« Iluminados por el fuego / ステイト・オブ・ウォー [アルゼンチン映画] | Main | Juan Ramón Jiménez »

Saturday, September 01, 2007

Palabra de mujer


『Palabra de mujer』といえばスペインの歌手モニカ・ナランホの1997年のアルバム。直訳すれば「女の言葉」。

当時モニカ・ナランホはスペインの同性愛者の間でブレイクしてた。ゲイ友ミゲルと二人で‘マドリードゲイシーン探訪2泊3日’に出かけた時、たぶんWHY NOT?というBARに入ったんだが、『Desátame』がかかった途端、店中の男たちが大合唱し始めた。実は私も今でもサビは歌詞カード見ないでも歌い切れます。

というわけで、えっと、何を書きとめようと思ったかというと、もう1個ブログを作りそのタイトルを『Palabra de mujer』としましたよというMY MEMO。ただ、そこは非公開ブログです、すみません。まぁ、でも、入ろうと思えば入れる人もいるでしょう。

※(翻訳などのために)用語をためたりしています。「外貨換算会計」とか「特別損益」とかそういう。ポルトガル語もちびちびと。

※あとは私の遺言的な。「この人とかこの人なんかは私の葬式に来てくれなくてけっこうです」みたいなそういう。(←ヒデェ)

どっちも‘ことば’なので、なんかちょうどいいタイトル無いかなと考えて「Palabra de mujer」に落ち着きました。

|

« Iluminados por el fuego / ステイト・オブ・ウォー [アルゼンチン映画] | Main | Juan Ramón Jiménez »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Palabra de mujer:

« Iluminados por el fuego / ステイト・オブ・ウォー [アルゼンチン映画] | Main | Juan Ramón Jiménez »