« mision | Main | Hasta pronto »

Sunday, March 27, 2005

Dietrich

昨夜は、ちょっと仮眠とってから遊びに出た(←仮眠とらないと夜中を過ぎたら体がもたない。老身に鞭打ってます)。

ゲイ友Tomasが友達とみんなで、Dietrichというhomosexual御用達のclub(Consell de Cent通り 255; Consell de CentとMuntaner通りが交差するところ; 93-451-77-07; 地下鉄 Universitat下車)に出かけるから来いと言う。 友人美優と二人で夜中1時頃にてくてく向かう(←それくらい遅くまで家でゴロゴロしてないと体がもたない)。

途中、Hotel Axelというホテルを通り過ぎた。homosexual専用ホテルらしく、フロントの人もロビーにいるお客もそのようでした。「女の人は泊まれないのかな」と思ったけど、「同性愛者っていうことだから、たぶん女性の同性愛の人が泊まってるんだと思う」と美優。

通り過ぎると美優が、「フロントのとこにあった壁画、見た?」と聞く。私はあいにく見逃したが、メディテーションをしているような、座禅組んでるような姿勢の全裸の漢(おとこ)の後姿だったらしい。おけつプリンプリンだったって。

………というのを今ここで美優が再現してくれたのだが、組んだ足が外れなくなって後ろにひっくり返りそうになってジタバタしています。助けたほうがいいですか。


さて。
そのホテルを通り過ぎてなおDietrichに向かって歩き続けると、夜遊びを終えてホテルに戻るらしい人々とすれ違った。みなさん、見事に男二人組みだった。「みんな、宿泊客なんだろうなぁ」などと言いながら私たちは彼らとすれ違った。私たちは彼らを凝視することはなかったが、彼らは私たちを凝視しないでもなかった。

で、美優と私はふと気がついた。「彼らは私たち二人があそこのホテルから出てきたんだと思っているんじゃないだろうか」と。


そんなこんなでDietrichに着きました。ため息の出るような美しい男たちでギュウギュウでした。バーカウンターの中のウェイターも、しばし仕事を忘れて、「今日はホントにホントにホントーーッにいい男たちばっかりでもうたいへん!」とか呟いてたそうです(←美優目撃談)。

ここでも私は、いつもTomasにきつく言い聞かされていた通り、オーダーした飲み物を受け取る際に、ウェイター君に「Gracias, guapo!(ありがとう、いけめん!)」と叫ぶのを怠りませんでした。ウェイター氏(ガタイがとてもいい系)は満面の笑みで応えてくれました。やはり悪い気がしないのか、日本人の女がそんなことを叫ぶのが可笑しいのか、いずれにしても笑みを誘うもののようです。

女性陣もちらほらいました。私たち二人に目をくれる男などいません。むしろ女の視線を強く感じました。


その後、次のclubへと走りました。3:15までに入場しないと支払いが発生するようなので、尿意を堪えつつ我々は走りに走りました。そんな時に限って、夜の道路を封鎖して映画の撮影なんかをやっていて、遠回りをさせられたりなぞしました。

しかしながら、次のclub(Salvation; ronda sant pere通り 19-21; 地下鉄urquinaona下車)は、女は有料だったのでした。「先にゲイを入場させる。女はその後。待て」って。最後まで待ったらタダになるのかというとそうではなくて、待ったところで有料は有料らしかったです。20ユーロよ。3000円近いわけよ。

そうやってはじかれてる女性客が正面入り口の前にちらほらいました。「貴女たちどうするの?」などと会話を交わし、みんなで考え込み、結局、「20ユーロあれば昼ごはん2回は食べられるわよね」というところに着地したので、ゲイ友たちを入場させて、美優と私は帰宅しました。ヘトヘトですが楽しみました。


ちなみに

「entender」という動詞ですが、意味は「understand」といったところ。しかしながら、「同性愛者である」という語義もあるので、ちょっと注意が必要です。

スペイン語学習中のスウェーデン男子で見目麗しいheterosexualの子(長身で筋肉ムキムキで金髪碧眼で超短髪でという感じの子)が、clubのトイレで男性に「¿Entiendes?」と話しかけられたのですと。てっきり「スペイン語がわかるのかい?」と聞かれたのだと思って、「Sí, entiendo.(えぇ、“スペイン語が”わかります)」と答えたつもりでいたら激しく迫られる展開になってドギマギしたとか、そういう話は聞きます。

|

« mision | Main | Hasta pronto »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33847/3454252

Listed below are links to weblogs that reference Dietrich:

» Reinas [スペイン映画] [Reino de Reine]
『Chuecatown』のときにも説明したが、スペインでは2005年7月に同性婚が合法化された。先月、私の友人ミゲルも式を挙げた。その町のゲイ仲間内では早い方だったらしく、その日の朝わたしが別の友人(... [Read More]

Tracked on Saturday, December 13, 2008 at 16:15

« mision | Main | Hasta pronto »