« después de que | Main | Libros y Diccionarios (2) »

Monday, January 08, 2007

Está que trina.

先日観た映画『Héctor』の中でも出てきたが、「Está que trina. あの人はカンカンに怒ってる」という表現について。www.nanzan-u.ac.jpの熟語集にもあるけども、よく聞く表現。

この辺、みんなおんなじグループかな?
arder(燃える)⇒ estar que arde 燃焼中である;熱くなっている;腹を立てている
botar(跳ね返る)⇒ estar que bota(n) いらだっている
hervir(沸騰する)⇒ estar que hierve a 《uno》 la sangre たいへん興奮している
subirse(登る)⇒ estar que se sube por las paredes 頭に来る、かんかんに怒る
pena(苦痛)⇒ estar que da pena 見るも哀れ[無惨]である
trinar(さえずる,怒る)⇒ estar que trina(n) ぷりぷり[かんかんに]怒(ってい)る

昔、これはどういう構文なの?と先生に聞いたら、「consecutiva(結果を表す文)の前半が省略されてるんだ」と教えてくれた。"tan ~ que ..." (英語のso ~ that ... )の前半が消えてるんだと思えばわかるでしょ、って。

tan ~ que ... の文とは、「食べ過ぎちゃったので消化不良気味だ」とか、「彼がそれをあんまりにも上手に隠したもんだから誰も見つけ出せなかった」とかいう文。つまり、「Está que arde.」も、 「Está tan enfadado que arde. (あんまりにも頭に来たので沸騰しちゃってるよ)」の前段を略しているのでしょう、と。

DRAEの「疑問解決辞典」の「que」の項にも説明あり:
En determinadas expresiones coloquiales de valor ponderativo, se elide, por sobrentendido, el primer segmento de la consecutiva:
例1. «El ministro está que trina» (Leguina Nombre [Esp. 1992]);
例2. «Pero si toreas que da gusto» (MtzMediero Lola [Esp. 1988]).

Se sobrentiende tan enfadado, en el primer caso, y tan bien, en el segundo.

※こんなようなことを2000年頃に旧サイトに書いたんだが、2004年にサイトを整頓したときに削除しちゃったようである。今回はちょっと雑な説明ですみません。

|

« después de que | Main | Libros y Diccionarios (2) »

Comments

Reine さん、はじめまして。
ネットサーフィンをしててこちらに辿り着きました。
すごく研究熱心でみえて、大変興味深いブログだなぁと
スペイン語の奥の深さに改めて驚きながら拝見していました。

ところで面白い表現がこんな沢山あったんですね。
estar que se sube por las paredes だけしか知りませんでした!
明日から早速使ってみようと思います。

またお邪魔させてください。

Posted by: chiota | Wednesday, January 24, 2007 at 09:19

chiotaさん、コメントありがとうございました。このサイトは趣味です。スペイン語(関連)は趣味です。chiotaさんやその他の皆さんからいろいろとご意見(コメント)をいただくことで形を作っていけたらいいなぁ、というサイトです。これからもよろしくおねがいします。

Posted by: Reine | Wednesday, January 24, 2007 at 21:21

あとは……。
真面目な(?)話、しかしうまく言えないのですが、明日もしも私が事故に遭ったりして死んじゃったら(←いきなり何!?)、私がこれまでに買った映画DVDはこんなに山と積んであるというのに、私の紹介・詳解したいようにはもう鑑賞されることがなくなってしまうわけですよね。私が買ってきたスペイン語関連書籍も私の使いたいようには誰によっても使われなくなり、私がスペインで教わってきた情報も私の頭の中で一瞬にして‘無’になってしまう。

それ、すごく(お金が)もったいなく思えて。

だから、なるべく元気なうちに書いておこうと思うわけです。と言いつつ、まーーーーー、メンドクサクてですね。おっくうでおっくうで。たいそうダラダラと書いてきているのでperífrasisだってなんだってなかなか終わらないのですけれども。


私の存在はこのuniversoにとって無駄だったとしても、私の頭の中の蓄えは無駄に終わらせたくなかったというかなんというか。

………ど、どうしたんだろ、こんなことを急にどうした?>我

死亡フラグかよ。死むのかな、私。なんか、明日電車に乗るのとかが急に怖くなってきた。

Posted by: Reine | Wednesday, January 24, 2007 at 21:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/13388088

Listed below are links to weblogs that reference Está que trina. :

» Proyección de cine / 映画上映会 [Reino de Reine]
セルバンテス文化センターでスペインクラシック映画上映会(無料)があったので行ってみた。3作品。英語字幕。 ※いっぺんに書けないので少しずつ書き足します(コメント欄も本文も)。……そうねぇ……1週間後に... [Read More]

Tracked on Thursday, February 21, 2008 at 19:50

« después de que | Main | Libros y Diccionarios (2) »