« Plácido [スペイン映画] | Main | Proyección de cine / 映画上映会 [スペイン映画] »

Saturday, February 16, 2008

Volver / ボルベール 帰郷 [スペイン映画]

volverライムンダはマドリードで夫と娘パウラと暮らす。パウラと姉ソーレと連れ立ってたびたび故郷ラ・マンチャを訪れる。数年前に火事で亡くなった両親の墓参りをするためである。

「お母さんは幸運だったわ」とライムンダは言う。母イレーネは最愛の夫の腕に抱かれた格好で焼け跡から発見されたからである。

ライムンダたちが故郷を訪れるのは他にも理由があった。老いて歩くのもままならないのにホーム入りを拒み独り暮らしを続けている伯母を見舞うのだ。伯母の家の正面に住む友人アグスティナが欠かさず様子を見てくれているのが心強くもあるが、ソーレやパウラの顔を見忘れるなど伯母の認知障害は進行しているようで、ライムンダは気が気でない。

帰宅すると夫は酒をあおっていた。仕事を首になったという。ライムンダは幾つも仕事を掛け持ってしゃかりきに働いて家計を支えるのであった。

ある夜台所で夫が殺されていた。私が刺し殺したと泣きじゃくる娘を抱きしめるライムンダもまた泣いていた。ちょうどそこへ今度は伯母が亡くなったという電話が入る。

葬儀に駆けつけたソーレはアグスティナや近所の人々から妙な噂を聞く。伯母の家で亡き母イレーネの姿を見た人間がいるらしいのだ。

そしてソーレ自身もたいへんなものをマドリードに連れ帰ってしまったのであった。

(スペイン映画)
Volverスペイン公式
ボルベール日本公式
Volver@IMDb
・英題: To Return

ボルベール 帰郷@映画生活
ボルベール 帰郷 @象のロケット
ボルベール 帰郷@CinemaCafe
ボルベール 帰郷@ぽすれん
ボルベール 帰郷@goo
ボルベール 帰郷@ウーマンエキサイト

監督・脚本: Pedro Almodóvar ペドロ・アルモドバル
出演:
Penélope Cruz ペネロペ・クルス ... Raimunda ライムンダ
Carmen Maura カルメン・マウラ ... Irene イレーネ(母)
Lola Dueñas ローラ・ドゥエニャス ... Sole ソーレ (姉; Soledad ソレダー)
Yohana Cobo ジョアナ・コボ ... Paula パウラ(娘)
Chus Lampreave シュス・ランプレアベ ... Tía Paula 伯母パウラ
Blanca Portillo ブランカ・ポルティージョ ... Agustina アグスティーナ
Antonio de la Torre アントニオ・デ・ラ・トーレ ... Paco パコ(夫)
Carlos Blanco カルロス・ブランコ ... Emilio エミリオ(レストラン主)
María Isabel Díaz マリア・イサベル・ディアス ... Regina レヒーナ

|

« Plácido [スペイン映画] | Main | Proyección de cine / 映画上映会 [スペイン映画] »

Comments

(語句メモなどは後日)

無難なのではないでしょうか。

だいたい誰が観ても同じような感想に着地しそうな、好きとか嫌いとかの針がブンッて振り切っちゃうわけでは無さそうな、でもそれは決して「つまらない」を意味するものではなさそうな……まぁ、だから‘無難’なんだってば。

これ、毀誉褒貶で言ったらどっち?って言われれば「誉・褒」の方だからね。私なりのポジティブな感想。

『オール・アバウト・マイ・マザー』をマイ・マザーといっしょに観てえらい目に遭った私ですが、まぁ、どうかな、『Volver』ならおかーさんと一緒にも観られるんじゃないかい?


と、先日友人に語ったのですが。
そうね、一つ注意点はというと、序盤に数十秒、ああ成人男性が自慰をしているのですねと頷かなければいけないシーンがあります。

まぁ、でも、別にあれくらはおかーさんもOKでしょう。だいじょぶでしょ、あれくらいは。

「だから、あたしは別におかーさんといっしょに映画観たりしないから」と友人は言っていた。いや、私だっておかーさんと観たのは『オール・アバウト・マイ・マザー』だけですよ。

こりごりだよ。

Posted by: Reine | Saturday, February 16, 2008 at 11:19

ボルベール <帰郷> コレクターズ・エディション

Volver [Original Soundtrack]

ボルベール (ランダムハウス講談社 ア 3-1)

・『Mujeres』(Estrella Morenteのアルバム)

いつものようにamazonの商品紹介の小窓を本文に置きたかったんだけども、それを置くと、普段は右サイドバーの最下部にある「いつでも里親募集中」のブログパーツ小窓がなぜか本文中に表示されてしまい、ブログの右サイドバーがまるごと消えてしまうという状態になってしまう。

前に『Ay Carmela』の記事を書いた時にも似たような状態に陥った。あの時はたしか、右サイドバーの「cuaderno de palabras」のRSS表示のブログパーツの位置に、『Ay Carmela』のamazon商品紹介が表示されちゃうのだった。

何がおかしいんだろうなぁ。

Posted by: Reine | Sunday, February 17, 2008 at 10:50

『Volver』では接尾辞が多く聞こえてくるので、まず接尾辞について『三省堂 クラウン西和辞典』の巻末付録で読むといいんじゃないかな。あの辞書はあの付録を読むためだけに買ったっていいと思う。


1) ・-illo, lla: suf. Tiene valor diminutivo o afectivo.
例) Arbolillo, librillo, guapillo, mentirosilla.

Aunque no todos los sustantivos formados con este sufijo tienen auténtico valor diminutivo, suelen aproximarse a él:
例) organillo con relación a órgano;
molinillo con relación a molino;
camilla con relación a cama,

A veces, toma las formas -ecillo, -ececillo, -cillo.
例) Panecillo, piececillo, amorcillo.


2) ・-azo, za:
1 Sufijo con valor aumentativo:
例) padrazo, manaza.
2 Sufijo con valor despectivo:
例) aceitazo, grasaza.

・-azo, za: [sufijo]
1. Aumentativo que forma sustantivos a partir de sustantivos y adjetivos a partir de adjetivos:
例)coche - cochazo,
例) buena - buenaza.

2. (en masculino) Significa ` golpe` o ` golpe dado con` y forma sustantivos a partir de sustanti vos:
例) porra - porrazo,
例) torta - tortazo,
例) puerta - portazo,
例) botella - botellazo,
例) hacha - hachazo.


3) -ico, ca: suf. And., Ar., Mur., Nav., Col., C. Rica, Cuba y Ven. Tiene valor diminutivo o afectivo.
例) Ratico, pequeñica, hermanico.

A veces, toma las formas -ececico, -ecico, -cico.
例) Piececico, huevecico, resplandorcico.

En Colombia, Costa Rica, Cuba y Venezuela, solo se une a radicales que terminan en -t-.
例) Gatico, patica.

Muchas veces se combina con el sufijo -ito.
例) Ahoritica, poquitico.


・「Con este airazo no hay manera de tenerla limpia.」

・「¡Pero si está hecha una mociquilla! 」
→ ・mociquilla: mujercita

・「Regularcilla, no estoy buena.」

・「Igualicos que los de mamá! ママのドーナツとおんなじね」

・「¡Que tengais cuidaico!」(かな? cuidadicoだった?)

・「quietecica, como un pajarillo.」

・「¡qué apañadica eres!」
→ ・apañado, da : 1. adj. Hábil, mañoso para hacer algo.

Posted by: Reine | Sunday, February 17, 2008 at 11:08

「¿es verdad que la Agustina viene a arreglar su propia tumba?」
→ 定冠詞の「la」を人名の前につけていることについて:

1) 『中級スペイン文法』より:
> 人名: ふつうは無冠詞である.

2) レアルアカデミアの説明:
4. Uso con antropónimos 人名.
En la lengua culta, los nombres propios de persona se emplean normalmente sin artículo:
例) Juan es un tipo simpático;
例) No he visto a María desde el mes pasado.

La anteposición del artículo, en estos casos, suele ser propia del habla popular:
例) «Un señor mayor chiquiaba mucho a la María» (Medina Cosas [Méx. 1990]).

No obstante, hay zonas del ámbito hispánico, por ejemplo en Chile, donde esta anteposición se da también en el habla culta, habitualmente en registros coloquiales y especialmente ante nombres de mujer 特に女の人の名前に:
例) «Creo que las mujeres siguen siendo estupendas periodistas. Está la Patricia Verdugo, la Patricia Politzer» (Hoy [Chile] 8-14.12.97).

 ----この下、3節は今は読まなくてもよいけど----
La anteposición del artículo al nombre propio es obligatoria cuando este se usa en plural, con finalidad generalizadora:
例) «Los Curros no tienen problemas y los Pacos sí» (Vanguardia [Esp.] 30.7.95);

o cuando, en singular, el nombre propio va seguido de complementos especificativos o lleva un calificativo antepuesto:
例) «El Pablo que yo conocía existió» (Pavlovsky Pablo [Arg. 1987]);
例) «Como decía el gran Antonio Mingote en cierta ocasión [...]: “Al cielo, lo que se dice ir al cielo, iremos los de siempre”» (Ussía Tratado III [Esp. 1995]).

Por otra parte, en todo el ámbito hispánico es habitual que los apellidos de mujeres célebres vayan precedidos de artículo:
例) «La Caballé preparó un recital “no demasiado largo”» (Abc [Esp.] 14.10.86).
--------

「定冠詞 + 女性名」で私が思い出していたのは、ビガス・ルナの『Yo soy la Juani』。

こういうブログ記事が目に留まった: YO SOY LA JUANI  CulturArte

>Interesante film que refleja a un gueto ゲットー,スラム街 en el que las drogas, los coches, el sexo y por ende それゆえ, el trato de la mujer como florero son característicos. Un microcosmos 小世界 donde a simple vista ちょっと見たところでは la mujer es una suma de piercing, tatuajes, joyas, maquillajes, poca ropa y un articulo determinado delante del nombre. Un mundo que LA JUANI desmonta.

「定冠詞 la + 女性の名」っていうのは、そういうイメージでもあるわけだね。

Posted by: Reine | Sunday, February 17, 2008 at 11:24

語句メモ
・dar a luz: 1. fr. Dicho de una mujer: parir

・apañárselas: fr. coloq. Arreglárselas, componérselas, desenvolverse bien.

・hecho una pena: loc. adj. coloq. En muy mal estado o con mala apariencia.

・hacerse a la idea de algo: fr. Aceptarlo.

・echar el ojo [tanto ojo] a alguien o algo: frs. coloqs. Mirarlo con atención, mostrando deseo de ello.

・ser una pasada: loc. ser sorprendente, excesivo, abusivo.

・porro3.(De or. inca): m. Cigarrillo liado, de marihuana, o de hachís mezclado con tabaco.

・telebasura: f. coloq. Conjunto de programas televisivos de muy baja calidad.

・tirar: 29. intr. Dicho de una persona o de una cosa: Atraer la voluntad y el afecto de alguien.
例) La patria tira siempre.
例) A Juan le tira la milicia.

・casting.(Voz ingl.): m. Selección de actores o de modelos publicitarios para una determinada actuación.

・solano: 1. m. Viento que sopla de donde nace el Sol.

・sacar de quicio a alguien: loc. verb. Exasperarle, hacerle perder el tino.

・ni gota: loc. pronom. nada.

・「Me viene bárbaro.」
→ bárbaro: 副詞 とてもよく,最高に

・hecho una sopa: loc. adj. coloq. Muy mojado.

・amortajar: tr. Poner la mortaja a un difunto.

・flipar: 2. intr. coloq. Estar o quedar entusiasmado. La gente flipaba con la música. U. t. c. prnl.

・pelado, da: 3. adj. Dicho de una persona: Pobre o sin dinero. U. t. c. s.

・atracar: . tr. coloq. Hacer comer y beber con exceso, hartar. U. t. c. prnl.

・figurar: 6. prnl. Imaginarse, fantasear, suponer algo que no se conoce.

・habladuría: 2. f. Rumor que corre entre muchos sin fundamento. U. m. en pl.

・vivir: 12. tr. Sentir o experimentar la impresión producida por algún hecho o acaecimiento.
例) Hemos vivido momentos de inquietud.
例) Todas sus alegrías y sus penas fueron vividas por nosotros.

・menos: 6. prep. excepto2. Todo menos eso.

・hurgar:
1. tr. Revolver o menear cosas en el interior de algo.
2. tr. Escarbar entre varias cosas.

・a no ser que + 接続法

・querindongo, ga: m. y f. despect. querido.

・poner los cuernos [Uso/registro]: coloquial. Ser <una persona> de una pareja infiel a la otra:
例) Dicen que le pone los cuernos siempre que puede.

・「El champú lo tengo dosificado.」
→ ・dosificar: Establecer <una persona> la cantidad de [una cosa]:
例) Dosificó sus fuerzas.
例) Tenemos que dosificar las provisiones, porque nos quedan todavía tres días en la montaña.

・mecha: 4. f. Mechón de pelo, especialmente el teñido de un tono diferente al resto del cabello. U. m. en pl.

・desembarazar: tr. Quitar el impedimento que se opone a algo, dejarlo libre y expedito. U. t. c. prnl.

・padre biológico

・tomar [coger] la palabra: 11.1 Considerar <una persona> que las palabras de otra persona constituyen una promesa, e intentar que se cumplan:
例) - `Te tomo la palabra y te espero a cenar la semana que viene.'

例) - `Yo he dicho que lo intentaré, no que vendré.'
Yo no digo nada, que luego me tomas la palabra y te enfadas si no hago lo que quieres.

・disparar: 11. prnl. Hablar u obrar con extraordinaria violencia y, por lo común, sin razón.

・darle a alguien mala espina algo: fr. coloq. Hacerle entrar en recelo o cuidado.

・pelotera: f. coloq. Riña, contienda o revuelta

・disparate: 1. m. Hecho o dicho disparatado.

・borde: (ser / estar) [Uso/registro: coloquial]. [Persona] que es antipática y malintencionada:
例) Su compañero le dio una mala contestación, se puso muy borde con ella.
例) Alicia es muy borde y no le cae bien a nadie.
例) No seas borde y vente al cine con nosotros.
例) Toda la mañana ha estado muy borde.

・niñas de los ojos: f. pl. coloq. Persona o cosa del mayor cariño o aprecio de alguien.

・chirla: vagina.

・tirar de la lengua a alguien: fr. coloq. Provocarle a que hable acerca de algo que convendría callar.

・liar: 8. prnl. Dicho de dos personas: Enredarse con fin deshonesto, amancebarse.

・no arrendar la ganancia [Uso/registro: coloquial]. Anunciar <una persona> a [otra persona] un mal resultado o una consecuencia negativa.
例) Si sales con Pepito no te arriendo la ganancia, es un pesado.

・más sordo que una tapia: loc. adj. coloq. Muy sordo.

・trastorno mental: m. Der. enajenación mental. 

・dar crédito: fr. creer.

・arramblar: 3. tr. Recoger y llevarse codiciosamente todo lo que hay en algún lugar. U. t. c. intr.
例) Arramblar CON algo.

・descastado, da: 1. adj. Ingrato, que no corresponde al afecto profesado por la familia, los amigos, etc. U. t. c. s.

・monstruosidad: 2. f. Suma fealdad o desproporción en lo físico o en lo moral.

・troncharse de risa alguien: fr. coloq. Reírse violentamente, a carcajadas, etc.

Posted by: Reine | Sunday, February 17, 2008 at 11:42

・「Paula, cuanto menos sepas, mejor. Y, sobre todo, no le estés dando a la lavadora.」
洗濯機がどうしたって?と思い検索してみたらこういうスレッドがあった
http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=294499


・mear: intr. orinar (= expeler la orina). U. t. c. tr. y c. prnl.
→ 「mear」は、どうなの、女の子ちゃんな私はあんまり堂々と使わないようにしてきたんだけども。いや別に使ったっていいけど。

→ (別の辞書)mear
1. [Uso/registro: vulgar]. Expulsar <una persona o un animal> la orina del cuerpo.


・pan con pan: 同性愛,同性の性行為
…っていうか、「レズビアン(の性行為)」を意味するんじゃないの? 

私はそう思ってきたんだけども。えーっと、なんか、そのぅ…、ほら、なんていうの、パンのさ、形状に注目した表現なのかと思ってて、その、ほら、パンとパンを、こう合わせてるようなさ……パンとソーセージではないようなさ……あ。なに? あたし、なんか想像しすぎ?……え? ちょっと待って。どんなパンの話してんの?……あ。そうね。えげつない絵図を思い描きすぎだったようだ……まぁ、あれだ、えっと、忘れてくれ。


・「Los trapos sucios tenemos que lavarlos entre nosotras.」←これはよく聞く言い回しでしょ

Posted by: Reine | Sunday, February 17, 2008 at 13:15

1) ライムンダがバスに乗って帰宅する。バスの行き先指示器は、Puente de Vallecasとなっていた。私はマドリードの地理は明るくないのだけど、これはあれかな、『Aunque tú no lo sepas 』でも舞台となっていた地区かね。(『Aunque ~』の時にその地区のかつての雰囲気についてちょっと説明しました

ライムンダのマンションの壁に「Pico de la Peña Golosa」と見える。それだと郵便番号は28038。28038はこの辺り

2) フカール川@wiki

3) アグスティナの家で観ていた映画は『ビスコンティの“ベリッシマ”』?


4) この映画でのカルメン・マウラには「ふひゃっ」と笑ってしまった。映画館で観てたらヤバかった。ちょっとした妖怪だぞ、あれ。あのシーンで「あぁ、この映画、もしかしたら好印象で終わるのかも」という+(0゚・∀・) + ワクワクが始まった。

Posted by: Reine | Sunday, February 17, 2008 at 13:22

オフィシャルサイト(スペイン)を読むと、アルモドバルの言葉として、

「“Volver” es un título que incluye varias vueltas, para mí. He vuelto, un poco más, a la comedia. “戻る(= volver)”という題名は私にとっての多くの‘戻り’を意味している。コメディに立ち帰ってみたわけだし、女性の世界を描くことにも戻り、ラ・マンチャに帰ることになったし、……略…… 母性に立ち戻り、もちろん私の母へと還った。ラ・マンチャに帰るということは即ち母の胸に戻ることなのだ」

とかなんとか書いてある。その「……略……」の部分には「カルメン・マウラと再びいっしょに仕事をすることができた」と書いてありました。

そこだよね。
カルメン・マウラとアルモドバルは1988年の『神経衰弱ぎりぎり~』以来いっしょに仕事をしていなかったからね。

それ以前は頻繁に協同していたのに:
・Ley del deseo, La (1987)(『欲望の法則』)
・Matador (1986)(『マタドール ~炎のレクイエム~』)
・¿Qué he hecho yo para merecer esto!! (1984)(『グロリアの憂鬱』)
・Entre tinieblas (1983)(『バチ当たり修道院の最期』)
Pepi, Luci, Bom y otras chicas del montón (1980)
・Folle... folle... fólleme Tim! (1978)

まぁ、そういうことも込みでね、この映画のテーマは「赦し、そして受け入れること」なのだなと思いながら観ていた私でした。(私自身はそういうのアリエナイって感じだけどね)

Posted by: Reine | Monday, February 18, 2008 at 20:00

参考:
http://elmundo.es/elmundo/2005/04/28/cultura/1114682582.html
Por motivos personales, nunca confesados del todo, director y actriz se distanciaron hasta que en 1990, Almodóvar le ofreció en la gala de los Goya un trozo del Muro de Berlín, para que la pared que se había levantado entre ellos también cayera. Aunque esta anécdota parece que, al menos personalmente, supuso su reconciliación, no volvieron a juntarse en el set de rodaje.

Posted by: Reine | Monday, February 18, 2008 at 20:23

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/40140778

Listed below are links to weblogs that reference Volver / ボルベール 帰郷 [スペイン映画]:

» 【洋画】ボルベール [ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!]
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』 B+ (演技4/演出3/脚本4/撮影2/音響3... [Read More]

Tracked on Thursday, March 06, 2008 at 15:36

» El Cielo Abierto [スペイン映画] [Reino de Reine]
ストーリー ミゲルは総合病院の精神科勤務医。妻サラが浮気をした挙句、家を出て行ってしまったため打ちのめされている。夜中にやっとサラから電話が入る。相手の男といっしょに今はトーキョーにいるらしい。ミゲル... [Read More]

Tracked on Sunday, November 16, 2008 at 21:28

» 7 vírgenes / 7人のバージン [スペイン映画] [Reino de Reine]
2006年秋のラテンビート映画祭で上映された作品 映画祭のサイトから: [E:pen]2005年サン・セバスチャン映画祭 最優秀男優賞、銀の貝殻賞受賞 ゴヤ賞最優秀助演男優賞受賞 南部の労働者が住む地区のある夏。矯正施設にいる少年タノは、兄の結婚式に参列するため48時間の外出を許可される。その48時間の間に、彼は親友と再会し、徹底的に楽しもうと、施設では禁じられているすべてをやりつくそうとする。飲酒、盗み、恋愛…、つまり昔の生活へと逆戻り。思春期ならではのエネルギーで思いっきり自由を謳歌する……... [Read More]

Tracked on Saturday, February 07, 2009 at 21:36

» Notas: 7 Virgenes / 『7人のバージン』メモ [Reino de Reine]
20:25:26 彼 hola Reine, he estado viendo la peli 7 Vírgenes y ya he visto las imágenes rodadas en Punta Umbría 『7 Virgenes』を観てみた。プンタ・ウンブリアで撮ったシーンがあったな 20:26:11 私 あ、ほんと? どこ? パトリの別荘のバルコニーから見える海岸? 20:26:23 彼 casi al principio, cuando sale la chica en una... [Read More]

Tracked on Monday, February 09, 2009 at 12:37

» La flor de mi secreto / 私の秘密の花 [スペイン映画] [Reino de Reine]
内容(「キネマ旬報社」データベースより) 鬼才、ペドロ・アルモドバル監督作品の中でも、最もスキャンダラスな魅力を内包する恋愛ドラマ。ロマンス小説で成功を収めた女流ベストセラー作家・レオ。彼女は夫の愛人問題に悩み新聞記者・アンヘルにも相談するが、結局夫は家を出て行ってしまう。 内容(「Oricon」データベースより) ペドロ・アルモドバル監督が贈る、ロマンス小説の世界的ベストセラー作家であるが、それとは裏腹に私生活では夫の浮気で悩む女性が、自分なりの幸せを見つけるまでを描いたロマンス作品。 (私の... [Read More]

Tracked on Saturday, April 04, 2009 at 14:49

» Los abrazos rotos / 抱擁のかけら [スペイン映画] [Reino de Reine]
2008年、マドリード。ハリー・ケインは盲目の脚本家である。代理人を務めるジュディとその息子ディエゴの介助もあり、仕事を精力的にこなしている。 「かつて私はマテオ・ブランコという名の映画監督だった。しかし、一通りの人生だけでは物足りないと若い頃からずっと思っていた私は‘ハリー・ケイン’という筆名を創り出し、自分が書いた脚本には必ずそう署名した。 つまり何年ものあいだマテオ・ブランコとハリー・ケインとが私という人物を共有していたわけである―――強暴とも言えるほどに突然の出来事が私を‘ハリー・ケイン... [Read More]

Tracked on Monday, January 11, 2010 at 11:48

» Spanish Movie / 最終爆笑計画 [スペイン映画] [Cabina]
なんだか、パロディー映画には『最なんたらほにゃらら計画』という邦題をつける決まりでもあるのか、類似のタイトルの作品は山ほどあるのだけど、『最終爆笑計画』は原題にも“Spanish Movie”とあるとおりスペイン映画をいくつも組み合わせたパロディー映画。最近10年ぐらいの作品ばかりなのは仕方ないでしょう、若い層に向けた作品なのだろうから。 スペイン映画を多く観てきた人にはそれなりに楽しい作品だけど、それは本歌取りに気づくのが楽しいのであって作品自体が諧謔に富んでいるかどうかはまた別の問題。 とい... [Read More]

Tracked on Sunday, January 02, 2011 at 20:39

» Spanish Movie / 最終爆笑計画 [スペイン映画] [Cabina]
なんだか、パロディー映画には『最なんたらほにゃらら計画』という邦題をつける決まりでもあるのか、類似のタイトルの作品は山ほどあるのだけど、『最終爆笑計画』は原題にも“Spanish Movie”とあるとおりスペイン映画をいくつも組み合わせたパロディー映画。最近10年ぐらいの作品ばかりなのは仕方ないでしょう、若い層に向けた作品なのだろうから。 スペイン映画を多く観てきた人にはそれなりに楽しい作品だけど、それは本歌取りに気づくのが楽しいのであって作品自体が諧謔に富んでいるかどうかはまた別の問題。 とい... [Read More]

Tracked on Sunday, January 02, 2011 at 21:07

» El Bola [スペイン映画] [Cabina]
おはなし パブロは12歳。友達からは“ボーラ”というニックネームで呼ばれている。友達といつも線路際で遊んでいる。死ぬか生きるか、ギリギリのゲームが流行りだ。 しかしパブロが遊びにいける日は限られている。お父さんの金物屋を手伝わなければいけないから。友達が家に誘いに来て玄関口で喋っていると途端にお父さんの怒鳴り声が飛んでくる。「ドアを開けっ放してダラダラ喋ってるんじゃあないと何度言ったらわかるんだ!」 パブロのクラスに転校生がやってきた。アルフレドという大柄なその子は転校早々休み時間にタバコを吸っ... [Read More]

Tracked on Saturday, February 05, 2011 at 16:01

« Plácido [スペイン映画] | Main | Proyección de cine / 映画上映会 [スペイン映画] »