« November 2004 | Main | January 2005 »

Sunday, December 19, 2004

Bienvenido Mister Marshall [スペイン映画]

Mr. Marshall微笑んでみていられる映画が好きなんだけどと言ったら知人(スペイン人)が薦めてくれた。

タイトルの意味は『マーシャルさんいらっしゃい』とか、『マーシャルさん、ようこそ』『ようこそ、マーシャルさん』といった感じ。マーシャルさんっていったい誰? というと、George Catlett Marshallさん、マーシャル・プランのマーシャルさんですわ。

※ マーシャルプラン / Marshall Plan / European Recovery Program / 欧州経済復興計画についてWikipediaより  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


舞台はVillar del Ríoという村。男たちは床屋でサッカー談義、女たちは小間物屋でcotilleo(=ゴシップ)に花を咲かせる、そういうどこにでもあるような小さな古い田舎の村。

村庁舎の大時計は3:10を指したまま止まってしまっている。修理の予算が捻出できないのだ。助役は頭を抱えている。

小学校もちゃんとあるにはあるが、授業で使う地図にはまだImperio Austro-Húngaro(オーストリアハンガリー帝国; 第一次大戦で崩壊)が載っているくらいだから、備品が整ってるとはいえまい。

近隣のVillar del Campoという町には鉄道が通っているが、このVillar del Ríoにはバスのみ。村長はここにも鉄道を通したいとかねてより願っている。


ある春の朝。

バスが到着する。土曜に映画館で上映するウェスタンもののフィルムが到着(←きっとこの村の数少ない娯楽の一つなんだろう)。それよりも何よりも村長が待ち焦がれていたのは、Carmen Vargasというアンダルシア歌謡のトップスター(と、そのマネージャー兼プロデューサーのManoloという男。この男はけっこう遣り手なのかも)


ちょうどその頃、仰々しくサイレンを鳴らし、中央からお偉いさん一行がやってきた。……ところで、おい、村長はどこへ行った!? ………村長は………歌姫Carmen Vargasにのんびりと村を案内してまわってた……。助役は自転車に飛び乗って村長を探しまわるが、大きな犬が吠え立てながらしつこく追いかけてきて難儀する(※ 犬に追っかけられてるこのシーン、大好き)。


政府高官は、この村が大好きで大好きでとか鉄道を通したいと思ってますなどと調子のいいことを並べるわりには、対談の最初っから最後までずーっと『Villar del Campo』と『Villar del Río』と村名を間違えつづけてる。(※ 中央の人間の地方への無関心っぷりを表わしてるんだろうか)

高官は、近々この村をアメリカ人の一行が訪れるので村をあげて歓待せよと伝えた。「欧州経済復興計画、早い話がマーシャルプランですよ、その使節団の方々ですから失礼の無いように」と。「あぁ、はいはい」と村長は答えてるが、ホントにわかってるのかいささか不安だ。「レモネードでもお出しすればいいんでしょうか」とか言ってるくらいだから。


そこで、Manoloですよ。Carmen Vargsのマネージャーの海千山千の彼の腕の見せ所ですよ。ボストンで15年もショービジネスに携わってたから、アメリカ人の好みなら知り抜いていると自信たっぷり。

Manoloのアドバイスにしたがって、村民総出で村全体をアンダルシア風に偽装するの。村民の服装から、路地の隅々までをアンダルシア風に。アメリカ人にとってのスペインなんて「The アンダルシア」だろー、ということか。とりあえずアンダルシア風味を前面に出しとこうぜ、と。

大学の学園祭でスペイン料理店を作り出す感じです。書割かよ、はりぼてかよ、大道具かよ! なんでそんな祭りの晴れ着で農作業してるんだよ! というツッコミどころ満載なシーンあり。(※ でも、細い路地が見事にSevilla風にしあがったのにはちょっと感動しちゃう…かも…?)

村民は、さらに、アメリカについて勉強します。学校で地図を見ながらアメリカの国勢を学び、映画館ではニュースフィルムを見て、マーシャルプランが他国にもたらした恩恵を知ることとなります。そう、ホントだったら週末に西部劇を観るはずだった鄙びた映画館が、勉強会のために満席になってるの。

歓迎セレモニーの予行演習にも余念が無い。「アメリカのみなさん、よろこんでおむかえしますとも♪」みたいな歌まで作っちゃって。みんな真剣。なぜなら………


アメリカ人を丁重にもてなせばこの村にドルを落としてもらえるようだから。‘ミスター・マーシャル’は望みをかなえてくれるのか、‘マーシャルさん’に何をリクエストしようか…。村民一人一人が期待を膨らませていく。一人につき一つだけ願い事を記帳するために村人(1642人)は行列を成します。


アメリカ人一行はもうすぐそこまでやって来てるらしい………。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


(語句メモなどはコメント欄で)
(スペイン映画)

Bienvenido Mister Marshall @IMDb
Luis García Berlanga(ルイス・ガルシア・ベルランガ)監督

DVDGO.comで購入 (9.98ユーロ) ⇒ 割引で8.6ユーロ

監督: Luis García Berlanga ルイス・ガルシア・ベルランガ
脚本: Juan Antonio Bardem フアン・アントニオ・バルデム Luis García Berlanga  Miguel Mihura ミゲル・ミウラ

出演:
José Isbert ホセ・イスベルト ... Don Pablo, el alcalde ドン・パブロ、市長
Lolita Sevilla ロリータ・セビージャ ... Carmen Vargas カルメン・バルガス
Alberto Romea アルベルト・ロメア ... Don Luis, el caballero ドン・ルイス
Manolo Morán マノーロ・モラン ... Manolo マノーロ
Luis Pérez de León ルイス・ペレス・デ・レオン ... Don Cosme, el cura ドン・コスメ、司祭

| | Comments (7) | TrackBack (5)

Saturday, December 04, 2004

Solas / ローサのぬくもり [スペイン映画]

solas■María
35歳。地方の村出身。今は街の物騒な地区でみじめったらしい生活。陽の差さないカビ臭いアパートに暮らす。学は無い。クソ親父が必要ないと言い放って進学させてくれなかったから。唯一父が教えてくれたものはギャンブル。仕事は清掃婦。アル中気味。誰に対しても喧嘩腰だな。(ちなみにあめく萩尾を足して二で割ったような顔立ち)

■お母さん (Rosa)
夫が街の病院に入院することになったので、娘Mariaのところに泊まる。編み物が得意。前近代的なDV夫の身勝手にも暴力(肉体的・心的)にもずっと従ってきた。なにかにつけ誰に対してでも自分の感情を抑えて生きてきた女性かと思われる。(ちなみにハマコーに似てる)

「お母さんも12年も清掃婦してたよ」「お母さんの人生なんてお手本になんないのよ!」


■下の階の爺さん
料理が下手。妻はとうに亡くなった。身寄りは無い。La Felguera(Asturias州)の出身。今の街には友達の一人もいない。が、他人全般についてたいそうchismoso(=詮索好き)。

アキレスというお利口さんな犬を飼っている。アキレスだけが友。ひょんなことからRosaとことばを交わすようになり、次第にRosaとしゃべるのを心待ちにするようになる。なんのかのとRosaに話しかける口実を捻り出す。

Rosaと爺さんは互いに遠慮しながらではあるが心を通わせていく。


■父
妻をいたわる素振りすらないような老人。(観てる途中で、ほら、このおとこ入院中っていう設定だから、病床シーンが映るたびに「早く死んじまってくれないかなぁ」と本気で願ってた)(つまり、古い男尊女卑なタイプのDV親父が放散する悪の部分が、病床にあってもいっこうに衰えてないということですよ) 

妻に人権・人格なんか見とめてないタイプ。家族みんなで働いて得た金も、そっくりギャンブルにつぎ込んだようなロクデナシ。酔っちゃぁDV。これだけ長年連れ添ってきたというのに未だに妻の浮気を疑うサマは病的。

(意識してなかったが、今メモを読み返したらやっぱり私、映画の中ほどで、『この親父死なないかなぁ』って書き留めてたわ) 


■でぶ (←だって‘El Gordo’っていうアダナなんだもん)
Mariaの近所の行きつけのBarの主人。妻が出産(※だったか妊娠だったか忘れた)でまったく自分をかまってくれないのでモンモンとしてる。初めはその辺のモンモンっぷりがうかがえて生理的嫌悪感すらおぼえたけど、映画が進行する間に何段階かにわけて、「あれ? この人、ひょっとしてイイモン?」と考え直させられる。

■Juan
Mariaの男(←「恋人」なんて書く気にならない)。
「だからピルを飲めっつったじゃねぇか…略…コンドームつけてヤルのは俺ぁ嫌いなんだよ!」「おまえがdickが欲しけりゃ俺が俺のを貸してやる、俺たちの関係ってそういうことだったよな? 俺、なんにも約束したことないはずだぜ?」

(この男もぬっ殺したかったです)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


マザコンで「母モノ」に弱い私には、もうたまらんです。涙腺だの琴線だのをピンポイントで攻められる。

途中もさめざめと泣いていたのだが、最後の10分はもう涙ポロッポロ。いろいろメモとりながら見てるし、何度も巻き戻すし、時にはGoogleで関連事項を何分もかけて検索したりなので、気分をブツ切りにされてたわけですが、それでももうね、最後の10分はエックエックいうすすり声が止められなかった。

っつうかラストはもうメモとっていられなかった。


見ている間は、出てくる野郎どもに殺意を抱いていたってのに、見終わった今はどうしてこんなに清清しい気分なのか。泣いてカタルシスか? じつに穏やかな気持ちで観終われるんだよなぁ。重苦しい場面の連続だったのに、誰も笑顔を見せてくれてないのに、「哀しい・やりきれない・辛い」という思いから無事に解放されてるのはどうしたことか。

そうそう。笑顔のシーンがゼロといっても過言じゃないよ、そうだよ、誰かが笑ってるシーンあったかよ? 無いよ。‘笑顔’は無い。だけど不思議なことに、「あぁ、この人いま微笑んだ(つもりな)んだな」と理解できるシーンがけっこうある。


初めはね、暗さと冷たさが正直重苦しかったですわ。主人公Maríaの行き過ぎた厭世主義があまりにも攻撃的で、見てて不愉快でね。緊張するのよ。ヒヤヒヤハラハラするから疲れる。

Mariaは誰のことも大切にしてない。だけど、そりゃそうなんだよ。Mariaに他者への思い遣りを求めるのは酷な注文だろう。周りから大切にされず自分のことすら大事にできない人間が、他人を思い遣れるわけがないんだぁね。他人を大事にするなどという麗しいことは、幸せでーすって言って生きてこられた人間が受け持てばいい(……っても、そういう人々は受け持ってくれないんだな、これが)。

踏みつけられて這いつくばってきた側のMariaが、なんだってんで他人を思い遣んなきゃいけないんだか。無理ですよ。


まぁ、そういった感じでね。殺伐とした感じで始まるんだけど、めげずに観ていくと、なんだかね、母親を大切にしたくてどうしようもなくなるっていう映画。

『a mi madre, a todas las madres.(私の母へ、そして世のお母さん方へ)』ですわ。母というひとへのオマージュ。娘が自分で自分を支えられるようになって欲しいという一念で母は娘を支え続けるのね。娘に温もりというものを取り戻させたいのですよ。ひとの心というものを。

観たらいいと思う。観てお母さんを大切にするといいと思う。(………でも、お母さんといっしょに観るのはちょっと考えもんです)


(語句メモなどはコメント欄で)
(スペイン映画)

・『Solas』
・邦題: 『ローサのぬくもり』
Benito Zambrano監督 (ベニト・サンブラノってどこでも書いてるけど、ベニート・サンブラーノって書きたくなる)

・スペインで購入(7ユーロ)(1ユーロ=130円くらいだった)

Solas @IMDb
ローサのぬくもり@映画生活
ローサのぬくもり@シネマカフェ
ローサのぬくもり @goo映画

ローサのぬくもり【字幕版】 [VHS]
ローサのぬくもり【日本語吹替版】 [VHS]

監督: Benito Zambrano ベニト・サンブラノ
製作: アントニオ・P・ペレス
脚本: ベニト・サンブラノ
撮影: トテ・トレナス

出演
María Galiana マリア・ガリアナ ... Madre 母
Ana Fernández アナ・フェルナンデス ... María マリア
Carlos Álvarez-Novoa カルロス・アルバレス=ノボア ... Vecino 老人
Paco De Osca パコ・デ・オスカ ... Padre 父
Juan Fernández フアン・フェルナンデス ... Juan フアン
Miguel Alcíbar ミゲル・アルシバル ... El Gordo ‘ザ・デブ’

| | Comments (5) | TrackBack (2)

Friday, December 03, 2004

actualidad / 時事用語

たまにこういうこともしないと。って思うんだが、続かないんだよね、おいら。

inyección económica 資金支援
Banco de Desarrollo de Japón 日本政策投資銀行(Development Bank of Japan)
'mini-vehículos' 軽自動車
'pick up' ピックアップトラック

consola コンソール
'Sr. --------', el portavoz de [..............] S.A. ホニャララ株式会社広報室の○○課長/室長とか

la venta de condones se hunde 下げ止まらないコンドーム出荷数
Día Internacional de Lucha contra el Sida 世界エイズデー
banda ancha ブロードバンド
pornografía cibernética (インター)ネットポルノ、サイバーポルノ
VIH(virus de la inmunodeficiencia humana) ヒト免疫不全ウイルス(HIV)

| | TrackBack (0)

DVD

送料メモ (12/2 1ユーロ=136.71円)

DVDGO
日本はゾーンG
0.5kg(約4本)→25.20ユーロ(3445円)
0.7kg(約6本)→31.87ユーロ(4357円)
1.0kg(約8本)→31.87ユーロ(※上とおんなじ?)
1.5kg(約12本)→38.52ユーロ(5266円)
2.0kg(約17本)→45.20ユーロ(6179円)
2.5kg(約21本)→51.85ユーロ(7088円)
3.0kg(約25本)→58.52ユーロ(8000円)

ofertaDVD.com
安・遅 / 高・速
1~4本→19,49(2666円) / 28,88(3950円)
5~7本→23,29(3185円) / 33,75(4616円)
8~12本→27,12(3709円) / 37,55(5136円)
13~16本→39,92(5460円) / 48,87(6685円)
17本以上→41,75(5711円) / 51,15(6996円)

Fnac.es (「海外には発送しません」商品にDVDは含まれてないよな? DVDはOKなんだよな?)
72時間で? 17.97+18.03=36ユーロ(4919円)? で? あとは重さ次第? なんだかわかりにくい表だな。あとはあとで。

El Corte Ingles
1品→20,70(2827円)
2~5品→47,00(6420円) 
6~10品→71,90(9821円)
11~20品→121,60(16610円) 
21~99品→264,00(36062円)

Amazon.com (あとはあとで)

____

結局、dvdgoとofertaDVDの二社に絞って注文してみた。

注文から到着までの経緯をHPの『CINE』のページの『DVD(Dec 2004)』っていうところにまとめておいたです。参考になれば。


どちらかって言ったら、dvdgoが気に入った。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, December 01, 2004

Secretos del Corazón / Secrets of Heart / 心の秘密 [スペイン映画]

Secretos del Corazon 60年代。スペイン北部の町。Semana Santaの休暇はすぐそこ。

キーワード: chingar って何?

登場人物 (■ 町の人 / ◇ 村の人)

●Javi
9歳。親元を離れ、兄Juanとともに町の伯母の家で暮らす。
飛び石を渡って川を越えるのがまだ怖くてできない。お兄ちゃんはヒョイヒョイ渡るのに。暗闇も地下室も町外れの空き家も……まだまだ怖いものだらけの年頃。
学園祭のお芝居では主役のGarbancito役。

●お兄ちゃん Juan
腕っぷしも強く、適度にワル。
思春期の真っ只中らしい。
タバコにもオンナノコにも手を出してみたい年頃。
弟Javiの面倒はよくみているようである。
だが、デタラメを吹き込み過ぎ。
いちいち真に受けるJaviをおもちゃにし過ぎ。
学園祭のお芝居では魔法使いのTragaflor役。

■Rosa伯母さん 
未婚。ガミガミうるさいタイプ。他人との関係がギスギスしがちか。ああしろこうしろ的な、「~すべき」な態度をとりがちな人。Javi兄弟をこの町に寄越しなさい、いい学校に入れた方がいいからとママを説き伏せた。神経質。ガソリンの臭いで胸が悪くなるのでバスを見送るのは苦手。

妹Teresa(=Javiたちのママ)の夫の親戚とうまく行っていない。そのため、RosaとMaríaはTeresaの村にはほとんど行かない。Rosaは妹二人の歴代の彼氏をどれもケチョンケチョンにしてきた。

■Maríaおばさん
未婚。激しい恋も数多く経ている模様。「でも私を好きになる人のことは私は好きになれなくて、私が好きになる男の人は私に気が無かった。気が無かったのは私だったのかもしれないけど。まぁ、よくわからないわ」。アル中傾向。キッチンドリンカー。血圧が低すぎるので上げるためにお酒を飲んでいる(本人談)。バスを見送るとき、最後の最後まで走って追いかけてくれる。

※この人が「伯母さん」なのか「叔母さん」なのか。私が見落としたのかな。私は「María叔母さん」だと思い込んでた。長姉Rosa(家長的・権威的)、次姉Teresa(堅実)と来て、末がMaría(奔放)という構成だと思ってた。けど、やっぱりMaríaが二番目なんだろうな。Rosa(オールドミス)、Maria(オールドミス)と来て、三番目のTeresaだけが結婚・出産できました、と。そういうことか。ならば、「María伯母さん」。

■親友 Carlos
学校いっしょ。家も近い。
Javiと常にいっしょ。
町外れの怪しげな空き家に探検に行ったり。
お母さん(Carmen)とお姉ちゃん(Pili)。
学園祭のお芝居では進行役。

■Carmenおばさん(=Carlosの母)
Javiなど近所の子供にダンスを教えてくれる。
当り散らすことの多い夫の介護に倦んでいる。

■Carlosの父
喇叭手(ラッパ兵)だったのかな。ラッパが上手。傷痍軍人だろうか。癇癪もち。些細なことで妻を怒鳴りつける毎日。DV傾向あり?

■Pili(=Carlosの姉)
Juanが気があるとかないとか。いや、気があるのはJaviだとかちがうとか。年頃の女の子らしい恥じらいが芽生えてるっぽい。


◇ママ Teresa
夫は数年前に亡くなった。今はその家で舅と義弟と暮らしている。JuanとJaviは町の学校にやるために実姉のもとへ預けた。

◇亡き父 Antonio
猟銃の名手であった。銃の手入れをしていて暴発事故で亡くなったとJaviは聞いている。お父さんの死んだ部屋に入ってはいけないとJaviたちは日頃からきつく言われている。

◇Ignacio叔父さん
死んだお父さんの弟。牧畜業。分け隔ての無い人。村人から避けられているBenito爺さんにも牛の乳をあげてる。

◇お祖父さん 
息子Antonioが亡くなって以来、ひきこもってしまった。誰に対しても無口。無愛想。cascarrabias(=気難し屋)。おしゃべりな人間が大嫌い。

◇Benito爺さん
変人と噂され村人からは避けられている。お祖父さんとは気脈を通じている。


■Gutierrez君
兄貴Juanと同級。

■Julia
Juanら男子の間でちょっと知られた女の子。

■Ricardo
どうやらMaría伯母さんと知り合いらしい。

◇monaguillo(=侍者)の少年
Juanの友人。太っちょくん。彼もまた思春期。エロとタバコの物々交換。

◇Perla 
村のママの家で飼ってる雌犬。近所のサカリのついたオスにバックからchingarされてしまう。そりゃバックだろう。


「こどもモノは反則」とか「わかりやすすぎ」とか、くさす向きもあろうけれども、私のフェイバリット。公開当時に映画館で見て以来、何度見たかしれない。日本では98年春先のスペイン映画祭で上映されたっきり。どうかビデオを見てください。

ニュー・シネマ・パラダイス』がダイジョブな人ならこれもイケると思う。いや、私はそっちを覚えてないのだが。あれって大泣きする系だったっけ? あー、だったら違うかもな。『Secretos del Corazón』はダーダー泣く感じではないと思う。いや、私は見るたんびに泣くけどさ。

まぁ、ビデオ見てください。見なくてもいい人はこの先↓を。コメント欄に詳細あり(おそらくネタバレあり)
_______

(スペイン映画/フランス/ポルトガル)
・『Secretos del Corazón』
・英題: 『Secrets of the Heart
Montxo Armendáriz(モンチョ・アルメンダリス)監督

・スペインで購入(6ユーロ)(1ユーロ=130円当時)

(参考)
Secretos del Corazón @IMDb
すべてのシークエンスを説明してくれてるページ

監督: Montxo Armendáriz モンチョ・アルメンダリス
脚本: Montxo Armendáriz
出演:
Carmelo Gómez カルメロ・ゴメス ... Tío/Uncle Ignacio Zabalza イグナシオ叔父さん
Charo López チャロ・ロペス ... María マリアおばさん
Silvia Munt シルビア・ムント ... Madre/Mother ママ
Vicky Peña ビッキー・ペーニャ ... Rosa ロサ伯母さん
Andoni Erburu アンドーニ・エルブル ... Javier 'Javi' Zabalza ハビエル
Álvaro Nagore アルバロ・ナゴレ ... Juan Zabalza フアン兄ちゃん
Íñigo Garcés イニーゴ・ガルセス ... Carlos カルロスくん
Joan Vallés ジョアン・バリェス ... Grandfather おじいちゃん

| | Comments (9) | TrackBack (1)

« November 2004 | Main | January 2005 »