« videos.abc.es | Main | Matando Cabos / カクタス・ジャック [メキシコ映画] »

Monday, December 17, 2007

Premios Goya 2008: candidatos / 第22回ゴヤ賞ノミネート

2008年ゴヤ賞(=スペインのアカデミー賞といわれている映画賞)のノミネート一覧。対象は2006年12月1日から2007年11月30日にスペインで公開された作品。

(加筆・修正する部分もあるかも)
(公式サイトは「たぶん」)
(数字はわたし用メモ)


crown 栄誉賞(Goya de Honor)
Alfredo Landa (この3月に引退を発表した俳優)


clip 作品賞(Mejor película)
premios goya 2008
・El Orfanato

2008年10月9日 観ました

premios goya 2008
・La soledad

2008年12月30日 観ました

premios goya 2008
Las 13 rosas@IMDb 6.7

Las 13 rosas公式

premios goya 2008
Siete mesas de billar francés@IMDb 7.0

Siete mesas de billar francés公式


clip 監督賞(Mejor dirección)
Emilio Martínez Lázaro 『Las 13 rosas』
Gracia Querejeta 『Siete mesas de billar francés』
Jaime Rosales 『La soledad』

premios goya 2008
Icíar Bollaín 『Mataharis』

2008年10月11日 観ました


clip 新人監督賞(Mejor dirección novel)
Juan Antonio Ballona 『El orfanato』

premios goya 2008
Tom Fernández 『La torre de Suso』

La Torre de Suso@IMDb 6.7

La Torre de Suso公式

premios goya 2008
David Ulloa, Tristán Ulloa 『Pudor』

Pudor@IMDb 6.3

Pudor公式

premios goya 2008
Félix Viscarret 『Bajo las estrellas』

Bajo las estrellas@IMDb 6.1

Bajo las estrellas公式


clip 主演女優賞(Mejor actriz)
Blanca Portillo 『Siete mesas de billar francés』
Belén Rueda 『El orfanato』
Emma Suárez 『Bajo las estrellas』
Maribel Verdú 『Siete mesas de billar francés』


clip 主演男優賞(Mejor actor)
Alberto San Juan 『Bajo las estrellas』
Tristán Ulloa 『Mataharis』

premios goya 2008
Alfredo Landa 『Luz de domingo』

Luz de domingo@IMDb 6.6

Luz de domingo公式

premios goya 2008
Álvaro de Luna 『El prado de las estrellas』

El prado de las estrellas@IMDb

El prado de las estrellas公式、まだ見つけてない

clip 助演女優賞(Mejor actriz de reparto)
Amparo Baró 『Siete mesas de billar francés』
Geraldine Chaplin 『El orfanato』
Nuria González 『Mataharis』
María Vázquez 『Mataharis』


clip 助演男優賞(Mejor actor de reparto)
Raúl Arévalo 『Siete mesas de billar francés』
José Manuel Cervino 『Las 13 rosas』
Emilio Gutiérrez Caba 『La torre de Suso』
Carlos Larrañaga 『Luz de domingo』
Julián Villagrán 『Bajo las estrellas』


clip 新人女優賞(Mejor actriz revelación)
Nadia de Santiago 『Las 13 rosas』

premios goya 2008
Gala Évora Lola, la película

Lola, la película@IMDb 5.8

Lola, la película公式 (音注意)

premios goya 2008
Bárbara Goenaga 『Oviedo Express』

Oviedo Express@IMDb 5.7

Oviedo Express公式

premios goya 2008
Manuela Velasco 『Rec』

2008年11月30日 観ました


clip 新人男優賞(Mejor actor revelación)
Óscar Abad 『El prado de las estrellas』
Gonzalo de Castro 『La torre de Suso』
Roger Príncep 『El orfanato』
José Luis Torrijo 『La soledad』


clip 脚本賞(Mejor guión original)
Sergio Gutiérrez Sánchez 『El orfanato』
Ignacio Martínez de Pisón 『Las 13 rosas』
Icíar Bollaín, Tatiana Rodríguez 『Mataharis』
Gonzalo Suárez 『Oviedo Express』
Gracia Querejeta, David Planell 『Siete mesas de billar francés』


clip 脚色賞(Mejor guión adaptado)
Tristán Ulloa 『Pudor』
Félix Viscarret 『Bajo las estrellas』

premios goya 2008
Ventura Pons 『Barcelona, un mapa』

Barcelona, un mapa@IMDb 5.1

Barcelona, un mapa公式、まだ見つけてない

premios goya 2008
Imanol Uribe 『La carta esférica』

La carta esférica@IMDb 5.6

La carta esférica公式、まだ見つけてない

premios goya 2008
Laura Santullo 『La zona』

   ⇒ 2008年11月3日 観ました


clip スペイン語外国映画賞(Mejor película extranjera de habla hispana)
premios goya2008 『La edad de la peseta』 Pavel Giroud  Cuba

La edad de la peseta@IMDb 8.2

La edad de la peseta公式

premios goya 2008
『Mariposa negra』 Francisco José Lombardi  Perú

Mariposa negra@IMDb 7.5

Mariposa negra公式、まだ見つけてない

premios goya 2008
『Padre nuestro』 Christopher Zalla   Estados Unidos

Padre nuestro@IMDb 5.8

Padre nuestro公式  

premios goya 2008
『XXY』 Lucía Puenzo  Argentina


XXY@IMDb 7.5

XXY公式


clip ドキュメンタリー賞(Mejor película documental)
premios goya 2008
『El productor』


El productor@IMDb 8.7

premios goya 2008
『Fados』

2008年9月12日 観ました

premios goya 2008
『Invisibles』

Invisibles@IMDb 6.4

premios goya 2008
『Lucio』

Lucio@IMDb


clip アニメーション賞(Mejor película de animación)
『Azur y Asmar』 Michel Ocelot
   →・Azur y Asmar@IMDb 7.5
   →Azur y Asmar公式
『Betizu eta urrezko zintzarria』 Egoitz Rodríguez
『En busca de la piedra mágica』
   →・Back to Gaya@IMDb 5.5
   →Back to Gaya公式(ドイツ語)
『Nocturna』 Adrià Garcia
   →・Nocturna@IMDb 7.0
   →Nocturna公式


とりあえずこれくらいで。その他の賞(音楽賞とか)はhttp://www.canarias7.es/articulo.cfm?Id=77203などの記事で。

|

« videos.abc.es | Main | Matando Cabos / カクタス・ジャック [メキシコ映画] »

Comments

こんばんわ。
ラテンアメリカ映画祭で印象に残った俳優や作品があって少し嬉しいです。
助演男優賞ノミネートのRaúl Arévalo
『夏の雨』『漆黒のような深い青』で存在感があって気になってました。 
ショーン・ペンに似ているというのが大きいのですが…。
スペイン語外国映画賞ノミネートの『XXY』
今まで耳にしたことのないテーマ(性同一性障害)でとても印象に残っています。 
Lucía Puenzo監督、才能があるだけでなくとても気さくな女性でした。

Posted by: アリー | Monday, December 17, 2007 at 23:15

アリーさん
そうですね、ラテンアメリカ映画祭でかかった作品が幾つかありますね。あの頃(9月半ば)、スペインから里帰りしてくる友人に持ってきてもらおうとDVDを幾つか見繕ったのですが、『La edad de la peseta』は探しても無かったわけですね。まだまだDVD発売というような時期じゃなかったのですね。

Posted by: Reine | Tuesday, December 18, 2007 at 00:24

今の時間、ココログって重いんだね。

それはさておき『El Orfanato』はバルセロナ在のベルギー人の知人がメールで薦めてくれた。「日本にも入るといいね」と彼は書いていましたが、「ひょっとすると入らないかもしれない。主演がベレン・ルエダでは知名度的ちょっと……などと判断されてしまうかもしれない」と返事しておきました。どうなるかな。

Guillermo del Toroがプロデューサーということで入って来る可能性もあるかもしれないのですかね。その辺のビジネスは私は全くわかってないんだけれども。

Posted by: Reine | Tuesday, December 18, 2007 at 00:29

えーっと、なぜこんなに早くこの記事をUPできたかというと……

準備してあったからです。「これが来そう」という作品について公式とImdbを調べて下書き万全にしてあったから。

そうやってあったけれども外れた作品もある。それをメモっときます:

14 kilómetros@IMDb 7.6

Café solo o con ellas@IMDb 4.3
Café solo o con ellas公式

Canciones de amor en Lolita's Club@IMDb 4.2
Canciones de amor en Lolita's Club公式

Caótica Ana@IMDb 5.5
Caótica Ana公式

Teresa, el cuerpo de Cristo@IMDb 3.9
Teresa, el cuerpo de Cristo公式

Y tú ¿quién eres?@IMDb
Y tú ¿quién eres?公式

Cobrador. In God We Trust@IMDb 6.3
Cobrador. In God We Trust公式

Padam...@IMDb

Posted by: Reine | Tuesday, December 18, 2007 at 00:36

わー。出てましたか。全然チェックしてませんでした。

作品賞含めEl Orfanatoが総なめしそうですね。
日本では少なくとも何らかの映画祭でも見られるんじゃないですか。アカデミー賞にもノミネートしてるし、スペインの歴代総動員数No.1ですし。ベレン・ルエダも『海を飛ぶ夢』にも出てることですしね。何とか。私は好き、とは言わないけど(基本的にホラー、サスペンスの類は…)、ハリウッドに近い、それでいてちょっとひねりのある感じがアザーズに似てる、と言われますが、まあ要するに完成度はかなり高いです。夜中にひとりで見て三回も叫びました…ので、もう見ないと思いますが。無駄に脅してる、とは思います…。
アルモドバルなどと違って、スペイン映画を好きじゃないスペイン人も見たい映画、ということでも、スペインにおいて観客を呼べる映画、商業的に成功した映画ということでも評価が高そうですね~。評価しとかないと、ということでもあるのかも。今後スペイン映画が全部そっちに行っちゃったら嫌ですが(ありえない)スペインの映画史的に、方向的にも評価すべきポイントなんだと思います。

私は7月から映画館に行き始めたので、それ以前の作品、
アニメ・ホラー系・ドキュメンタリー(グラナダではかからない)以外しか見れていませんが…。あと見れるのはLuz de domingoぐらいですか。予告編とストーリー読んで渋ってたんですが、男優の演技がそんなに評価されてるなら行っておきます。Recはまだ見れるけど行かないかな。スリラーだし。

『La torre de Suso』が意外によかったです。『Bajo las estrellas』も稚拙なところが目立ったけど、忘れられない映画、です。新人の初監督らしい感じ。でも言いたいことは伝わる。オトコ視点のノスタルジーならこの二本。

『Mataharis』『Siete mesas de billar francés』も良かったですけど、期待してたよりは…かな。2007年を代表する傑作、とまではいえない気が。でも好きなスペイン映画路線です。女性視点の映画。Icíar Bollaínはもれなく評価される監督ですよね。また取っちゃうとしたら続きすぎだし、Te doy mis ojosの方が優れてる、とは思います。

『Las 13 rosas』 はどうかなあ…。Emilio Martínez Lázaroの力量は評価されるべきなんでしょうし、今年のスペイン内戦モノ、という意味ではいいのかもしれませんけど。

ということで、以下個人的な感想と予想です。
作品賞(Mejor película)
El Orfanato◎

監督賞(Mejor dirección)
のっけから…誰に対しても監督賞ってほどじゃない気が。
Icíar Bollaín 『Mataharis』○
Emilio Martínez Lázaro 『Las 13 rosas』 ○
Gracia Querejeta 『Siete mesas de billar francés』 ○

新人監督賞(Mejor dirección novel)
今年は新人の当たり年、では。まあ新人が多いのは
当たり前なんですけど。
Juan Antonio Ballona 『El orfanato』 ◎
Tom Fernández 『La torre de Suso』個人的には◎
Félix Viscarret 『Bajo las estrellas』個人的には◎

主演女優賞(Mejor actriz)
Blanca Portillo 『Siete mesas de billar francés』 個人的には一番◎かも。
Belén Rueda 『El orfanato』 ◎たぶん取るかな。
Emma Suárez 『Bajo las estrellas』 個人的にはこっちも○
Maribel Verdú 『Siete mesas de billar francés』私にはこの映画での良さはそれほど伝わらなかったけど、他でも賞取ってるし○

主演男優賞(Mejor actor)
Alberto San Juan 『Bajo las estrellas』 ◎
Tristán Ulloa 『Mataharis』 好きだけど賞を取るほど?

助演女優賞(Mejor actriz de reparto)
Geraldine Chaplin 『El orfanato』 うう・・・ん、取るかも。でも賞を取るほど?
Nuria González 『Mataharis』 個人的には○
María Vázquez 『Mataharis』 個人的にはこの子に◎

助演男優賞(Mejor actor de reparto)
Julián Villagrán 『Bajo las estrellas』 個人的には◎◎

新人女優賞(Mejor actriz revelación)
Nadia de Santiago 『Las 13 rosas』 個人的には◎

新人男優賞(Mejor actor revelación)
Gonzalo de Castro 『La torre de Suso』 ◎◎新人とは!?びっくりです。

脚本賞(Mejor guión original)
Sergio Gutiérrez Sánchez 『El orfanato』 ◎

長くなってすみません。自分とこに書けって感じですが。。。

Posted by: unica | Tuesday, December 18, 2007 at 01:22

unicaさんこんにちは。
私は映画館で映画を観たのでは書けない書き方で ――記事一つ書き上げるのに数時間~十数時間かかる書き方で―― ブログ記事にしてきたという経緯があるので、今回ノミネートされた作品群もDVDになるのを待つでしょうね。

それと私は映画賞や映画祭などは作品名を聞きかじっておくためのツールのようにとらえている( or そのようにしかとらえていない)ところがありますね。といって、今年のゴヤ賞とか昨年のゴヤ賞とかを振り返ってみると、そこで名前のあがった作品のうちこのブログに既に書いた作品ってちょっとしかないですね。(『Azuloscurocasinegro』『Habana Blues』『Elsa & Fred』『El método』『Iluminados por el fuego』) 

結局、観る前に「たぶんこれは私は好きじゃない」と‘なんとなく’食わず嫌い的に除けてる作品が多いのでしょう。私は観る前に他人の文章は絶対に読みませんが(※注)、IMDbのPlot KeywordsとGenre辺りは薄目でサササッとチェックするのです。それによって「このDVDは買う/買わない」とふるいにかけてるようなところがあります。

(※最近友人から指摘されて気づいたが私は他人の文章に全くと言っていいほど興味が無いのですね。だから読もうとはなっから思ってないんじゃないかと――。ひでぇ)


というわけで、今回名前のあがった作品も、このブログで扱うことになるのは、そうねぇ、早くても2008年終盤かなぁ。今手元にあるDVDやビデオだけで30作品強なので、来年一年はそれらを一つずつ済ませていくのに充てます。

Posted by: Reine | Tuesday, December 18, 2007 at 09:36

(補足)
今回のゴヤ賞で特筆すべきはhttp://www.elpais.com/articulo/cultura/Portazo/cine/europeo/elpepucul/20071217elpepicul_4/Tes。「Portazo al cine europeo」という見出し。

-azoは「一撃・爆発」の増大辞。
じゃぁ、puerta + -azoっていったいなんだろうかと想像すると、扉を乱暴にピシャンッと閉めちゃう行為だろうよね。

つまり今回のゴヤ賞はヨーロッパ作品賞という枠を設けなかった、ということなのだろう。というメモ。あとで読む。

クラウン西和辞典の巻末付録には接尾辞の特集があるので買って読んでみてください。それだけで語彙が広がるから)

Posted by: Reine | Tuesday, December 18, 2007 at 10:38

MEMO
http://www.elmundo.es/elmundo/2007/12/19/cultura/1198072952.html

La Academia de Cine retira dos canciones de las candidaturas de los Goya

・Esa luz / Luis Tosar, Piti Sanz, Santiago García de Leániz (Mataharis)
・Glommy Sunday / Lucía Jiménez (La caja Kovak)

Posted by: Reine | Thursday, December 20, 2007 at 13:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/17397243

Listed below are links to weblogs that reference Premios Goya 2008: candidatos / 第22回ゴヤ賞ノミネート:

» Premios Goya 2008: palmareses / ゴヤ賞発表 [Reino de Reine]
2008年ゴヤ賞(=スペインのアカデミー賞といわれている映画賞)の発表。★が受賞作。  (ノミネートについては12月17日に書きました)(公式サイトは「たぶん」)(数字はわたし用メモ) 栄誉賞(Goy... [Read More]

Tracked on Monday, February 04, 2008 at 22:03

« videos.abc.es | Main | Matando Cabos / カクタス・ジャック [メキシコ映画] »