« Jamón Jamón / ハモンハモン [スペイン映画] | Main | Cenizas del paraíso / ボディバッグ 死体袋 [アルゼンチン映画] »

Wednesday, February 27, 2008

Proyección de cine (2) / 映画上映会 (2) [スペイン映画]

2/16(土)のスペインクラシック映画上映会のあとヘロヘロだったので休むつもりでいたが、結局23(土)も寄ってみた。(3作中の2作のみ)


capitan veneno『毒舌隊長 カピタン・ベネノ』

ホルヘ・デ・コルドバ。硬骨漢、頑固一徹、かんしゃくもち、女嫌い、子供嫌い、トランプゲームで熱くなって仲間をいかさま呼ばわりする、連れて行かれた宴席で女を虚仮にする、上官だろうが構わず無遠慮に物を言うので疎まれる。ついたあだ名が「毒舌隊長」。

市街地での銃撃戦で負傷したところを、サントゥルセ伯爵の未亡人とその令嬢アングスティアスに救護された。そこでも尚ホルヘの毒舌はとまらない。こんな平穏で甘ったるい人たちに囲まれるのはたまらん、俺は人情とかそんなものに接するような育ち方をしてきちゃいないんだ、早く従兄のアルバロに使いを遣って俺をここから救い出してくれるよう言ってくれ、それから俺はこのガリシア出身のお女中が時々飲ませる砂糖水が鬱陶しい……と、減らず口を叩いている。

しかしサンチェス医師が絶対安静を言いつけて帰っていったため、サントゥルセ邸でしばらく休養するはめとなった。この邸で過ごすうち、ホルヘは微笑みをもって人と接するようになっていく。japanesetea


※毒舌隊長というよりはツンデレ隊長
友人が、毒舌隊長=ホルヘ・デ・コルドバ(フェルナンド・フェルナン・ゴメス)の人物像などが往年の月9にありそうな設定だと言うので、「反町が演じるわけか」と聞き返しておいた。


siera maldita『呪われた山』

フアンの暮らす村では、近くの山の小さな村の女は石女であると長らく信じられてきた。フアンの村の住民はその山村から降りてくる女を忌むべきものと捉えている。

(※この設定がワケわかんなくて最初気が散った。
だって、「長年、女が不妊」って、じゃぁ、今現在その村にいる女はどうやって出現したんだよ。どうやって、じゃぁ、その山村は世代をつないで来たの? その上の世代の女が産んだからでしょうが。産めてんじゃん。なに? なんなの?

不妊とわかって嫁ぎ先から戻された女が山の上のその呪われた村に追いやられた、だからあの村の女はみんな石女だ、という設定なら理解できるけど、そんなんじゃなかった……よね?

なんだ? 何をガタガタ言ってんだ? そのクエスチョンマークが大きすぎて物語に集中できなかった。そもそもの迷信の設定が意味不明だ。迷信だからって道理を欠くにもほどがある。なんなんだ??? 私は何か根本的な説明を聞き逃していたのか? 最初のうち一瞬スコンと寝たのが敗因なのか? どなたかあの村の迷信について合理的な説明を私にください)


まあ、じゃぁ、とにかくそういう言い伝えにまだまだ支配された村が舞台でね。

石女の村の女クルスを愛してしまったフアンという青年は、家族・友人からの猛反対もものかは、結婚を決意する。

二人の結婚式はそれでも村の人々の祝福ムードの中とりおこなわれた。互いの村の若い男女が輪になってダンスをしている。エミリオという若者もその輪に加わって楽しく過ごしていたが、次の瞬間パーティーはぶち壊された。エミリオの母親が息子に不吉な女を近づけてくれるなと激怒して割って入ったからだった。

クルスとの新婚生活が始まったが、フアンは実家から理解も援助も得られるわけがなく、木炭製造の作業員の募集に応ずる。村を離れしばらくのあいだ山で厳しい労働にあたらなければならないが、まとまった金が手に入るのである。新妻クルスは、エミリオの母ら村の女たちから受けるいじめに耐えかね、山に向かうフアンについていくことにする。

フアンが妻を伴って山に行くと知って、かねてよりクルスに言い寄っていたルカスという粗暴な男も作業員に応募する。山地での緊張感漂う暮らしが始まった。皆が神経を尖らせているのは、その山にまつわる忌まわしい伝説の『黒い少女』のせいであろうか。japanesetea

|

« Jamón Jamón / ハモンハモン [スペイン映画] | Main | Cenizas del paraíso / ボディバッグ 死体袋 [アルゼンチン映画] »

Comments

『毒舌隊長 カピタン・ベネノ』
El capitán Veneno (1951)@IMDb

監督: Luis Marquina ルイス・マルキーナ
原作: Pedro Antonio de Alarcón ぺドロ・アントニオ・デ・アラルコン  
脚本: Wenceslao Fernández Flórez ベンセスラオ・フェルナンデス・フローレス Luis Marquina

出演:
Sara Montiel サラ・モンティエル ... Angustias アングスティアス
Fernando Fernán Gómez フェルナンド・フェルナン・ゴメス ... Jorge de Córdoba ホルヘ・デ・コルドバ
Amparo Martí アンパロ・マルティ ... Doña Teresa ドニャ・テレサ
José Isbert ホセ・イスベルト ... Doctor Sánchez サンチェス医師
Julia Caba Alba フリア・カバ・アルバ ... Rosa ロサ(使用人)
Manolo Morán マノーロ・モラン ... Marqués de Tomillares マルケス・デ・トミジャーレス(従兄)

バッド・エデュケーション』で、少年二人が映画に行くくだり、いま私ちょっとそのシーンを検証はしませんが、あれはサラ・モンティエルの作品を観に行ったのではなかったっけ?

そしてマノロ・モランとイスベルト。この二人の声聞いただけで元気が出るね。(あと、ホセ・ルイス・ロペス・バスケスね)

Posted by: Reine | Wednesday, February 27, 2008 at 20:57

『呪われた山』
Sierra maldita (1955)@IMDb

監督: Antonio del Amo アントニオ・デル・アモ
脚本: Alfonso Paso アルフォンソ・パソ  José Luis Dibildos ホセ・ルイス・ディビルドス

出演:
Rubén Rojo ルベン・ロホ ... Juan フアン
Lina Rosales リナ・ロサレス ... Cruz クルス
José Guardiola ホセ・グアルディオラ ... Lucas ルカス
Manuel Zarzo マヌエル・サルソ ... Emilio エミリオ

Posted by: Reine | Wednesday, February 27, 2008 at 20:58

・¿a qué viene ~? expr. Indica que la acción que alguien ha realizado se considera inoportuna o injustificada.

・tute: 1. m. Juego de naipes en que gana quien reúne los cuatro reyes o los cuatro caballos.

・pródigo, ga.(Del lat. prodĭgus)
1. adj. Dicho de una persona: Que desperdicia y consume su hacienda en gastos inútiles, sin medida ni razón. U. t. c. s.
2. adj. Que desprecia generosamente la vida u otra cosa estimable.

・aguar: 2. tr. Turbar, interrumpir, frustrar algo halagüeño o alegre. U. t. c. prnl.
例) Aguarse la fiesta.

・contemporizar: (De con- y temporizar): intr. Acomodarse al gusto o dictamen ajeno por algún respeto o fin particular.

・solterón, na: adj. Dicho de una persona: Entrada en años y que no se ha casado. U. t. c. s.

・allá: 3. adv. l. U. en fórmulas como Allá te las compongas, allá se las haya, allá tú, allá él, allá cada cual, etc., para manifestar desdén o despreocupación respecto a los problemas ajenos.

・dar cuerda: 1. fr. Halagar la pasión que domina a alguien, o hacer que la conversación recaiga sobre el asunto de que es más propenso a hablar.

・a mis [a tus, a sus, etc.] anchas.1. locs. advs. coloqs. Cómodamente, sin sujeción, con entera libertad.

・ágape: 2. m. banquete (= comida para celebrar algún acontecimiento).

・llorón, na: 2. adj. Que llora, especialmente cuando lo hace mucho y fácilmente. U. t. c. s.

・falda: 13. f. pl. coloq. Mujer o mujeres.
例) Cuestión de faldas.
例) Aficionado a faldas.

・doblar la hoja: fr. Dejar el negocio de que se trata, para proseguirlo después. U. ordinariamente cuando se hace una digresión en el discurso.

・papelucho: m. despect. Papel o escrito despreciable.

・golpe de fuerza
・ceguera de padre
・pacífico
・dulzona
・galantería
・mimo
・campante
・calamidad
・pasante
・coqueta
・escatimar

・por encima de todo: loc. adv. A pesar de cualquier obstáculo.

・carbonear: tr. Hacer carbón de leña.

・canalla: 3. com. coloq. Persona despreciable y de malos procederes.

・abrir el baile (de una boda)
・volver en sí

Posted by: Reine | Wednesday, February 27, 2008 at 20:59

「バッド・エヂュケーション」、チェックしてみた。

映画のタイトルは "Esa Mujer" で、シスター・ソレダが修道院に戻って来る(「そんなに変わった?」"¿Tanto me ha cambiado el mundo?")というシーンが流れる。

で、「サラは美人だね」というセリフ。

あれは何だ、昔の映画なの? 劇中映画としてペドロちゃんが撮影したのかと思ってた。

Posted by: abetchy | Wednesday, February 27, 2008 at 21:56

なにやら気になってimdbをみたところ

The movie that Ignacio and Enrique go to see at the cinema is Esa mujer (1969) starring Sara Montiel who sings the songs "Quizás, Quizás, Quizás" and "Maniquí Parisien" in this movie.

とトリビアにありました。二人の初デート(?)ということだけ印象に残っていて何を見に行ったとかはまったく覚えていませんでした。

Posted by: コジマ | Wednesday, February 27, 2008 at 22:49

Abetchy、コジマさん
ありがとうございます。
サラ・モンティエルのポスターの前で足をとめていただけだったかな、それとも彼らが入って行った映画館の表の看板がサラ・モンティエルだったんだっけかな、どうだったんだっけか……というのが思い出せずにいました。

映画内映画のシーンが流れていたとか、そんな会話を交わしていたとか、それは忘れてました。ありがとうございます。

Posted by: Reine | Saturday, March 01, 2008 at 22:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/40291160

Listed below are links to weblogs that reference Proyección de cine (2) / 映画上映会 (2) [スペイン映画]:

« Jamón Jamón / ハモンハモン [スペイン映画] | Main | Cenizas del paraíso / ボディバッグ 死体袋 [アルゼンチン映画] »