« June 2006 | Main | August 2006 »

Saturday, July 29, 2006

Descongélate / チル・アウト! [スペイン映画]

descongelate Justo Santos フスト・サントス(愛称Justito, Tito; フスティート,ティート)
うだつが上がらないスタンダップコメディアン。弟ベルトの店に‘出演’。特技は声帯模写。マドリード市内のLavapiés地区(後述)に妻イリスと暮らす。神経過敏なところがあり、緊張した時など過呼吸の発作に苦しむ。

Iris イリス
フスト(フスティート,ティート)の妻。自然食料理研究家。自宅に生徒を呼んで料理を教えている。本を出したいと考えてはいるが原稿を書くだけ書いてそれっきりになっている。日ごろからフルーツや豆腐などの食品を多く摂る。姑カティと反りが合わず嫁姑バトルは恒常的。

Berto ベルト
フストの弟。フスト夫婦の上階に住んでいる。Bar「Café de los Santos(サントス亭)」を経営しているが、麻薬売買で日銭を稼いでやっとと言ったところである。従順な兄と比較されて育ってきたからなのか、どうせ俺は憎まれっ子だなどという自己意識が垣間見られる。

Katy カティ
フストとベルトの母親。かつてはvedette(演劇・映画・ショーの人気者;花形;スター)だった。らしい。今は次男ベルトのところに厄介になっている。何かにつけ専横である。冷凍食品が大好き、というか冷凍食品を盲目的に信仰しているとすら言える。そんな食生活からして嫁のイリスとは対極にあり、当然のことながら諍いは絶えない。

彼らのマンションは「C/ Tribulete, No.5」と言ってたと思う。

ベルトのBarは「Calle de Argumosa, 16」だったと思う。職住近接ですな。

そして、もう一人。Aitor アイトール (Aitor Ruiz Ullate)
有名映画監督。精力的に売れ線の作品を創ってきた男。傲慢である。女に対してなど特に。今夜もセフレのAnitaを車から引きずり出し突き放し罵ったところである。厄介払いをしてやったと、ふと辺りを見回すとそこはサントス亭の前であった。


descongelateベルトがアイトールを店に招き入れる。アイトールはフストの漫談をすっかり気に入ってしまった。いや、芸の出来映えはさておき、とにかくこのフスティートという冴えない芸人の冴えなさに惚れ込んだのか。アイトールはフストに言う:

「アンタ、俺の次の作品の主役だよ。ノイローゼ気味でダメ男っていう役柄にぴったり。その顔、そのなり。負け組、挫折組。すげぇよ、アンタ」


ヒドい言われようだがともあれやっと日の目を見るのである。シナリオを読んでみたが、全シークエンスに登場するではないか! フストは喜び目を潤ませる。妻のイリスもそれ以上に喜んでいる。つつましやかと言えば聞こえがいいがとどのつまり惨めったらしかった生活をいよいよ脱するのよ。弟ベルトや母カティには内緒にしとこう、彼ら、おこぼれを狙ってワラワラとたかってくるだろうから。

契約を明日に控え、夫婦はアイトールを自宅でのディナーに招いた。アイトールは今夜もクスリでかなりハイになっている。フストとイリスも今夜はハメを外して大はしゃぎする。……と、アイトールがテーブルに突っ伏したきり動かなくなった。オーバードーズ。胸に耳を当ててももう何も聞こえない。


アイトール! 今あんたに死なれちゃ困るんだよ、明日の契約どーすんの! 明日までこの男を生かさねばならない……

____________________

Descongélate 公式
Descongelate @ IMDb
Descongélate @ Yahoo Cine
チル・アウト!@ぽすれん
・英題 『Chill Out!』
・バルセロナのFnacで19.95ユーロで購入(@140円くらいだったかなぁ)

監督: Dunia Ayaso ドゥニア・アヤッソ、Félix Sabroso フェリックス・サブローソ

出演:
Pepón Nieto ペポン・ニエト
Candela Peña カンデラ・ペニャ
Loles León ローレス・レオン
Rubén Ochandiano ルベン・オチャンディアーノ
José Ángel Egido ホセ・アンヘル・エヒード
Óscar Jaenada オスカル・ハエナーダ
Pilar Castro ピラール・カストロ
Roberta Marrero ロベルタ・マレーロ


この作品のテーマは、たぶんだけど、「マザコン」。


(詳細はコメント欄で)

| | Comments (11) | TrackBack (1)

« June 2006 | Main | August 2006 »