« 7 vírgenes / 7人のバージン [スペイン映画] | Main | flamenco en la cultura nipona »

Monday, February 09, 2009

Notas: 7 Virgenes / 『7人のバージン』メモ

映画『7 Virgenes / 7人のバージン』について、スペイン(アンダルシア)の友人とのチャットログ。コメント欄に書くには長すぎたので、一つ新記事としてメモっておくことにした。(ちょっとなんやかや仕様でここ↓隙間が空いちゃってるかもだけど、直せていない)








20:25:26 hola Reine, he estado viendo la peli 7 Vírgenes y ya he visto las imágenes rodadas en Punta Umbría 『7 Virgenes』を観てみた。プンタ・ウンブリアで撮ったシーンがあったな
20:26:11 あ、ほんと? どこ? パトリの別荘のバルコニーから見える海岸?
20:26:23 casi al principio, cuando sale la chica en una casa al borde de la playa y después coje un autobús amarillo 最初のほう、海辺の家の女の子が出てきて黄色いバスに乗るとこ
20:26:27 Esa そう、それ
20:26:36 あぁ、やっぱり。
20:27:50 ちょっと確認したいんだけど、パトリの家族は普段はセビージャ(の中心地)に住んでいて、タノとパトリはそこで知り合っていて、夏の間はパトリの家はプンタ・ウンブリアに避暑に行ってるのよね?
20:28:32 sí, creo que sí, además... eso es muy típico por aquí, gente de la ciudad que tiene una casa en la playa para veranear そう。だと思うよ。都会に住む人が避暑用の別荘を持つっていうのはこの辺じゃよくあること
20:30:25 なるふぉど。そうするとまた一つ思うことがあるんだけど、パトリはいつもはセビージャに住んでるよね。おそらく学校も地元のに行ってるよね。タノが夜中に訪れるマンションが、パトリ一家がふだん住んでいる家だよね。つまりパトリの家はタノの家とは違う社会階層に属してるんだよね。
20:30:32 exacto そう
20:30:46 あぁ、おk。ありがとう。とても参考になるわ。
20:30:52 jaja, de nada ははは、どういたしまして
20:31:40 それともう一つ興味深かったのはタノのあだ名の「Madriles」なんだけどね
20:32:51 フアン・ホセ・バジェスタはタノのワル仲間の連中のようなandalúのネイティブスピーカーじゃないから、それでタノという登場人物にはあのようなあだ名をつけたのだと思うんだけど。私の言いたいことわかる?
20:33:03 claro, es por eso わかるよ。そうあれはそのせいだよ。
20:33:13 あぁ、それでよかったんだな
20:33:13 Tano no es nativo de Andalucía タノはアンダルシアの土地の人ではない
20:33:44 そうよね。そういうことじゃないとね。で、そのせいで彼は「Madriles」と呼ばれているのよね、right?
20:34:04 of course そう
20:33:56 para ti ha debido ser difícil entender la peli, porque se habla en andaluz y el acento es difícil, no? この映画、理解するのキツかったんじゃない? アンダルシア方言だし、訛り、難しいでしょ。
20:34:56 超難しい。特にラナを聞き取るのはほとんど不可能だったわ。ラナって、一番年上っぽくて腕にタトゥー入ってた子。あなた、あれ、聞きとれんの?
20:35:12 sí, jaja 聞きとれるよ、わはは。
(……略…… 気に入ったかどうかの話など ……略……)
20:39:00 面白かったよ。アンダルシアを思い出させてくれて。
20:39:50 bueno, es que está rodada en barrios pobres de Sevilla. Los pajaritos, El Polígono San Pablo, etc まあ、セビージャの裕福じゃない地域で撮ってるしね。
20:43:22 oye, y el lenguaje de los chicos, que es tan vulgar y con tantos tacos... te habrá costado entenderlo, no? あのさ、この少年たちの言葉遣いだけどさ、これだけ俗語交じりだったら君けっこうたいへんだったでしょ?
(……略…… 長々と別の話になっちゃって ……略……)
20:49:22 で、なんか私に質問してなかった? 言葉遣いだっけ?
20:49:48 ah, pues que como se dicen tantos tacos... y el lenguaje es tan vulgar y de la calle... que te habrá costado mucho entenderlo ああそう。これだけスラングが用いられててこんなに乱暴なストリートのことばだから、君が理解するにはキツかったんじゃないかってこと。
20:50:55 たいへんだったよ。でも幸いスペイン盤DVDにはスペイン語字幕が付いてたからね。それが無かったらこんなに理解できなかったわ。
20:51:01 claro だよな
20:51:19 特にラナね。何度も言うけど。
20:51:27 jaja, sí ははは。そうだな。
20:52:09 あのさ、あなたも友達とか、まぁ誰にせよ、定冠詞+人名で呼ぶ?
20:52:49 no. eso no está bien, es un vulgarismo, no es un uso correcto del lenguaje, pues delante de nombres propios no se pone artículo 呼ばない。それはよくないから。それは誤用表現、ただしい言葉遣いではない。人名の前に定冠詞はつけない。
20:55:05 それじゃぁ、たとえばあなたたちは映画の中で登場人物が「el Rana」とか「la Patri」とか喋っていた場合すぐに、その人たちはある特定の社会階層、低い階層に属するんだなって理解あるいは想像するわけ?
20:56:05 bueno, más o menos, digamos que entendemos que tienen poca formación, poca cultura, más que clase social baja, aunque ambas cosas suelen ir de la mano うーん、だいたいね。社会階層が低いっていうよりは、高等教育を受けていないんだなとか、教養が十分じゃないんだなとか。まあそれらはだいたいセットだけどね
(……略…… カタランだったらまた事情が違うんじゃないかとか難しそうな話を長々と ……略……)
21:04:58 最初のほうのシーンでさ、お兄ちゃんがタノを実家の前で降ろしてくれるじゃん? タノは歩きだして家に入り、お兄ちゃんは車で去って、カメラはロングショットで近所の家々を映すじゃない? あのシーンを見て、最初に何を感じるの? 何を思う? あの地区の第一印象さ。
21:05:59 que es un barrio de clase social baja y trabajadora, un barrio obrero de los años 60 probablemente, y que allí reside gente con poca formación superior 低い社会階層の地区、たぶん60年代にできたような労働者階級の。それで高等教育はほとんど受けていない人々が住んでいるだろうなと。
21:06:30 わぉ、そんなに見えるんだ? そんなことも伝わってくるんだ?
21:07:10 bueno, eso depende de la experiencia personal de cada uno. probablemente... tú no puedas deducir tanto porque no has estado en barrios así, o no te has criado en uno de ellos まあ、見る人の実体験にもよるけどね。たぶん君はこういう地区に入ったことがないし、そこで育ったわけでもないからきっとここまで推測できないだろう。
21:07:15 だね。
21:07:21 pero yo... sí puedo deducir eso, por dos razones: でも僕は想像できる。理由は二つ
21:07:38 1ª Porque he vivido en uno de ellos durante 15 años, los primeros de mi vida まず、人生の最初の15年間はこういう地区で過ごしたからね。(★彼は今29歳)
21:08:04 2ª Porque soy español, andaluz, y porque conozco Sevilla y ese tipo de barrios そして僕はスペイン人で、アンダルシアっ子で、セビージャを知っているし(★彼は大学はセビージャ、院もかな)、こういう街区もわかっているから。
(上の事柄については彼がまたあとで長いメールで補足してきてくれたので、それはまた後日)

(……略…… いろいろ礼を言ってブログに載せるとことわって ……略……)

21:09:56 こんどスペインに行く時はプンタ・ウンブリアに寄るわ。そしたらいっしょに映画観て、あなた脇でずーーーっと私にこういうこと説明しててよ。

|

« 7 vírgenes / 7人のバージン [スペイン映画] | Main | flamenco en la cultura nipona »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/44005526

Listed below are links to weblogs that reference Notas: 7 Virgenes / 『7人のバージン』メモ:

« 7 vírgenes / 7人のバージン [スペイン映画] | Main | flamenco en la cultura nipona »