« el campeón Asashoryu 八百長騒動 | Main | pareja de esqueletos 骨カップル »

Friday, February 09, 2007

Beginning Spanish Bilingual Dictionary

大昔、私がスペイン語学習に用いた書籍一覧
友人からもらったスペイン語学習書一覧

せめて目次だけでも中身を紹介していこうシリーズ。今日はインタースペインブログでたまたま「英語でスペイン語を学ぼう」という記事を見かけたので、私もウッスラとそれっぽいものを。
↓↓↓


・Beginning Spanish Bilingual Dictionary - A beginner's Guide in Words and Pictures -

・9780812042740
Barron's Educational Series, Inc
・405ページ 
・1~184ページが西英、187~357ページが英西
・巻末はINDEXとか、「月」「曜日」の名とか、主な人名(!)の対比表とか軽く。
・スペイン語の主要動詞の項には直説法現在の活用を記載。
・スペイン語の名詞の見出しには定冠詞(el, la)

・The dictionary contains approximately 1300 entries in the Spanish-English vocabulary listing and an equal number of English words and expressions in the English-Spanish vocabulary listing.

■個々の単語にはちゃんと発音が書いてある。だが、日本の外国語辞書にあるような発音記号を想像していると拍子抜けするかもしれない。
例) 「la pasta de dientes」には「PAS-ta-de-DYEN-tes」
例) 「to laugh」には「LAF」

■見出し語一つにつきかならずスペイン語と英語で例文
例) 「llegar」の項
¿A qué hora llega el avión?
What time does the plane arrive?

例) 「to arrive」の項
The fireman arrives at 2 o'clock.
El bombero llega a las dos.

■4ページに1箇所くらい、ほのぼの脱力系のイラストがある。ただ……なんか……ピントがずれてるというか……。

例) 「viajero(旅行者)」
「砂漠っぽい道端にスーツケースを持った男が一人、親指を出して突っ立っている。そばの道路標識には‘SANTA FE ⇒’と書いてある」というイラスト。……それって、‘旅行者’か……ummm……旅行者だけど、もっとこう……他に描きようがあったんじゃぁ…。

例) 「May(5月)」
「5月のカレンダー」。…………そのイラスト、要るのかな?


【感想・思い出など】
ずっと長いこと、ネタ半分でしかとらえてこなかったけれども、この辞書、案外と面白いかも。「趣味」っていう感じで「読む」にはちょうどよい。スペインに旅行するんだけど単語だけでも覚えて行きたいとか、そういうのにも良いかも。

ホントの基本語しか載ってないんだから、まずはこれを眺めて見出し語を覚えてみるのもいいね。活用とか文法は後からだっていいじゃない。とりあえず名詞と動詞原形で旅立っちゃったっていいじゃない。


10数年前にヒョイと買った。まだ、その後、自分が本気でスペイン語をはじめるなどと思ってもいなかった頃、紀伊国屋で。950円というシールが貼られている。「わーー、絵が可愛いーー」ってだけで買っちゃった気がする。現在は版が変わったかもしれない。この脱力系イラストは変わってないとよいんだが。


【ついでに】

旅行(携帯)向きのサイズで、日西英3ヶ国語って言ったら、こういうポケット辞典も。

■ポケット辞典というよりは3ヶ国語対照の単語帳という感じ
■巻末に日常会話フレーズ集
■巻末に基本語辞典(西から英・和へ)がついている

【ついでに】

■これなんかもっと旅行携帯向き。ミニミニ。
■「病院」とか「お礼を言う」とか「食事」など、27のシチュエーション別
■巻末には日西単語帳と西日単語帳

【ついでに】
渡西して初めのころはCOLLINSの西英⇔英西辞典を使っていましたが、微妙なことを言いたくても言えないのがもどかしかったのでとうとう日本から和西を送ってもらいました。

|

« el campeón Asashoryu 八百長騒動 | Main | pareja de esqueletos 骨カップル »

Comments

いやぁ、確実にデジタル・ライブラリー化が進んでますな。
天晴れな根性だと思いながら尊敬して見てます。

Posted by: abetchy | Saturday, February 10, 2007 at 15:05

Abetchy氏、コメントthxです。
いやぁ、ほんとに「尊敬」はしないで。マジで身のおきどころが無くなるのでね。

こういう企画って、自分で文章を練るわけじゃないから楽に進むんだけど(現に、かなり先まで投稿予約済みになるくらい書き溜めてあるしね)、それでもこれだけ続くと体力つかうね。

まだ、ほら、友人にもらった書籍類は私も中身をよく知らないからさ。まだまだこの企画つづきそうです。

Posted by: Reine | Saturday, February 10, 2007 at 16:41

体力のみならず気力も使うでしょ。
何事も無理は禁物なので、心に余裕をもってやって下さいな。

こういう文法書の中身を「斜め読み」しておくだけでもReineのスペイン語力の向上につながるんだと思う。

それに、こうやってブログで記事にしておくのは、記事にする際に内容をまとめるという以外に、後で参照する時にも役立つだろうね。

Posted by: abetchy | Monday, February 12, 2007 at 08:35

■abetchy
いや、こういう作業は一気呵成に片付けるが吉なんですよ。というのも、こういう動作は機械的に済まされるところが多く、手が覚えてくれたのならそれが残ってる間にガーっと片付けた方が効率がいいのでね。これを例えば、いったんやめて何ヶ月か後に再開なんてやると、再開した時にまた手が覚えなきゃいけなくなる。だから、一気に片付けています。

一連の参考書紹介作業は、自分のためっていうよりも、どこかの誰かのためかなぁ。私がここで自分の使った書籍タイトルだけを挙げたところで、それだけじゃ決心つかんだろう、内容(本が要求してるレベル)がわからないんだもんなぁ、実際に中身を知ってから発注ボタンを押したいだろうに……というのに思い至り、それで「じゃぁ、いっちょ書いとくか」と。

Posted by: Reine | Monday, February 12, 2007 at 21:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/13823736

Listed below are links to weblogs that reference Beginning Spanish Bilingual Dictionary:

« el campeón Asashoryu 八百長騒動 | Main | pareja de esqueletos 骨カップル »