« July 2006 | Main | September 2006 »

Wednesday, August 30, 2006

El Espinazo del Diablo / デビルズ・バックボーン [メキシコ映画]

espinazoまず、スペイン内戦についてちょっとだけ読んでからこの作品を観た方がちょっとだけbetterだと思うよ。説明サイトはいろいろあるだろうけど、とりあえず検索の最上位を:

スペイン内戦 @wikipediaの冒頭より:

人民戦線政府 ⇔ 反乱軍
(左; アサーニャ大統領) ⇔ (フランコ将軍; 右)
(ソビエトの支援) ⇔ (ファシズム独伊の支援)

という対立の構図だけでもいいや。これで映画の理解がちょっとUPすると思うよ。ちょっとだけどね。(スペイン内戦について詳しく知る場合はこちらへ
____________________

荒涼たる地、乾いた風。町までは丸一日歩き続けなければならないような僻地。そこにぽつりと孤児院がたっていた。中庭のど真ん中には不発弾がめり込んでいる。カルロス少年は知り合いのアジャラ先生に連れられてこの孤児院にやってきた。

中庭から調理場の暗がりを何気なく見遣った時、カルロスはこちらを見つめて立っている男の子に気づいた。

新入りを目の敵として意地悪をしかけてくる‘先輩’たちに悩まされるカルロスではあったが、そこは子供同士のこと、やがて打ち解けるだろう。カサレス先生も静かにではあるが見守り支えてくれている。

espinazoカルロスの割り当てられた12番ベッドの脇の壁に、何かで引っ掻いたような文字が這っている。「…サン…ティ…」。Santi(サンティ)という子が前に使っていたのか。

夜毎、カルロスの名を呼ぶ囁き声が聞こえてくる。仕切りカーテンの向こうで人影が動く。そして影が廊下を走って遠ざかっていく。

誰か居るのかい? カルロスは日増しにその子のことが気にかかる。その子を探したい気持ちが募るが、用務員のハシントの厳しい見張りに阻まれる。‘厳しい’、そう、この容姿端麗な青年の眼差しは何と厳しいのだろう。

espinazo(コメント欄にメモあり)

El Espinazo del Diablo 公式
El Espinazo del diablo @IMDb
(英題: The Devil's Backbone)(和訳: 悪魔の背骨)
デビルズ・バックボーン 日本公式(音注意)
デビルズ・バックボーン @映画生活
デビルズ・バックボーン @象のロケット
デビルズ・バックボーン @goo映画
デビルズ・バックボーン @ぽすれん
デビルズ・バックボーン @シネマトゥデイ
デビルズ~@シネマカフェ

監督: Guillermo del Toro ギジェルモ・デル・トロ
製作: Pedro Almodóvar ペドロ・アルモドバル ギジェルモ・デル・トロ
製作総指揮: Agustín Almodóvar アグスティン・アルモドバル  Bertha Navarro  ベルサ・ナバロ
脚本: Guillermo del Toro ギジェルモ・デル・トロ  Antonio Trashorras アントニオ・トラショラス  David Muñoz  ダビッド・ムニョス
撮影: Guillermo Navarro ギジェルモ・ナバロ
音楽: Javier Navarrete ハビエル・ナバレテ
 
出演:
Jacinto(ハシント): Eduardo Noriega エドゥアルド・ノリエガ
Carmen(カルメン院長): Marisa Paredes マリサ・パレデス
Casares(カサレス先生): Federico Luppi フェデリコ・ルッピ
Carlos(カルロス): Fernando Tielve フェルナンド・ティエルべ
Jaime(ハイメ): Íñigo Garcés イニーゴ・ガルセス
Conchita(コンチータ): Irene Visedo イレーネ・ビセド

| | Comments (12) | TrackBack (3)

Tuesday, August 29, 2006

Fresa y Chocolate / 苺とチョコレート [キューバ映画]

fresa大学生のダビドは恋人のビビアンに手ひどく裏切られ、失意の底にある。うつろな目で町をほっつく彼の耳にどこからともなく、「♪サヨナラも言わずに行ってしまった、僕の夢を打ち砕いて去ってしまった♪」などと誰かが歌う調子っぱずれの節が聞こえてくる。辛ぇ。

Coppelia(コッペリア)でチョコレートアイスクリームを食べていると、「相席よろしいかしらん」と科(しな)を作りながら目の前に男が座った。なんだ、男のくせに苺アイスを食べている。ダビドは嫌悪感も顕に席を立とうとしたが周囲に空席が無い。

fresaこうして、妙なmaricón(=オカマ野郎)の話を聞かされる破目に。 

ソイツは ―― ディエゴというのだが ―― どう手に入れたのか外国文学の本をダビドに見せびらかす。共産主義一徹と思いきや実は文学青年でもあるダビドの興味を惹く術に、ディエゴは実に長けていたとでも言うべきか。ディエゴの‘ナンパ’は巧妙で、ふと気づけばアパートまでついていくことになっているし、更には‘また今度’の約束まで取り付けられていたダビドであった。

fresaやはり一途な革命青年である親友ミゲルに「宗教っぽい雰囲気が漂っている怪しい家」での顛末を語ったところ、そんな不穏分子は詳しく探る必要があると熱く強く指示された。

ダビドはディエゴの身辺を探るべく接近する。

ディエゴの女友達のナンシー姐さんなどとも交遊を深めていくダビッドは、やがて自身の心に生じた変化と向き合うのであった。

--------------

El Viaje a Ninguna Parte』は、ほのぼのとしたジャケ写だし、悲劇然としているわけではなかったにも拘わらず、観終わったときは寂しくて仕方なかった。『Solas / ローサのぬくもり』は悲惨な暮らしが描かれているようで、涙も止められなかったのに、観終わったときは自然と微笑んでいたように思う。

そういう風に、観ている途中の感じ方とは違った、自分でも戸惑うような感想に着地する作品って時々あるんだけども、さて、この『苺とチョコレート』はというと……、終始にこにこと温かい眼差しで観ていたにも拘わらず、どうにも切なくて苦しかった。

優しく嬉しく微笑ましく温かく作ってあり、また、実に繊細で難しく厳しい作品でした。


あれかな、このブログのスペイン映画鑑賞記録文において初めて私は書くのかな、「感動した」っていうフレーズを。

(コメント欄にメモなど)
(キューバ映画)
Fresa y Chocolate @IMDb
(英題: Strawberry and Chocolate)
苺とチョコレート @goo映画
苺とチョコレート @映画生活
苺と~@シネマカフェ
苺と~@ぽすれん

Fresa Y Chocolate/ Strawberry and Chocolate: Tomas Gutierrez Alea Y Juan Carlos Tabio (Paidos Peliculas / Films) (ペーパーバック)
苺とチョコレート [VHS]

監督: Tomás Gutiérrez Alea トマス・グティエレス・アレア   Juan Carlos Tabío フアン・カルロス・タビオ
原作: Senel Paz セネル・パス
脚本: セネル・パス
撮影: Mario García Joya マリオ・ガルシア・ホジャ
音楽: José María Vitier ホセ・マリア・ビティエル
 
出演:
Diego ディエゴ: Jorge Perugorría ホルヘ・ペルゴリア
David ダビド: Vladimir Cruz ウラジミール・クルス
Nancy ナンシー: Mirta Ibarra ミルタ・イバラ
Miguel ミゲル: Francisco Gattorno フランシスコ・ガットルノ
Germán ヘルマン: Joel Angelino ヨエル・アンヘリーノ
Vivian ビビアン: Marilyn Solaya マリリン・ソラヤ

| | Comments (24) | TrackBack (1)

Friday, August 18, 2006

Latin Beat Film Festival 06 / ラテンビートフィルムフェスティバル2006 / 第3回スペイン・ラテンアメリカ映画祭

公式: www.hispanicbeatfilmfestival.com/index2006.html

9/16(土)~9/22(日)

プログラムが掲載されました
(8/27 benitaさんが知らせてくれました。Thx)

アミューズCQN
東京都渋谷区渋谷1-23-16 ココチビル7・8F


以下、上映作品についてわたし用のメモ。数字は気にしないでください


lbff067人のバージン

2009年2月7日 観ました
Spain 
2005 Crime / Drama
6.0

lbff06ボディーガード

2009年1月12日 観ました
Argentina / France / Germany / Uruguay
2006 Drama
6.2

lbff06カマロン
Camarón @IMDb
ya.com内、ビデオ・フォト等
Spain
2005 Biography / Drama / Musical
5.0

lbff06ヤギの祝宴
La Fiesta del Chivo @IMDb
http://www.lafiestadelchivo.com
Spain / UK
2005 Drama
5.4

lbff06聖家族
La Sagrada Familia @IMDb
Chile
2004 Comedy / Drama
6.5


lbff06ドラマメックス
Drama / Mex @IMDb
http://www.dramamex.com
Mexico
2006 Drama
7.6

lbff06火に照らされて

2007年8月16日 観ました
Argentina / Spain
2005 Drama / War

lbff06マデイヌサ
Madeinusa @IMDb
Peru / Spain
2006
6.2

lbff06色彩の中の人生
Vida y Color @IMDb
Spain
2005
5.2

lbff06エルサ&フレッド
2007年8月14日観ました
Spain / Argentina
2005 Comedy / Drama / Romance

lbff06ビニシウス・ヂ・モラエス
Vinicius @IMDb
http://www.viniciusdemoraes.com.br(音注意)
Brasil
2005 Documentary / Short / Musical
8.1


取り急ぎ。あとは公式サイト的なものを見かけたら加筆するかもしれない。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

perífrasis ACABAR DE + 不定詞

perífrasis はじめに

「ある行為がついさっき終わったばっかり,今ちょうど~したところ」を示す。「ちょっと前」。

これは頻出ペリフラシスだと思う。googleで見繕ってくるのも楽ちんだった。

MySpace acaba de lanzar su cliente de mensajería. (MySpaceがインスタントメセンジャーに乗り出したところだよ
Detenidos dos hombres que acababan de conocerse por practicar sexo oral en un avión. (知り合ったばかりの男二人が……略……逮捕された

Acabas de acabar tu carrera. はわかりますか?混乱しないでね。

Acabas de terminar tu carrera. これだったらわかるでしょ? 「君は terminar tu carrera (学業を終える)」ことを「したばっかり」。小中高大…と来て、君は学校を終えたばかりです/修了したところです、ということ。

そしたら、Acababais de terminar la carrera. もわかるね? 主語が「君たち」になり、時が昔にズレただけのことだからね。

『ホット・シャワー』というタイトルの創作エロ小説から: 町のバレーボールクラブ所属の女性メンバー5人が、「Acababan de acabar el último entrenamiento de la semana y se iban a duchar ……」と展開するらしい。(※ちなみに、そのシャワー室で起こる出来事が彼女たちの人生観を変えてしまうほどのスンゴイことらしいゾ)

今見てきたように、このperífrasisは、直説法現在か直説法不完了過去(線過去)でなきゃいけません。

じゃぁ、acabé de leer (完了過去)とかacabaré de grabar (未来)とかはいったいどういうことなのか?というと、それらは、「~するのを終える,お終いにする」を言いたい時のterminé de leerterminaré de grabarのつもりなんでしょうって。


時の軸みたいなものはこういう感じでとらえてみるといい。
Acabamos(現在) de llegar. = Hemos llegado(現在完了) ahora mismo.
Acababan(不完了過去) de levantarse. = Se habían levantado(大過去,過去完了) hacía un momento.


否定文になると、「(焦り・鬱陶しさ・心配・邪魔などのせいで)その行為を無事に完了できなかった」「どうも~できない」「どうしても~しない」を婉曲的に表わす。

肯定: Acabo de enconrar la palabra exacta. ちょうどいいコトバを見つけた
否定: No acabo de encontrar la palabra exacta. ちょうどいいコトバを見つけるに至らない⇒コトバが思いつかない

肯定: Acababa de entender el concepto.
否定: No acababa de entender el concepto.

否定いろいろ
Yo no acababa de entender por qué lo habían mandado a nuestra clínica.
No acabo de romper con mi ex.
¿No acabáis de entender?
en el fondo no acabas de comprender
Al principio no acababas de entender de que iba esa historia,

ミックジャガーの声が出ないとの理由でコンサートが中止になった件をファンはそう簡単に受け容れられるものではなかったという記事:
La mayoría de los seguidores de la mítica banda británica no acababan de creerse la cancelación de este concierto ya que muchos de ellos habían adquirido entradas para las actuaciones que iban a ofrecer en Barcelona y Madrid y que también fueron canceladas.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 16, 2006

Perífrasis [venir a] + infinitivo

Perífrasis [venir a] + infinitivo

karaokeこんにちは。私は日本人です。
「VENIR A + 不定詞」というペリフラシスは値段のことを話している時は「概数」を表すと習いました。

でもググってみるとこういう文をよくみかけます:
・Esto viene a costar sobre las 22.000.
・viene a costar unos 200 euros / unas cien mil pesetas .... etc.
・viene a costar más o menos unas cinco mil pesetas
・viene a costar unos 100 euros aproximadamente

これらのSOBRE/UNOS/UNAS/MÁS O MENOS/APROXIMADAMENTEという語は省略できる(省略すべき)ものでしょうか。たとえばこういった語を入れずに、"Esto viene a costar 200 euros."とだけ言ったら変に聞こえるのですか?

というのも、あれらは私には冗語だと思えるのです。もうペリフラシスによって「おおよそ」は表わされているのですから。

どちらが好ましいのですか?
どちらが正しいですか?

よろしくおねがいします。end

| | Comments (0) | TrackBack (0)

perífrasis VENIR A + 不定詞

perífrasis はじめに

「これまでの出来事や行いがある状態まで達しました」を表わすという点で、LLEGAR A + 不定詞と同じようなもの。違いはというと、LLEGAR A + 不定詞に漂っていた‘努力の賜物っぽさ’や‘獲ったど~~~~! (by はまぐちぇ)っぽさ’が無いということ。ってさ

al final vino a confundir el efecto con la causa
o que al final vino a delimitar los barrios del actual pueblo de Trevélez

これの手ごろな例文をネットで見繕うのがけっこう難しかった。なぜなら、「やっと理解したよ」などという‘努力の賜物っぽさ’で使っている人もけっこういるように見えたため上で説明したことと矛盾しちゃうじゃないかというのと、あとは、

perifrasisではないケースが多いようであるからというのと。

「~するようになる,~するに至る」のであって、「~しに来た,~するために来た」んじゃないと思うのね。それだったら「perífrasis はじめに」で説明したことと矛盾するでしょ。「[動詞1の意味]+[動詞2の意味]などと足し算するものではない」でしょ。

だから、たとえば「vino a saludarme」という文もチラホラ見かけたんだけど、それってたぶん、パーティー会場なんかで顔見知りが会場の向こうからこちらへ「私に挨拶するためにやって来た」んでしょ? それって、perífrasisじゃないでしょ。と思ったんだが、どうなのか。

だから、例文見つけるのをちょっとサボりました、という話。


このオーストリア(?)のサイトにもあるが、‘servir para (~の役に立つ,~を担ってくれる)’みたいな意味を有することもある。そこの例文を、勝手ながら和訳させてもらうと、

・この新法は失業問題を解決する(ことになる)
・この金で我々はすべての問題を解決できた
・彼の政治的野心はこの役職で実現される  

……みたいな、ね。コレコレのおかげでドウコウなる、ってことじゃないかい? わかったようなわからないような、だ。なんか、昔からこのperifrasisは参考書によっても説明がマチマチなように感ずるんだ。


それから、メモ二つ。
1) 「VENGA A + 不定詞」については、『El Otro Lado de la Cama』のコメント欄ですでに説明しました。

2) 値段、時間の長短、量などが話題になっている場合、このperífrasisが添える意味合いは、「概数,だいたい」です。そういう目でこれらの検索結果を眺めた場合、なんか違和感がある。

‘おおよそ’の語が重複してるんじゃないの?と私は感じるんだが、どうなんだ。

Esto viene a costar sobre las 22.000
viene a costar unos 200 euros / とかさ。

「viene a costar」がすでに‘概数’を示すのであるなら、「sobre」や「unos」はつけなくていいんじゃないのかよ??? と、非ネイティブの生真面目な学習者たる私は思うわけだ。

El de 64 Mb viene a costar unos 100 euros aproximadamente, などは、「aproximadamente」と「unos」を併用だ。どれだけ‘概ね’だよ、と。


www.auladiez.com/fichas/44_perifrasis_infinitivo_2.phpのような文法解説サイトではやはりこのように例文を載せている:

Una habitación en ese hotel viene a costar 15.000 Pesetas (= cuesta aproximadamente 15.000 Pesetas).

このように「15.000 pesetas」とスッキリと数値だけを書けばこと足りるんだと思うのだ。そのためのperífrasisじゃないのか、と。

だけど、どうしても unos 500 euros や unas 1000 pesetas と言いたくなる気持ちはわかる。unos/unasを避けるのはどうもやりにくいのか、それらを避けた場合には、今度は「más o menos」「entre」「sobre」などを使いたくなってしまうようである

この件、きちんとした先生に教えていただきたいところです。


加筆 06.08.17
CVCの掲示板で聞いてみたんだ。http://cvc.cervantes.es/foros/leer_asunto1.asp?vCodigo=28449 (現時点ではまだ一人の方からの回答のみ)

・あれらの語をつけているのは「曖昧なんですよ」ということをハッキリさせたいため(←ヤヤコシイなw)。という主旨。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Saturday, August 05, 2006

adelgazar

(友人にメールを書いていて「この辺のキーワードはblogにメモっとくか」と思った次第)

adelgazar: 痩せる ⇔ engordar: 太る
これらは辞書には「Usado también como pronominal」とあるけど………どうなのかな、やっぱり圧倒的に自動詞として使うんじゃないかな。私は「He adelgazado.」だね。「Me he adelgazado.」とは言わないや。少なくとも私のいた町の友人はたいてい(あるいはほとんど全員)が自動詞で使ってたように思う。

ちなみにCervantesのforo(掲示板)でも話が出ていた

それから、ググってみてもやはり大差があるというのもメモしとこうかね。

[engordar]
・"me he engordado" 225件
・"he engordado"から"me he engordado"を除外 28,300件

・"me he adelgazado" 91件
・"he adelgazado"から"me he adelgazado"を除外 18,400件

注: これまでに何度も書きましたが、こういったgoogle検索のヒット数はあくまでも目安くらいに受け止めとくのがいいです。いろんな人間が書き散らしているネット上の件数にすぎないので絶対ではないんだということは頭に入れとかないと。(ただ、本件のように圧倒的ならさすがにな)


「私は最近ダイエットに励んでいます」「今あたしダイエットしててー」と日本語で言うとき、我々は「食べる量を減らしている・制限している,よく考えられた食餌を摂るプログラムに従っている」を思い浮かべるものなんだろうか?

それとも「体重を減らすべく、食事を減らすことはもとより様々な運動にも努めている」をひっくるめて想像しているんだろうか?

私は後者だと感じてきたな。ダイエットブログと名のつくblogだって、みんな食事のメニューやカロリーをメモってるだけじゃないよね? エクササイズの内容とその量なんかをもメモっているよね。つまり日本語の「ダイエット」という語は「体重を落とすための奮闘のすべて」なのね。

うん。そういう話もあるようだ:
wkipediaより「痩身」wikipediaより「ダイエット」


スペイン語ではどうなのか?

dieta:
1. f. Régimen que se manda observar a los enfermos o convalecientes en el comer y beber, y, por ext., esta comida y bebida.
2. f. coloq. Privación completa de comer

régimen:
4. m. Conjunto de normas referentes al tipo, cantidad, etc., de los alimentos, que debe observar una persona, generalmente por motivos de salud.

やっぱり、「(治療・健康・痩身のための)食餌療法;食餌療法用の規定食;節食」または「絶食」であって、「体重を落とす(ためにいろんなことに取り組む生活を送る)こと」を含んではいないのであるな。

これらの語は前置詞 a と共にね。「a régimen (= on a diet)」。よく使う動詞は estar や ponerse。「nos hemos puesto a dieta (= we are on a diet)」


さて、友人に私の買った体重計をスペイン語で説明する段になって用語がメンドクサイことに気づいた。

・デジタル体重計: báscula digital 

これなんかは日常的な語が二つなのでまだよしとしても、この先はヤヤコシカッタ。


「体組成計」をスペイン語で何と言うのか。そこに辿り着くまでの長旅。回り道バージョン。

1) 「体組成 body」で検索すれば英語が見つかるはず

2) どうやら「body composition」でいいらしい

3) 「"body composition" composición」で検索すれば西語が見つかるはず

4) どうやら「composición corporal」でいいらしい

5) 「"de composición corporal"」で検索すれば、「~計」の部分がヒットするはず

6) 「analizador de composición corporal」でソレらしき商品が表示されてるので、これで良いんじゃないか? というところに落ち着く。

見当をつけるのに慣れてくればどこかの過程をすっ飛ばすことも可能でしょう。こういう分野に限らず、たいていの語句は誰でもがこの回り道を辿れば西訳できると思う。ただし、英語からスペイン語に直訳すれば済むという単語ばかりでもないので、それは要注意だろうな。


さて、「analizador de composición corporal」までわかったら、そういう商品の説明文中などを追って行けば‘答え’がわかりやすいかも。どれがどれに当たるんだろうかと探ってみる企画。で、どんどん脱線していく企画

・Análisis de Impedancia Bioeléctrica: Bioelectrical Impedance Analysis (BIA,BIA法),生体インピーダンス法
・peso: 体重
・tasa metabólica basal: 基礎代謝
・masa grasa: 脂肪量
・masa magra: 除脂肪量 ←コレちょっと自信なし
・masa libre de grasa: 除脂肪量 ←コッチかもしれない
・estimación de la masa muscular: 推定筋肉量
・agua total corporal: 体水分量
・índice de masa corporal: BMI (body mass index)
・porcentaje de grasa corporal,% de grasa (corporal): 体脂肪率
・grasa visceral: 内臓脂肪
・músculo esqueletal: 骨格筋 ←コレ直訳してみただけ。自信なし
・edad metabólica: 体年齢 
・Ecuaciones de Harris y Benedict: ハリス・ベネディクト方程式
・ejercicios aeróbicos o cardiovasculares:有酸素運動
・ejercicios anaeróbicos: 無酸素運動
・ejercicios resistentes: レジスタンスエクササイズ,レジスタンス運動


ついでに
そもそもどうして今回の「ダイエット」に励もうと思ったかといえば、こないだのサッカーワールドカップである。選手の腹筋が目に入り、自分のお腹を見た時に、「あ。ヤベ」と思い、試合を観ながら腹筋運動をするようになったのでした。

なので、さっそく私は‘自分大好き脱ぐの大好き’と思しきCristiano Ronaldoの腹筋画像を集めて一つにまとめました。

Yaseru01b_2

それを印刷して、いつも開ける机の引出の中に入れておくことにしました。イヤでも「腹筋運動しよう」という気になるために。ダブダブした自分への‘戒め’として。例えばオヤツを食べたくなった時なんかに抑制するために。


そうやって3週間くらいが経った時、私、なんかやっぱり違うような気がして、おちごと先のK嬢に呟いてみたんです。

「あたし、Cristiano Ronaldoの写真を‘戒め’とするのって、なんか違うような気がしてきたのよね。他に誰かいn……」


すかさずK嬢が、「そーーですよーー。間違ってますよー、あれはー!」って。そして続けて言うには、

「だって人種違うじゃないですか」って。


………人種の前に、もっと違う点があるんだが。


加筆。
そんなわけで、ここ数週間というもの、時間があれば歩くようにしてる。こないだもふと思いついて、急に歩いてみた。始点・水道橋駅、終点・紀尾井町スペインバル、所要時間50分弱。


powered by 地図Z

思いついたときにすぐ経路を考えて歩けるように、最近は地図を持ち歩いてる。こないだ地図なしで無茶なルートを歩いて行き倒れになりそうだった反省から。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »