« oraciones comparativas 比較 | Main | fútbol »

Thursday, May 11, 2006

Chiquito

私がスペインに行っていた頃、Chiquito de la Calzada(←音量注意)(チキート・デ・ラ・カルサーダ)っていうおっさんコメディアンがTVに出づっぱりでした。‘社会現象’だった。いや、「これはもう社会現象なのよ~」と言ってたのは私の大家さんですがね。

私は、そうだな、スペイン到着がもう半年も早ければ、もっとその社会現象的な盛り上がりを体感していたかもしれない。なんか有名なおどけたおっさんがいるみたいだなって私が薄っすらと気づいた頃には、そろそろブームも下火ではなかったか。

まだまだスペイン語もよくわかってない私をつかまえて周りのスペイン人が「‘の・ぷいど、の・ぷいど’って言ってみろ」と言うので、聞こえるままに「No puido, no puido」または「No puedor, no puedor」みたいに言ってみせれば彼らは大ウケしてた。それなんかも、たぶんチキートっていうそのおっさんのギャグ。

今、Chiquito de la Calzada - Wikipediaを見て思い出したが、そうそう、「quietor」「¿comorl?」辺りは当時よく耳にしたような。


あれ? でも、一番多く言わされたフレーズがWikipediaには載ってないじゃないか。

と思ったので、Chiquito de la Calzada - Wikiquoteを見てみる。そうそう、あったあった、これこれ → 「¡Hasta luego Lucasss! 」だ。それは、ホントによく言わされました。

というか、渡西して最初に教わったスペイン語と言ってもいいくらいだ。たしかスペインに着いて2日目か3日目、まだホテル住まいだった頃に近くのレストランで食事をとっていて、隣席でどこかの会社の懇親会が催されており、その人たちに「『さよなら』の挨拶するときは‘あった・るえご・るーかぁっ’って言ってごらん」と教わったように思う。


と、ここまで書いてきて、ふと立ち止まった。そもそも、あの「¡Hasta luego Lucasss!」は、チキートの発明したギャグなのか、それとももっと起源を遡るべき‘成句’なのか?


ザッと調べてみてもコレ!という記述に出会えない:
・había un cómico español llamado el chikito de la calzada y que se despidía de una peculiar forma a los teleexpectadores diciendo "Hasta luego Lucas". Después esta frase jerarquizó (階層化する; 等級づける) una forma original de decir "Adiós y que te vaya bien que no me interesa (さようなら、色々うまく行くといいね、俺には関係ないけど)"


・La frase "Hasta luego, Lucas" fue popularizada por un cómico español llamado 'Chiquito de la Calzada' que intervenía en un concurso de hacer chistes en la cadena Antena 3, hace unos 3 ó 4 años, y que la incluía frecuentemente en sus representaciones. Su éxito en España fue tal, que ésta y muchas otras frases hechas se incorporaron como expresiones más o menos festivas al lenguaje común. Este cómico hizo alguna película. Supongo que por este medio, o por la televisión por satélite, esta frase pudo conocerse fuera de España.


・Hasta luego Lucas:
Dicho popular de despedida, muy de moda por los años cuarenta y cincuenta, ya casi olvidado, y vuelto a poner den circulación hoy día por el humorista Chiquito de la Calzada.

うーむ。その「40~50年代」についてもうちょっと詳しく知りたいのだが。


まさか無いよねぇと思いながら一応Instituto Cervantesの掲示板で検索をかけたら、あったのだ。起源を探してる人たちがいたわ。Buscando a Lucas desesperadamente (¿Sabe alguien quién o qué es o era ese tal Lucas?)

「Yo llevo un tiempo indagando y no consigo encontrar al sujeto.」

「yo también llevo buscándolo largo tiempo y no he dado con él en ninguna fuente de fiar.」

「Lo que sí le puedo decir es que la expresión es vieja, casi centenaria, y que no la ha inventado ningún humorista catódico moderno」

「es una simple aproximación de sonidos entre «luego» y «Lucas»」

「un «Lucas» es un infeliz y un pánfilo」

………などなど。結局、コレ!って起源は突き止められなかったんだなぁ。


※関連記事 チキートのフレーズ集

|

« oraciones comparativas 比較 | Main | fútbol »

Comments

Reneさん、ERES UNA FISTRA DIODENAL DE LA PRADERA!!! ¡Por la gloria de mi padre!

X'DDDD

Posted by: Robo | Thursday, May 11, 2006 at 06:03

Roboさん、ありがとう。
最近はチキートはどうしてるのでしょう?

Posted by: Reine | Thursday, May 11, 2006 at 10:06

最近はね、チキート先生が余り出ないけど :'(

はい、認めるのが恥ずかしいけど、僕はチキートせんせいのファンなんですw 

Posted by: Robo | Saturday, May 13, 2006 at 23:55

Hola, Robo-san

あら! ファンでしたか。それはよかったです ;-)

Posted by: Reine | Sunday, May 14, 2006 at 13:17

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/10013728

Listed below are links to weblogs that reference Chiquito:

» Spanish Movie / 最終爆笑計画 [スペイン映画] [Cabina]
なんだか、パロディー映画には『最なんたらほにゃらら計画』という邦題をつける決まりでもあるのか、類似のタイトルの作品は山ほどあるのだけど、『最終爆笑計画』は原題にも“Spanish Movie”とあるとおりスペイン映画をいくつも組み合わせたパロディー映画。最近10年ぐらいの作品ばかりなのは仕方ないでしょう、若い層に向けた作品なのだろうから。 スペイン映画を多く観てきた人にはそれなりに楽しい作品だけど、それは本歌取りに気づくのが楽しいのであって作品自体が諧謔に富んでいるかどうかはまた別の問題。 とい... [Read More]

Tracked on Sunday, January 02, 2011 at 20:39

« oraciones comparativas 比較 | Main | fútbol »