨ましい。

「しかし本当にこれが‘羨ましい’出来事なのかどうか、よ~く考えろ>我」と、そこからは少し気を引き締めてまた数回BGVとして回しました。回せば回すほど考えこんだ。

これは、だって、貧土からのがれられない民の、ほとんど永遠に続くかと思われる閉塞感を描いた作品でもあるじゃないですか。『Flores de Otro Mundo / 花嫁の来た村』で、「途中、地平線が見えてしまうような平地と、その中央にポツンとあって牛さんが草を食んでいる牧草地を丘から見下ろす映像が入る」が、それを私は「この閉塞感はつらい」と書いた。『私の小さな楽園』でも景色は美しく大きく広がっているのだけど、あのときとおなじ息苦しさを感じた。

‘逃げる’というほど積極的な明確な意図があったかなかったかわからないが、ダルレーニはいったんは家を出て行こうとし、しかし戻らざるをえなかった。「戻るんじゃなかった」とあとあとまで愚痴るけれども彼女にはどこにも行くあてがない。親子ほど歳の離れた初老の男に嫁ぐという選択をした時に、彼女がその地に縛られることが決定した。口減らしともみえる別れを経てもなおそんな寒村にとどまるほかない。

オジアスに目を向けてみる。
彼がダルレーニに出会うまでに送ってきた歳月は‘人生’などとは言いがたい、ただの‘時間’でしかなかったのではないか。彼はこれまでラジオを聴く以外に何をしてきたのだろう。非生産的な日数を重ねてきただけではないか。

広い野がすぐそこにあるけれども彼は耕すことができない。若い女房をもらってもその子宮を活かすことができない。ダルレーニという人は男と交わるとすぐに妊娠してしまうような豊饒の土壌の持ち主なのに。農耕の作業も生殖の行為もできずに老いてしまったオジアス。

長い長い時間をかけて硬化した性格はダルレーニを得てもすぐには変わらなかったけれども、ダンスに出かけるくらいの遊び心は取り戻すことができたようだ。彼はダルレーニを離したくない。どんなに奇異でときに屈辱的あっても、その結果ダルレーニをとどまらせることができるなら彼は決断をするわけだ。

この物語をオジアスの視点で眺めると悲愴感すら覚えるかもしれない。ダルレーニを離さないためのオジアスの執念は、やがて彼にある決断をさせる。結婚式のときに撮った一枚の家族集合写真をじっと見詰めた翌日、彼は大きな決意を胸に家を出る。ダルレーニらはオジアスを見つめる。

さっき私は三方も四方も一両得でええじゃないかと書いたけれども、彼らをとらえたラストショットは‘三方一両得’ではなくて‘三すくみ’というにふさわしい構図だった。

「私」と「あなた」と「あのひとたち」が立ちすくんでいた。


そこで流れてくるのが『Lamento Sertanejo』という曲。このタイミングで流れるこの詩は重い。

「(字幕) そこにいるために / 閉ざされた奥地の / 内陸の森の中 / サボテンや芋畑の中 / 私はほとんど何も知らない / 私はほとんど友達がいない / 私は街にいられない / 静かに生きていたい / 柔らかいベッドは好きじゃない / ベーコンのない食事は知らない / 私はほとんど話さない / 私はほとんど何も知らない / 私は道に迷った牛のようだ / 牛の群れのように 理由も知らずに」

Por ser de lá / Do sertão, lá do cerrado
Lá do interior do mato / Da caatinga do roçado.
Eu quase não saio / Eu quase não tenho amigos
Eu quase que não consigo / Ficar na cidade sem viver contrariado.

Por ser de lá / Na certa por isso mesmo
Não gosto de cama mole / Não sei comer sem torresmo.
Eu quase não falo / Eu quase não sei de nada
Sou como rês desgarrada / Nessa multidão boiada caminhando a esmo.

Eu tu eles@IMDb
私の小さな楽園@ぽすれん
直訳: 私、あなた、彼ら
英題: Me, You, Them

私の小さな楽園@goo
私の小さな楽園@象のロケット
私の小さな楽園@映画生活
私の小さな楽園@シネマトゥデイ

| | Comments (8) | TrackBack (1)

Saturday, April 11, 2009

Festival del Cinema italiano 2009 Tokyo / イタリア映画祭2009

どれか観に行く?と訊かれ、どんな作品があるのか仕事の合間にほんのちょーーーーっとだけ眺めてみるつもりがいつもの癖でついつい深追いしてしまったので、せっかくだから記事にしておこうと思う。

eyeasahi.com : 朝日新聞社 - 「イタリア映画祭2009」などを参考に。
danger IMDbの評点とかはワタシ用メモなので気にしないでください。
danger 公式サイトは音が出るかもしれないので注意を。
danger 公式サイトはあくまでも「たぶん」。あまり執拗に探してはいない。軽く探してみて出てこなかったらスルー。


italia『よせよせ、ジョニー』
[2007年/104分] 監督:ファブリツィオ・ベンティヴォッリョ
Lascia perdere, Johnny! (Fabrizio Bentivoglio)
Lascia perdere, Johnny! (2007) @IMDb  6.5/123  Biography | Comedy
・制作: Lascia perdere, Johnny!@Fandango

……略……1976年、ナポリ近郊の小さな町で、未亡人の母と二人暮らしの内気な18歳の青年ファウスティーノに、兵役が近づいていた。兵役免除の唯一の条件は、職に就いていることを証明すること。ギターを演奏していたビッグバンドも解散が決まり、別の仕事を見つける必要があった。甘くノスタルジックな調べに乗って、青年の歩みがゆったりとユーモラスに辿られる。……略……

【上映日時】 4月30日(木) 12:00 / 5月4日(月・祝) 10:20


italia『ソネタウラ-“樹の音”の物語』
[2008年/157分] 監督:サルヴァトーレ・メレウ
Sonetàula(Salvatore Mereu)
Sonetàula (2008) @IMDb  6.4/44  Drama

……略……1937年、父が誤って逮捕されたため、12歳にして父の後を継いで羊飼いとして働くことになったソネタウラ(樹の音)というあだ名の少年は、18歳の時に人生を大きく狂わせる事件を起こしてしまう。サルデーニャ山岳地帯の大自然を背景に、懸命に生き抜こうとする少年の半生が壮大に描かれる。……略……

【上映日時】 5月2日(土) 18:00 / 5月4日(月・祝) 13:05


italia『見わたすかぎり人生』
[2008年/117分] 監督:パオロ・ヴィルツィ
Tutta la vita davanti (Paolo Virzì)
Tutta la vita davanti (2008) @IMDb  7.3/368  Comedy
・制作: Tutta La Vita Davanti@Motorino Amaranto

……略……優秀な成績で大学を卒業したが、正社員の職にはなかなか就けないマルタ。ようやく見つけたのは、コールセンターでのパートタイムの仕事だが、そこには厳しい競争原理が導入されていた。テーマは非正規雇用という現代社会の深刻な問題だが、笑いで包み込まれ……略……

【上映日時】 4月30日(木) 18:00 / 5月3日(日・祝) 13:10


italia『私を撮って』
[2008年/93分] 監督:アンナ・ネグリ
Riprendimi (Anna Negri)
Riprendimi (2008) @IMDb  6.4/69  Comedy
・制作: Riprendimi@Bess Movie

……略……ドキュメンタリー作家の男二人組は、ショービジネス界における雇用の不安定さについて映画を作ることになる。被写体は、役者と映画編集者の夫婦。だが、二人は争いを起こし、撮影は予期せぬ方向へ進む。現代イタリアの若者たちが置かれている先が見えない実情を、悲観に陥ることなく、軽妙なタッチで映し出す……略……

【上映日時】 5月2日(土) 10:20 / 5月5日(火・祝) 13:15


italia『イル・ディーヴォ』
[2008年/110分] 監督:パオロ・ソレンティーノ
Il divo (Paolo Sorrentino)
Il divo (2008) @IMDb  7.6/1411  Biography | Drama | History
・公式: Il Divo - Un film di Paolo Sorrentino:
 
7期に渡って首相を務める一方で、裁判にかけられ物議を醸した戦後イタリアを代表する政治家の一人、ジュリオ・アンドレオッティ元首相を題材に、イタリア政界の裏側を描くソレンティーノ渾身の一作。圧倒的権威に翳りが見え始めた元首相の議員生活の晩年がスタイリッシュな映像で切り取られる。……略……

【上映日時】 5月2日(土) 13:00 / 5月4日(月・祝) 18:55


italia『赤い肌の大地』
[2008年/108分] 監督:マルコ・ベキス
La terra degli uomini rossi (Marco Bechis)
BirdWatchers - La terra degli uomini rossi (2008)@IMDb  7.4/126  Drama
・公式: La Terra degli Uomini Rossi - Birdwatchers | un film di Marco Bechis

……略……ブラジル南部の農園で、慰留区に閉じ込められ、貧困や自殺者の増加に苦しむ先住民は、先祖の土地に移り住むことにする。だが、そこは今や入植者の所有地。先住民と入植者の間で争いが生じるが、その一方で交流も始まる。先住民が抱える問題が作品の底流にありつつ、彼らの生き方がユーモラスかつ力強く描かれる。……略……

【上映日時】 5月3日(日・祝) 10:20 / 5月5日(火・祝) 15:35


italia『パ・ラ・ダ』
[2008年/100分] 監督:マルコ・ポンテコルヴォ
Pa-Ra-Da (Marco Pontecorvo)
Pa-ra-da (2008)@IMDb  7.7/65  Drama

心がすさんでいた子供たちが、一人の外国人との出会いによって人間性を取り戻していく実話に基づいた、ポンテコルヴォ監督の初の長編感動作。チャウチェスク政権崩壊から3年、ルーマニアのブカレストには、ストリートチルドレンがあふれていた。盗み、売春、ドラッグ、喧嘩といった問題が絶えない日々。パリから来た道化師のミルーは、サーカスを組織することによって、劣悪な環境から彼らを救い出そうとする。……略……

【上映日時】 5月1日(金) 16:00 / 5月4日(月・祝) 16:30


『プッチーニと娘』
[2008年/84分] 監督:パオロ・ベンヴェヌーティ
Puccini e la fanciulla (Paolo Benvenuti)
Puccini e la fanciulla (2008)@IMDb  7.8/17  Drama
・公式: www.lafanciulladellago.it

1909年、トスカーナ地方で、ジャコモ・プッチーニはオペラ「西部の娘」の作曲に取り組んでいた。その矢先に、彼との浮気の容疑をかけられたメイドのドーリアが自殺する……略……。会話を省き、手紙を読むモノローグと自然音だけの音響空間と、流麗なキャメラワークで風景を映す映像世界が、見事なまでに澄み切っていて心地良い。……略……

【上映日時】 5月1日(金) 10:20 / 5月3日(日・祝) 16:00


italia『やればできるさ』
[2008年/111分] 監督:ジュリオ・マンフレドニア
Si può fare (Giulio Manfredonia)
Si può fare (2008)@IMDb  8.4/77  Comedy
・公式: Si può fare - Sito ufficiale del film

法律によってイタリアで精神病院の全廃が進められていた1980年代のミラノ。労働組合員のネッロは、革新的な考えのために疎まれ、元精神病患者たちがいる施設に左遷される。精神病の知識は何もないが、元患者たちと平等に接するネッロ。労働の尊厳を固く信じている彼は、元患者たちの背中を後押しして事業を立ち上げようとする。一体となって困難を乗り越え、理想に向かっていく前向きな姿に励まされる実話を基にした喜劇。……略……

【上映日時】 5月1日(金) 13:10 / 5月5日(火・祝) 10:20


italia『運命に逆らったシチリアの少女』
[2008年/110分] 監督:マルコ・アメンタ
La siciliana ribelle (Marco Amenta)
La siciliana ribelle (2009) @IMDb  7.9/16  Drama
・公式: www.lasicilianaribelle.it

……略……シチリアの少女リタは、マフィアのメンバーだった父と兄を、内部抗争で失ってしまう。復讐に燃えるリタは、17歳の時に危険を顧みずマフィアの実情を検事に告発する。だが、その日からリタの命は狙われ始めるのだった。マフィアに立ち向かう少女の胸を打つ勇姿……略……

【上映日時】 4月30日(木) 15:00 / 5月3日(日・祝) 18:30


italia『ゴモラ』
[2008年/135分] 監督:マッテオ・ガッローネ
Gomorra (Matteo Garrone)
Gomorra (2008)@IMDb  7.2/8295  Crime | Drama
・公式: Gomorra | Official Web Site

原作者のロベルト・サヴィアーノがマフィアから命を狙われるいわくつきの衝撃作。暴力と血と金に塗れたナポリの犯罪組織「カモッラ」の実態と、マフィアの掟に従わざるをえない市民の実情が、並列的に語られる5つのストーリーとともに、仮借なくまざまざと映し出される。……略……

【上映日時】 5月5日(火・祝) 18:10


italia『ジョヴァンナのパパ(原題)』
[2008年/104分] 監督:プーピ・アヴァーティ
Il papà di Giovanna (Pupi Avati)
Il papà di Giovanna (2008) @IMDb  7.0/141  Drama | History | War
・公式: Il Papà Di Giovanna - Il nuovo film di Pupi Avati

1938年、ボローニャ。美術教師として働くミケーレの最大の関心事は、可愛くて仕方がない一人娘のジョヴァンナだった。順調に見えた生活だったが、ある出来事で一変してしまう。第二次世界大戦前後という激動の時代の波にあおられる父と母と娘の三人家族の人生……略……

【上映日時】 5月1日(金) 18:40


短編作品 『ミケランジェロのまなざし』
[2004年/15分] 監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 
Lo sguardo di Michelangelo (Michelangelo Antonioni)
Lo sguardo di Michelangelo (2004) @IMDb  6.7/136  Documentary | Short

【上映日時】 5月1日(金) 10:20 / 5月3日(日・祝) 16:00

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Wednesday, April 08, 2009

Ultra Miracle Love Story

先日鑑賞し、アリ・ババ39さんに解説していただいた『Amanece, que no es poco』は、実に奇妙な世界を描いた不思議で可笑しい作品です。


その村ではへんてこりんの現象がたくさん起きているのだけど、たとえば畑や道端から人が生えています。真ん中の長髪でひげぼうぼうの‘ヒト’は、誰にも抜いてもらえないまんま育ち過ぎてしまい、こんなに年老いてもなお路傍に生えています。右の方の若いのはもうそろそろ誰かに抜いてもらえたらいいなあと思っているところです。
ultra


ある女性の畑にも‘オトコ’がひとり生えてきてしまいました。
ultra


「これじゃ畑がダメになる」「しゃべりだす前に抜いちまった方がいいぜ」「しゃべりだすと厄介なんだよ」と周囲から言われるが、女性はその‘オトコ’がけっこう可愛い顔をしているから抜けずにいる。
ultra


やがて‘オトコ’が少しずつ育ってくると女性は、握手ってこういうことなのよとかキスってのは愛情の込め方や種類によっていろいろちがうのよなどと教えていく。
ultra


いろいろ教えていたら、せっかくけっこう伸びて育ってきていたというのになぜか‘オトコ’が再び地面にちょっと沈んでしまった。「ぴょんと何かが突っかかってしまった」らしい。
ultra


でも最終的には引っこ抜くことができました。
ultra


昨年、この作品から20周年を記念して行事が催されました。その案内はいろいろなサイトで読むことができます。
www.amanecequenoespoco.com
20 aniversario de "Amanece, que no es poco"
20 años amaneciendo, que no es poco…
Aniversario del rodaje de la película "Amanece, que no es poco" などなど

その時の20周年記念行事なんかのポスターがこのシーンだったわけです。
ultra

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


さて。前置きはこのへんで。

Abetchyが『Gran Torino』の試写会の招待券を当てた!ということで、先夜、幸運にも観に行ってきました。(さんきぅ! いやぁ、いい作品だった) 始まる前、Abetchyがいろいろなパンフレットをロビーから集めてきて、私の隣の席でぴらぴらとめくっていた。

横目で何気なく見ていたのですが、あるところで私は「ちょっと待った。今のなにそれ」ととめました。「そのチラシ、何それ。その構図は何のつもり」と、やや厳しいトーンで。


これは………


……まぁ、『Amanece ~』は日本で広く知られている作品とは到底言えないわけですから、ただの偶然だろうとは思うよ。思うけれども………純粋に偶然だったにしても相~~~当~~~に気まずいパターンでしょう、これ。
ultra

映画『ウルトラミラクルラブストーリー』公式サイト

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, April 05, 2009

Sólo con tu pareja / 最も危険な愛し方 [メキシコ映画]

soloストーリー
トマスは女たらし。女をとっかえひっかえ家に連れ込み、することはさんざんして、朝になって別れ際に女の名前を間違えているような男。相手かまわずTPOなどわきまえず喰い散らかしてきた。しかも、この男、相手の女にコンドームをつけるよう言われても「え? だってピルは飲んでるんでしょ?」と聞き返すようなろくでなし。

そんなトマスだったが体調不良が続き、友人であり隣人である医師マテオのクリニックで血液検査をしてもらうことになる。検査結果をマテオはトマスに伝えたのだが……。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


solo・そこそこ面白い。気楽に観られる。

・どちらかと言ったらシリアスな作品で冷酷非情な役柄を演じることが多いのかなと思ってきたDaniel Giménez Cachoの若い頃の作品で、こんなドタバタ喜劇に彼が出ていたのだと知って意外な気がした。しかも、何よこの端整な顔立ちは。いや、たしかに中年になってからの彼も綺麗っちゃぁ綺麗ですけどさ。

・二人の日本人(医師)が登場する。(俳優さんはおそらく日系の人; Toshiro Alberto HISAKIとCarlos NAKASONE)

・夢だか悪夢だかの中の世界がカオティックで笑える。

・全編( ̄ー ̄)ニヤリとさせられる。


させられるけれども、け・れ・ど・も、

・序盤から中盤にかけてのコント的展開がやや冗漫。
・中盤のコント的展開も冗漫。
・終盤のコント的展開も冗漫。

まぁ、つまりだいたい冗漫だ。馬鹿げてて面白いんだけども。


(つづきはコメント欄)(観てから3週間くらい経っちゃったのでとにかく書いてスッキリしたい)

Sólo con tu pareja@IMDb
直訳: 恋人とだけ

最も危険な愛し方@ぽすれん
最も危険な愛し方@映画生活

監督: Alfonso Cuarón アルフォンソ・クアロン

脚本: Alfonso Cuarón  Carlos Cuarón カルロス・クアロン

出演: (役名でけっこう言葉遊びをしている感じ)
Daniel Giménez Cacho ダニエル・ヒメネス・カチョ ... Tomás Tomás トマス
Luis de Icaza ... Mateo Mateos マテオ: 隣人、友人、医師
Astrid Hadad ... Teresa de Teresa テレサ: その妻
Dobrina Liubomirova ... Silvia Silva シルビア: マテオのクリニックの看護師

Claudia Ramírez クラウディア・ラミレス ... Clarisa Negrete クラリサ: トマスとマテオのマンションに越してきた女性
Ricardo Dalmacci ... Carlos カルロス: その同棲相手

Isabel Benet ... Gloria Gold グロリア: トマスの仕事相手; 広告代理店かな

Toshirô Hisaki ... Takeshi タケシ: 日本人
Carlos Nakasone ... Koyi コージ: 日本人

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Saturday, April 04, 2009

La flor de mi secreto / 私の秘密の花 [スペイン映画]

flor内容(「キネマ旬報社」データベースより)
鬼才、ペドロ・アルモドバル監督作品の中でも、最もスキャンダラスな魅力を内包する恋愛ドラマ。ロマンス小説で成功を収めた女流ベストセラー作家・レオ。彼女は夫の愛人問題に悩み新聞記者・アンヘルにも相談するが、結局夫は家を出て行ってしまう。

内容(「Oricon」データベースより)
ペドロ・アルモドバル監督が贈る、ロマンス小説の世界的ベストセラー作家であるが、それとは裏腹に私生活では夫の浮気で悩む女性が、自分なりの幸せを見つけるまでを描いたロマンス作品。

私の秘密の花 [DVD]より)


※私はこれを‘最もスキャンダラス’などとは露も思わなかった。アルモドバル作品、あんまり観てないからなんとも言えないけど。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


BGVとして3回、4回と回していた時は舌打ちをせんばかりで、「┐(´д`)┌なんだかなー、だな……やっぱりあたしはアルモドバルは……以下略……」と思っていたけれど、いよいよそれじゃぁちゃんと書きましょう、その前にきちんと観てみましょうと思って観直したら‘見なおした’。

アルモドバルの有名作品のタイトルじゃあないが、それこそ‘神経衰弱ぎりぎりの女たち’が織り成す人生模様で、切なさに打ち克とう、己と向き合おうともがく人々の姿から絞り出される孤独感や不安感が、こちらの胸にまでちくちくと刺さって、痛くてほろ苦いドラマだね。

それでも前を向いて生きていけよと。明日から、少しだけでもいいからしゃんとして生きてみろと。発破かけられるような作品でした。

(つづきはコメント欄で)

Flor de mi secreto, La@IMDb
直訳: 私の秘密の花

私の秘密の花@goo
私の秘密の花@映画生活
私の秘密の花@ぽすれん

| | Comments (11) | TrackBack (1)

« March 2009 | Main | May 2009 »