« September 2006 | Main | November 2006 »

Sunday, October 22, 2006

notas

スペイン語関連ブログをふらふらしていて、スペイン語を学習中の方のblogを通り過ぎました。でも、ちょっと気になる文が目に入り立ち止まった。ブログ主さんはスペイン語を日本人の先生に教わっているようです。その「先生」から届いたというメールが気になったのです。

(※伏せ字処理など済)(番号は、のちのち説明するために私が振った)
_____________________

1) Querida [ ブログ主さん ]

2) Creo que estás ocupada hoy también.

3) ¿Has llevado mi libro pequeño, tambien?

4) Si no es la molestía, ¿puedes devolvermelo también cuando traes el libro grande a mi casa despúes de copiarlo?

5) Quiero leer el libro pequeño durante el viaje para [ 某県 ].

6) Debo estudiar español mucho, que está una estudiante diligente más que yo en mi clase, que se llama Sra. [ 別の生徒さんらしき名 ].

7) A propósito, saldré para [ 某県 ] desde el 19 hasta el 23 de este mes.

8) Nos vemos el 27 de junio, curate en salud.
_________________________

ちょっとずつ見ていこうと思います。


◆4行目: devolvermelo
1行目や3行目に見られる、単なる入力ミスであろう綴りのミスはちょっと脇へ置いておくけれども、4行目の「devolvermelo」は「devolvérmelo」としましょう。上田先生のスペイン語ガイドブック(pdfファイル)中、『文字と発音 音節とアクセント』の7ページに書いてある事項です。

> しかし2 つの補語人称代名詞がつくと
> 終わりから3 番目の音節に強勢がつくので,
> 再びアクセント符号が必要となる.
> ◇Démelo. = 私にそれをください.

本件の場合、devolverのお尻に「me」と「lo」がついたことで、アクセントのある場所が「終わりから2番目の音節」ではなくなってしまった。「終わりから3番目」に移ってしまった。だからアクセント符号をつける。


◆4行目: traes
「私の家に大きい本を持ってくる時、小さい本も持ってきてくださる?」というのだから、「cuando traes(直説法)」じゃなくて「cuando traigas(接続法)」です。上田先生の、『接続法現在』の8ページ目に少々と、11ページ目(「時」を示す副詞節)に詳しく書いてある事です。


◆6行目: Debo estudiar español mucho, que …
「ホニャララなので猛勉強をしなければいけない」の「なので=que」の部分について。

接続詞のqueには‘causal(理由を表す)’の働きがあります。
Real Academiaの辞書に、「porqueやpuesと同じ」と書いてある。
que: 接続詞) Usado igualmente como conjunción causal y equivale a porque o pues.
例1) Con la hacienda perdió la honra, que a tal desgracia le arrastraron sus vicios.
例2) Lo hará, sin duda, que ha prometido hacerlo

・同じくReal Academiaサイトの「DICCIONARIO PANHISPÁNICO DE DUDAS (スペイン語の疑問解消しようぜ辞典)」にも。
que: Introduce oraciones subordinadas causales explicativas (理由を示す), con sentido equivalente a porque. Normalmente van pospuestas y la coma que precede a la oración introducida por que es obligatoria.

「結論部分」 + 「, コンマ」 + 「que」 + 「理由を示す文」という語順。
例3) Me voy, que tengo que vigilar a Rigoberto.

三省堂 クラウン西和辞典
que: [理由; 命令形の後などで] …だから,…なので.
例4) Habla más alto, que no te oigo bien. もっと大声で話してくれ,よく聞こえないから.
例5) No quiero estudiar, que estoy cansado. 勉強はしたくない,疲れているから.

小学館 西和中辞典
que: [理由] …だから,…なので.
例6) Hable más fuerte, que oigo mal. 私は耳が遠いのでもっと大きな声で話してください.
例7) No podemos, que no tenemos dinero. われわれにはできません,お金がないので.

研究社 新スペイン語辞典
que: …だから,…なので [理由を示す]
例8) Ponte el abrigo, que hace frío. 寒いからオーバーを着なさい

※私の場合、普段一番使いがちなのは、三省堂が書いている「命令形の後などで」っていう使い方。例4) と例6)と例8)のような。


◆6行目: está una estudiante diligente más que yo
これもよくないです。
・está una estudiante → hay una estudiante
haberとestarの違いは、だいたいの辞書のHABERの項に解説が載っているのでそれを読むとクリアになってくると思います。

・una estudiante diligente más que yo → una estudiante más diligente que yo
上田先生のpdfファイル「比較級・最上級」などで例文を読み、単語を入れ替えて自分で色んな比較級を作ってみれば、語順のリズムみたいなものが身体でわかってくると思います。反復して読む(別に音読じゃなくて、頭の中で読むだけでもいいから読む)ことが、実は手っ取り早い覚え方でしょう。


◆7行目: saldré para [ 某県 ] desde el 19 hasta el 23 de este mes.
私、学生時代は遊び呆けていたので、こういうのをきちんと説明するのが苦手です。苦手なりに言いますけど、この文は「相(そう,アスペクト)」が誤ってると思います。たぶん。

「相」について、この辺を読んでなんとなくわかってください
「相」@goo辞書
aspecto@wikipediaスペイン
aspect@wikipedia英語
相@wikipedia日本
> また出来事が瞬間的なのか、継続的か、断続的か、反覆するのか、やがて終わるのかといった全過程のどの局面にあるのかと面に着目して区別を行うことをもいう。

それで問題の文ですが。

「Saldré: 旅に出ます,出発します,出発するでしょう」と言ってますね。
「旅に向けて出発する; 家のドアを開けて外に出る; 町を発つ」っていうのは‘瞬間’でしょ。「発つ」のは「発つ」ときだけの動作・出来事でしょ。それなのに「今月の19日から23日まで」と言っているからイケナイのです。「19日から23日」という幅のある時間に「発つ」という一瞬の動作をポンと置くことはできないと思うのです。「19日から23日」の間に何度「発つ」つもりなのか、と。

バラエティ番組なんかで、チャカチャカチャッ♪ チャカチャカチャッ ♪ウーッ マンボッ♪ のようなBGMに載せて何度もビデオを巻き戻してコミカルな動きを作り出しますが、「Saldré desde 19 hasta 23」と聞いて浮かぶ映像はそういう感じでした、私には。旅立とうという動作を何度もリピートしてていつまでも進まない感じ。そういう変な感じ。


この件についてCentro Virtual Cervantesの掲示板かどこかで尋ねようと思ってたんだけども、この2週間ほどとにかく色々な出来事が立て続けに身辺でありまして、時間ができなかった。代わりといってはなんですが、友人のスペイン人で外国人にスペイン語を教えてる人にきいてみたんだが、「あぁ、それはおかしいね」と言ってた。

※しかし、一つメモっておこうと思いますのは、私はネット上でよく見かけるこういう↑言い方が嫌いであるということ。掲示板などでありがちな、「スペイン人の知人にきいたらそんな言い方は間違ってるって言っててー」という書き込みなどね。そういうのをソースだとでも思っているのか、と。「だから何?」ですよ。ホント、そういうのは嫌い。「ソース出せ、ソース」というのが私のモットーです。

しかし、今回は、今はとりあえず間に合いませんでした。申し訳ない。


「Saldré para Tokio el día 19. (19日に東京に向けて発ちます。)」ならいいでしょう。あるいは、「Estaré en Tokio desde 19 hasta 23.」とかもまたOKでしょう。でも、「Saldré para Tokio いついつからいついつまで」はNGだと思いますよ。


◆8行目: curate en salud
これは成句の意味をこの「先生」が間違っていると思います。手紙の最後に「お達者でね」「元気でね」と〆たつもりだと思うのですが、それならば、「Cuídate.」でしょう。

「curarse en salud」という成句はたしかに存在します。http://www.wordreference.com/es/en/translation.asp?spen=saludにはこのように載っていますね:

4 (prevenir) curarse alguien en salud:
例) Este invierno me he curado en salud y me he vacunado contra la gripe.
英訳) This winter I've taken the precautionary measure of vaccinating myself against flu.

また、Real Academiaの辞書の「salud」の項にも載っています:
curarse alguien en salud:
1. Precaverse de un daño ante la más leve amenaza.

つまり、「curarse en salud」という成句は、「対策を講じる(三省堂クラウン西和)」「前もって用心する; 対策を講じる(小学館西和中)」「用心する,対策を用意しておく(研究社 新スペイン語辞典)」という意味です。


本当はもっと丁寧に説明したかったのですが、時間がとれませんでしたので、中途半端ではありますが取り急ぎラフな説明でUPしておきました。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Monday, October 09, 2006

El Método (El Método Grönholm) [アルゼンチン映画]

metodo(アルゼンチン映画)

アイヒマン実験」って「ミルグラム効果」って言うのか。(゚Д゚)ノシΩ ヘェ!

> 閉鎖的な環境下における、権威者の指示に従う人間の心理状況を実験したものである。
> 実験者に対して、実験の目的や意義に対して疑問を呈する者もいたが、何人かの被験者は実験者の要請に従って、最後まで電流を流し続けた

なるほど。

スタンフォード監獄実験ってのは? ……ふーーーーーむ。これはさすがにひどすぎる。


本日の映画『El Metodo / El Metodo Gronholm』の中で採られている手法、すなわち「グロンホルム・メソッド」とは……まさか上記2件のような空恐ろしいものではないですけど……でも、まぁ、そういった路線ですよ。

うん。非人道的な映画ですよ。

などと書いたら、既に観た人たちは「えぇぇぇぇぇっ、そーゆー括り方!?」と言いつつもニヤリと笑ってくれ……ないかな。


あらすじ
マドリード・サミットの日を迎え、どのメディアも過激派による反グローバリゼーションのデモや暴動への警戒を呼びかけていた。

厳戒警備の敷かれたマドリードでは未曾有の大渋滞が発生している。カルロスは、しかし、無事にデキア社に到着した。多国籍大企業であるデキア社の管理職中途採用の最終面接まで進んでいたのである。

高層階の人事部の1室でカルロスは他の6名の候補者と顔を合わす。かつて懇ろだったニエベスとも偶然の再会を果たすこととなった。

7人の志願者が、もはやルーティンと化した書類記入を終えた頃、各人の目の前に置かれたモニターが不意に作動する。「本日の試験で1人に決まります。試験の方針に同意できない場合は辞退してくださってけっこうです。強制ではありません。ただし、この部屋にいる間は‘グロンホルム法’に基づいたルールに従っていただきます」

‘グロンホルム・メソッド’という、聞きなれないこの人事選考方法に戸惑っている暇は無い。再びモニターが作動し、7人の中に1人だけ人事部の人間が紛れ込んでいるのを炙り出せという課題が与えられた。

戦いの火蓋が切られたことを一同は悟った。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


『El Método』は、ミルグラム効果とか監獄実験ってほどの‘残虐’‘苛酷’なお話では無いですよ。全く無い。ぜーんぜん。そんな。そこのところは御安心を。

しかし、も一度言うけど非人道的なお話なんだよ。倫理的にはいかがなものかと眉を顰めちゃうんだよ。作品に対してではないですよ、お話の中で進行していることに対してですよ。

人の心なんて随分とモロいもので、いくら行け行けどんどんの人でも、コントロールする側の術中に陥ってしまったら人格も人生もアッサリと打ち砕かれてしまう。「あなたは用無しだ」と言い渡されて、敗者は摩天楼という山を下りなければならない。傷つけられたのはキャリアなのか尊厳なのか、または両方ともか。

なんて不快な映画だろう。「不快」ってのは、黒板を爪で引っ掻くような、んー全然ちがうな、えっと、胃がキリキリシクシクするような居心地の悪さという意味。

なんて言いつつ、「面白い」と褒め、「観てごらん」と私は薦めるでしょう。特に、就職活動をこれからするという学生さんは観ておくとよいのではないですか。(← ほんとかよ)


あのさ、労働が苦手というのと、就職/求職が苦手というのとは、違うことだよね。労働のできる人でも就職/求職が嫌いだったりするよね?

私、プラプラしてるところをいつも投網や鳥餅で捕まえられて、首根っこ掴まれてジタバタしてるのを次の仕事へ連れて行かれるような星回りの人生なので、「求職活動」の恐ろしさを本気では理解していません。就職活動のプロセスって、この映画みたいに非倫理的なことが、フィクションでなくてまかり通っているのかな? イヤな話だな、おい。

だけど、求職中のみなさん。
「イヤな話だな、おい」と言ってる内はダメです。ダメみたいです。

・何度もおんなじこと書かせんなよ、馬鹿馬鹿しいとか、
・ゎ。そーゆーこと言うかー、人として許せないなとか、

やれ辛いだの悲しいだの嬉しいだの、そういうこと思っちゃいけないようだ。疑うな、だけど信じるな、そして憐れむな。つまり心を持つな。人倫の道なんてものは不要である、と。課題を効率的に時に非情に処理できる力こそが就職戦線で生き残るための必須条件だって。

¿Hasta dónde estarías dispuesto a llegar para ser el elegido? 採用されるために君はどこまでやれちゃうの?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


El Método @IMDb
(友人monaさんにお願いして、セビージャのエル・コルテ・イングレスで買ってきてもらいました。ありがとう!)(14.95ユーロ)

監督: Marcelo Piñeyro マルセロ・ピニェイロ
戯曲: Jordi Galcerán ジョルディ・ガルセラン
脚本: Mateo Gil マテオ・ヒル Marcelo Piñeyro

出演:
Eduardo Noriega エドゥアルド・ノリエガ: Carlos カルロス
Najwa Nimri ナイワ・ニムリ: Nieves ニエベス
Eduard Fernández エドゥアルド・フェルナンデス: Fernando フェルナンド
Pablo Echarri パブロ・エチャーリ: Ricardo リカルド
Ernesto Alterio エルネスト・アルテリオ: Enrique エンリケ
Adriana Ozores アドリアーナ・オソーレス: Ana アナ
Carmelo Gómez カルメロ・ゴメス: Julio フリオ
Natalia Verbeke ナタリア・ベルベケ: Montse モンチェ

製作: Ricardo García Arrojo リカルド・ガルシア・アロッホ
撮影: Alfredo F. Mayo アルフレド・F・マジョ

| | Comments (19) | TrackBack (2)

Thursday, October 05, 2006

Every saturday afternoon en espanol

Every saturday afternoon en español

karaokeみなさん
私は日本人学習者です。英語の"I play tennis every Saturday afternoon."はどのように訳すべきでしょうか。

-La persona juega al tenis por la tarde. その人は午後にテニスをします
-y eso, todos los sábados. そしてそれは毎週土曜のことです

[Juego al tenis los sábados por la tarde.]
⇒ これはきちんと言えていると思うのです。私ならこう言うと思うのです。


1) Juego al tenis TODOS los sábados por la tarde.
⇒ TODOSという語を加えると冗長だと私には思えます。

2) Juego al tenis los sábados por laS tardeS.
⇒ TARDEという語も複数形にしなければいけませんか?

この二文はなんだか変だなあと思うのですが、文法的にはどう説明されるのかがわかりません。

よろしくおねがいします。end

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »