« June 2007 | Main | August 2007 »

Saturday, July 28, 2007

La Grande y Felicísima Armada / 無敵艦隊

リンク: livedoor ニュース - 7月28日、今日はなんの日?スペイン無敵艦隊、カレー沖の海戦でイギリスに敗北

まあ、今日はこういう日らしいのですがね。私、ちょっと今は満身創痍な感じで右腕に鉛筆握るのも辛くて一昨日からは左手でヨロヨロと書いてるくらいなので、今日のところはメモだけ。って、この1ヶ月メモばっかですけど。

以前嫉妬についてちょっと書いた時にも引用したが、三省堂の『スペインハンドブック』の‘国民性’の章には、スペイン人にありがちな「嫉妬」という気性について次のように書いてある:

>この欠点は,確かに,地上最強の王,太陽の決して沈まぬ帝国の主人であったフェリーペ2世の心にも巣食っていた.無敵艦隊を指揮するのにメディナシドニヤ公爵を選んだことがその良い例である.

>フェリーペ2世は,戦いに熟練した大勢の配下の中から隊長を選びたくなかった.というのは,選ばれた者が将来の英雄になることは明らかだったからである.王にとっては軍神が,野心をもたない,とるにたらぬ知人(メディナシドニヤ公爵)に勝利を恵んでくれるほうが望ましかったのだ.この選択の結果は万人の知るところである.


メディナシドニヤ公爵というのは、ほんとにそんなにベンチがアホやから戦がでけへんベンチのような御仁だったのか、歴史家たちの見解はそれで一致しているのか、その辺は私は調べたことないのでわかりません。おいおい調べる時間があれば調べていこうと思いますが、こんなこと言っててほんとにおいおい調べたことなどほとんどない私の言うことなので。

でも、その辺のいくつかの記事↑をチャッチャと斜め読みすると、「そんなに下手でもなかったんじゃないか」などという声も見られますね。

とにかく、今はメモ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Monday, July 16, 2007

Latin Beat Film Festival 07 / ラテンビートフィルムフェスティバル2007 / 第4回スペイン・ラテンアメリカ映画祭

公式: www.hispanicbeatfilmfestival.com/index2007.html


記事1: バンデラス監督作も登場 「スペイン・ラテンアメリカ映画祭」でラテンの魅力を再発見 (シネマカフェ)

<東京>
期間:9月14日(金)~9月20日(木)
会場:新宿バルト9

<大阪>
期間:9月22日(土)~9月24日(祝・月)
会場:梅田ブルク7


記事2: 第4回スペイン・ラテンアメリカ映画祭 開催!(Cinema Topic Online)

これらの記事によれば今のところ予定されている作品は以下の通り。今月末にはちゃんともっと発表されるらしい (⇒ 追加発表あった 07.08.08):

(⇒ さらにスケジュール発表ありました 07.08.15)

(※「公式」とあるのは、「たぶんこれが公式だろう」ってことです)
(※数字はわたくし用MEMO)


azul
・『漆黒のような深い青 (仮題)』
ゴヤ賞受賞作品

2007.09.23 鑑賞しました

camino
・『イギリス人の道 (仮題)』 ⇒ 『夏の雨』に邦題変更
El camino de los ingleses(スペイン公式)
El camino de los ingleses@IMDb 5.3

15
・『15歳の誕生日』
Quinceañera(公式)
音注意 ⇒ Quinceanera 公式 こっちも
Quinceañera@IMDb 7.2

xxy xxy02
・『XXY』
XXY(公式)
XXY@IMDb 6.8

manda
・『撃て!』(仮題)
Manda Bala(公式)
Manda Bala (Send a Bullet)@IMDb 7.9

2010年8月15日 観ました


あとは、追い追い
↓↓↓
07.08.08 プレスリリースがついに出たので加筆


edad
・『目覚めのとき』
La edad de la peseta @IMDb 8.6
La edad de la peseta 公式

machuca
・『マチュカ』 

2007.09.16 観ました(映画祭で観たのではなく、DVDで)

violin
・『バイオリン』
El violin @IMDb 8.3
El Violin 公式

fauno
・『パンズ・ラビリンス』

2008年11月9日 観ました

lbff07
・『サルバドールの朝』
Salvador (Puig Antich) @IMDb 7.4
Salvador (Puig Antich) 2006 una película de Manuel Huerga 公式
サルバドールの朝 日本公式
これもこないだのゴヤ賞で名前が挙がった

・『夜のバッファロー』
El bufalo de la noche @IMDb 7.3
El bufalo de la noche 公式

lbff07
・『ローラ/フラメンコ界の伝説』 
Lola, la película @IMDb 5.5
音注意 ⇒ Lola, la película 公式
 

lbff07
・『レイルロード・オールスターズ(原題)』

2007.09.19 観ました(DVDで)

lbff07
・『闇に向かって』 
Hacia la oscuridad @IMDb 8.6

lbff07
・『チャベス』
J.C. Chávez @IMDb 4.5
J.C. Chávez 公式

以下、短編
↓↓↓↓

lbff07
・『トラウマ』
Traumalogía @IMDb
監督のブログ
(『漆黒のような深い青 (仮題)』もこの監督の作品ね)

・『見えざる者たち』
原題: Los invisibles 
(『XXY』の監督の)

lbff07
・『ビンタと最高のアイデア』 
丸ごとUPされちゃっているのね……

2007年8月11日観ました

lbff07
・『塩のキス』 
Salt Kiss @IMDb 6.8


そんなところかな。それぞれの作品のあらすじ紹介文は、主催者サイトのプレスリリースでどうぞ。それを読んでいるだけでもワクワクします。

※07.08.15にはスケジュールも発表になりましたのでどうぞ。

なんだかとても良さそうだ。いや、ほんとに良さそうな作品多いですね。IMDbの評点が高めの作品が多いよね。(けど、まだ投票数も少ないわけだし、IMDbに点数をつけたがるような人々はおそらくこのテの作品 ――非ハリウッド作品―― には高ポイントを与えがちになる人々なんだろうと私は考えているので、そうだなぁ、評点から1割引けとは言わないけど、7%くらいは引いて受け止めておこうかなと思う)

まあ、これだけ手間隙かけてまとめといてアレなんだけど、私自身はたぶん観に行かないんだよね。私のブログの書き方だと映画館で観たんではどうしても拾いきれないので。だからこのブログで取り上げることがあったとしても、早くて来年ですかね。すっかりDVD鑑賞派になっちゃったので。

| | Comments (6) | TrackBack (6)

Friday, July 13, 2007

Google Translate

遅ればせながら、そっか、グーグルにはこんなサービスもできていたのかと知った。

Google Translate

どれくらい頑張って訳してくれるのだろうか。

【検証1】 ちょうど開いていた『Diccionario Salamanca: Spanish/Spanish (DICTIONARY)』でテキトーに目に入ってきた例文で、スペイン語⇒英語の翻訳をしてみた。

例1) スペイン語: ¿Cómo te has pensado que yo iba a gastarme tanto dinero en este libro?

英語: How you have thought that I was going to spend as much money in this book?

なかなかいいんじゃないのかね。これくらいの英訳だったら西文の意味はわかるよね。

注意:
スペイン語特有文字はちゃんと入力した方がよいみたい。「cómo」を「como」で入力してみると当然のことながら、正確な訳は出てこない。

スペイン語: Como te has pensado que yo iba a gastarme tanto dinero en este libro?

Since you have thought that I was going to spend as much money in this book?
 
※ただし、頭の「¿」はあってもなくても同じだった。「¿Cómo ~」でも「Cómo ~」でも出てくる英訳は同じだった。


【検証2】 『Diccionario Akal del Espanol Coloquial』(フルセンテンスの例文が載っている口語成句辞典)から一文。

例2) スペイン語: Luisa iba hecha un adefesio con ese vestido tan horrible.

英語: Luisa went made a clown outfit with that so horrible dress. (どうでしょうか…)


もうちょっと長い文を
例3) スペイン語: En vista de que no conseguían ponerse de acuerdo, Manuel tiró por el camino más corto y tomó él el mando.

英語: In view of which they were not able to put itself in agreement, Manuel threw by the shortest way and the control took he. (やや苦しいか)


スペイン語特有文字を使わないとマズい
スペイン語: En vista de que no conseguian ponerse de acuerdo, Manuel tiro por el camino mas corto y tomo el el mando.

英語: In view of which they do not conseguian to put itself in agreement, Manuel shot by the short way but and volume the control.


【検証3】 『Diccionario De Argot Espanol / Dictionary of Spanish Argot』(俗語・隠語辞典)にでも載っていそうな文ではどうか。

例4) スペイン語: No tengo ni puta idea de lo que quiere decir.

英語: I do not have nor puta idea of which it means. (ああ、困ってるっぽいね)


例5) スペイン語: Puedes hacer lo que te salga del culo.

英語: You can do what it leaves to you the ass. (やっぱり難しいよね)


【検証4】 アルゼンチンのスラングとかだとどうなるか。
例6) スペイン語: Juntos cirujeabamos en el basural.

英語: Together cirujeabamos in the rubbish dump. (まあ、かなり無理っぽいだろうね)


もっと別の文が思い浮かんだらやってみたいけど、取り急ぎこれくらいで。


ちょっと加筆
5~6年前に多言語翻訳サイトURLをいくつかメモしたことがあるので、そういうサイトでも確かめてみたけど、まぁ、結局どこも同じような結果だねえ。上記の例1)から例6)までを訳してもらいましょう。

http://www.freetranslation.com
・¿How have you thought that I was going to spend me so much money in this book?
・Luisa went fact a ridiculous one with that so horrible dress.
・In light of the fact that they did not manage to come to an agreement, Manuel threw along the way more short and he took he the command.
・I do not have neither prostitute idea of what means.
・You can do what the bum leave you.
・Together cirujeabamos in the dump.

elmundo.reverso.net/textonly/default.asp
・How have you you thought that I was going to become exhausted so much money in this book?
・Luisa was done a nonsense by this so horrible garment.
・In view of that they were not managing to put in agreement, Manuel threw for the most short way and he(it) took the control.
・I have not even prostitute it(he,she) designs of what it(he,she) wants to say.
・You can do what goes out for you of the anus.
・Both cirujeabamos in the landfill.

translation2.paralink.com/
・How have you thought yourself that I was going to spend so much money in this book?
・Luisa was done an eyesore with this so horrible garment.
・Considering that they were not managing to agree, Manuel pulled for the shortest way and he took the control.
・I have not even prostitute it designs of what he wants to say.
・You can do what goes out for you of the bottom.
・Both cirujeabamos in the garbage dump.

一長一短という感じですが、最後のはなんとなく独自にがんばってる気配が漂っているな。


ちなみにその他にも多言語翻訳サイトはありますが、以下のサイトでは六つの例文においてGoogle Translateとまったく同じ結果。一つのところのをみんなで共有してるのでしょうか?

oesi.cervantes.es/traduccionAutomatica.html
www.systranbox.com/
world.altavista.com/
dictionary.reference.com/translate/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, July 07, 2007

50 veces

更新しない・できない宣言したそばからアレですが)(取り急ぎ粗い文ですが、一応更新)


某所で見かけたやりとり

944 名無しさん@3周年 2007/07/07(土) 02:44:53
http://jp.youtube.com/watch?v=S8pXnzhJViE

スペインの番組なんですが何がおもしろくて笑ってるんでしょうか?

945 名無しさん@3周年 sage 2007/07/07(土) 03:03:26
>944
jose se masturba 50 veces al dia
どうしようもなくくだらない話だ
_____________________________


この945の人↑の、なんというか、ため息でも聞こえてきそうなアッサリとした答え方が可笑しくてどうやら私のツボに入っちゃったので、動画を見てみた。

http://www.youtube.com/watch?v=S8pXnzhJViE
>Lorena Berdu con el pajillero del año


司会者はLorena Berdún ロレーナ・ベルドゥンといって、稼業は「女優<テレビ司会者<sexóloga」といったところだろうか。最後の「sexóloga 性科学者」ですけど、日本ではあまり聞かないこの肩書き、スペインだとけっこう目にするよね? 「セックスカウンセラー」って感じかね。新聞や電話帳にも広告を出してたり、テレビにもこうやって番組を持ってたりなどするし、街角にも看板が出てたりしなかったっけ?


ラフにメモるとこんな会話:

相談者ホセ: ... ehh ... bueno ..., me masturbo muchísimo. 50 veces son pocas ... al día. ものすごくオナニーするんです。50回なんて少ない方なんっすよ……一日にね。

ロレーナ: ¿50 veces al día? Y ¿no tienes el pene un poco pelado? O sea ... entiéndeme, perdóname que te lo diga así. Pero es que 50 veces dándote un masaje, MA・SA・JE en el pene, 一日に50回ですって!? それじゃぁ、あなた、擦り剥けちゃってませんか? (…観客のおばちゃん爆笑…) いや、こんな言い方してホントに申し訳ないんですけど。だって、そんな、50回もよ、50回もマッサージをですね、マッ・サ・ー・ジ・を

ホセ: 5分ごとなんすよ(※ここ、何て言ってるかな? 「五分ごとに勃つ」と言ってる?)

ロレーナ: A ver, entiéndeme que no, o sea que es que no... Físicamente tu pene no puede aguantar 50 masajes m- ... eh ... diarios. Que si tu cojes y estás raca-raca-raca-raca ...., me extraña mucho que el pene no se te haya caído a trozos. 物理的に無理だと思うわけですよ。あなたの局部も耐えられないと思うんです。50回もマッサージをですね、毎月……いや、毎日するというのは。こう、こんな風に掴んで、シュッシュッシュッシュッなんてやってたら、どうして粉々に砕け散ってしまわないのかが私には理解できないんです。
____________________


で、例えば、http://meneame.net/story/50-masturbaciones-diariasという掲示板では

・この人は何よりもまず「話し方」を訓練したほうがいい

・一日に12回の俺はまだまだ正常ですね

・‘50回’って、手の上下運動の回数のことを言ってるんじゃないの? シュッで1回、シュッでもう1回、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !! で50回って

・8歳からやったとして今24歳で、一日平均を40回として計算すると……

・腕の筋肉ものすごいことになってそうだよな。ポパイみたいなんだろ

・1日24時間から睡眠に8時間、食事やもろもろに2時間を引く。残りの14時間はイコール840分で、50回もやるとなると、一回あたり16分で…

・CSIみたいに紫外線でもつけてこの人ん家に入ってみると、なんか、クラブみたいなんだろな

(※こんな仕組みだとはワタクシ知りませんでした)

・起床→7回済ます→学校行く→10時前くらいには金髪の女生徒に欲情するのでトイレで→そんなこんなで5回(小計12回)→美術教師とすれちがって欲情するのでまたトイレで5回→お昼ごはんに帰宅して→ (……ちょっとワタクシ今忙しくて全部読んでいられないので中略……) →で、50回。イエッサー、スペイン万歳!

・煙とか出てこないのかね

・まさにヒーローだな。俺もこんな大人になるよ!

・精神科医の適切な助言を必要としている人を笑いの対象とするのはいかがなものか

・ジョイスティックか

・「オナニーは二つの弊害をもたらす。一つは記憶障害、もう一つは………忘れた」

・マジレスすると、厄介な疾病だよな、これって

・みんなわかってないなー。これ、電話してきたの、チャック・ノリスだったんだぜ

_________________________________

などなど。どこの国もワカモノはこんな感じなんだな。まったくしょうがないな。


んーー。私の周りだと、どうだったかなあ。男友達二人が(※日本人; それぞれが28歳くらいの頃)、「俺、毎日やらないと体調悪くなるんっすよ」と言ってて「……へ、へぇ……」とヒき気味だった私ですが、それでも彼らは「一日1回は」だったからな、せいぜい。

私、今週末はものすごく仕事しないといけないんです。中途半端ですけど、これくらいでやめます。すみません。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

Tuesday, July 03, 2007

doblaje

山崎バニラさんのVANILLA'S DIARY: 吹き替え版の歴史というブログ記事をお見かけしたので、取り急ぎちょっとメモだけ。


スペインで映画館でもなんでも外国映画はほっとんど全部が吹き替えなのは、フランコ時代の名残り。と、スペイン人の友人から大昔(97年頃)聞いた。

どこかに記述ないかとザッと探した。

Wikipediaのdoblaje(=吹き替え)の説明
母語の保護・尊重のためと、検閲のし易さによるもの、とかなんとか書いてある。

2007.07.04 ちょっとだけ追記
>スペイン語圏の国の中で最も吹き替えが普及しているのはスペインである。それは1941年、フランコ政権下で公布された規則にまで遡ることができる。そのまた原形はというと、ムッソリーニの国語保護政策であった(←そうなのですか、知らなかった)。イタリア・ドイツ・スペインで採られたこの規則の政治目的には二つあった: 一つは国語というアイデンティティを通してナショナリズムを形成すること。二つには、国益にそぐわない外国思想を検閲し統制を図ることであった。(とかなんとか。駆け足なのでなんちゃって和訳。すみません)(加筆終わり)


スペインの学校の「ジャーナリズム」の授業で先生がなんか言ってた。えっと、たぶん先生が言ってたのはですね:

フランコ時代にはそうやってハリウッド映画なんかガンガン検閲しーの、吹き替えしーのだったから、ホントは恋人同士の男女という設定なのに、「兄と妹の家族愛」っていう‘教育的’な設定に勝手に変えちゃったりもしてたんだとかで、そうすると「おぉ、妹よ!」「ああ、お兄様」なんつってヒシと抱き合ったりしているというヘンテコリンなストーリーに成り果てたりしていましたよ、

……みたいなことだと私は聞き取ったんだけど、残念ながら当時はスペイン語の勉強を始めたばっかりで、まるで聞き取ってなかったような感じなので、自信ないです。


・レオン大学のCamino Gutiérrez Lanza氏のPDFファイル: ESTUDIO DE LA TRADUCCIÓN INGLÉS-ESPAÑOL Y CENSURA DE TEXTOS CINEMATOGRÁFICOS EN LA ESPAÑA DE FRANCO (1951-75) (=英西翻訳とフランコ時代のスペインにおける映画テキストの検閲についての研究)

関連のありそうな書籍

2007.07.07追記
後者については、スペイン書房の販売ページに詳細が掲載されており、「La absurda censura, la ideologia del imperio 馬鹿げた検閲、権力者のイデオロギー」とある。この本、面白そうだよね。(加筆終り)

(今はメモだけ)(おいおい書き足せれば書き足したいところです)


ついでに
ポルトガルは吹き替えではなくてテレビ放送なんかでも字幕が多かったという印象がある。

(※と言っても、私がポルトガルでそういうのを体験したのは90年代のことですけどね)(90年代のポルトガル旅行中に、テレビで見た日本のアニメが字幕だったので記憶に残っている)(2005年のポルトガル旅行のときにはテレビも映画も観ていないので、比較検証はできず)

取り急ぎちょっとだけ探してみたんだけど、Wikiのポルトガル語の「吹き替え」の説明中、「ポルトガルでは…」の項を読んでみる:

>Em comparação com o Brasil, e em contraste completo com a Espanha, em Portugal há pouca dublagem. (ブラジルと比べて、あるいはスペインとは全く対照的なことに、ポルトガルでは吹き替えはほとんど無い)

とかなんとか書いてある。やっぱりそうだったんだ。なんでだろうね。ってのは、まだ調べてない。おいおい調べていければ。

| | Comments (19) | TrackBack (3)

« June 2007 | Main | August 2007 »