« Gramatica Comunicativa del espanol (1) | Main | Curso de Espanol Comecial »

Tuesday, June 05, 2007

Gramática Comunicativa del español (2)

大昔、私がスペイン語学習に用いた書籍一覧
友人からもらったスペイン語学習書一覧

せめて目次だけでも中身を紹介していこうシリーズ。今日はこちら
↓↓↓

・Gramática Comunicativa del español - De la lengua a la idea -
Francisco Matte Bon
Edelsa Grupo Didascalia
・8477111057 (9788477111054)
・初版1992年
・95年に改訂版
・私のは98年

・分厚さとか、パラパラめくって見たときの説明文の多さとか圧迫感みたいなものは第一巻とおんなじ。日本人の好きそうなレイアウトではないと思う。


これは、第一巻とはどう違うのかと思って目次を見てなんとなくわかった。第一巻は文法の解説だったし、もちろんこの第二巻もそういう解説はあるけど、これはどーちーらーかーと言うと『表現ハンドブック(⇒参照)』のような意図かも。こういう場合にこういう言い方があります、このちょっとした副詞の使い方はこうこうこうです、みたいなのを多数取り上げている感じ。

例) 「某氏」の言い方: fulano, mengano y zutano
例) 「一般化」: la gente, todo el mundo, todos
例) 「前出の」: dicho,cha
例) 「前記の者」「下名」: susodicho, el abajo firmante などなど。


【目次から一部抜粋】
1章 P1 人・数量
1.2 Fulano, Mengano y Zutano
1.4 la gente, todo el mundo, todos
1.6 dicho/a/os/as
1.7 el abajo firmante y el susodicho
1.8 lo de / lo que
1.9 alguien, algo, nadie, nada
1.10 alguno, ninguno
1.11 los/las + número, ambos
1.12 sendos/as
1.13 cada/cada uno
1.14 todo + sustantivo
1.15 cierto/a
1.16 cualquiera
1.17 mayoría, la mayor parte
1.18 solo/a/os/as
1.19 único/a/os/as
1.21 otro/a/os/as
1.22 los/las demás
1.23 mismo

2.2 mucho/a/os/as, tanto/a/os/as, muy/mucho, tan/tanto, cantidad de, la mar de
2.3 bastante

2章 P31 数
2.4 接尾辞 -avo
2.5 centenario y milenario

3章 P41 非人称の表現
1. uno/una
2. tú
3. la gente / todo el mundo / 3ª persona de plural
4. se
5. algunos / hay quien

4章 P47 実体・存在
1. haber
2. estar
3. haber / estar
4. ser / estar
5. (注: 「verbos de cambio (変化の動詞)」について)
ponerse
volverse,
llegar a ser,
hacerse,
quedar(se), acabar y terminar,
transformarse en y convertirse en
poner, volver, hacer convertir y transformar

5章 P57 所有
1. tener
1.2 haber
1.3 tener que + 不定詞

6章 P63 必要性
1. hay que
3. bastar
5.1 necesitar
7.1 deber
7.2 tener que

7章 P71 強調
1.1 nada
1.2 sumamente, súper, cantidad de
1.3 extraordinariamente, especialmente, excepcionalmente, realmente, verdaderamente, la mar de muy, tan
1.4 bastante
1.5 más bien
1.6 casi
1.7 ligeramente, algo, un tanto, un poco, demasiado, harto
1.8 tan/tanto - muy/mucho
2.5 接尾辞 -ísimo / muy
5. mucho

8章 P89 比較
1.5 parecer / parecerse
1.5 a cual más/menos

11章 P121 時
1.2 día/mes/semana
1.2 desde ya
1.2 cuanto antes
1.2 a más tardar
2. en mi vida
3. volver a + 不定詞
20. dentro de + 時

12章 P159 現在のことを話す
13章 P163 過去のことを話す
14章 P171 ある時よりも前のことについて話す

15章 P179 空間
2.1 encima de / sobre
2.1 en / a
2.1 ante/delante - bajo/debajo
2.1 junto a/cerca de/al lado de
2.1 hacia/por
4. ir / venir
llevar / traer
andar / caminar

17章 P201 条件
1.1 si
1.6 de + 不定詞
1.7 現在分詞 / 命令形
1.8 cuando

18章 P211 譲歩・反意
1. aunque
2. a pesar de
3. y eso que
4. si bien (es cierto que) / aun + 現在分詞
5. con + 不定詞
6. por más / muy / mucho que

19章 P219 理由・結果・目的
1.1 por qué / cómo es que
3. debido / por cuanto
8. en vista de

20章 P233 知識・概念
1. saber / conocer
2. aprender
3. entender / comprender
4. enterarse
5. acordarse / recordar
6. ocurrirse

21章 P239 たずねる・こたえる
2.1 sí / no
2.1 digamos que
2.2 cuánto
2.2 qué/cuál - quién/cuál
9. acaso

22章 P257 仮定
2.1 igual
2.2 capaz que
2.3 puede incluso que
3.1 seguramente / seguro que
3.2 probablemente
3.4 deber / tener que

25章 P313
1. pedir / preguntar
3. querer
5. aconsejar, sugerir, recomendar

幾つか抜き出すとこんな感じでした。ちょっと読むのがめんどくさくなるような萎えてしまいそうな書き方だけど、落ち着いて読めばたぶんそんなに難しい書き方はしていないと思う。

|

« Gramatica Comunicativa del espanol (1) | Main | Curso de Espanol Comecial »

Comments

Entre las piernas (直訳: 脚の間)』や『Abre los ojos (直訳: 両目を開けよ)』で、「体の部位を示すのに英語のyourとかmyみたいな所有形容詞をスペイン語ではあんまり(めったに?)使わない」と書いたけどソースがどっかにないもんかと探してた。(ほんと言うと、めんどうだから探してなかったんだけど)

この本にあったよ。P57のPOSESIVOSの単元

penEn función de complemento, son raros los usos de los posesivos para referirse a cosas que se presuponen para cualquier ser humano, y especialmente para referirse a las partes del cuerpo, la ropa, etc. En estos casos, se usa el artículo en construcciones reflexivas o con un pronombre indirecto:

例) 英語
I have broken my leg.
例) スペイン語
Me he roto la/una pierna.

例) フランス語
J'ai tâché ma chemise.
例) スペイン語
Me he manchado la camisa.

例) ¿Qué tal estás?
――― Fatal. Un perro me ha mordido el pie y estoy que no puedo ni caminar. end

Posted by: Reine | Saturday, January 31, 2009 at 10:57

「ほとんどない」ってことは、少しはあるわけで。じゃぁ、少しある例ってどういうの?といえば

「¿Cuánto mide tu mano? 君の手は何センチ?」

みたいに、部位そのものをとりざたするような場合で、そういうのはだいたい主語に来ているものだよ、ってさ。この場合なら「tu mano」のように。(P60より)

(P60より、つづき)
そのように「所属している物」や「部位」について語るのであっても、やっぱり「tener + そのモノ(またはその部位) + 形容」という形を取ろうとするものだ、と。

例) 「見てみて! こんな綺麗な御本をいただいたのよ。この本に載っている写真はとても美しいわ」と言いたいときは、「¡Mira qué libro más bonito me acaban de regalar! Tiene unas fotos preciosas.」と言うのであって、「¡Mira qué libro más bonito me acaban de regalar! Sus fotos son preciosas.」とはあんまり言わず、

例) 「彼女は髪はベリーショートで色黒だ」と言いたい時は、「Tiene el pelo muy corto y es morena.」と言うのであって、「Su pelo es muy corto y es morena.」とはあんまり言わないもんだ、と。


この本(青表紙)と一巻(緑表紙)はよく読めばとても面白いな。たいへんそうでよく読んだことがないのだけど。

Posted by: Reine | Saturday, January 31, 2009 at 11:18

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/14368342

Listed below are links to weblogs that reference Gramática Comunicativa del español (2):

» Barrio [Reino de Reine]
2004年11月にスペイン人の友人たちに最近数年間のスペイン映画のおすすめタイトルを教えてくれと頼んだところたくさんの返事をもらえた。(⇒ películas españolas 'recién' e [Read More]

Tracked on Saturday, January 05, 2008 at 19:30

» Tamaño natural [スペイン映画] [Reino de Reine]
先月亡くなったラファエル・アスコナが脚本、監督はベルランガという名コンビの作品。オリジナルはフランス語なのかな? 原題は『Grandeur nature』、スペイン語のタイトル『Tamaño Natu [Read More]

Tracked on Saturday, April 05, 2008 at 09:47

» El Lobo [スペイン映画] [Reino de Reine]
[E:danger]今回はストーリーの細部にふれるつもりなので注意してください[E:danger] 本作は1973年から1975年11月20日までを描いている。 [E:book]『スペインハンドブック』、第二章 歴史、§3 フランコ時代、 (4) フランコ体制の終焉、より: (……略……オイルショックのあおりで経済不安、それで政治不安で、なんやかや諸問題が深刻化してっていうかんじ……略……) フランコ政権に対する反対勢力も次第に力を増していった. (……略……労働運動の活発化とか教会の離反とか…... [Read More]

Tracked on Saturday, March 28, 2009 at 11:31

« Gramatica Comunicativa del espanol (1) | Main | Curso de Espanol Comecial »