« April 2008 | Main | June 2008 »

Sunday, May 25, 2008

O Caminho das Nuvens / Oi ビシクレッタ [ブラジル映画]

o caminho das nuvens o caminho das nuvens o caminho das nuvens
slate公式サイトから一部抜粋:
自転車で3,200km、
ブラジルで本当にあった話を映画化!

ブラジル北部のパライーバ州にある「世界の中心広場」―――ここがこの途方も無い旅生活の出発点となる。無学で頑固なトラック運転手・ロマンは、自らを「運命の男」と信じ、失業中でありながら月1,000レアル(約400ドル)稼ぐ仕事に就くことを決意。愛する妻ローゼと、6ヶ月の赤ん坊を含む5人の子供達を連れ、リオデジャネイロを目指し、自転車で旅を始める。


movie予告編から:
「家族が食うには1000レアル要る。俺は必ずリオへ行って1000レアルの職に就く」。家族を養うために必要なもの=稼げる仕事。一家の主は悟った。都会を目指せばなんとかなる!


……自転車(ビシクレッタ)で


ブラジル縦断。7人家族の旅。
夫: 誇り高き失業者
妻: 家族を愛する強気女
長男: 異性に夢中の反抗期
次男、三男、長女………末っ子(6か月)

「家族も養えないで 俺は男じゃない」
「旅はうんざりよ」
「僕は行かない」

リオまで3200km
これは神のお導き、行けばわかるさ!

ブラジリアンポップの帝王、ロベルト・カルロスの名曲で綴る、とっても無謀な一家の真実の物語
________________________


映画の終わりのクレジットに「Este filme é dedicado a Roberto Carlos.」と出る。公式サイトにも次のようにある:

「ブラジリアンポップの帝王-ロベルト・カルロス(Roberto Carlos)。道中辛いときに、家族が口ずさみ、元気づけられる曲は全て彼の名曲。最後にテレビモニター画面でちらりと登場する彼は、本作の脚本を一読して、曲の使用を快諾。」

ロベルト・カルロスの歌詞をうまく脚本に取り込んでいて、登場人物の心情もが歌詞で表わされているようなところがあるので、歌詞をなぞりながら観ると興趣がぐんと増します。


増しますが。

んーーーー。私の場合、これくらいのテイストだともう「キッツいなー」と感じてしまうのでね。好き!とあんまり強く言えない。長男アントニオがどうにも可哀想で。

教育とか避妊とか避妊教育とかについて考えさせられちゃったりして―――唐突にソコか―――、そういうことについて映画を観て考え込まされなきゃいけないのは、私はあんまり好みじゃない。前にも言ったけど、私は映画の中では人々がうひゃうひゃわっはっはと暮らしていて欲しい。


絶望的に貧乏な子だくさんの一家が人並みの暮らしを求めて都会に辿り着くところはこないだの『フランシスコの2人の息子』といっしょなんだけども、『Oi ビシクレッタ』のロマン父さんとフランシスコさんとの違いは「明るさ」なんだろうか。

『フランシスコの二人の息子』で土砂降りの雨のなか、都会の掘っ立て小屋のような建物にようよう辿り着いた夜、濡れそぼつ妻子は暗闇に怯え、その先の生活に言い知れぬ不安を感じたようだったけれども、そこでフランシスコ父さんは裸電球をひねってみる。父さんが点けたり消したりを繰り返し、それがいつか家族全員を笑わせていた。

けれども、『Oi ビシクレッタ』の父さんは、家族を笑わせる係は母さんに丸投げしちゃっているようにすら見えたな。


『Oi ビシクレッタ』のロマン父さんは文盲だね。自分の子に教育を施すこともできていないね。無理なんだ。自転車で移動する生活では学校に通わせることはできないし、都会に定住したところで子供たちは学校に行くよりもまず日銭を稼がなければならなかった。『フランシスコ~』のフランシスコ父さんが、周囲から狂人呼ばわりされながらも独りで市と交渉して自分の村に学校を建てさせたのとは、大きく違う。

『Oi ビシクレッタ』の子供たち、読み書きはできるのだろうか。それが心配。貧困の連鎖はもう一世代途切れない。それが辛い。

でも、読み書きができたところでそれがいったい何の足しになるのか、それよりもまず生き延びることだ、食うことだという彼らの現実も、それはそれで理解しなければいけなくて、鑑賞中にそういう葛藤をしなきゃいけないから、私はこういう作品は苦手だ。


『フランシスコ~』のフランシスコ・エレナ夫婦と比べると、『Oiビシクレッタ』のロマン・ローゼ夫婦は子への愛情の示し方を知らないのだろう。長男のアントニオを抱きしめてやるのが、私にはやっぱり何テンポも遅く感じられた。

だから、アントニオの自立と成長を見届けた喜びよりも、むしろ子棄て・口減らしの現実を見てしまったようで、悲しみを感じて終わったのだ。

監督: Vicente Amorim ヴィセンテ・アモリン
脚本: David França Mendes ダヴィド・フランサ・メンデス

出演:
Wagner Moura ヴァグネル・モーラ ... Romão ロマン
Cláudia Abreu クラウジア・アブレウ... Rose ローゼ
Ravi Ramos Lacerda ラヴィ・ラモス・ラセルダ ... Antônio長男アントニオ
Felipe Newton Silva Rodrigues ... Clévis 二男クレヴィス
Manoel Sebastião Alves Filho ... Rodney 三男
Cícero Wesley A. Ferreira ... Cícero 四男(赤ちゃん)
Cícera Cristina Almino de Lima ... Suelena 長女

Laís Corrêa ... Jurema ジュレーマさん(市会議員の奥さん)
Claudio Jaborandy ... Gideão ジデアンさん
Fábio Lago ... Neguiça ジデアンさんの親友だという修理工場の男
Sidney Magal ... Panamá パナマ

O Caminho das Nuvens@IMDb
直訳: 雲の道
英題: The Middle of the World
Oi ビシクレッタ 日本公式

Oi ビシクレッタ@CinemaCafe
Oi ビシクレッタ@映画生活
Oi ビシクレッタ@goo
Oi ビシクレッタ@ウーマンエキサイト

| | Comments (14) | TrackBack (0)

Wednesday, May 21, 2008

2 Filhos de Francisco - A História de Zezé di Camargo & Luciano フランシスコの2人の息子 [ブラジル映画]

dois filhos de francisco(ブラジル映画)(ポルトガル語映画)

amazonのストーリー紹介(から一部):
pencilZezé di Camargo & Luciano(ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノ)はこれまでリリースした14枚のアルバムの総売上が2千枚を突破するブラジル音楽界きってのトップ・アーティスト。

その名はサッカー界のペレやジーコに匹敵するほど広い国土に知れ渡り、彼らの音楽はいまやブラジル人の生活と一部といっても過言ではない。セルタネージョ(※注)というジャンルに属し、情緒的で郷愁を誘うロマンティックなメロディーが、家族の絆を何よりも大切にするブラジル人の心をつかんでいる。

2005年アカデミー賞外国語映画賞ブラジル代表となった本作、見るもの全ての心にあたたかなぬくもりを与えてくれる感動作。pencil

…ということなんだけども。

いかにも貧乏人の子だくさんといったカマルゴさん一家の長男ミロズマル(1962年生まれ)が弟のエミヴァルやウェルソン(1973年生まれ)と共に音楽で成功を掴むまでの険しい道のりを描いている……というよりは、彼らを育てたお父さんフランシスコを描いていると観てよいよ。

自分のような小作人の人生を子供たちには歩ませたくないと、周囲から奇人変人呼ばわりされても貧困に喘いでも、ひたすら「夢」を託す親父さん。


親が子を思い子が親をいたわりといった話って弱くってね。序盤から「ヤッバイよな、これ……絶対泣かされる…」と警戒しつつ、やっぱりところどころハラハラと泣いていたんだが、。・゚・(ノД`)・゚・。 中盤で久々にしゃくりあげましたよ。ああいう泣き方をしたのは、正月の『Barrio』以来だな。

私、ダメなんだよね、親子心情モノ。「ダメ」って「( ・∀・)イイ!!」っていう意味ね。

ダメなんだよ、こういうの。

(※ただ、後半は単調よな。テンポが悪いというか。おはなしはとても良かったけど、映画の作りとしては良いと言えないだろうと、素人目に思ったよ)

フランシスコの二人の息子 日本公式
2 Filhos de Francisco - A História de Zezé di Camargo & Luciano@IMDb
直訳: フランシスコの二人の息子 - ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノの物語

2 Filhos de Francisco (Sony Pictures Brasil内)

フランシスコの2人の息子@象のロケット
フランシスコの2人の息子@映画生活
フランシスコの2人の息子@goo
フランシスコの2人の息子@ぽすれん
フランシスコの2人の息子@CinemaCafe
フランシスコの2人の息子@ウーマンエキサイト

監督: Breno Silveira ブレノ・シウヴェイラ
脚本: Carolina Kotscho  Patrícia Andrade パトリシア・アンドラーヂ

出演:
Ângelo Antônio アンジェロ・アントニオ ... Francisco José de Camargo フランシスコ父さん
Dira Paes ヂラ・パエス ... Helena Siqueira de Camargo エレナ母さん
Dablio Moreira ダブリオ・モレイラ ... Young Mirosmar / Zezé Di Camargo ミロズマル(幼年)
Marcos Henrique マルコス・エンヒケ ... Emival エミヴァル
Márcio Kieling マルシオ・キエリンギ ... Mirosmar / Zezé Di Camargo ミロズマル(成人)
Thiago Mendonça チアゴ・メンドンサ ... Welson / Luciano Camargo ウェルソン (成人)
Paloma Duarte パロマ・ドゥアルチ ... Zilu ジルー (奥さん)
José Dumont ジョゼ・ドゥモン ... Miranda ミランダさん

(※カタカナ表記はどうせ無理なので‘中をとった’感じで)

| | Comments (20) | TrackBack (3)

Sunday, May 18, 2008

Tan de repente / ある日、突然。 [アルゼンチン映画]

tan de repente tan de repente tan de repente

あらすじ 
マルシアはよく肥えていて、服のセンスもまるで冴えない、もっさりした女である。ブエノスアイレスで何の変哲もない毎日を送っている。マオとレニンはパンクな女の子二人組。マオは街でマルシアを見かけてあとを追い、「あたしとファックしない?」と出し抜けに言った。一目惚れしたのだと。マルシアは取り合わなかったが、マオは「説明のできない愛は行為で立証してみせるよ」と言い、レニンと二人で彼女を‘拉致’するのだった。3人はブエノスアイレスを発ってどこへ向かうのか。


まぁ面白かったよ。(・∀・)ワルカコイイ!!!といった女が二人も出てくるのでその点は満足だけど、自信を持って他人に勧める作品かっていうとそうではない。一生出会わなくても特に損はしないであろう作品だとは思う。機会があったら見ればいいんじゃないかな。


やりたいことをやりたいようにやるマオ。伏し目がちな若者フェリペの部屋にも心にもマオはずかずかと踏み込む。フェリペは戸惑い、何か言いたげな表情を浮かべるが口をつぐんでしまう。(もしかしたら彼はやや吃音があるのかとも思われた。)

言いたいこと・言わなきゃいけないことを発することができなくて、言わずに・言えずに生きて来てしまったなんてのは、なにもフェリペに限ったことじゃない。『ある日、突然。』ではそのような人々がマオの暴力的なまでの直情によって出会う。というか、出会わされた。

この奇縁を通して、それじゃぁ最終的に各人が「TOWANDA!!!」と叫ぶことができたかっていうと、別にそういう風に作っている作品じゃないので。そういう打ち上げ花火が上がる映画じゃない。でも、この後それぞれがたぶん線香花火のパチパチと散る火花を楽しむ術くらいは知ったんじゃないかと、そう思わせるエンディング。

大事なのは、マオの直情だけではこうはことが運ばなかっただろうという点かなぁ。

人生、誰かと出会ってなんぼだね、と。


Tan de repente オフィシャル(製作会社のサイト内)
Tan de repente@IMDb
直訳: あんなに急に
英題: Suddenly
ある日、突然。@goo
ある日、突然。@映画生活
ある日、突然。@ウーマンエキサイト
ある日、突然。@CinemaCafe

・人物設定などはCesar Aira (セサール・アイラ)の『La Prueba』より。

監督: Diego Lerman ディエゴ・レルマン
脚本: Diego Lerman  María Meira マリア・メイラ  Eloisa Solaas

出演:
Tatiana Saphir タティアナ・サフィル ... Marcia マルシア
Carla Crespo カルラ・クレスポ ... Mao マオ
Veronica Hassan ベロニカ・ハッサン ... Lenin レニン
Beatriz Thibaudin ... Blanca ブランカ (レニンの大伯母)
María Merlino マリア・メルリーノ ... Delia デリア (ブランカの家の下宿人)
Marcos Ferrante マルコス・フェランテ ... Felipe フェリペ (ブランカの家の下宿人)
Ana María Martínez アナ・マリア・マルティネス ... Ramona ラモナ (ブランカの友人)


movieセルバンテス文化センターで、6月上旬にアルゼンチン映画週間。

『ある日、突然。』の予定は6/7(土) 15:00~。

(※詳しいこと・正確なことはサイトなどで事前にチェックした方がよいと思います)

| | Comments (6) | TrackBack (1)

Monday, May 05, 2008

Dí que sí / スキと言って! [スペイン映画]

di que si
体調が良くなって最初の作品、そして連休中につき手抜きかげんで観たい作品、ということで今夜は2004年のスペイン映画、『スキと言って!』。

(脚本・監督: Juan Calvo フアン・カルボ)

人物紹介
Paz Vega パス・ベガ ... Estrella エストレージャ・クエバス
26歳。女優を目指して芝居の勉強を続けている。有名になりたいと強く思っている。

Santi Millán サンティ・ミリャン ... Víctor ビクトル・マルティネス
36歳。映画館の案内係。老いた母と二人暮らし。勤め先の映画館は売りに出されている。

Chus Lampreave チュス・ランプレアベ ... Madre de Víctor ビクトルの母
ビクトルの過干渉気味の老母。息子が失業しないようにと気を揉んでいる。息子の恋の成就を日々聖アントニオに祈っている。

Santiago Segura サンティアゴ・セグラ ... Oscar Vázquez オスカル・バスケス
演劇クラスでレッスン中のエストレージャを見て、「君の才能に魅了された」と言って接近してきたギョーカイ人。

Pepe Viyuela ペペ・ビジュエラ ... Salvador, el vigilante サルバドール
テレビ局勤務の警備員。『ターミネーター』フリーク。銃の早撃ち・曲撃ちには自信がある。自分もテレビ番組に出たい。

Constantino Romero コンスタンティーノ・ロメーロ ... Amador Rosales アマドール・ロサレス
ゴールデンタイムの生放送テレビ番組『恋にイエス!』の司会者。

恋にイエス!』とは:
番組で引き合わされた二組のカップルが数々のゲームで競い合う。視聴者は応援したいカップルに投票していく。より多く得票したカップルが勝つ。勝者には獲得投票数に応じた賞金と、副賞として高級リゾートホテルでの1週間のバカンスが与えられる。ただし、そのバカンスには密着取材スタッフが同行する。そして肝心の賞金が手渡されるための条件は―――「翌週の放送にて正式に結婚しなければならない」、である。


警備員サルバドールのちょっとしたミスによって、内気でデリケートなビクトルとあけっぴろげでラフなエストレーリャが『恋にイエス!』に出演することになってしまった。ビクトルとエストレーリャはペアを組まされ、数々のゲームをこなしていく……
________________________


体が疲れているので、こう、調べ事が多すぎるとか重いテーマを突きつけられるといった類の‘しんどい’作品を避けたくてこれを選んだのだが……うん………まぁ…そうね……たしかに手は抜けたがね………張り合いが無さ過ぎてかえってしんどい作品でした

ぬるいぬるい作品。大手芸能事務所がねじこんだアイドルものテレビドラマのような。

外国人の演技なんて巧いも拙いもわかるわけないんだから気にしない、と前にもどこかで書いたと思うけど、これはうまくないだろう、どう見ても。「やったね」「大成功!」みたいな文脈でハイタッチをするシーンのテンポの悪さとか。そういう一つ一つがぎこちない。ナンシー関には「ぬいぐるみ演技」の烙印を押されたでしょうよ。

演技の拙さもさることながら、この脚本は何だろうか。「伏線が回収されてないじゃん!」「投げっぱなしかよ」とツッコミたくなるドラマってのはよくあると思うんだけど、この作品はそういう次元ですらなくて、

「……あのさ……あぁた、伏線張る気、ないよね m9っ`Д´)

とツッコみたくなる。

マット運動なんかでは、開脚前転だぁ、三点倒立だぁ、V字バランスだ、なんだかんだと組み立てないといけなかっただろ。ひたすら前転を繰り返したって点数が稼げなかったでしょうが。

そういう作品。やっぱこの世は「ラブコメ禁止!」だな。


これまで私は日本に入ってきているスペイン映画を観て不機嫌になったことは何度かあるけど、今の私は別に腹を立ててはいないです。こき下ろすつもりが起きない。「凡庸」としか言い表せないから、なのかな。息抜きに観ようという動機には適っていたわけだから、それでいいんじゃないか。楽しいは楽しい作品だし。


Di que si@IMDb
・直訳: 「はい」と言って

スキと言って!@映画生活
スキと言って!@ぽすれん
スキと言って!@CinemaCafe

(;´д`)シンドイ…という気分で観てはいたけど、実は久々に「ぷぴゃっ」と声を出して笑ってしまった瞬間があった。でも、映画が可笑しかったからじゃなくて、それを演じているのがサンティアゴ・セグーラだから笑えたんだと思う。

| | Comments (17) | TrackBack (2)

Thursday, May 01, 2008

Spain, where music lives

ちょっと調子悪くて、コメントへのレスポンスも滞ってしまっている。ので、ちょっと休憩。

spain where music lives
こないだいただいたもの。

愛知万博の時かなんかの企画もの?

spain where music lives

CDとDVDとセット

spain where music lives

裏のデザイン


CDの収録曲はこちら(曲名 / アーティスト / 収録アルバム / 長さ)

1. Que tengas suertecita / Enrique Bunbury / Canciones 1996-2006 / 4:18
2. Mr. Dabada / Carlos Jean / Back To The Earth / 3:18
3. Miro la vida pasar / Fangoria / Arquitectura Efimera 4:03
4. Isla Mujeres / Various Artists - Javier Ruibal / Rumba Flamenco / 4:18
5. Ta suave / Jotamayúscula / / 3:00
6. En noches como la de hoy / La Casa Azul / / 3:15
7. Amos chacho / La Excepción / Cata Cheli / 4:31
8. Rosas / La Oreja De Van Gogh / Lo Que Te Conté Mientras Te Hacías la Dormida / 3:59
9. Todos / Macaco / Entre Raices y Antenas / 5:00
10. Jugadoras, jugadores / Various Artists - Mala Rodríguez / Hip-Hop en Tu Idioma, Vol. 1 / 5:43
11. Enjoy the ride / Marlango / / 4:23
12. Música de automóvil / Mastretta / Musica de Automovil / 2:49
13. Tan frágil/ Niza / NIZA / 4:23

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »